ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

フライゴン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
フライゴン
Flygon
英語名 Flygon
全国図鑑 #330
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #118
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #123
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #005
新ホウエン図鑑 #123
アローラ図鑑 #237
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #109
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #306
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #127
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #323
分類 せいれいポケモン
タイプ じめん
ドラゴン
たかさ 2.0m
おもさ 82.0kg
とくせい ふゆう
図鑑の色
タマゴグループ むし
ドラゴン
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第三世代: 5376歩
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 こうげき+1
すばやさ+2
基礎経験値
  • 第四世代以前: 197
  • 第五・第六世代: 234
  • 第七世代: 234
最終経験値 1059860
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

フライゴンとはぜんこくずかんのNo.330のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイア

進化

ポケモンずかんの説明文

ルビーオメガルビー
さばくの せいれいと よばれる ポケモン。ハネの はばたきで すなを まいあげるため とんでいる ときは いつも すなあらしの なか。
(漢字) 砂漠の 精霊と 呼ばれる ポケモン。 ハネの 羽ばたきで 砂を 舞い上げるため 飛んでいる ときは いつも 砂嵐の 中。
サファイアアルファサファイア
はばたきで おこす すなあらしの なかから うたごえの ような はおと だけが きこえるため フライゴンは さばくの せいれいと いわれた。
(漢字) 羽ばたきで 起こす 砂嵐の 中から 歌声の ような 羽音 だけが 聞こえるため フライゴンは 砂漠の 精霊と いわれた。
エメラルド
はばたく おとが うたごえの ように きこえる。てきに みつからないように さばくの すなを はばたきで まいあげて すがたを かくす。
ファイアレッド・リーフグリーンX
ハネの はばたきで さばくの すなを まきあげて すがたを かくす。あかい カバーが すなから めを まもる。
(漢字) 羽の 羽ばたきで 砂漠の 砂を 巻き上げて 姿を 隠す。赤い カバーが 砂から 目を 守る。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイト
きょうれつな ハネの はばたきで すなあらしを おこす。さばくのせいれい と よばれる。
(漢字) 強烈な ハネの 羽ばたきで 砂あらしを 起こす。砂漠の精霊と 呼ばれる。
ハートゴールド・ソウルシルバー
はばたく おとが おんなのひとの うつくしい うたごえに にているため さばくの せいれいと よばれている。
ブラック2・ホワイト2Y
さばくのせいれい と よばれる。はばたくことで まきおこした すなあらしの なかに かくれている。
(漢字) 砂漠の精霊 と 呼ばれる。はばたくことで 巻き起こした 砂嵐の 中に 隠れている。
サン
はばたく はおとは まるで うたごえ。 おとに みせられたものは すなあらしに まきこまれ フライゴンの えじきに。
(漢字) 羽ばたく 羽音は まるで 歌声。 音に 魅せられた者は 砂嵐に 巻き込まれ フライゴンの 餌食に。
ムーン
みずからが まきおこす すなあらしの ちゅうしんに いるので めったに ひとまえに あらわれない ポケモン。
(漢字) 自らが 巻き起こす 砂嵐の 中心に いるので 滅多に 人前に 現れない ポケモン。
ウルトラサン
はばたきで すなあらしを まきおこし そこに ワルビアルを ひそませる。 つかまえた えものは わけあうぞ。
(漢字) 羽ばたきで 砂嵐を 巻き起こし そこに ワルビアルを 潜ませる。 捕まえた 獲物は 分け合うぞ。
ウルトラムーン
うつくしい うたの ような はおとに こころを うばわれて さばくで そうなんする ひとが ぞくしゅつ。
(漢字) 美しい 歌の ような 羽音に 心を 奪われて 砂漠で 遭難する 人が 続出。

種族値

第3世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 80
 
140 - 187 270 - 364
こうげき 100
 
94 - 167 184 - 328
ぼうぎょ 80
 
76 - 145 148 - 284
とくこう 80
 
76 - 145 148 - 284
とくぼう 80
 
76 - 145 148 - 284
すばやさ 100
 
94 - 167 184 - 328
合計 520
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 400%
ドラゴン: 200%
あく: 100%
フェアリー: 200%

とくせいのふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 0%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 400%
ドラゴン: 200%
あく: 100%
フェアリー: 200%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 200%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 400%
エスパー: 100%
こおり: 25%
ドラゴン: 50%
あく: 100%
フェアリー: 50%

とくせいふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 200%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 400%
エスパー: 100%
こおり: 25%
ドラゴン: 50%
あく: 100%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

フライゴン/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
1 りゅうのいぶき ドラゴン 特殊 60 100% 20
1 りゅうのまい ドラゴン 変化 —% 20
1 すなかけ じめん 変化 100% 15
1 ソニックブーム ノーマル 特殊 90% 20
1 だましうち あく 物理 60 —% 20
1 がまん ノーマル 物理 —% 10
進化 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
5 どろかけ じめん 特殊 20 100% 10
8 じならし じめん 物理 60 100% 20
12 すなじごく じめん 物理 35 85% 15
15 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
19 ちょうおんぱ ノーマル 変化 55% 20
22 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
26 だいちのちから じめん 特殊 90 100% 10
29 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
33 じしん じめん 物理 100 100% 10
36 すなあらし いわ 変化 —% 10
40 さわぐ ノーマル 特殊 90 100% 10
43 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
47 ドラゴンダイブ ドラゴン 物理 100 75% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン02 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン19 はねやすめ ひこう 変化 —% 10
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン35 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざマシン37 すなあらし いわ 変化 —% 10
わざマシン38 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン40 つばめがえし ひこう 物理 60 —% 20
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン51 はがねのつばさ はがね 物理 70 90% 25
わざマシン59 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン76 そらをとぶ ひこう 物理 90 95% 15
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン82 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン89 とんぼがえり むし 物理 70 100% 20
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[010][013][168][204][205][213]
[265][291][401][412][414][415]
[451][452][469][540][541][542]
[543][544][545][557][558][595]
[596][632][636][664][736][737]
[738][751][752][768]
むしくい むし 物理 60 100% 20
[328][329][330] だいちのちから じめん 特殊 90 100% 10
[214][540][588] こらえる ノーマル 変化 —% 10
[540][557][558][588] じたばた ノーマル 物理 100% 15
[015][123][212][127][168][402] きあいだめ ノーマル 変化 —% 30
[123][212][207][472][291][402]
[557][588][595][596][632][768]
れんぞくぎり むし 物理 40 95% 20
[012][049][267][269][284][414]
[415][666]
かぜおこし ひこう 特殊 40 100% 35
[283] マッドショット* じめん 特殊 55 95% 15
[123][212][193][469][207][472]
[283][284][313][617]
でんこうせっか ノーマル 物理 40 100% 30
[048][049][313][595][596] シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
むしくい むし 物理 60 100% 20 -
きりばらい ひこう 変化 —% 15 -
りゅうせいぐん ドラゴン 特殊 130 90% 5
りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10 -
だいちのちから じめん 特殊 90 100% 10 -
ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15 -
ギガドレイン くさ 特殊 75 100% 10 -
ねっぷう ほのお 特殊 95 90% 10 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
とぎすます ノーマル 変化 —% 30 -
げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5 -
おいかぜ ひこう 変化 —% 15 -
じごくづき あく 物理 80 100% 15 -
かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15 -
さわぐ ノーマル 特殊 90 100% 10 -
太字のわざはタイプ一致です。

進化前でのみ覚えるわざ

わざ 進化の系列 世代
かみつく ナックラー 4-7
あなをほる ナックラー 3-7
かみくだく ナックラー 4-7
フェイント ナックラー 4-7
ばかぢから ナックラー 5-7
じわれ ナックラー 4-7

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
R・S・E × 出現しない Lv.45 ビブラーバ進化させる。
FR・LG - -
コロシアム Lv.45 ビブラーバを進化させる。
XD
D・P × 出現しない Lv.45 ビブラーバを進化させる。
Pt - -
HG・SS Lv.45 ビブラーバを進化させる。
B × 出現しない - -
W Lv.45 ビブラーバを進化させる。
B2・W2
X・Y × 出現しない Lv.45 ビブラーバを進化させる。
OR・AS
S・M × 出現しない Lv.45 ビブラーバを進化させる。
US・UM

配布ポケモン・貴重なポケモン

おや 言語/地域 配布バージョン
PCNYa/PCNYb/PCNYc/PCNYd 英語 RS

備考

  • 第七世代以前ではタマゴグループはむしのみだったが、第八世代からはむし/ドラゴングループになった。
  • フライゴンの特性がふゆうになった理由として、蜉蝣(かげろう)という単語の漢字2文字の右半分が「浮遊」という漢字2文字の右半分と一致するという考察がある。
  • エメラルドの没データにはオープニング用に用意されていたと見られるフライゴンのシルエット画像があり、改造など非正規の手段で表示するとゲームフリークのロゴの傍に表示される。

