ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

きあいパンチ

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
きあいパンチ
第三世代
タイプ かくとう
分類 物理
威力 150
命中率 100
PP 20
範囲 1体選択
優先度 -3
直接攻撃
効果
優先度が低い。そのターンで攻撃をする前に自分が攻撃技によるダメージを受けていると、失敗する。
判定
Zワザ威力 200
ダイマックスわざ威力 100
わざマシン わざマシン01(第三世代第四世代BDSPのみ)
わざおしえ バトルリゾート(ORAS)
ウラウラビーチ(USUM)
パレス たたかう
アピールタイプ たくましさ
アピール (RSE) ♡♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
次のターンのアピールが4番目になる
アピール(DPt)
アピール効果(DPt)
他のポケモンと審査員が重ならなければ、ハートが4つ追加される。
アピール(ORAS) ♡♡
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
ターンの最後にアピールしたとき、追加されるハートが3倍になる。
ショーポイント(BDSP) 3
アピール追加効果 (BDSP)
ポケモンのテンションがプラスの場合、もらえるショーポイントが3増える。

きあいパンチは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

ルビー・サファイアエメラルド
いりょくの たかい こうこうわざ こうげきを もらうと ひるむ
ファイアレッド・リーフグリーン
あいてより あとに こうげきする。わざを だす までに こうげきを うけると ひるんで しまう。
第四世代第五世代第六世代第七世代第八世代
せいしんを たかめて こうげきする。わざを だすまえに こうげきを うけると しっぱいする。
(漢字) 精神を 高めて パンチを くりだす。技を だすまでに 攻撃を 受けると 失敗する。

コンテストわざ

第三世代
このつぎの アピールを おわりの ほうに だすことが できる
第四世代
まえの ポケモンの ボルテージマックスの あとだと +3。
第六世代
1ばん さいごに アピールすると アピールが すごく うまくいく
(漢字) 1番 最後に アピールすると アピールが すごく 上手くいく
第八世代
ポケモンの テンションが プラスの ばあい もらえる ショーポイントが 3ふえる
(漢字) ポケモンの テンションが プラスの 場合 もらえる ショーポイントが 3増える

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM SwSh/BDSP
エビワラー × × 56 1, 56 1, 56 44
ヤルキモノ 43 43 49 49XY
37ORAS
37 37
ケッキング 1
マクノシタ × × × × × 34
ハリテヤマ × × × × × 38
ドッコラー - - 46 46 46 48
ドテッコツ - - 53 53 53 60
ローブシン - - 53 53 53 60
ズルッグ - - 49 48 48 48
ズルズキン - - 58 58 58 54
ゴビット - - 55 55 61 ×
ゴルーグ - - 70 1, 70 69 1
マッシブーン - - - - 73 70
ダクマ - - - - - 52
ウーラオス
(いちげきのかた)
- - - - - 52
ウーラオス
(れんげきのかた)
- - - - - 52
凡例
継: 進化前から継続して覚える。

