ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ユクシー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ユクシー
Yuxie
英語名 Uxie
全国図鑑 #480
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #146
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 ちしきポケモン
タイプ エスパー
たかさ 0.3m
おもさ 0.3kg
とくせい ふゆう
図鑑の色
タマゴグループ タマゴみはっけん
(せいべつふめい)
タマゴの歩数 80サイクル
  • 第四世代: 20655歩
  • 第五世代以降: 20560歩
獲得努力値 防御+2、特防+1
基礎経験値
  • 第四世代: 210
  • 第五・第六世代: 261
  • 第七世代: 261
最終経験値 1250000
性別 ふめい
捕捉率 3
初期なつき度 140
外部サイトの図鑑

ユクシーとはぜんこくずかんのNo.480のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

  • ユクシー

ポケモンずかんの説明文

ダイヤモンドXオメガルビー
ちしきのかみと よばれている。 めを あわせた ものの きおくを けしてしまう ちからを もつという。
(漢字)知識の神と 呼ばれている。 目を 合わせた 者の 記憶を 消してしまう 力を 持つという。
パールYアルファサファイア
ユクシーの たんじょうにより ひとびとの せいかつを ゆたかにする ちえが うまれたと いわれている。
(漢字) ユクシーの 誕生により 人々の 生活を 豊かにする 知恵が 生まれたと 言われている。
プラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
ユクシーが とびまわったことで ひとびとに ものごとを かいけつする ちえと いうものが うまれた。
ハートゴールド・ソウルシルバー
ひとびとに さまざまな もんだいを かいけつするための ちえを さずけたと いわれる ポケモン。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 75
 
135 - 182 260 - 354
こうげき 75
 
72 - 139 139 - 273
ぼうぎょ 130
 
121 - 200 238 - 394
とくこう 75
 
72 - 139 139 - 273
とくぼう 130
 
121 - 200 238 - 394
すばやさ 95
 
90 - 161 175 - 317
合計 580
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 50%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

とくせいのふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 50%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 50%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

とくせいふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 50%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ユクシー/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 おきみやげ あく 変化 100% 10
1 しぜんのめぐみ ノーマル 物理 100% 15
1 じたばた ノーマル 物理 100% 15
1 ねむる エスパー 変化 —% 10
1 ねんりき エスパー 特殊 50 100% 25
6 ふういん エスパー 変化 —% 10
16 こらえる ノーマル 変化 —% 10
21 スピードスター ノーマル 特殊 60 —% 20
31 あくび ノーマル 変化 —% 10
36 みらいよち エスパー 特殊 120 100% 10
46 ドわすれ エスパー 変化 —% 20
50 じんつうりき エスパー 特殊 80 100% 20
61 じたばた ノーマル 物理 100% 15
66 しぜんのめぐみ ノーマル 物理 100% 15
76 おきみやげ あく 変化 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン03 サイコショック エスパー 特殊 80 100% 10
わざマシン04 めいそう エスパー 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン24 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざマシン25 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン33 リフレクター エスパー 変化 —% 20
わざマシン37 すなあらし いわ 変化 —% 10
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン53 エナジーボール くさ 特殊 90 100% 10
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン57 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
わざマシン62 アクロバット ひこう 物理 55 100% 15
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン73 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン77 じこあんじ ノーマル 変化 —% 10
わざマシン85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100% 15
わざマシン86 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン89 とんぼがえり むし 物理 70 100% 20
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン92 トリックルーム エスパー 変化 —% 5
わざマシン99 マジカルシャイン フェアリー 特殊 80 100% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
サイドチェンジ エスパー 変化 —% 15 -
ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15 -
イカサマ あく 物理 95 100% 15 -
ギガドレイン くさ 特殊 75 100% 10 -
いやしのすず ノーマル 変化 —% 5 -
てだすけ ノーマル 変化 —% 20 -
れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
はたきおとす あく 物理 65 100% 20 -
とぎすます ノーマル 変化 —% 30 -
マジックコート エスパー 変化 —% 15 -
マジックルーム エスパー 変化 —% 10 -
リサイクル ノーマル 変化 —% 10 -
なりきり エスパー 変化 —% 10 -
でんげきは でんき 特殊 60 —% 20 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
スキルスワップ エスパー 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
ステルスロック いわ 変化 —% 20 -
テレキネシス エスパー 変化 —% 15 -
かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15 -
トリック エスパー 変化 100% 10 -
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
ワンダールーム エスパー 変化 —% 10 -
しねんのずつき エスパー 物理 80 90% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
D・P・Pt Lv.50 エイチこ[※ 1] - -
HG・SS × 出現しない
B・W × 出現しない - -
B2・W2 Lv.65 シッポウシティ[※ 2]
X・Y × 出現しない - -
OR・AS Lv.50 みちのどうくつ[※ 3]
S・M × 出現しない - -
US・UM Lv.60 ウルトラスペースゼロ(青)
  1. やりのはしらでのイベント後、エイチこ中央に浮かぶ小島の洞窟内に固定シンボルとして出現する。
  2. こころのくうどうでのイベント後、シッポウシティに固定シンボルで出現する。
  3. 手持ちなつき度が最高のポケモンが3匹以上いる状態で20:00~20:59にみちのどうくつへ降り立つと不思議な輪の中から出現する。

