ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

プクリン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
プクリン
Pukurin
英語名 Wigglytuff
全国図鑑 #040
ジョウト図鑑 #045
ホウエン図鑑 #139
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #045
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #283
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #121
新ホウエン図鑑 #144
アローラ図鑑 #136
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #063
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #169
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #070
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 ふうせんポケモン
タイプ ノーマル
フェアリー
たかさ 1.0m
おもさ 12.0kg
とくせい メロメロボディ
かちき
隠れ特性 おみとおし
図鑑の色
タマゴグループ ようせい
タマゴの歩数 10サイクル
  • 第二世代: 2560歩
  • 第三世代: 2816歩
  • 第四世代: 2805歩
  • 第五世代以降: 2570歩
獲得努力値 HP+3
基礎経験値
  • 第四世代以前: 109
  • 第五・第六世代: 109
  • 第七世代: 196
最終経験値 800000
性別 25% ♂ ・ 75% ♀
捕捉率 50
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

プクリンとはぜんこくずかんのNo.040のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑

進化

ポケモンずかんの説明文

赤・緑ファイアレッド
キメ こまかく しなやかな たいもうは うっとりするほど。けがわは こうきゅうひんだ。
リーフグリーン
ボディーに だんりょくせいが あり おこらせると いきを すいこんで どんどん おおきく ふくらむ。
ピカチュウ
だんりょくせいに すぐれた からだは おおきく いきを すいこむと どこまでも ふくらんでいく。
ハートゴールド
2ひき よりそいあうと おたがいの けがわが きもちよすぎて はなれられなく なってしまう。
ソウルシルバー
キメこまやかな けがわの もちぬし。おこらせると どんどん ふくらみ のしかかってくるので ちゅうい。
クリスタル
ふわふわの たいもうに さわると てざわりが とても よいので はなれられなく なってしまう。
ルビー
おおきな まるい ひとみの ひょうめんには なみだの うすい まくが いつも はっている。ほこりが ついても すぐに あらい ながされる。
サファイア
だんりょくせいに すぐれた からだは おおきく いきを すいこむと どこまでも ふくれていく。ふくらんだ プクリンは ふんわり はねるよ。
エメラルド
ごくじょうの けなみを もつ ポケモン。プクリンと そいねすると さいこうの ねごこち。いきを すうと からだが どんどん ふくらむ。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイト
キメこまやかな たいもうは ごくじょうの はだざわり。いきを すいこんで ふくらむ。
(漢字) キメ細やかな 体毛は 極上の 肌触り。息を 吸い込んで ふくらむ。
ブラック2・ホワイト2
きめこまやかな たいもうは てざわりが よすぎて うっかり さわると はなれられなくなる。
(漢字) きめこまやかな 体毛は 手触りが よすぎて うっかり 触ると 離れられなくなる。
サン
ふわふわの けは きせつの かわりめに ぬけおちる。 それを ひろいあつめて つむいだ けいとは こうきゅうひん。
(漢字) ふわふわの 毛は 季節の 変わり目に 抜け落ちる。 それを 拾い集めて 紡いだ 毛糸は 高級品。
ムーン
いきを すって どんどん ふくらむ。 プクリンどうしは どっちが おおきく ふくらめるか しょうぶ するよ。
(漢字)
ウルトラサン
だんりょくの ある ボディーと キメこまやかな けがわが にんき。 だきしめて ねると きもちいい。
弾力の ある ボディーと キメ細やかな 毛皮が 人気。 抱きしめて 寝ると 気持ちいい。
ウルトラムーン
おこると おもいっきり いきを すいこみ どんどん ふくらんでいく。 なんと 20ばいに なることもある。
怒ると 思いっきり 息を 吸い込み どんどん 膨らんでいく。 なんと 20倍に なることもある。

種族値

第1世代

種族値
HP 140
 
こうげき 70
 
ぼうぎょ 45
 
とくしゅ 50
 
すばやさ 45
 
合計 350
 

第5世代まで

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 140
 
200 - 247 390 - 484
こうげき 70
 
67 - 134 130 - 262
ぼうぎょ 45
 
45 - 106 85 - 207
とくこう 75
 
72 - 139 139 - 273
とくぼう 50
 
49 - 112 94 - 218
すばやさ 45
 
45 - 106 85 - 207
合計 425
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

第6世代

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 140
 
200 - 247 390 - 484
こうげき 70
 
67 - 134 130 - 262
ぼうぎょ 45
 
45 - 106 85 - 207
とくこう 85
 
81 - 150 157 - 295
とくぼう 50
 
49 - 112 94 - 218
すばやさ 45
 
45 - 106 85 - 207
合計 435
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

第5世代まで

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 0%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%

