ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ふしょく

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ふしょくは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

はがねどくタイプのポケモンもどくもうどく状態にすることができる。

説明文

第七世代第八世代
はがねタイプや どくタイプも どく じょうたいに することが できる。
はがねタイプや どくタイプも どく状態に することが できる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ヤトウモリ ふしょく - どんかん
エンニュート ふしょく - どんかん

こんなときに使おう

  • はがね・どくタイプに戦略を妨害されない。
  • あくまで「はがね・どくタイプに対し、状態異常の変化技が有用になった」だけである。
    • それゆえ、はがねタイプ相手にどくタイプの攻撃技を仕掛けても、ダメージはおろか追加効果すら得られない。
  • はがねタイプに対しては元から炎タイプが効果抜群のため、そちらで攻撃した方が早く倒せる場合もある。

備考

  • はがね・どくタイプ以外のどく耐性はふしょくの効果対象ではない。以下のポケモンはどく・もうどく状態にできない。
  • 攻撃技にも適用される。ふしょくのポケモンがどくの追加効果がある攻撃技を使った場合、はがね・どくタイプのポケモンをどく状態にすることができる。
    • ふしょくのポケモンがどく・はがねタイプに対しなげつけるどくバリどくどくだまを投げつけた場合、追加効果でそれぞれどく・もうどく状態にできる。
    • ふしょくのポケモンが使ったどくタイプの攻撃技であっても、はがねタイプに対しては無効のままであり、追加効果も発動しない。対象者がねらいのまとを持ちどく技のダメージを与えられた場合や、攻撃者がそうでんを受けて技のタイプが変更されて有効になった場合は追加効果でどく状態にすることができる。
  • 特性ふしょくのはがね・どくタイプのポケモンがどくどくだまを持つと、ターン終了時にもうどく状態になる。
  • 自身が使うどくびしにははがね・どくタイプをどく状態・もうどく状態にする効果はない。
    • 相手にどくびしを撒かれてたときにふしょくのどくタイプを繰り出した場合、どくびしの回収効果が先に発動するためどく状態にはならない。
  • この特性によるどくのこなくさタイプ・ぼうじんぼうじんゴーグルにより無効化される。
  • この特性がシンクロのポケモンをどく状態にした場合、シンクロにより写されるどく状態にふしょくの効果はない。ふしょくのポケモンがはがね・どくポケモンならば無効化できる。
  • この特性がマジックコートでどく・もうどく状態にする技を跳ね返した場合、ふしょくの効果ではがね・どくタイプをどく・もうどく状態にできる。
    • 相手のマジックコート状態で、ふしょくのポケモン自身に跳ね返ったわざにはふしょくの効果はない。
  • この特性が使うトーチカにはふしょくの効果がある。
  • この特性がどく・もうどく状態で使うサイコシフトにはふしょくの効果がある。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ふしょく
英語 Corrosion
ドイツ語 Korrosion
フランス語 Corrosion
イタリア語 Corrosione
スペイン語 Corrosión
韓国語 부식 (Busik)
中国語(普通話・台湾国語) 腐蝕/腐蚀 (Fǔshí)
中国語(広東語) 腐蝕 (Fuhsihk)
ロシア語 Коррозия (Korroziya)