ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

レパルダス

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
レパルダス
Lepardas
英語名 Liepard
全国図鑑 #510
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #016
新イッシュ図鑑 #013
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #043
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #045
分類 れいこくポケモン
タイプ あく
たかさ 1.1m
おもさ 37.5kg
とくせい じゅうなん
かるわざ
隠れ特性 いたずらごころ
図鑑の色
タマゴグループ りくじょう
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 すばやさ+2
基礎経験値
  • 第五・第六世代: 156
  • 第七世代: 156
  • 第八世代: 156
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 90
初期なつき度
III~VII
70
初期なかよし度
VIII
50
外部サイトの図鑑

レパルダスとはぜんこくずかんのNo.510のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

特徴

細身で紫色の猫のようなポケモン。美しいスタイルと毛なみは多くのトレーナーにとって魅力的であるらしい。緑色の目の周りから鼻にかけてマスクのようにピンク色となっている。眉間の上のあたりに小さい黄色い模様が入る。両頬からそれぞれ2本ずつ黄色いヒゲが生えている。足の真ん中より先は黄色となっている。肉球は通常では確認できないが、ポケモン全国図鑑Proより薄いピンクであることがわかっている。尻尾は鎌のような曲がった形をしている。筋肉はよく発達しており、音もなく走り獲物を背後から仕留めることができる。また、気配を殺して神出鬼没に振る舞うことができる。

進化

ポケモンずかんの説明文

ブラック
しんしゅつきぼつな ポケモン。 うつくしい スタイルと けなみが おおくの トレーナーを ひきつける。
(漢字) 神出鬼没な ポケモン。 美しい スタイルと 毛並みが 多くの トレーナーを ひきつける。
ホワイトYアルファサファイア
けはいを ころして せっきんする。 あいてが きづく まえに はいごから しのびより しとめてしまうのだ。
(漢字) 気配を 殺して 接近する。 相手が 気づく 前に 背後から 忍び寄り しとめてしまうのだ。
ブラック2・ホワイト2Xオメガルビー
うつくしい スタイルは ぜんしんの はったつした きんにくの おかげ。 おともたてずに よるを かけぬける。
(漢字) 美しい スタイルは 全身の 発達した 筋肉の おかげ。 音もたてずに 夜を 駆けぬける。
ソード
うつくしい けなみと スタイルに まどわされがちだが きまぐれで きょうぼうな ポケモンなのだ。
(漢字) 美しい 毛並みと スタイルに 惑わされがちだが 気まぐれで 狂暴な ポケモンなのだ。
シールド
フォクスライと なわばりを めぐり あらそう。 おとひとつ たてずに えものの はいごに しのびよる。
(漢字) フォクスライと 縄張りを めぐり 争う。 音ひとつ たてずに 獲物の 背後に 忍び寄る。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 64
 
124 - 171 238 - 332
こうげき 88
 
83 - 154 162 - 302
ぼうぎょ 50
 
49 - 112 94 - 218
とくこう 88
 
83 - 154 162 - 302
とくぼう 50
 
49 - 112 94 - 218
すばやさ 106
 
99 - 173 195 - 342
合計 446
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 50%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 0%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 200%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

レパルダス/第七世代のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ひっかく ノーマル 物理 40 100% 35
1 なきごえ ノーマル 変化 100% 40
1 すなかけ じめん 変化 100% 15
1 ねこだまし ノーマル 物理 40 100% 10
12 みだれひっかき ノーマル 物理 18 80% 15
16 いちゃもん あく 変化 100% 15
23 ダメおし あく 物理 60 100% 10
28 つめとぎ あく 変化 —% 15
34 ふいうち あく 物理 70 100% 5
40 わるだくみ あく 変化 —% 20
46 つじぎり あく 物理 70 100% 15
52 じゃれつく フェアリー 物理 90 90% 10
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン02 ネコにこばん ノーマル 物理 40 100% 20
わざマシン08 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン14 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン16 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン23 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン29 あまえる フェアリー 変化 100% 20
わざマシン31 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン33 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン34 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン40 スピードスター ノーマル 特殊 60 —% 20
わざマシン47 うそなき あく 変化 100% 20
わざマシン56 とんぼがえり むし 物理 70 100% 20
わざマシン57 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン58 ダメおし あく 物理 60 100% 10
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン69 サイコカッター エスパー 物理 70 100% 20
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン85 バークアウト あく 特殊 55 95% 15
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード29 バトンタッチ ノーマル 変化 —% 40
わざレコード30 アンコール ノーマル 変化 100% 5
わざレコード31 アイアンテール はがね 物理 100 75% 15
わざレコード33 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざレコード37 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざレコード38 トリック エスパー 変化 100% 10
わざレコード42 ハイパーボイス ノーマル 特殊 90 100% 10
わざレコード58 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざレコード59 タネばくだん くさ 物理 80 100% 15
わざレコード68 わるだくみ あく 変化 —% 20
わざレコード73 ダストシュート どく 物理 120 80% 5
わざレコード77 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざレコード81 イカサマ あく 物理 95 100% 15
わざレコード90 じゃれつく フェアリー 物理 90 90% 10
わざレコード95 じごくづき あく 物理 80 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[194][195][449][450][517][518] あくび ノーマル 変化 —% 10
[025][026][026A] かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
[050][051][052][052G][053][083]
[215][264][461][613][614][631]
[674][675][863]
きりさく ノーマル 物理 70 100% 20
[025][026][026A][037][038][078]
[078G][133][134][135][136][196]
[197][215][309][310][448][461]
[470][471][659][660][700][813]
[814][815][827][828][877]
でんこうせっか ノーマル 物理 40 100% 30
[133][134][135][136][196][197]
[263][264][470][471][677][678]
[700][820]
ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25
[133][134][135][136][196][197]
[448][470][471][700][831][832]
まねっこ ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W (草むら)Lv.20-22
(濃い草むら)Lv.23-25
5ばんどうろ Lv.20 チョロネコレベルアップさせる。
(草むら)Lv.33
(濃い草むら)Lv.38
9ばんどうろ
(草むら)Lv.20,22,24
(濃い草むら)Lv.23,25
16ばんどうろ
Lv.47(濃い草むら) ゆめのあとち(地上)
B2・W2 (草むら)Lv.57-58 2ばんどうろ
(草むら)Lv.22-24
(濃い草むら)Lv.24-26
(隠し穴)Lv.20-25
5ばんどうろ
(草むら)Lv.40
(濃い草むら)Lv.44
(隠し穴)Lv.35-40
9ばんどうろ
(草むら)Lv.22-24
(濃い草むら)Lv.24-26
16ばんどうろ
(草むら)Lv.56,59
(濃い草むら)Lv.64,67
ゆめのあとち(地上)
X Lv.30 フレンドサファリ(あく) - -
Y Lv.34-36 15ばんどうろ
Lv.30 フレンドサファリ(あく)
OR・AS × 出現しない - -
S・M × 出現しない - -
US・UM

