ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

キリキザン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
キリキザン
Kirikizan
英語名 Bisharp
全国図鑑 #625
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #131
新イッシュ図鑑 #224
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #049
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #338
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #159
新ポニ図鑑 #-
分類 とうじんポケモン
タイプ あく
はがね
たかさ 1.6m
おもさ 70.0kg
とくせい まけんき
せいしんりょく
隠れ特性 プレッシャー
図鑑の色
タマゴグループ ひとがた
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 こうげき+2
基礎経験値
  • 第五・第六世代: 172
  • 第七世代: 172
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 35
外部サイトの図鑑

キリキザンとはぜんこくずかんのNo.625のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

ポケモンずかんの説明文

ブラック
コマタナの むれを ひきいている。ボスの ざを うばいあい たたかう。やぶれると むれを おいだされる。
(漢字) コマタナの 群れを 率いている。ボスの 座を 奪い合い 戦う。敗れると 群れを 追い出される。
ホワイトYアルファサファイア
おおぜいの コマタナを したがえて えものを むれで おいつめる。とどめは キリキザンが さす。
(漢字) 大勢の コマタナを 従えて 獲物を 群れで 追いつめる。とどめは キリキザンが 刺す。
ブラック2・ホワイト2Xオメガルビー
すうひきの コマタナを たたかわせ きずつき うごけなくなった えものを まっぷたつにする こわい ポケモン。
(漢字) 数匹の コマタナを 戦わせ 傷つき 動けなくなった 獲物を 真っ二つにする 怖い ポケモン。
ウルトラサン
どんなに つよい キリキザンでも あたまの やいばが はこぼれすると ボスの ざを いんたいすると いう。
(漢字) どんなに 強い キリキザンでも 頭の 刃が 刃こぼれすると ボスの 座を 引退すると いう。
ウルトラムーン
コマタナの むれを ひきいている。 あいてに とどめを さすときも いっさい ひょうじょうを かえない。
(漢字) コマタナの 群れを 率いている。 相手に 止めを 刺すときも 一切 表情を 変えない。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 65
 
125 - 172 240 - 334
こうげき 125
 
117 - 194 229 - 383
ぼうぎょ 100
 
94 - 167 184 - 328
とくこう 60
 
58 - 123 112 - 240
とくぼう 70
 
67 - 134 130 - 262
すばやさ 70
 
67 - 134 130 - 262
合計 490
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

第5世代まで

ノーマル: 50%
かくとう: 400%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 25%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 0%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 25%

第6世代

ノーマル: 50%
かくとう: 400%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 50%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 0%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 50%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 200%
かくとう: 25%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 200%
はがね: 200%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 400%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 200%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

キリキザン/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ハサミギロチン ノーマル 物理 —% 5
1 アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15
1 メタルバースト はがね 物理 100% 10
1 ひっかく ノーマル 物理 40 100% 35
1 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
1 れんぞくぎり むし 物理 40 95% 20
1 いちゃもん あく 変化 100% 15
6 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
9 れんぞくぎり むし 物理 40 95% 20
14 いちゃもん あく 変化 100% 15
17 だましうち あく 物理 60 —% 20
22 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
25 メタルクロー はがね 物理 50 95% 35
30 きりさく ノーマル 物理 70 100% 20
33 ダメおし あく 物理 60 100% 10
38 きんぞくおん はがね 変化 85% 40
41 さしおさえ あく 変化 100% 15
46 てっぺき はがね 変化 —% 15
49 つじぎり あく 物理 70 100% 15
57 アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15
63 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
71 ハサミギロチン ノーマル 物理 —% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン37 すなあらし いわ 変化 —% 10
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン40 つばめがえし ひこう 物理 60 —% 20
わざマシン41 いちゃもん あく 変化 100% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン46 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン47 ローキック かくとう 物理 65 100% 20
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン54 みねうち ノーマル 物理 40 100% 40
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン63 さしおさえ あく 変化 100% 15
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン69 ロックカット いわ 変化 —% 20
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン73 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン75 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
わざマシン81 シザークロス むし 物理 80 100% 15
わざマシン84 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざマシン86 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン95 バークアウト あく 特殊 55 95% 15
わざマシン97 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[096][097][605][606] ずつき ノーマル 物理 70 100% 15
[302] くろいまなざし ノーマル 変化 —% 5
[064][065] サイコカッター エスパー 物理 70 100% 20
[107][237][453][454] おいうち あく 物理 40 100% 20
[107][237][122][448][539][619] ファストガード かくとう 変化 —% 15
[066][067][068][106][107][237]
[332][453][454][538]
リベンジ かくとう 物理 60 100% 10
[390][391][392][624][625] ステルスロック いわ 変化 —% 20
[327][331][332][453][454] ふいうち あく 物理 70 100% 5
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90% 15 -
イカサマ あく 物理 95 100% 15 -
てっぺき はがね 変化 —% 15 -
アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15 -
はたきおとす あく 物理 65 100% 20 -
とぎすます ノーマル 変化 —% 30 -
けたぐり かくとう 物理 100% 20 -
でんじふゆう でんき 変化 —% 10 -
なりきり エスパー 変化 —% 10 -
よこどり あく 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
うらみ ゴースト 変化 100% 10 -
ステルスロック いわ 変化 —% 20 -
じごくづき あく 物理 80 100% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W Lv.60 11ばんどうろ(濃い草むら Lv.52 コマタナ進化させる。
B2・W2 × 出現しない
X・Y × 出現しない Lv.52 コマタナを進化させる。
Lv.50 エイセツシティの民家でプリンと交換する。
OR・AS × 出現しない - -
S・M × 出現しない - -
US・UM Lv.33-36 17ばんどうろ - -

