ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

シザリガー

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
シザリガー
Shizariger
英語名 Crawdaunt
全国図鑑 #342
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #130
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #280
セントラルカロス図鑑 #052
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #135
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #358
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #105
ガラル図鑑 #103
分類 ならずものポケモン
タイプ みず
あく
たかさ 1.1m
おもさ 32.8kg
とくせい かいりきバサミ
シェルアーマー
隠れ特性 てきおうりょく
図鑑の色
タマゴグループ すいちゅう1
すいちゅう3
タマゴの歩数 15サイクル
  • 第三世代: 4096歩
  • 第四世代: 4080歩
  • 第五世代以降: 3855歩
獲得努力値 こうげき+2
基礎経験値
  • 第四世代以前: 161
  • 第五・第六世代: 164
  • 第七世代: 164
  • 第八世代: 164
最終経験値 1640000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 155
初期なつき度
III~VII
70
初期なかよし度
VIII
50
外部サイトの図鑑

シザリガーとはぜんこくずかんのNo.342のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイア

進化

ポケモンずかんの説明文

ルビーオメガルビー
すぐに たたかいを いどむ きしょうの あらさ。シザリガーの すむ いけには ほかの いきものが すみつかず さみしい ばしょに なってしまう。
(漢字) すぐに 戦いを 挑む 気性の 荒さ。 シザリガーの すむ 池には 他の 生き物が すみつかず 寂しい 場所に なってしまう。
サファイアアルファサファイア
だっぴした ちょくごは こうらが やわらかい。こうらが かたくなるまで てきの こうげきを さけるため かわぞこの あなに かくれている。
(漢字) 脱皮した 直後は 甲羅が 柔らかい。 甲羅が 硬くなるまで 敵の 攻撃を 避けるため 川底の 穴に 隠れている。
エメラルド
たたかいを このむ あらあらしい ポケモン。ひゃくせんれんまの シザリガーは キズあとが いくつも のこる きょだいな ハサミを もつ。
ファイアレッド・リーフグリーン
きょだいな ハサミを ふりまわす あばれもの。そだてるのが とても むずかしい ポケモンと いわれる。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトX
いけに すむ ほかの ポケモンを ハサミで つまみあげ いけの そとへ ほうりだしてしまう あばれんぼう。
(漢字) 池に 住む ほかの ポケモンを ハサミで つまみ上げ 池の 外へ 放り出してしまう 暴れん坊。
ハートゴールド・ソウルシルバーシールド
たたかいを このむ せいかく。すみかに ちかづく あいてを ようしゃなく たたきのめす。
(漢字) 戦いを 好む 性格。すみかに 近づく 相手を 容赦なく 叩きのめす。
ブラック2・ホワイト2Y
こうせんてきな ポケモンで じぶんの なわばりから あらゆる ポケモンを ハサミで つまんで なげとばすぞ!
(漢字) 好戦的な ポケモンで 自分の 縄張りから あらゆる ポケモンを ハサミで つまんで 投げ飛ばすぞ!
ウルトラサン
きしょうがあらく ケンカを このむが ハサミが もげると とたんによわき。 さいせいするまで ビクビクしている。
(漢字) 気性が 荒く ケンカを 好むが ハサミが もげると 途端に弱気。 再生するまで ビクビクしている。
ウルトラムーン
よく ハサミが もげる。 ハサミの なかみは マケンカニや ウデッポウと ちがって ドロくさく じつにまずい。
(漢字) よく ハサミが もげる。 ハサミの 中身は マケンカニや ウデッポウと 違って ドロ臭く 実に不味い。
ソード
きょだいな ハサミを ふりまわす あばれもの。 そだてるのが とても むずかしい ポケモンと いわれる。
(漢字) 巨大な ハサミを 振りまわす 暴れ者。 育てるのが とても 難しい ポケモンと いわれる。

種族値

第3世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 63
 
123 - 170 236 - 330
こうげき 120
 
112 - 189 220 - 372
ぼうぎょ 85
 
81 - 150 157 - 295
とくこう 90
 
85 - 156 166 - 306
とくぼう 55
 
54 - 117 103 - 229
すばやさ 55
 
54 - 117 103 - 229
合計 468
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 50%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 0%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 200%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 200%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