わざマシン・おしえわざ

ポケモン名 覚える方法・世代・ソフト
わざマシン おしえわざ わざマシン
3 4 6
ORAS
7
USUM
8
BDSP
ヒトカゲ
リザード
リザードン
ゼニガメ
カメール
カメックス
ピカチュウ
ライチュウ
ライチュウ
(アローラのすがた)
7- 7- 7- -
サンド
サンド
(アローラのすがた)
- - - -
サンドパン
サンドパン
(アローラのすがた)
- - - -
ニドクイン
ニドキング
ピッピ
ピクシー
プリン
プクリン
コダック
ゴルダック
マンキー
オコリザル
ニョロゾ
ニョロボン
ケーシィ
ユンゲラー
フーディン
ワンリキー
ゴーリキー
カイリキー
イシツブテ
イシツブテ
(アローラのすがた)
- - - -
ゴローン
ゴローン
(アローラのすがた)
- - - -
ゴローニャ
ゴローニャ
(アローラのすがた)
- - - -
ヤドラン
ベトベトン
ベトベトン
(アローラのすがた)
- - - -
ゲンガー
スリープ
スリーパー
カラカラ
ガラガラ
ガラガラ
(アローラのすがた)
7- 7- 7- -
サワムラー
エビワラー
ベロリンガ
サイドン
ラッキー
ガルーラ
バリヤード
バリヤード
(ガラルのすがた)
- 8- 8- 8- -
ルージュラ
エレブー
ブーバー
カイロス
カビゴン
カイリュー
ミュウツー
ミュウ
マグマラシ
バクフーン
ワニノコ
アリゲイツ
オーダイル
オタチ
オオタチ
レディバ
レディアン
トゲチック
モココ
デンリュウ
マリル
マリルリ
ウソッキー
ニョロトノ
エイパム
ヌオー
ヤドキング
ブルー
グランブル
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
デリバード
エレキッド
ブビィ
ミルタンク
ハピナス
バンギラス
キモリ
ジュプトル
ジュカイン
ワカシャモ
バシャーモ
ラグラージ
ルンパッパ
キノココ × ×
キノガッサ
ナマケロ
ヤルキモノ
ケッキング
マクノシタ
ハリテヤマ
ヤミラミ
クチート
ボスゴドラ
アサナン
チャーレム
バルビート
イルミーゼ
ブーピッグ
パッチール
サボネア
ノクタス
ザングース
カクレオン
サマヨール
レジロック
レジアイス
レジスチル
デオキシス
(ノーマルフォルム)
RS
デオキシス
(アタックフォルム)
FR
デオキシス
(ディフェンスフォルム)
LG
デオキシス
(スピードフォルム)
E
ヒコザル -
モウカザル -
ゴウカザル -
ビーダル -
ラムパルド -
ブイゼル -
フローゼル -
エテボース 4-
ミミロル -
ミミロップ -
マネネ -
ゴンベ -
リオル -
ルカリオ -
グレッグル -
ドクロッグ -
ユキノオー -
マニューラ 4-
ベロベルト 4-
ドサイドン 4-
エレキブル 4-
ブーバーン 4-
トゲキッス 4-
エルレイド -
ヨノワール 4-
パルキア -
レジギガス -
ダークライ -
チャオブー - - -
エンブオー - - -
ミルホッグ - - -
ヤナップ - - -
ヤナッキー - - -
バオップ - - -
バオッキー - - -
ヒヤップ - - -
ヒヤッキー - - -
タブンネ - - -
ドッコラー - - -
ドテッコツ - - -
ローブシン - - -
ガマガル - - -
ガマゲロゲ - - -
ナゲキ - - -
ダゲキ - - -
ワルビル - - -
ワルビアル - - -
ダルマッカ - - -
ヒヒダルマ - - -
ズルッグ - - -
ズルズキン - - -
ランクルス - - -
シビルドン - - -
クマシュン - - -
ツンベアー - - -
コジョフー - - -
コジョンド - - -
ゴビット - - -
ゴルーグ - - -
クイタラン - - -
メロエッタ - - -
ハリマロン - - -
ハリボーグ - - -
ブリガロン - - -
ホルード - - -
ヤンチャム - - -
ゴロンダ - - -
ルチャブル - - -
ヌメルゴン - - -
フーパ
(いましめられしフーパ)
- - -
フーパ
(ときはなたれしフーパ)
- - -
ガオガエン - - - -
マケンカニ - - - -
ケケンカニ - - - -
ルガルガン
(まよなかのすがた)
- - - -
ヌイコグマ - - - -
キテルグマ - - - -
ナゲツケサル - - - -
ジャラランガ - - - -
カプ・ブルル - - - -
マッシブーン - - - -
マーシャドー - - - -
ゼラオラ - - - -
バリコオル - 8- 8- 8- -
凡例
継:進化前から継続して覚える。
移:進化前のポケモンに技を覚えさせた後、該当世代に移送してから進化させることで覚える。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
3 4 5 6 7 8
ヒトカゲ × × × リザード
リザードン
マンキー × × × オコリザル
イシツブテ × × × ゴローン
ゴローニャ
ガルーラ × × × -
レディバ × × × レディアン
ブルー × × × グランブル
ヘラクロス × × × -
エレキッド × × SwSh エレブー
エレキブル
ブビィ × × × × × SwSh ブーバー
ブーバーン
ミルタンク × × × × × SwSh -
キノココ × × × キノガッサ
マクノシタ × × × ハリテヤマ
ヒコザル - × × モウカザル
ゴウカザル
ミミロル - × SwSh ミミロップ
ダルマッカ - - ヒヒダルマ
ダルマッカ
(ガラルのすがた)
- - - - - ヒヒダルマ
(ガラルのすがた)
クマシュン - - ツンベアー
コジョフー - - × × × コジョンド
ジャラコ - - - - × ジャランゴ
ジャラランガ

