ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ダイマックスアドベンチャー

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ダイマックスアドベンチャーとは4人のトレーナーでダイマックスポケモンが生息しているといわれる巣穴を調査する遊び。ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス冠の雪原で追加された。

概要

4人のトレーナーで協力してマックスレイドバトルに挑む。ただし手持ちのポケモンを使用することはできず、最初にポケモンをランダムに選出された3種類の中からレンタルし、そのポケモンを使用して進んでいく。

バトルに勝利するとそのポケモンを捕まえられる(必ず捕まえることができる)。左上にハートマークが4つ表示されており、1回ひんしになるごとに1つ減る。全てなくなると巣穴の外に弾き飛ばされてしまう。バトル終了後、HPPP状態異常は持ち越しとなる(こんらんは持ち越されない)。通常のレイドバトルと異なり、相手はふしぎなバリアを使用してこない。

マップは右スティックで上下にスクロールできる。枝分かれした道を一つずつ選んで進み、合計4戦することになる。各ポケモンのタイプのうちランダムに一つだけ表示されるが、伝説のポケモン以外は雲の切れ目からシルエットが見えて種類を判別できる。

道中捕まえたポケモンは、任意で手持ちのポケモンと交換することができる。その際に技・特性・能力値も見られる。1番奥に辿り着くと、伝説のポケモンが出現し、勝利すると捕まえることができる。負けた場合は、居場所を記録しておき、次回ダイマックスアドベンチャーを始めるときに再度挑める。居場所を記録しておけるのは3体まで。手に入る伝説のポケモンは各1体までで、2体目からは倒してもボールを投げることはできない。複数のポケモンを捕まえていた場合、持ち帰れるのは一匹だけ。ダイマックスアドベンチャーでは必ず捕まえることができるのでドリームボールなどの入手が難しいボールでも捕まえられるが、持ち帰らなかったポケモンを捕まえたボールは戻ってこないので注意。

道中にいる研究員に出会うと1度だけレンタルするポケモンを変えることができる。レンタルできるポケモンは完全ランダム。バックパッカーに出会うとポケモンに持たせることのできるどうぐを5つの中から1つ選び貰うことができる。落ちているきのみは全員のHPを半分程度回復する。

終了後は、達成条件に応じて、マックスこうせきを入手できる。

色違いの出現率はひかるおまもりなしで1/300、ひかるおまもりありで1/100と非常に高確率。これは、伝説のポケモンでも変わらない。

エンドレスモードでは、巣穴の外に弾き飛ばされるまで続ける。捕まえたポケモンを持ち帰ることはできない。伝説のポケモンを倒すとハートマークの数が1つ増える。

マルチプレイでの特徴

誰がホストになるかはランダム。ホストが行き先を指定した場合、ゲストはそれが何なのかは分からない。ゲストにされたとしても、行き先を指定していれば必ず同じポケモンを行き先にしている人がホストになる。

行き先を決めるとき、他のプレイヤーの選択は見えない。選択が分かれた場合は多数決となる。道中捕まえたポケモンを手持ちにする場合や研究員からポケモンをレンタルするときも、希望したプレイヤーから抽選で一人だけとなる。挑戦終了後、各自捕まえていたポケモンなら全員が任意に選んで持ち帰ることができる。

ゲストのソード・シールドのバージョンに関係なく、ホストのプレイで決定された伝説のポケモンが出現する。ホストのバージョンが自分と違えば、本来自分のプレイでは出現しない伝説のポケモンが出現しうる。この場合でも倒せば捕獲できることはもちろん、倒せなかったり捕獲を見送ったりした際に居場所の登録も可能。

報酬

内容 条件 個数
巣穴を探索 勝利した巣穴の数 1個以上
奥まで到達 最深部をクリアする 2個
すごいポケモン ボーナス 伝説のポケモンを捕獲 3個
安全に探索 1度もひんしにならない 2個
通信であそんだ 「みんなで挑戦」を選ぶ 2個
エンドレスモード ボーナス エンドレスモードで遊ぶ

備考

  • 参加者の手持ちのポケモンでは洞窟内のガラル粒子に反応して暴走する可能性があるので、そのために粒子の影響を抑えられるポケモンを用意して貸し出している。
    • そのため設定上、勝手に自分のポケモンで乗り込む事はご法度とされてはいるのだが、明らかに弱いポケモンばかり貸し出されたり、組んでいるCPUの身勝手な行動に振り回されたりもする。故に、チュートリアルで勝手に乗り込んでいったピオニーを指し、あれこそが正解の動きと言う者も(現実世界に)非常に多く、意図せずして皮肉のような実情になっている。
  • ここに出現するポケモンの捕獲にジムバッジは必要なく、バッジ0個の状態でも伝説のポケモンを含む全てのポケモンを捕まえられる
    • その為、ゲームを開始してすぐにワイルドエリアまで到達すれば、ここでレベルが高いポケモンを捕まえてシナリオ攻略を楽に進めるといったこともできる。自分で捕まえたポケモンなので幾らレベルが高くても言う事を聞いてくれる(ここに来るまでにすべりだしせつげんピオニーとバトルになるが、負けてもシナリオは進むので手持ちが弱くても全く問題はない)。
  • ここでのマックスレイドバトルは、ワイルドエリアなどのものとは異なり、プレイする前には必ずレポートが書かれる。探検の途中でリセットすると、たとえNPCのサポートトレーナーとだけ組んでいても研究員から「他のトレーナーの迷惑になります」と注意される。2回までは注意されるだけだが、3回以上連続でリセットするとペナルティとしてマックスこうせきを支払わなければならなくなり、支払わない限りダイマックスアドベンチャーができなくなるので要注意。
    • マックスこうせきが足りない場合、外の巣穴からマックスレイドバトルで回収するよう促される。
    • 支払う個数は最初は3個だが、連続でリセットする度に1個ずつ増えていく(支払いの上限は10個)。負けても構わないので探検を最後まで進めればリセットの累積回数は0に戻る。
  • 通常の姿のマタドガスバリヤードの野生個体はここでしか出現しない。プレイヤーがおやになる通常の姿のバリヤードはタマゴでも入手可能だが、マタドガスはここでしか入手できない。
  • フリーズむらのNPCの話によると、「コスモッグが村に現れてから急に見かけないポケモンが増えた」といい、最初にマックスダイすあなから発見されたのはソルガレオ(ルナアーラ)であったとのこと。このことから、ソルガレオルナアーラコスモッグウルトラビースト一家がウルトラホールを開いて他地方の伝説のポケモンをカンムリせつげんに流入させたと推測される。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ダイマックスアドベンチャー
ドイツ語 Dynamax-Abenteuer
英語 Dynamax Adventure
スペイン語 Aventura Dinamax
フランス語 Expédition Dynamax
イタリア語 Avventure Dynamax
韓国語 다이맥스 어드벤처 (Daimax Adventure)
中国語 簡体字 极巨大冒险 (Jíjù Dàmàoxiǎn)
繁体字 極巨大冒險 (Jíjù Dàmàoxiǎn)