ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ばけのかわ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ばけのかわは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

  • ばけたすがた」のときは攻撃技によるダメージを防ぎ、「ばれたすがた」へとフォルムチェンジする。
  • フォルムチェンジするとき、第七世代ではHP消費は無い。第八世代からは最大HPの1/8を消費する(小数点切り捨て)。
  • ばれたすがた」で交代しても「ばれたすがた」のまま戻らない。戦闘が終わると「ばけたすがた」に戻る。
  • ばれたすがた」でひんしになった後にげんきのかけらなどで復活させた場合、「ばけたすがた」に戻る。

説明文

第七世代第八世代
からだを おおう ばけのかわで 1かい こうげきを ふせぐことが できる。
体を 被う 化けの皮で 1回 攻撃を 防ぐことが できる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ミミッキュ ばけのかわ - -

こんなときに使おう

一撃で倒されて何もできずに倒される機会が減る。つるぎのまいのろいトリックルームなどの変化技を使う隙を補える。

第七世代では、同じ「1回の行動可能ターンを保証する」というきあいのタスキとの相性も良く、併用すれば2ターンの行動が確保される。第八世代では攻撃技を受けると最大HPの1/8のダメージを受ける仕様になったため、きあいのタスキとの相性が悪くなった代わりに、新たに追加されたダイマックスとの相性は良い。

特性かたやぶり、またはかたやぶり効果がある技によりばけのかわは無視され、ばけたすがたのままダメージを受ける。追加効果を含め、攻撃技に付いている効果までは防ぐことができないため、例えばとんぼがえりを受けると相手はばけのかわを発動させつつ交代することができる。連続攻撃技を受けた場合、ダメージは最初の1発目の分しか防げない。

特性の仕様

発動条件

その他発動時の効果

ばけのかわで攻撃技を防いだ場合、以下のような効果がある。

備考

  • ミミッキュ専用特性
  • ばけのかわが発動することを、慣用句になぞらえ「ばけのかわが剥がれる」と呼ばれることがある。
  • 発動時のアナウンスでは「ばけのかわが みがわりに なった!」と言われるが、以下の点から分かるようにみがわり状態の効果とは別物である。
    • ばけのかわが発動したときも追加効果を防ぐことはできない。
    • 特性すりぬけ音のわざによる攻撃にも発動し、これのダメージを防ぐ。
    • 英語版では技のみがわり(Substitute)に対して、上記アナウンスは" Its disguise served it as a decoy! " (decoy:おとり)、というように区別されている(en:Disguiseも参照)。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるばけのかわ

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ばけのかわ
英語 Disguise
ドイツ語 Kostümspuk
フランス語 Fantômasque
イタリア語 Fantasmanto
スペイン語 Disfraz
韓国語 (Tal)
中国語(台湾国語・普通話) 畫皮 / 画皮 (Huàpí)
中国語(広東語) 畫皮 (Wahpèih)
ポーランド語 Przebranie
ロシア語 Маскировка (Maskirovka)

関連項目