シザリガー/第七世代のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第八世代 (その他の世代: 3-67)
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 スピードスター ノーマル 特殊 60 —% 20
1 みずでっぽう みず 特殊 40 100% 25
1 かたくなる ノーマル 変化 —% 30
1 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
1 ちょうはつ あく 変化 100% 20
12 バブルこうせん みず 特殊 65 100% 20
16 はたきおとす あく 物理 65 100% 20
20 ダブルアタック ノーマル 物理 35 90% 10
24 まもる ノーマル 変化 —% 10
28 つじぎり あく 物理 70 100% 15
34 シェルブレード みず 物理 75 95% 10
40 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
46 かみくだく あく 物理 80 100% 15
52 クラブハンマー みず 物理 100 90% 10
58 がむしゃら ノーマル 物理 100% 5
64 ハサミギロチン ノーマル 物理 30% 5
進化 スピードスター ノーマル 特殊 60 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代 (その他の世代: 3-67)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン08 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン15 あなをほる じめん 物理 80 100% 10
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン22 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン27 こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15
わざマシン31 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン33 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン35 あられ こおり 変化 —% 10
わざマシン36 うずしお みず 特殊 35 85% 15
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン40 スピードスター ノーマル 特殊 60 —% 20
わざマシン42 リベンジ かくとう 物理 60 100% 10
わざマシン43 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン45 ダイビング みず 物理 80 100% 10
わざマシン48 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン53 マッドショット じめん 特殊 55 95% 15
わざマシン57 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン59 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン64 ゆきなだれ こおり 物理 60 100% 10
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン79 かたきうち ノーマル 物理 70 100% 5
わざマシン83 シェルブレード みず 物理 75 95% 10
わざマシン85 バークアウト あく 特殊 55 95% 15
わざマシン94 みねうち ノーマル 物理 40 100% 40
わざレコード00 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
わざレコード01 のしかかり ノーマル 物理 85 100% 15
わざレコード03 ハイドロポンプ みず 特殊 110 80% 5
わざレコード04 なみのり みず 特殊 90 100% 15
わざレコード05 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざレコード06 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざレコード16 たきのぼり みず 物理 80 100% 15
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード22 ヘドロばくだん どく 特殊 90 100% 10
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード32 かみくだく あく 物理 80 100% 15
わざレコード37 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざレコード39 ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5
わざレコード45 だくりゅう みず 特殊 90 85% 10
わざレコード46 てっぺき はがね 変化 —% 15
わざレコード51 りゅうのまい ドラゴン 変化 —% 20
わざレコード53 インファイト かくとう 物理 120 100% 5
わざレコード58 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざレコード60 シザークロス むし 物理 80 100% 15
わざレコード68 わるだくみ あく 変化 —% 20
わざレコード78 ヘドロウェーブ どく 特殊 95 100% 10
わざレコード84 ねっとう みず 特殊 80 100% 15
わざレコード98 アクアブレイク みず 物理 85 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代 (その他の世代: 3-67)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[728][729][730] アクアジェット みず 物理 40 100% 20
[686][687][688][689][768] きりさく ノーマル 物理 70 100% 20
[222][222G][422][423][688][689]
[864]
げんしのちから いわ 特殊 60 100% 5
[133][134][135][136][196][197]
[263][263G][264][264G][449][450]
[470][471][700][759][760][766]
[813][814][815][831][832][862]

[875]
すてみタックル* ノーマル 物理 120 100% 15
[686][687] すりかえ あく 変化 100% 10
[098][099][618G] メタルクロー はがね 物理 50 95% 35
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代 (その他の世代: 3-67)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
R・S・E × 出現しない Lv.30 ヘイガニを進化させる。
FR・LG - -
D・P Lv.35-55(釣り:すごいつりざお) カンナギタウン Lv.30 ヘイガニを進化させる。
Pt Lv.30-40(釣り:すごいつりざお)
HG・SS × 出現しない
B × 出現しない - -
W Lv.30 ヘイガニを進化させる。
B2・W2 Lv.50-60(水上/泡) 3ばんどうろ
サンヨウシティ
X・Y Lv.35(釣り:すごいつりざお) 3ばんどうろ
パルファム宮殿
Lv.30 ヘイガニを進化させる。
Lv.30 フレンドサファリ(あく)
OR・AS Lv.40(釣り:すごいつりざお) 117ばんどうろ
123ばんどうろ
S・M × 出現しない - -
US・UM Lv.10-46
Lv.10-51(泡)
ポニのだいきょうこく(釣り)
(ヘイガニ乱入バトル)
Lv.30 ヘイガニを進化させる。