備考

  • ストーリー上ではギーマゲーチスが使用する。
  • 色違いは赤い部分が青くなっている。

アニメにおけるキリキザン

BW編第71話ラングレーコマタナが進化した形で登場。

マンガにおけるキリキザン

ポケモンカードにおけるキリキザン

キリキザンの歴史

第五世代

当時はローブシンを始めとするかくとうタイプが全盛の環境であったため、かくとう4倍弱点というだけで対戦では非常に不遇であった。特にルカリオとズルズキンは自身の一致メインウエポンを両方半減以下にするので、これらに対しては精々こだわりスカーフ+ローキックで起点を作って退場するのが関の山であった。

第六世代

フェアリータイプファイアローメガボーマンダの登場によるかくとうタイプの失墜、エスパータイプの多くがマジカルシャインを獲得したことによるきあいだまの採用率の低下、あくタイプとはたきおとすの仕様変更によるキリキザンの攻守面における強化、はがねタイプがフェアリータイプの弱点を付けること、などなど環境的な追い風が大きく吹き、特にORASリーグダブルバトルトリプルバトルではニンフィアが同リーグ同バトルにおける使用率5位以内の常連となったため、それに対してあちらの素早さの種族値60を上回る70によって上から一致弱点を突く形で叩けるポケモンとして需要が増した。ダブルバトルでは概ね使用率20位以内に付け最高位はシーズン7、シーズン8の5位。トリプルバトルでは20位前後が定位置で、最高位はシーズン8の9位。

PGLレーティングバトル統計データからは、ダブルバトル、トリプルバトル共に、ふいうちはたきおとすアイアンヘッドまもる、という技構成が一般的であったことがうかがえる。性格は火力を優先したいじっぱりが、特性はいかくメタのまけんきがそれぞれ9割台の割合であった。持ち物はいのちのたまがメインであった。

シングルバトルでもラグラージボーマンダとの相性補完を活かした「ラグマンダキザン」が成立。ラグラージのステルスロック、キリキザンのはたきおとすで起点を作り、メガボーマンダで制圧する、というコンセプトのトリオである。シングルバトルの場合はダブルバトル、トリプルバトルのまもるの枠をそのままつるぎのまいに替えることが主流。

第七世代

カプミミッキュなどキリキザンよりも素早さが高いフェアリータイプの登場によって、元々フェアリーが等倍であり特防が高くないこともあってフェアリーメタとして機能しづらくなった。ウインディガオガエンといったほのおタイプのいかく持ちがダブルバトルで増えた(後者はUSUM期にいかく解禁)こともあって、使用率ベスト30にはすっかり入らなくなった。しかしUSUMリーグダブルバトルシーズン10では、等倍でもきついとされていたカプ・テテフエスパーZ型を主流としていた影響でこだわりスカーフを持たせれば上から叩ける役割対象になったため、一時期使用率30位を記録。同リーグWCS2018ルール(アローラマーク付き限定の全国ダブル)では第六世代の教え技に依存しない性質から、シーズン9から最終順位としてもベスト30入りするようになった。近い時期のミラクル交換では進化前のコマタナが比較的高頻度で流れてくる上に、それらの個体値遺伝技などの質がまばらであったためため、素人筋と玄人筋の両方の間で流行していたと言える。

