ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

てんのめぐみ

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

てんのめぐみは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

攻撃技追加効果が発動する確率が2倍になる。

説明文

第三世代
わざの ついかこうかが でやすい
第四世代第五世代第六世代
わざの ついかこうかが でやすい。
技の 追加効果が でやすい。
第七世代第八世代
てんのめぐみの おかげで わざの ついかこうかが でやすい。
天の恵みの おかげで 技の 追加効果が でやすい。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ラッキー しぜんかいふく てんのめぐみ いやしのこころ
トゲピー はりきり てんのめぐみ きょううん
トゲチック はりきり てんのめぐみ きょううん
ノコッチ てんのめぐみ にげあし びびり
ハピナス しぜんかいふく てんのめぐみ いやしのこころ
ジラーチ てんのめぐみ - -
ピンプク しぜんかいふく てんのめぐみ フレンドガード
トゲキッス はりきり てんのめぐみ きょううん
シェイミ
(スカイフォルム)
てんのめぐみ - -
シキジカ ようりょくそ そうしょく てんのめぐみ
メブキジカ ようりょくそ そうしょく てんのめぐみ
メロエッタ てんのめぐみ - -

こんなときに使おう

ひるみ効果を持つ技で、相手を行動させずに一方的に攻撃しやすくなる。このとき相手より先に行動する必要があるため、こだわりスカーフや、相手の素早さを下げる手段と併用される。特にまひをさせれば、ひるみに加えてまひによる行動不能も期待できる。

第八世代では、トライアタックを主力技とするハピナスが採用することがある。

特性の仕様

  • 追加効果の発動率が50%以上ある技は、発動率が100%になる。
  • ひみつのちからの追加効果の発動率は、第五世代のみ2倍にならない。第五世代以外では2倍になる。
  • 道具おうじゃのしるしするどいキバによってひるむ確率は、第四世代までは10%のまま変化しない。第五世代以降はてんのめぐみの効果で20%に上昇する。
    • 第五世代以降、元々ひるみ効果がある技におうじゃのしるしの効果は無いので、てんのめぐみにおうじゃのしるしを持たせてひるませる技を使用した場合も、道具を持っていないときと同じでひるみ率は元の2倍に留まる。
  • ひるみ状態にする効果に限りにじ状態の効果とは累積せず、発動率は元の2倍に留まる。それ以外のランクが変動したり状態異常にする効果は、てんのめぐみとにじの両者の効果が累積することで、発動率を元の4倍に上げることができる。
    • にじ状態の効果と重複し、追加効果発動率が256%以上になった場合、オーバーフローを起こし発動率が256%引かれる。第八世代現在において、この現象で発動率が変わる技はチャージビームのみであり、このとき発動率は280%ではなく24%になる。
  • キョダイサイセイキョダイスイマの効果の発動率は増えない。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 てんのめぐみ
英語 Serene Grace
ドイツ語 Edelmut
フランス語 Sérénité
イタリア語 Leggiadro
スペイン語 Dicha
韓国語 하늘의은총
中国語(普通話・台湾国語) 天恩
中国語(広東語) 天恩

関連項目