こんなときに使おう

物理技ではあるが、第三世代ではハピナスカビゴン対策に特殊アタッカーが使うこともできる。世代が進んで高威力が技が増えるに従い、この技の価値は相対的に減っている。

使用するターンにダメージを受けないための方法はいくつかある。

  • 相手に交代を強いやすいポケモンであれば、相手が交代するターンにみがわりを使うことで次のターン安全にこの技を使用できる。相手が確実にゴーストタイプ以外のポケモンに交代すると思うのなら、そのターンにきあいパンチを使うこともできる。
  • すばやさの低いポケモンであれば、相手が交代しなくてもみがわりを後攻で使用することで次のターン安全にきあいパンチを使用できる。みがわりの代わりにみちづれでも同じような戦法が可能。攻撃技を受けて倒された場合には相手を道連れにし、攻撃されなかった場合にはきあいパンチが成功する。
  • ふいうちが警戒されやすいポケモンであれば、相手がふいうちを読んで変化技を使用したり、他のポケモンに交代したりする隙を狙ってきあいパンチで攻撃できる。
  • 相手をねむり状態にする技が使えるポケモンであれば、眠らせた次のターンにみがわりを使っても、そのままきあいパンチを使っても良い。
  • ダブルバトル以上において、相手より早く動ける味方のおさきにどうぞを受ければ直後にきあいパンチで攻撃できる。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるきあいパンチ

救助隊
PP10。使うときあいパンチじょうたいとなり、次のターン正面の敵に攻撃する。かどぬけはしない。
探検隊
効果は救助隊と同じだが、PPが8になった。

ポケモンマスターズにおけるきあいパンチ

以下のバディーズのバディーズわざとして登場する。

ポケモンカードゲームにおけるきあいパンチ

「前の相手の番に、自分がワザのダメージを受けていたなら、このワザは失敗。」という効果を持つ攻撃ワザとして登場する。

アニメにおけるきあいパンチ

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ヤミラミ
ヤマト 放送局第8話 わざの初出
アサナン
シノブ AG編第30話
サマヨール
キミマロ AG編第62話
ルンパッパ
パンチョ AG編第67話
ゴルダック
トレーナー AG編第68話
ケッキング
センリ AG編第69話
ヤルキモノ
マッキー AG編第88話
クチート
サヨリ AG編第105話
ラグラージ
マサムネ AG編第130話
野生 DP編第109話
ハリテヤマ
テツヤ AG編第131話
コゴミ AG編第149話
コダック
アヅミ AG編第140話
サワムラー
ハマグリ AG編第145話
エビワラー
キョウタロウ AG編第145話
チャーレム
コゴミ AG編第149話
ゴンベ
ハルカ AG編第150話
フーディン
リラ AG編第169話
レジロック
ジンダイ AG編第178話
エイパム
サトシ AG編第182話
レジアイス
ジンダイ AG編第190話
ライチュウ
アマノ DP編第24話
サトシ DP編第88話
エテボース
ヒカリ DP編第67話
ベトベトン
野生 DP編第87話
レジスチル
ジンダイ DP編第129話
ザングース
チシヲ DP編第135話
ヘラクロス
サトシ DP編第183話 ねごとで使用。
ゲームではねごとできあいパンチは選ばれない。
ドッコラー
リンダ BW編第57話
バリヤード
サトシ 新無印編第7話

マンガにおけるきあいパンチ

ポケットモンスターSPECIALにおけるきあいパンチ

技の仕様

  • 特性てつのこぶしのポケモンが使うと、威力が1.2倍になる。
  • きあいパンチはゆびをふるねごとねこのてで選ばれない。
  • きあいパンチに対するオウムがえしまねっこさきどりさいはいは失敗する。
  • 選択したターンの最初に「<使用者>は しゅうちゅうりょくを たかめている!/集中力を 高めている!」というメッセージが出る。
  • 上のメッセージが出てから攻撃するまでの間に、使用者が他のポケモンから攻撃技によるダメージを受けた場合、攻撃できなくなる。
    • 第四世代までは「<使用者>の きあいパンチ!」のメッセージと「<使用者>は しゅうちゅうりょくが とぎれて わざが だせなかった!」というメッセージが出る。
    • 第五世代以降は「<使用者>は しゅうちゅうが とぎれて わざが だせない!/集中が 途切れて 技が 出せない!」というメッセージが出る。
  • 以下、集中力を高めているメッセージが出ることを"集中"、集中が途切れ技が出せないことを"不発"と表記する。