隠れ特性の入手方法

BW
なし
B2W2
5,9ばんどうろ(かくしあな): レパルダス
XY
フレンドサファリ(あく): レパルダス
ORAS
なし
SM/USUM
なし

配布ポケモン・貴重なポケモン

おや 言語/地域 配布バージョン
박세준 韓国語 BW/B2W2

備考

アニメにおけるレパルダス

マンガにおけるレパルダス

ポケモンカードにおけるレパルダス

レパルダスの歴史

第五世代

BW2隠れ特性いたずらごころが解禁されるまではマイナーな存在であった。いたずらごころが使えるようになると、「いたずらごころ+ねこのて」で様々なコンボが考案され、中には通信対戦の時間切れを狙う「いたずらごころ+ふきとばし」といったものや、相手のわざを避け続ける「いたずらごころ+そらをとぶこうこうのしっぽ」といったハメを狙うコンボが登場した。対策が存在しないわけではなくハマらなかった場合は脆かったが、凶悪な型として認識されていた。ハメ技ではないが「いたずらごころ+キノコのほうし」もこれらに並ぶ性能を誇った。

ダブルバトル、トリプルバトルではサポートも然ることながら単純にそれらのバトルでよく使われていたエスパーゴーストのサポーターの一致メインウエポンに耐性のあるポケモンという面も発揮した。といっても、一致メインウエポンがイカサマ一択であったため、特殊型が大半であったそれらサポーターにはそれほど削りを入れることができたわけではなかった。BW2期のダブルバトルではレパルダスのいたずらごころ+にほんばれを書き換え、ウルガモスちょうのまいでさらに火力と特殊みず火力に対する受けを強化する「レパルウルガ」が雨パに対する露骨なメタとして一定数使われた。

WCS2013マスターカテゴリでパク・セジュンが使用したポケモンとして韓国で人気になり、世代末期にはレパルダス (박세준)がソウル市内で配布された。

BWのシナリオではプラズマだんのしたっぱの手持ちとしての出番が目立ち、BW2のシナリオではヒュウの妹のチョロネコがレパルダスに進化した状態となってヒュウとの再会を果たした。

第六世代

いたずらごころの仕様変更により、ふきとばし型、後攻そらをとぶ型は構築不可能となった。しかし、キノコのほうし型は存続。相性の仕様変更によりはがねタイプにあくやゴーストタイプの技が等倍で通るようになった。

上述の理由から韓国のダブルバトル環境では人気になり、実際のところWCS2014大韓民国代表選抜戦インターネット予選(カロス図鑑限定ダブルバトル)ジュニアカテゴリ25位の使用率を記録していた。

GSダブルでは素早さの種族値が100を超えるサポーターとしての個性が活きるようになり、ねこだましやイカサマなどいたずらごころが適用されない技を使う際にその点が活用された。JCS2016(GSダブル)オンライン予選ではシニアカテゴリ22位、マスターカテゴリ21位の使用率を記録。

第七世代

あくタイプの仕様変更により、いたずらごころによる変化技を受けなくなったが、いたずらごころを採用する際のデメリットのほうが大きくレートでの採用率は低い。

一方、USUMリーグシーズン9のスペシャルバトルはメガシンカZワザきあいのタスキしんかのきせきなしで、6匹エントリーの2匹選出のダブルバトルというレギュレーションで行われたが、そこでは24位の使用率を記録。