アニメにおけるフライゴン

マンガにおけるフライゴン

ポケモンカードにおけるフライゴン

フライゴンの歴史

第三世代

当時はガブリアスなど存在してなかったため「無効2つの素早いじめんタイプ」として対戦でも使われていた。当時の全国大会でも採用実績があるギャラドスに対しても有用であり、ギャラドスを攻めるためのでんきタイプに有利な点を買われて採用されることもあった。

第四世代

だいちのちからりゅうせいぐんなど、一致のメインウエポンを獲得したことで単体では強化された。後の世代で役に立つようになるフェイントもナックラーからの引き継ぎによって獲得することができるようになった。しかし強化版じみた存在のガブリアスが登場したことによって冬の時代を迎える。とんぼがえりを習得したので無効2つのドラゴンタイプという性質と合わせてサイクル戦での運用で差別化することができるようになったが、当時は現在とは異なり戦術や育成論を学習する環境が貧弱であったためサイクル戦という概念があまり浸透しておらず、フライゴンにとっては不運であった。HGSSの教え技おいかぜを獲得しており、とんぼがえりと合わせてこの世代の時点でも差別化点は十分存在していた。因みにこの世代においてとんぼがえりとりゅうせいぐんを両立できるのはフライゴンのみである。

一方、ダブルバトルでは威力が分散しないだいちのちからのおかげで、じしんげきりんがダブルバトルでは腐るガブリアスに使い勝手が勝る状況となった。だいちのちから自体はガブリアスも覚える上にガブリアスと特攻も同値だが、ふゆうがある時点でダブルバトルではガブリアスと明確に差別化可能であった。

第五世代

フェイントの仕様強化、ばかぢからドラゴンテールつめとぎを獲得。しかしサザンドラの登場、カイリューマルチスケイル獲得など、同じドラゴンタイプの中でも立場はさらに悪くなった。

第六世代

この世代からPGLでポケモンのレーティングバトル使用率が公表されるようになったためサイクル戦構築を作るための研究が非常に楽になり、フライゴンにとってはこれは追い風であった。しかしドラゴンタイプにとっての天敵であるフェアリータイプの登場によって立場自体は第五世代よりもさらに悪くなった。PGL統計データによるとレーティングバトルではじしん、とんぼがえりが採用率を特に伸ばし、いじっぱりが最も性格としての母数を得たため物理アタッカーとしての運用がメインであったとうかがえる。XYではげきりんを教え技として覚えさせることができない都合上XYリーグでは癖のない一致技のドラゴンクローがよく採用された。素の素早さではガブリアスやメガシンカポケモンに対して不安が残るので、こだわりスカーフ型が最も割合を高くしていた。

単体ではガブリアスに基礎スペックで劣るが、ORASリーグシングルバトルでは、クチートのメガシンカ獲得と保有タイプ変更から、ちょすいブルンゲルクチート、フライゴンにより合計無効7つの流し性能を活かした「フライクチートブルン」が成立。同リーグ同バトルシーズン17に最高レート2051を記録した「フライクチートブルン」構築で使われた個体は、げきりんじしんばかぢからとんぼがえりという技構成であり、こだわりハチマキを持たせたいじっぱり攻撃素早さ努力値を極振りした型であった。

2015年1月に行われたホウエン図鑑限定戦「Battle of Hoenn」ではジュニアカテゴリで使用率24位と、レギュレーション上出場不能であるガブリアスの代用という立場ではあろうがホウエン図鑑のポケモンとしては立場が良いことを示した。

XYのシナリオでは13ばんどうろでレべり26からレベル28のナックラーが手に入るが、加入次点を含めて自力技が優秀なので攻略要員としてはそこそこ役に立つ。

第七世代

カプミミッキュの登場などフェアリータイプの普及によって第六世代よりも弱体化したようには見えるが、りゅうのまいの獲得によってガブリアスとはより明確に差別化が可能になった。といっても、サイクル戦向けであるフライゴンにとってりゅうのまいはシナジーがあるとは一概に断言できない。レーティングバトル初期においては少なからず存在するフライゴンの愛好家がりゅうのまいを使用していたが、後にカイリューボーマンダに見劣りするという理由でりゅうのまいは採用率を下げていった。