集中状態について

  • 集中するタイミングは交代メガシンカダイマックスの後、優先度+6(てだすけ5+いたずらごころ1)の行動よりも前になる。
  • 優先度-3で攻撃が行われる。
  • 技を受けた場合でも、以下のように使用者にダメージが無ければきあいパンチは不発しない。
  • 使用者が味方の攻撃技でダメージを受けたときもきあいパンチは不発する。
  • HP1のときにみねうちを受けたときや、ばけのかわでダメージを肩代わりしたときはダメージを無効化したことにはならず、きあいパンチは不発する。
  • 使用者がこんらんメロメロまひ状態により行動できない可能性があるときでも、集中は必ずできる。こんらんの回復判定、行動の可否判定は攻撃時のみ行われる。
  • フリーフォールで空中に連れ去られている間も集中できる。フリーフォールを無効化するか、何らかの原因で中断させた場合は攻撃できる。
  • マックスレイドバトルでの敵ダイマックスポケモンは、攻撃技のダメージを受けていてもきあいパンチを成功させることができる。
  • きあいパンチの不発は、特性せいしんりょくで防止できない。

第四世代まで

  • 使用者がねむりこおり状態である場合、集中動作は行われない。攻撃時に状態異常が治った場合、そのターンに攻撃を受けていないなら成功するが、攻撃を受けていたときは不発する。
  • 使用者がなまけで動けないターンである場合、集中動作は行われない。攻撃時までに特性を失った場合、そのターンに攻撃を受けていないなら成功するが、攻撃を受けていたときは不発する。
  • きあいパンチが不発したときでもPPは減る。
    • 最後に使用した技はきあいパンチとなる。この後アンコールなどを受けたとき対象になる技はきあいパンチとなる。
    • こだわり系アイテムを持つポケモンがきあいパンチを選んだが不発した場合、きあいパンチでこだわったことになる。
  • きあいパンチを選択したが、集中のメッセージが表示された後にアンコールを受けて最後に使用した技(以下Aとする)の使用を強制されたターンでは、きあいパンチの優先度でAを使う。そのターンにダメージを受けていても、Aがきあいパンチでなければ成功する。
  • きあいパンチ使用後に他の技を選択したが、アンコールを受けてきあいパンチの使用を強制されたターンでは、集中のメッセージは表示されず、選んでいた技の優先度できあいパンチが発動する。そのターンにダメージを受けていると、不発する。
  • きあいパンチがアンコールされている状態で「たたかう」を選択した場合、集中のメッセージは表示されないが、そのターン優先度-3で行動するまでにダメージを受けると不発する。
    • 第四世代までのアンコール状態の仕様上、「たたかう」を押した時点で行動選択が終了し、対象は選べない。
  • 一撃必殺技きあいのタスキきあいのハチマキで耐えることができた場合でも、きあいパンチは不発する。
  • 集中時にひるみ効果がある攻撃技を受けた場合、きあいパンチの不発よりひるみが優先される。このとき特性ふくつのこころは発動する。

第五世代以降

  • 使用者がねむりこおり状態である場合でも集中動作は行われる。
  • 使用者がなまけで動けない場合でも集中動作は行われる。
  • きあいパンチが不発したときPPは減らない。
    • 最後に使用した技は不発したきあいパンチの前に使用した技となる。この後アンコールなどを受けたときに対象になる技は、きあいパンチの前に使用した技となる。
    • こだわり系アイテム特性ごりむちゅうを持つポケモンがきあいパンチを選んだが不発した場合、次のターンは他の技を選ぶことができる。
  • きあいパンチを選択したが、集中のメッセージが表示された後にアンコールを受けて最後に使用した技(以下Aとする)の使用を強制されたターンでは、きあいパンチの優先度でAを使う。そのターンにダメージを受けていると、第六世代まではAがきあいパンチでなくても不発する。第七世代以降ではAがきあいパンチでなければ成功する。
  • きあいパンチ使用後に他の技を選択したが、アンコールを受けてきあいパンチの使用を強制されたターンでは、集中のメッセージは表示されず、選んでいた技の優先度できあいパンチが発動する。そのターンにダメージを受けていても、きあいパンチで攻撃できる。
  • きあいパンチがアンコールされている状態で「たたかう」を選択した場合、集中のメッセージは表示され、そのターン優先度-3で行動するまでにダメージを受けると不発する。
    • 第五世代以降でのアンコール状態の仕様上、「たたかう」を押した後に攻撃対象を選択することができる。
  • 一撃必殺技きあいのタスキきあいのハチマキばけのかわなどで耐えることができた場合、きあいパンチは不発しない。
  • 集中時にひるみ効果がある攻撃技を受けた場合、ひるみよりきあいパンチの不発が優先される。このとき特性ふくつのこころは発動しない。
  • きあいパンチが不発したターンでも特性おどりこで技を出すことはできる。ひるみ効果がある攻撃技を受けた場合でも、きあいパンチの不発によりひるみ状態は防げるのでおどりこによる行動はできる。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 きあいパンチ
英語 Focus Punch
ドイツ語 Power-Punch
フランス語 Mitra-Poing
イタリア語 Centripugno
スペイン語 Puño Certero
韓国語 힘껏펀치
中国語(普通話・台湾国語) 真气拳
中国語(広東語) 集中猛擊/火焰拳頭
ポーランド語 Focus Punch