シングルバトルでは物理型が一般的であり尚且つタイプ受けできるポケモンとしては唯一というべきまけんきアタッカーである点が活き、がんせきふうじ型もたまに見られるようになった。がんせきふうじが採用されるようになった背景としては、これまでにないサイクル戦全盛環境が訪れている。

WCS2018シニアカテゴリ準優勝メンバーとなっている。しかし決勝戦1本目ではまもるの上からカプ・コケコスパーキングギガボルトで叩かれ、2本目では相手のメガサーナイトトリックルーム読み集中砲火を読まれてメガサーナイトのハイパーボイスで削られ(この時隣にいた味方のポケモンが既に倒されていて1体だけであったのでダブルバトルの威力分散無しのダメージを受けた)、といった具合に活躍しているとは言い難かった。

一般的な育成論

唯一のあくはがねの2種のタイプを持つポケモン。耐性は多いが、かくとうタイプが4倍弱点となっているのが大きな痛手か。ステータスは攻撃、防御の順に高く、その他のステータスは並である。特攻は低いので物理アタッカーとして育成されることが多い。

タイプ一致の強力な物理技のふいうちアイアンヘッドが良く用いられ、サブでは命中率は低いが命中すれば一撃で倒せるハサミギロチンを採用することもある。その他にローキックけたぐりリベンジストーンエッジサイコカッターダブルチョップなど。また、思い出し限定技のメタルバーストや、タマゴ技のふいうち、おいうちなども習得し、通信対戦では相手との読み合いでこれらの技を使い分けることで予想以上の強さを発揮するポケモンでもある。読み合い次第のポケモンなので、ふいうちともう一つ悪技を採用することが非常に多い。その候補としてはつじぎりはたきおとすがあり、更にダブルバトルではダメおしも挙がる。

補助技にはきんぞくおんてっぺきつるぎのまいなどがあるが物理アタッカー向きのポケモンのためきんぞくおんは採用されにくく、つるぎのまいが最も有力な候補である。相手に負荷をかけるものとしてはふいうちを決めやすくするためのちょうはつ、相手をひるませる追加効果のあるアイアンヘッドと相性の良いでんじはや、交代先のポケモンにダメージを与えられるステルスロックなどが候補に上がる。

持ち物はあまり耐久がないためきあいのタスキの採用率が高いが、技自体はそこまで威力が高くないためいのちのたまの採用も増えた。その他にはあくのジュエルこだわりスカーフなど。キリキザンは素早さ70族のため、最速でこだわりスカーフを持たせると最速130族をギリギリ追い抜ける。

特性はまけんきほぼ一択。まず間違いなく物理アタッカーとなるキリキザンで、いかくを入れられても問題なくなるのは非常に心強い。

一方でせいしんりょくはあまり有効な場面が無い。キリキザンに対してエアスラッシュいわなだれあくのはどうなどで突っ張ってくる相手はまずいないため、そもそも怯む機会が無い。ねこだましを防げるのは良いが、ねこだましを撃ってくる相手は殆どの場合かくとうタイプの技を次に使ってくるので、どのみちキリキザンでは勝てない。

隠れ特性のプレッシャーも採用は厳しい。種族値の上ではそこそこ耐久力があるかのように見えるが、有利不利が極端なほどはっきりしているキリキザンでは、自分も相手も倒れずに長く場に居座ってPP合戦になる事はまずあり得ない。場に出た時に発動する特性素早さ順に発動する仕様から素早さ判定に使用することはできそうだが、キリキザン程度の中途半端な素早さの種族値の場合、相手の素早さを推測できるメリットよりも、こちらの素早さを推測されてしまうデメリットの方が遥かに大きい。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 キリキザン 切り刻む、切+鬼+斬
英語 Bisharp bishop(英語:ビショップの駒)、sharp(英語:鋭い)
ドイツ語 Caesurio ユリウス・カエサル
フランス語 Scalproie
韓国語 절각참
中国語(普通話・台湾国語) 劈斩司令
ポーランド語 Bisharp 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。