第6世代

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 200%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 0%
はがね: 200%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 0%
あく: 50%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 200%
はがね: 50%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 200%
あく: 200%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 すてみタックル ノーマル 物理 120 100% 15
1 じゃれつく フェアリー 物理 90 90% 10
1 うたう ノーマル 変化 55% 15
1 まるくなる ノーマル 変化 —% 40
1 かなしばり ノーマル 変化 100% 20
1 おうふくビンタ ノーマル 物理 15 85% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン13 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざマシン14 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン24 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざマシン25 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン33 リフレクター エスパー 変化 —% 20
わざマシン35 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざマシン38 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100% 15
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン57 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン73 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン74 ジャイロボール はがね 物理 100% 5
わざマシン77 じこあんじ ノーマル 変化 —% 10
わざマシン85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100% 15
わざマシン86 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン93 ワイルドボルト でんき 物理 90 100% 15
わざマシン99 マジカルシャイン フェアリー 特殊 80 100% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[300] ゆうわく ノーマル 変化 100% 20
[300] ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25
[303][312][684][685] うそなき あく 変化 100% 20
[300][303] だましうち あく 物理 60 —% 20
[035] じゅうりょく エスパー 変化 —% 5
[531][683] いやしのはどう エスパー 変化 —% 10
[176][311][417][531] とっておき ノーマル 物理 140 100% 5
[531][682][683] ミストフィールド フェアリー 変化 —% 10
[183] ほろびのうた* ノーマル 変化 —% 5
[025][035][176][183][209][777] プレゼント* ノーマル 物理 90% 15
[303] おしおき* あく 物理 100% 5
[531] ねごと* ノーマル 変化 —% 10
[176][684][685] ねがいごと ノーマル 変化 —% 10
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
サイドチェンジ エスパー 変化 —% 15 -
とびはねる ひこう 物理 85 85% 5 -
ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25 -
ドレインパンチ かくとう 物理 75 100% 10 -
がむしゃら ノーマル 物理 100% 5 -
ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15 -
きあいパンチ かくとう 物理 150 100% 20 -
じゅうりょく エスパー 変化 —% 5 -
いやしのすず ノーマル 変化 —% 5 -
てだすけ ノーマル 変化 —% 20 -
ハイパーボイス ノーマル 特殊 90 100% 10 -
れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
はたきおとす あく 物理 65 100% 20 -
とぎすます ノーマル 変化 —% 30 -
とっておき ノーマル 物理 140 100% 5 -
マジックコート エスパー 変化 —% 15 -
マジックルーム エスパー 変化 —% 10 -
いたみわけ ノーマル 変化 —% 20 -
リサイクル ノーマル 変化 —% 10 -
なりきり エスパー 変化 —% 10 -
でんげきは でんき 特殊 60 —% 20 -
よこどり あく 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
ステルスロック いわ 変化 —% 20 -
テレキネシス エスパー 変化 —% 15 -
かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15 -
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
赤・緑・青・ピカ Lv.3 プリンつきのいしを使う。 Lv.3 プリンにつきのいしを使う。
金・銀・クリ Lv.6 プリンにつきのいしを使う。 Lv.3 プリンにつきのいしを使う。
ル・サ・エ Lv.6 プリンにつきのいしを使う。 Lv.3 プリンにつきのいしを使う。
FR・LG Lv.3 プリンにつきのいしを使う。 Lv.3 プリンにつきのいしを使う。
ダイ・パ・プラ・HG・SS Lv.2 プリンにつきのいしを使う。 Lv.2 プリンにつきのいしを使う。
BW Lv.2 プリンにつきのいしを使う。 Lv.2 プリンにつきのいしを使う。

備考

アニメにおけるプクリン

マンガにおけるプクリン

ポケットモンスターSPECIALにおけるプクリン

ポケットモンスター PiPiPi★アドベンチャーにおけるプクリン

ポケモンカードにおけるプクリン

プクリンの歴史

第一世代

火力や耐久力が上で習得技もほぼ同じである実質的な上位互換のピクシーが存在し、活躍の場は少ない。しいて言えばHPが高くて防御が低いのでカウンターのダメージ量が上がりやすい点で差別化可能。

第二世代

シャドーボールの獲得によりゴーストポケモン1体で止まる危険性が下がったが、そのシャドーボールはほとんどのノーマルタイプが習得可能であり強化らしい強化とは言えない。鈍足アタッカーとしては猛烈な強化を受けたカビゴンの存在が痛く、上位互換のピクシーもアンコールつきのひかりの獲得などといった強化を受けたため、対戦においては居場所がなかった。ほろびのうた要員としてもくろいまなざしで足止めできるムウマが適役。

第三世代

特性メロメロボディを得るも、発動機会が限定的で運頼みであるため強化らしい強化にはならなかった。ピクシーが習得できるタマゴうみも習得できない。一方でシナリオでは進化前のプリンのメロメロボディが発動すると手こずることがあった。

