ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

フリーズスキン

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

フリーズスキンは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

使用するノーマルタイプの技がこおりタイプに変わり、威力が1.2倍になる (第七世代以降)。

説明文

第六世代
ノーマルタイプの わざが こおりタイプになる。
ノーマルタイプの 技が こおりタイプに なる。
第七世代第八世代
ノーマルタイプの わざが こおりタイプになる。 いりょくが すこし あがる。
ノーマルタイプの 技が こおりタイプになる。 威力が 少し 上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
メガオニゴーリ フリーズスキン - -
アマルス フリーズスキン - ゆきふらし
アマルルガ フリーズスキン - ゆきふらし

こんなときに使おう

おんがえしハイパーボイスなどノーマルタイプのわざを、威力を上げてタイプ一致で使用できるようになる。

特性の仕様

  • 正確な威力補正率は第六世代では5325/4096倍、第七世代以降では4915/4096倍となる。
  • もともとこおりタイプである技の威力は上昇しない。
  • ウェザーボールなどタイプが変わる技に対してこの特性は発動しない。
  • わるあがきに対してこの特性は発動しない。
  • プラズマシャワーそうでん状態の効果を受けた場合、特性の効果の後に状態の効果が考慮される。
    • プラズマシャワー状態では、こおり技に変化することでプラズマシャワー状態の効果は無くなり、ノーマル技はこおり技として使える。
    • そうでん状態では、こおり技に変化してからそうでん状態の効果を受けるため、使用するノーマル技はでんき技に変わる。特性による威力補正も無くなる。
  • この特性でこおりタイプに変わったノーマル技には以下の効果がある。
  • 変化技を使用したときも発動する。
    • こおりタイプの変化技に対して発動する効果が限られているため、バトルに影響するのはプラズマシャワー状態やテクスチャー2の対象になったときなどに限られる。
  • Z攻撃技を使用しても特性は発動しない。
  • ダイマックスわざにするときもノーマルタイプの技はこおりタイプになるが、特性による威力補正は無い。
    • ウェザーボールなどタイプが変わる技でも、ダイマックスわざにしたときは特性の効果を受ける。
    • 技の選択画面ではダイアタックのままだが、実際に技を繰り出すときにダイアイスに変わる。相性は特性の効果を考慮する。
  • きけんよちはこの特性の効果を考慮しない。
  • 覚えている一番上の技がノーマルタイプであるポケモンがテクスチャーを使用しても、こおりタイプではなくノーマルタイプになる。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 フリーズスキン
英語 Refrigerate
ドイツ語 Frostschicht
フランス語 Peau Gelée
イタリア語 Pellegelo
スペイン語 Piel Helada
韓国語 프리즈스킨 (Freeze Skin)
中国語(普通話・台湾国語) 冰凍皮膚/冰冻皮肤 (Bīngdòng Pífū)
トルコ語 Dondurucu

関連項目