隠れ特性の入手方法

BW/B2W2
PDW(かがやく海): ヘイガニ
XY
フレンドサファリ(あく): シザリガー
ORAS
117ばんどうろ, 123ばんどうろ: ヘイガニ/シザリガー
SM
なし
USUM
ポニのだいきょうこく(釣り/乱入バトル): ヘイガニ/シザリガー

備考

アニメにおけるシザリガー

マンガにおけるシザリガー

ポケモンカードにおけるシザリガー


シザリガーの歴史

第三世代

当時はみずタイプあくタイプの攻撃技が特殊技扱いであったので、高い攻撃は完全に宝の持ち腐れであった。物理耐久はともかく当時すべての攻撃技が特殊扱いであったでんきタイプの技に対して特防の低さが祟って手も足も出なかった。対戦ではひらいしんガラガラのお供として有名でダブルバトルでメジャー級であったギャラドスを攻めるためのでんきポケモンがそのままシザリガーに刺さってしまい、結局は鈍足低耐久アタッカーに過ぎないシザリガーの立場は同複合タイプのサメハダーと五十歩百歩であった。

一応ルンパッパジュカインなどのくさへの物理打点であるヘドロばくだん(当時どくの攻撃技は全て物理技)を覚える点は同じ複合タイプのサメハダーにはない利点であった。

対戦では需要がほぼ無かった一方、ルビー・サファイア期にはレベルアップはたきおとすを覚えられるすいちゅう3グループはシザリガー系統しか存在せず、そのようなことから遺伝親としての役割があるにはあった。

第四世代

クラブハンマーの物理化、かみくだくのレベルアップ技としての習得、タマゴ技としてばかぢからの獲得が主な強化点。さらにHGSSタマゴ技としてりゅうのまいを獲得し、攻撃に回れば強いという面を持つようにはなった。

第五世代

隠れ特性としててきおうりょくを獲得し、火力だけは一線級となった。

第六世代

アクアジェットすりかえを取得。特にアクアジェットは鈍足を補う為に有用であり、りゅうのまいを積むタイムラグを要さず先手を取れるようになった点は強化と言える。アクアジェットにより一致弱点を突いて大ダメージを与えることを仄めかせて交代を誘うプレイングも可能になった。すりかえは鈍足を補うこだわりスカーフとの相性が良く、技の通りが悪くて困ったらすりかえで奇襲を行うというプランも新たに獲得した。PGLレーティングバトル統計データを見ると、テンプレ技構成ははたきおとすアクアジェットクラブハンマーりゅうのまいであったとうかがえる。りゅうのまいと相性が最悪であるためとつげきチョッキやこだわり系アイテムは採用率が伸びず、きあいのタスキが持ち物としては主流となった。2015年1月に行われたホウエン図鑑限定戦「Battle of Hoenn」ではジュニアカテゴリで使用率が22位、マスターカテゴリで28位と、登場当初と比べるとホウエン図鑑のポケモンの中でも明らかに立場が良くなった。

ORASのバトルハウスシングルバトルではメガガルーラ、シザリガー、カイリューによるトリオ、通称「ガルシザリュー」が効率よく50連勝できるパーティの1つとして話題になった。この場合、性格はいじっぱり、努力値は攻撃と素早さに特化、持ち物はきあいのタスキ、技構成ははたきおとす、アクアジェット、たきのぼり、がむしゃらがおススメ。

第七世代

Zクリスタルの登場によりはたきおとすの有効性が低下し、はたきおとす単体としては火力が弱体化。また、メガシンカしたターンにメガシンカ後の素早さが参照されるように仕様変更されたため、メガシンカポケモンに対してはりゅうのまいを1回使った程度では素早さで太刀打ちできなくなった。そこで素早さの底上げを捨てて火力に特化するということで、りゅうのまいのかわりにつるぎのまいが積み技として主流化した。カプの登場といかくの蔓延により環境が特殊寄りになっている中特防の種族値55というのは非常に心細く、実際のところこだわりメガネを持たせたおくびょうゲッコウガのハイドロポンプを特防努力値を全振りしてHPに4振りしたいじっぱりシザリガーが受けた場合、最小乱数で48.2%と、ダメージ1回込みで確定2発の計算。半減できるタイプに対して受け出しできないというのは、サイクル戦が主流であり引いてはこだわり系アイテムが広く使われているこの世代の環境にそぐわない。

