ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

伝説のポケモン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
このページではゲームで特別な扱いをされているポケモンの総称の伝説のポケモンについて解説しています。ポケモンのカードの種類については伝説ポケモンのカードを参照してください。

伝説のポケモンとは、ゲーム内の神話などに登場し特別な扱いをされているポケモンのこと。カートリッジ上1体しか存在しないポケモンを指すことや幻のポケモンも含めることもある。

概要

ストーリー中で伝承が実現するイベントのインパクトのためか、ファンには「伝説のポケモン=ポケモン世界の神」「伝説のポケモンに関する伝承=ポケモン世界の史実」と受け止められることも多い。

しかし、言葉の原義としては「伝説」は地域が限定的であるもの、「神話」は人間の創作物である。ポケモン世界においても各伝承に対し、強大なポケモンを畏敬した人々が創造したものであるという表現が公式に度々なされている[1]。また、神話や伝承に登場するだけならば一般ポケモンにもそういった記述が図鑑にあるものがいくつか見られる。ミュウツーシルヴァディのように人の手で生み出されたポケモンや、ウルトラビーストのような異世界に多数生息するポケモンも便宜的に伝説のポケモンとして扱われる。

また、実際にどの程度天変地異を起こすような能力があるのかも不明であるともされる。これについてはジョウト超古代ポケモンが発見された際にオーキド博士もコメントしている。一方、ホウエン地方でカイオーガやグラードンが復活した時は大規模な洪水や旱魃が発生し、その場に居合わせたアクア団やマグマ団からホウエン地方そのものが危ないという旨の発言があった。

ただし戦闘能力が高い事は確かであり、一部のルールでは出場規制が敷かれる。

なお、単純にゲームシステム面だけを突き詰めて言えば1匹しか捕獲することができないタマゴみはっけんグループのポケモンが伝説のポケモンの定義となる[2][3]

また、ゲームシステム上は「1体しか存在しない」ポケモンであるが、ポケモンの世界の中でその数しか存在しないのかについては不明瞭な点が多い。ラティアスのように図鑑で複数の個体がいる事が示唆されている例もある。アニメでも複数の個体が確認されている場合があり、中には血縁関係も存在している。

さらに、伝説のポケモンはそのほとんどが性別不明となっている。1体しか存在していないのであれば当然繁殖しないことになるため辻褄が合うが、複数存在する場合繁殖していることになる。とはいえゲーム内での繁殖はできないため、トレーナーを介してはいけない(もしくは必要としない)繁殖がなされていると推測される。

公式の用語としては「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」という表現となっている。

幻のポケモンと異なり、それまでに発売されたソフトのいずれかでゲット出来るので、全国図鑑完成には必須である。[4]

一覧

第一世代

第二世代

第三世代

第四世代

第五世代

第六世代

第七世代

第八世代

エキスパンション・パス

備考

  • 第一世代サンダーフリーザーファイヤーの3体、第二世代エンテイライコウスイクンの3体など、トリオの関係になっているポケモンは、「○○3体」などと呼ばれることがある(例えば「レジ3体」、「湖3体」等)
  • 出場制限と記されたポケモンは、ランダムマッチやライブ大会などへの出場が制限もしくは禁止される場合がある(ルールによる)。それらの伝説のポケモンには禁止級伝説という通称がある。
    • 反対に、ランダムマッチに出場可能な伝説のポケモンには準伝説ポケモンという通称がある。
    • 現在はケッキングレジギガスを除いた種族値合計が660以上のポケモン全てが禁止級伝説になっている。種族値合計660より下に存在するポケモンは少し飛んで600になるため、禁止級伝説とその他のポケモンには能力に大きな差がある事が分かる。
    • 基本的に、各世代ごとに数体の準伝説ポケモンが新規登場する。第六世代第八世代のみ例外[5]
  • 公式では出場制限が掛かるポケモンを特別なポケモンと呼び、その中でも通常プレイで手に入らないポケモンを幻のポケモンと定義している。いわゆる準伝説に相当する公式名称はなく、1匹しか手に入らないタマゴ未発見ポケモンもレギュレーションの上では通常のポケモンとして扱われる。
  • 通常伝説のポケモンはシンボルとして存在するが、生息地点が規則により常に移動し、草むらを歩いていると登場する形をとる、いわゆる徘徊系ポケモンも存在する。
  • ボールを投げた後に、ボタンを押し続けたら伝説のポケモンが捕まえやすくなるという噂があるが、ボタンを押し続けたとしても捕まえやすくなることはないため、無駄にボタンをおして壊さないよう注意すること(捕獲処理の通り、ボタンの押される回数は捕まえやすさには関係ない)。
  • 当初は伝説のポケモンは戦闘を一度でも行うと二度と戦えなくなって捕まえることができなかった。ポケットモンスター ダイヤモンド・パールではにげるを選択した際は殿堂入り後に復活するようになった。さらにプラチナ以降は倒しても捕獲しなければ殿堂入りする度に復活するようになった。
    • 伝説のポケモンは経験値が多いため、イベントがなければ捕獲せず倒して経験値を貯める方法が存在する。
  • 例外的にポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバーにて、アルフのいせきにアルセウスを連れて行くとシントいせきのイベントが発生し、パルキア・ディアルガ・ギラティナ のいずれかのポケモンのタマゴを入手することができる。[6]
  • 第六世代まで、伝説のポケモンはゲーム中1体しか入手できず、進化もしなかった。しかし第七世代以降、一部のウルトラビーストが複数体出現したり、また進化することができるコスモッグタイプ:ヌルなども登場している。
  • デオキシスオメガルビー・アルファサファイアエピソード デルタにより通常プレイで入手可能となったため、当ソフト発売以降伝説のポケモンとして扱われる場合がある[7]
  • 第七世代までの禁止級伝説ポケモンの名称は、どの言語版でも同じような読みであった。
  • ウインディの分類は「でんせつポケモン」であるが、タマゴが見つかるため伝説のポケモンには含めない。