関連項目

かくとうタイプの攻撃技
*1威力が変更された技 *2特定の持ち物を持たせる必要がある *3専用技 *4Zワザ *5ダイマックスわざ
物理 威力 特殊
トリプルキック 10
つっぱり 15
にどげり 30
いわくだき*1 - グロウパンチ - マッハパンチ 40 しんくうは
からてチョップ 50
ともえなげ - はっけい - まわしげり
やまあらし*1 - リベンジ
60 めざめるパワー*1
ローキック*1 65
あてみなげ - めざましビンタ*1 70
かわらわり - ドレインパンチ*1 75
じごくぐるま - ボディプレス 80 はどうだん*1
スカイアッパー 85 しんぴのつるぎ*3
せいなるつるぎ - らいめいげり*3 90
アームハンマー - クロスチョップ - とびげり*1
ばくれつパンチ - フライングプレス*1*3
100 さばきのつぶて*2*3
ばかぢから - インファイト - マルチアタック*1*2*3 120 きあいだま
とびひざげり*1 130
きあいパンチ - スターアサルト 150
きしかいせい - けたぐり*1 - しぜんのめぐみ*1*2
ぜんりょくむそうげきれつけん*4 - ダイナックル*5
キョダイシンゲキ*3*5
不定 ぜんりょくむそうげきれつけん*4- ダイナックル*5
キョダイシンゲキ*3*5
カウンター - ちきゅうなげ ダメージ
固定
いのちがけ
おしえわざ
*1は第三世代のみ、*2は第四世代まで、*3は第四世代のみ、*4は第三世代第五世代のみ
クリスタル限定 10まんボルト - かえんほうしゃ - れいとうビーム
攻撃技 メガトンキック*1 - メガトンパンチ*1 - ちきゅうなげ*1 - カウンター*1 - いわなだれ*1 - ゆめくい*1 - のしかかり*1 - だいばくはつ*1 - すてみタックル*1 - ころがる*2 - れんぞくぎり*2 - ばくれつパンチ*1 - いびき - どろかけ*2 - スピードスター*2 - こごえるかぜ - かみなりパンチ - ほのおのパンチ - れいとうパンチ - ゴッドバード - じばく*1 - ダイビング*3 - あやしいかぜ*3 - エアカッター*3 - しねんのずつき - しんくうは*1 - はたきおとす - ふいうち*3 - とっておき - さわぐ - ばかぢから - アイアンヘッド - アクアテール - がむしゃら - げきりん - げんしのちから*3 - シグナルビーム - だいちのちから - ダストシュート - たつまき*2 - タネばくだん - とびはねる - ねっぷう - ずつき*3 - むしくい - いかりのまえば - けたぐり - ほしがる - ドリルライナー - ダブルチョップ - ハイパーボイス - エレキネット - アイアンテール - イカサマ - りゅうのはどう - あくのはどう - しめつける - ギガドレイン - ドレインパンチ - みずのはどう - でんげきは - きあいパンチ - アクアブレイク - じだんだ - じごくづき - だいちのはどう - しっとのほのお - クイックターン - ライジングボルト - グラススライダー - トリプルアクセル - ねっさのだいち - ダブルウイング - ワイドフォース - はいよるいちげき - メテオビーム - ポルターガイスト - スケイルショット - うっぷんばらし - アイアンローラー - ミストバースト
変化技 でんじは*1 - ものまね*1 - ゆびをふる*1 - みがわり*1 - タマゴうみ*1 - つるぎのまい*1 - いばる*1 - ねごと*4 - まるくなる*1 - こらえる*1 - じこあんじ*1 - あくむ*1 - トリック - うらみ - てだすけ - こうごうせい - でんじふゆう - いえき - てっぺき - いたみわけ - いとをはく*2 - おいかぜ - じゅうりょく - なやみのタネ - マジックコート - なりきり - いやしのすず - とおせんぼう - はねやすめ - おさきにどうぞ - マジックルーム - ワンダールーム - リサイクル - スキルスワップ - よこどり - ステルスロック - きりばらい - サイドチェンジ - テレキネシス - とぎすます - コーチング - ふしょくガス
特別 ハードプラント - ブラストバーン - ハイドロカノン - りゅうせいぐん - くさのちかい - ほのおのちかい - みずのちかい - いにしえのうた - しんぴのつるぎ - ガリョウテンセイ - ボルテッカー - てっていこうせん