それでもアクZの獲得によって、かみくだくZワザ化することでそれまで一撃では倒し切れないこともあったしんかのきせきサマヨールを沈めることができるようになった。具体的にはアクZを持たせたいじっぱりシザリガーがかみくだくをZワザ化した場合、てきおうりょく適用下でしんかのきせき型の物理耐久完全特化サマヨールを確定1発(最低乱数で106.1%)にできる。

SMリーグシーズン6シングルバトルではメガチャーレムとシザリガーを投入した「ヨガザリガニ」構築が最終レート2018を記録した。そのシザリガーは、素早さ努力値4振りのエアームド抜き抜きに調整され、攻撃に努力値無振りのグライオンのじしんを確定3発に抑えるなど、受けループを崩すための個体となっていた。

2017年7月に開催された、弱点が5つ以上あるポケモンのみが出場できる大会フォーマット『ポケモン危機一髪!』のジュニアカテゴリ、マスターカテゴリでそれぞれ使用率29位に入った。2018年4月に開催されたカロス図鑑限定戦「Ultra Kalos Classic」ではジュニアディビジョンで25位の使用率を記録。

第八世代

ソード・シールドでは唯一となるみず/あくとして内定。

トップメタの内、バンギラスドリュウズドラパルトに相性上で有利なのが大きい。こだわりハチマキを持ったいじっぱりドラパルトのドラゴンアローは防御に努力値を252振ってHPに20振ったいじっぱりシザリガーで受けると最高乱数で99.2%の確定2発になるため、環境的に物理耐久は信用できる。

等倍範囲は非常に恵まれており、シザリガーの一致メインウエポン両方を半減以下にできるのは環境にはエルフーンサザンドラ程度しか存在しない。

ソード・シールド発売から3週間程度が経過した頃のランクバトルシリーズ1シングルバトルでは、ブリムオン兼そちらのトリックルームで下から動かすエースとして使われるケースがあった。時間切れ判定による戦術、いわゆる「TOD」が復活したシリーズ2ではこだわりハチマキを持ったシザリガーでひたすらはたきおとすを放って起点を作りつつ削りを入れるという運用法がメインとなった。相手が無駄に交代すると結果として複数体にはたきおとすが入ってそのまま「TOD」で勝ててしまうこともある。

素早さは4振りバンギラス抜きの実数値83(努力値60)から20振りバンギラス抜きの実数値85(努力値76)までに調整するのがベター。

ランクバトルシリーズ2シーズン2シングルバトル最終1位の構築に投入されていた。

一般的な育成論

サメハダー等と同じみずあくの複合タイプであり、高い攻撃を持つが、HP特防素早さは低い。性格をいじっぱり等にして、物理アタッカーに育成すると良いだろう。耐久と素早さが低いので、何もできずにやられないよう工夫が必要になる。

通常特性はかいりきバサミシェルアーマーであり、物理アタッカーに致命的な攻撃力ダウンを無効にするかいりきバサミの方が採用されやすい。隠れ特性はてきおうりょくであり、タイプ一致技の威力が1.5倍から2倍に上昇する優秀な特性である。

攻撃技の候補としては、タイプ一致のクラブハンマーアクアジェットかみくだく/はたきおとす、それ以外ではばかぢからシザークロスがんせきふうじがむしゃら等が挙げられる。一撃必殺技ハサミギロチンも良い。ゆきなだれは第四世代のみ習得できる。変化技の候補としては、つるぎのまいりゅうのまい等が挙げられる。

とくこうも90と低くなく、わるだくみを覚えられるため意表をついて特殊型に育成することもできる。メインウエポンはなみのりねっとうあくのはどうと使いやすいわざはある。ただしサブウエポンが弱点対策にはくさタイプ対策のれいとうビームふぶき、フェアリータイプ対策のヘドロばくだんヘドロウェーブ程度。それでも第八世代では唯一のみず・あく複合でもあるので、ネタというほどひどくはない。とはいえ、あくタイプはともかく、みずタイプとしてはほぼ一般的なみずタイプとしての戦闘法しかないのは残念。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 シザリガー
英語 Crawdaunt
ドイツ語 Krebutack
フランス語 Colhomard
韓国語 가재장군
中国語(普通話・台湾国語) 铁螯龙虾
ポーランド語 Crawdaunt 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。