前世代と比べるとフェアリーに通りの悪いばかぢからを採用した型が廃れており、代わりにリザードンウルガモスへの対策になるいわなだれストーンエッジが主流化している。じわれ型もほとんど見なくなった。

アローラダブルではフェイント使いの中でも唯一のじめん枠という個性があり、浮いているじめんという点でも唯一であった。

進化前のナックラーアローラ地方唯一のありじごく持ち。どうしても乱入バトルマジックガードケーシィを入手したい場合、ナックラーがテレポート]を封じることのできる厳選要員として役に立つだろう。

第八世代

目の上のたんこぶだったガブリアスも同タイプの伝説ポケモンのジガルデソード・シールドにデータ自体存在せず、唯一のドラゴン・じめんのポケモンとして登場した。

だからといって環境で活躍しているわけではなく、素早さで勝り一致で弱点を突いてくるドラパルト、一致メインウエポン両方を無効にするトゲキッスが環境の主流となっており依然として厳しい。

一応であいがしらを獲得しており、こだわりハチマキ型は強化されるにはされている。

一般的な育成論

ガブリアス等と同じじめんドラゴンの複合タイプであり、弱点が少なめだが4倍弱点がある。高いこうげきすばやさを持つ。同じタイプのガブリアスと比較すると、ガブリアスに勝る種族値は一つもないので、差別化するために特殊アタッカーとして育成されることが多い。しかし、とくこうの種族値もガブリアスと同一値である上に、特殊型ガブリアスであれば相手の裏をかけるがフライゴンは特殊型も警戒されるため奇襲性すら劣っているのが現状である。そのため、種族値は高めなものの、使いこなすのが難しいポケモンと言える。

ガブリアスとの差別化としては確定急所型がある。ピントレンズを持たせた上できあいだめを使用すれば確定急所となり、りゅうせいぐんばかぢからを下降ランク補正ひかりのかべリフレクターなどをすべて無視して連発することができる。しかし耐久が高くないため、きあいだめを使用する余裕はない。味方に壁を貼ってもらってからの降臨、おきみやげなどで相手のランク補正をガタ落ちにしてから降臨、或いは他のポケモンのきあいだめ状態をバトンタッチで引き継いで出すなど、サポートが必要である。ただし、ストーンエッジエアカッターであればピントレンズを持たせなくてもきあいだめを積むだけで確定急所となるので、きあいのタスキなどの耐久補助道具を持たせることも考えられる。

通常特性はふゆうであり、自身へのじめん攻撃を無効にできる。ダブルバトルでは味方が使用するじしんを回避できるため、シングルバトル以上に強力な特性となる。

とんぼがえりを覚えるのでこだわり系アイテムとの相性が比較的良く、特にこだわりハチマキなら都合の悪い相手に対してもそこそこのダメージを与えつつ交代することができる。

物理技の候補としては、タイプ一致のげきりん/ドラゴンクローじしん、それ以外ではストーンエッジ、ほのおのパンチばかぢからとんぼがえり等が挙げられる。特殊技の候補としては、タイプ一致のりゅうせいぐんだいちのちから、それ以外ではだいもんじソーラービームばくおんぱむしのさざめき等が挙げられる。変化技の候補としては、きあいだめ、おいかぜりゅうのまい等が挙げられる。

とんぼがえりやじわれフェイント、おいかぜ、りゅうのまい、また前述のきあいだめと、ガブリアスと差別化できる技は揃っているが、差別化を意識する場合どういった役割を持たせるかよく考えて採用しよう。

とんぼがえりや無効タイプ2つという性質を考え、単体性能にこだわるのではなく相性補完を考慮することが重要である。メジャーなのはメタグロスやギルガルドとの相性補完である。このように基本的にはがねタイプのポケモンとの相性補完が優れているが、でんきどくいわを流せることを考慮しなければボーマンダを使えばよいのではないかということになりかねないので、緻密なパーティ構成が求められる。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 フライゴン fly(英語:飛ぶ)、dragon(英語:)、dragonfly(英語:トンボ
英語 Flygon 日本語に同じ
ドイツ語 Libelldra Libelle(トンボ)、Drache(竜)
フランス語 Libégon libellule(トンボ)、dragon(竜)
イタリア語 Flygon 日本語に同じ
スペイン語 Flygon 日本語に同じ
韓国語 플라이곤 (Flygon) フライゴンの音写
中国語(普通話・台湾国語) 沙漠蜻蜓 (Shāmòqīngtíng) 沙漠(砂漠)、蜻蜓(トンボ)

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。