ルビー・サファイア期にはものまねを使用できるのがプクリン系統のみであった。

第四世代

ハイパーボイスの特殊化により使いやすい特殊一致技を得たものの、新たにバクオングが目の上のたんこぶになった。同じ特性だったピクシーがマジックガードを獲得、ハピナスあまえるを獲得し物理受けをこなせるように、トゲチックトゲキッスに進化できるようになるなど、ようせいグループの厚遇の中でもプクリンには強化らしい強化はなし。プラチナではピクシーがとっておきを覚えるようになり、その点でも差別化が不可能になった。

第五世代

特別な強化はなし。隠れ特性おみとおし個体はポケモンARサーチャー産のププリンから間接的に入手可能であり、それが当時としては比較的容易に入手可能であったが、それでもプリンフレンドガードしんかのきせきを獲得したため、ほろびのうたを軸として活躍したプリンの後塵を拝すようになった。

第六世代

特攻種族値の強化に加え、タイプにフェアリーが追加されたため、耐性面でピクシーとの差別化が可能になり下位互換という状況から抜け出した。また、特性かちきが追加されたことで特性「いかく」のポケモンが幅を利かせるダブルバトルでの利用もしやすくなった。ナットレイを始めとするはがねタイプが重いため、かえんほうしゃなどのほのおタイプの技がレート戦ではサブウエポン候補として好まれ、リーグやシーズンによっては威力を優先してかだいもんじかえんほうしゃよりも採用率を伸ばすケースもあった。PGL統計を調べるに、初期のシーズンではほろびのうた、でんじは、ステルスロックで起点を作りつつギャラドスキリキザンなどとの相性補完でサイクル戦を有利に進めるタイプが主流であったが、後に攻撃技が主体の技構成に変わっていき他のポケモンとのシナジーに拘泥しないタイプが好まれるようになったと言える。

第七世代

ウイのみなどの回復量の上方修正、ノーマルZの登場などが主な変更点。ただ、プクリン程度の耐久ではよほど厚く耐久に努力値を割かない限りウイのみ込みでも2発耐えを安定して行うことは難しい。しかしUSUMいかく二大巨頭のランドロスガオガエンが君臨するようになると、プクリンはこのようなポケモン群を重用するいかく中心のパーティに対して、たとえ警戒された場合であっても見せ球程度にはなった。上手く行けばかちきアタッカーに対して無警戒なプレイヤーに対して合計4段階特攻ランク補正が上昇したプクリンで役割破壊できる。ランドロスやボーマンダなどのこおり4倍弱点のいかく持ちを攻め切るれいとうビームが役立つのは第六世代の時と変わらず、プクリンの主要な攻撃を等倍受けするガオガエンが厄介なら1:1交換と割り切ってはかいこうせんで処理するという手もある。

単体構成としては、いかくガオガエン解禁後のUSUMリーグダブルバトルであるとZワザ型やこだわりメガネ型など役割破壊に寄せたものが需要を伸ばした。

一般的な育成論

HPが非常に高いものの、防御特防が低いためそこまで耐久に優れているとは言いがたい。HP種族値が高いポケモンの常として、努力値はHPよりも防御と特防に振り分けた方がよい。

攻撃技としてはかちきが活かせるハイパーボイスマジカルシャインなどの特殊技がメイン。その他の特殊技自体はピクシーに似た形になるが、サポート型とする場合、ほろびのうたステルスロックでんじはリフレクターひかりのかべなどのサポート技を駆使していくのがよい。プクリン程度の火力と耐久ポケモンは積みの起点にされやすいので、ほろびのうたとステルスロックを同時採用すると、強制交代によるスリップダメージを活かした確定数ずらしと積み技対策、遅効性の自主退場を行うことができ、無駄が無い。

うそなきステルスロックを両立できて特殊アタッカーとして無理なく運用できるのはプクリン系統とピクシー系統程度だが、その中でもプクリン系統はかちきうそなきステルスロックの複合とのシナジーを持つため、これをひとつの戦術として覚えておくとよい。

隠れ特性はおみとおし。かちきとは選択だが、相手の作戦を見破るだけで終わってしまう事もこともある。シングルバトルではこちらの方が有効で、相手のサイクルを見破って攻撃するためには優秀。ダブルバトルでも攻撃しないサポート型としてなら選択肢になるか。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 プクリン プリン、pretty(英語:かわいい)、膨れる
英語 Wigglytuff wiggly(揺れ動く)、stuff(詰め込む)
ドイツ語 Knuddeluff knuddeln(抱きしめる)、fluff(英語:綿毛)
フランス語 Grodoudou gros(太っている)、doudou(ぬいぐるみ)、roudoudou(お菓子の一種)
韓国語 푸크린(Pukeurin) プクリン
中国語(普通話・台湾国語) 胖可丁(Pàngkēdīng) プクリン、胖(太っている)、布丁(プリン)
中国語(広東語) 肥波球 (Fèihbōkàuh) 肥(太っている)、球

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。