注釈

  1. 例えば、ポケットモンスター ルビー・サファイアのサウンドトラックのブックレットにおいては、明確に舞台の星は自然現象によって形成されたと回答されている。
  2. 1体しか捕獲できないのは第六世代まで。第七世代では複数体を捕獲できる伝説のポケモンも現れるようになった。それでも、捕獲できる個体数が有限である事には変わりはない。
  3. カビゴンウソッキー第二世代)、ロトムダイヤモンド・パールプラチナ)、ウルガモス第五世代)など、ゲーム中で1体しか捕獲出来ないポケモンはわりと多く存在する。それらはタマゴが見つかるという点で伝説のポケモンとは区別される。
  4. 第三世代から第四世代の一時期にかけて、上記伝説のポケモンのうち、通常プレイで手に入れられないポケモン(ルギアホウオウ)が存在していた。これらポケモンは当時図鑑完成上は幻のポケモンと同等の扱いがされており、図鑑完成条件から外されていた。
  5. ただし第八世代では、エキスパンション・パスなどの追加コンテンツで今後新規に登場する可能性がある。
  6. イベント中はタマゴを入手したかのように進行するが、実際にはレベル1のポケモンを入手している。
  7. ただし、「全ての伝説ポケモンが手に入る」と謳ったウルトラサン・ウルトラムーンにてデオキシスは登場しなかったため、カテゴリー変更ではなくリメイクを記念したおまけ要素の一部ではないかと考える向きもある。また、セレビィクリスタルバージョンバーチャルコンソールで通常プレイ内で手に入るようになったが、こちらは伝説のポケモンとして扱われることは少ない。

関連項目

伝説のポケモン
準伝説 禁止級伝説
第一世代 フリーザー - サンダー - ファイヤー ミュウツー ミュウ
第二世代 ライコウ - エンテイ - スイクン ルギア - ホウオウ セレビィ
第三世代 レジロック - レジアイス - レジスチル
ラティアス - ラティオス
カイオーガ - グラードン - レックウザ ジラーチ - デオキシス
第四世代 ユクシー - エムリット - アグノム
ヒードラン - レジギガス - クレセリア
ディアルガ - パルキア - ギラティナ フィオネ - マナフィ
ダークライ - シェイミ - アルセウス
第五世代 コバルオン - テラキオン - ビリジオン
トルネロス - ボルトロス - ランドロス
レシラム - ゼクロム - キュレム ビクティニ - ケルディオ - メロエッタ - ゲノセクト
第六世代 ゼルネアス - イベルタル - ジガルデ ディアンシー - フーパ - ボルケニオン
第七世代 カプ・コケコ - カプ・テテフ - カプ・ブルル - カプ・レヒレ
ウツロイド - マッシブーン - フェローチェ - デンジュモク
テッカグヤ - カミツルギ - アクジキング
ベベノム - アーゴヨン - ツンデツンデ - ズガドーン
ソルガレオ - ルナアーラ - ネクロズマ マギアナ - マーシャドー - ゼラオラ
メルタン - メルメタル
第八世代 ザシアン - ザマゼンタ - ムゲンダイナ ザルード