ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ふくがん

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

現在、この記事の記述について検証中です。執筆者の方はよろしければご協力下さい
検証内容: エメラルド・DPでのフィールド上効果

ふくがんは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

バトルでの効果

使う技の命中率が1.3倍になる。

フィールドでの効果

手持ちの先頭にこのとくせいを持つポケモンがいると、もちものを持った野生ポケモンが出やすくなる。ふくがんのポケモンがひんしであっても効果がある。

  • 50%→60%、5%→20%、1%→5%

説明文

第三世代
わざの めいちゅうりつが あがる
第四世代第五世代第六世代
わざの めいちゅうりつが あがる。
技の 命中率が あがる。
第七世代第八世代
ふくがんを もっているため わざの めいちゅうりつが あがる。
複眼を 持っているため 技の 命中率が 上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
バタフリー ふくがん - いろめがね
コンパン ふくがん いろめがね にげあし
ヤンヤンマ かそく ふくがん おみとおし
ドクケイル りんぷん - ふくがん
ツチニン ふくがん - にげあし
バチュル ふくがん きんちょうかん むしのしらせ
デンチュラ ふくがん きんちょうかん むしのしらせ
コフキムシ りんぷん ふくがん フレンドガード
コフーライ りんぷん ふくがん フレンドガード
ビビヨン りんぷん ふくがん フレンドガード
サッチムシ むしのしらせ ふくがん テレパシー
レドームシ むしのしらせ ふくがん テレパシー

こんなときに使おう

命中率が80以上の技は100に、ねむりごななど75の技は98に、かみなりぼうふうなど70の技は91に、さいみんじゅつ(DPを除く)は60から78に、ちょうおんぱなど55の技は72に、はれ状態でのかみなり・ぼうふうなど50の技は65に上がる。

この特性のポケモンがこうかくレンズを持つと合計で命中率は1.43倍になるため、命中70以上の技まで100にすることができる。

対戦以外でも、野生ポケモンが持つもちものどろぼうなどで奪うときに活用できる。ふくがんを持つポケモンをひんしにしてパーティの先頭に置き、その次にどろぼうを覚えたおみとおしを持つポケモンを置くことでもちものの判別もスムーズに行える。

特性の仕様

バトルでの効果

  • 詳細な倍率は5325/4096倍となる。
  • 一撃必殺技には適用されない。

フィールドでの効果

  • 乱入バトルでは、乱入時点で場に出ていないと効果が発揮されない。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ふくがん
英語 Compound Eyes
ドイツ語 Facettenauge
フランス語 Œil Composé
イタリア語 Insettocchi
スペイン語 Ojo Compuesto
韓国語 복안
中国語(普通話・台湾国語) 复眼
中国語(広東語) 複眼

関連項目