シングルバトルでは立場が無くなったがダブルバトルではエレキシードカプ・コケコエレキメイカー発動によって消費して優先度に頼らずかるわざサポーターとして変化技を振る「レパルコケコ」の片割れとしてそこそこ使われるようになり、レパルダス=いたずらごころという図式からの脱却が図られつつある。といっても、ダブルバトルのレパルダスの場合はねこだましアンコールの採用が確定レベルであり、後はうそなきイカサマを入れるのがざらなので、やることが決まっているという意味で対策は容易。

第八世代

あくのいたずらごころサポーターとしてはより変化技に優れており耐久も高いオーロンゲが登場。こちらはあくびトリックちょうはつイカサマという技構成ができる唯一のいたずらごころ持ちとして差別化しよう。まねっこも差別化点である。

Pokémon HOME配信開始によりいたずらごころ型が解禁される。トリックルームをベースにしたダイウォールいたずらごころ+のまねっこでコピーする戦術をブリムオンとで行う「ブリレパル」が成立し、ダブルバトル環境に進出。この構築のレパルダスを処理するために露骨にねこだましを放って特攻特化エルフーンで倒しにかかるプレイヤーも大勢現れた。

シングルバトルでもこうこうのしっぽ+トリック型としてそこそこ活躍。くろいてっきゅうを相手のトゲキッスに押し付けて起点にし、後続のダイアース接地したトゲキッスに当てて特防を上げるという運用法もある。

一般的な育成論

高い素早さを始めとして、攻撃・特攻には長けているものの、耐久性は低い。

特性かるわざノーマルジュエル+ねこだましのコンボにより、さらに素早さを上げることが可能である。

物理型であれば、ふいうちつじぎりおいうちとバラエティに富んでいる。弱点対策に、つばめがえしを入れるのが一般的である。積み技につめとぎなどを入れるとさらに使いやすくなる。B2W2で追加されたとんぼがえりを採用してもいい。

ただわるだくみを覚えるため、特殊型にすることも可能ではあるが、あく特殊技で唯一覚えるバークアウトはむしろサポート用なので、メインウエポンがめざめるパワーしかない。そのため、相手依存になるがイカサマを覚えさせ、サブウエポンにはくさむすびなどを入れるとよい。B2W2では教え技により、あくのはどうを覚えられるようになった。

補助であれば、高い素早さをどのように生かすかがポイントとなり、ちょうはついちゃもんいばるなどの状態異常にするわざで、相手のペースを崩したりすることもできる。どくどくでんじはで攻めるのも面白い。

そのときは、みがわりまもるかげぶんしんを入れることでさらに嫌らしさが増す。

いたずらごころ

隠れ特性のいたずらごころを利用すると様々な戦法が実現できる。そのまま使ってもでんじはなどの技を先に出せるほか、専用にパーティを組めば、ほとんど全ての技をねこのて経由で優先度+1で出せる。なかには、他のどのポケモンでも不可能であった画期的な戦法もある。第六世代の仕様変更によりいくつかの型は使えなくなったが、なお有用な型が残る。

キノコの胞子型
キノコのほうしを使う型。こちらは特にコンボでハメを狙うわけではなく、単純にキノコのほうしを有効活用してレパルダスが自分で戦う型。
キノガッサは自分より遅い相手には滅法強く、一度眠らせてみがわりを置けばそのまま3タテさえも狙えるほどの強力なポケモンだが、レパルダスはこれと同じ戦法をいたずらごころによって素早さに関係なく実行できる。レパルダス自身の種族値はキノガッサほど尖ってはいないものの、他のコンボの型と違って控えに置くキノガッサメタモンは自身でも戦える力を持つポケモンということもあり、弱点が少ない。
あくび脱出型
ねこのては使わず、単純に自身が覚える変化技を使う型で、あくびだっしゅつボタンのコンボにより後続に無償で積み技を使わせる事を目的とした型。
サンダースエーフィなどでも同様の型があり、そちらと比べて耐久も低ければ特攻無振りでもそれなりの威力が出るほどの特攻種族値もないが、いたずらごころにより相手がこだわりスカーフ持ちであるかどうかを警戒しなくてもよいのが強み。ほかにもちょうはつアンコールを使えるなどほかにはない利点もある。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 レパルダス leopard(英語:ヒョウ)、πάρδος(ギリシャ語:ヒョウ)
英語 Liepard lie(嘘),leopard(ヒョウ)
ドイツ語 Kleoparda Kleopatra(クレオパトラ),Leopard(ヒョウ)
フランス語 Léopardus léopard(ヒョウ)、πάρδος(ギリシャ語:ヒョウ)
イタリア語 Liepard 英語に同じ
スペイン語 Liepard 英語に同じ
韓国語 레파르다스 (Repareudaseu) 日本語の音写
中国語(普通話・台湾国語) 酷豹(Kùbào) (残忍な),豹(ヒョウ)
ロシア語 Лайпард (Laypard) 英語の音写

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。