備考

アニメにおけるユクシー

  • DP編第36話:エムリット、アグノムと共に美術館の石像として登場。また、ナオシが語る「はじまりの しんわ」の中でもシルエットで登場。
  • DP編第133話:エイチ湖にて、半透明な姿をタケシが目撃した。
  • DP編第151話-第152話:ギンガ団との決戦で実体を現し、タケシとシンクロする。

マンガにおけるユクシー

ポケモンカードにおけるユクシー

ポケモン不思議のダンジョンにおけるユクシー

初登場 時の探検隊・闇の探検隊
体の大きさ (探検隊)
体の大きさ (冒険団)
かしこさグループ G
進化 もうしんかしない
移動能力 水路、谷、マグマ
専用どうぐ さとりのローブ

出現するダンジョン

斜字のダンジョンでは仲間にできない

冒険団では、冒険団ランクを「ヤドキングにんていランク」にした後、なぞのパーツまたはひみつのせきばんを持っていないと出現しない。

探検隊
時・闇:ねっすいのどうくつ
空:ねっすいのどうくつ
冒険団
炎:未登場
嵐:未登場
光:キララのみずうみ
マグナゲート
未登場

ユクシーの歴史

第四世代

当時からとんぼがえりあくびを活かした補助型が主流であり、リフレクターひかりのかべなどの壁技、ステルスロックで味方をサポートするのが主な仕事であった。耐久型として使用するならクレセリアが覚えないギガドレインが選択肢に挙がった。プラチナトリックはたきおとすを、HGSSマジックコートを獲得。

WCS2009都道府県予選36大会終了時点でカテゴリーB準優勝以上を1つ記録。

第五世代

マジックルームワンダールームイカサマサイコショックなどを習得。ユクシーを特殊型として育成することは非合理なので、基本的に新技で利用価値があるのはイカサマ程度である。そのイカサマも、ユクシーが呼ぶあくタイプには半減されるので、ユクシーが最後の1体となった際の足掻きに使えるという程度であった。この世代ではウルガモス、シュバルゴなどの新規のむしタイプが勢いを見せていたため、ユクシーにとっては非常に肩身の狭い環境であった。

第六世代

強化と言えばみらいよちの威力が120に上方修正された程度。この世代になるとファイアローのトップメタ入りによってかくとうタイプの勢いが弱くなったため、安定して受けることができる相手が相対的に少なくなったとも言える。そうでなくともメガシンカポケモンの登場によって耐久サポーターとしての立場が悪くなっており、例えばいじっぱりメガガルーラすてみタックルは、性格一致耐久極振りにでもしない限り1回目のひんし率0%とすることができない。

メガシンカポケモンが跋扈していた第六世代では受けを重視してずぶといが選ばれることが多く、PGL公表のレーティングバトル統計データによると各リーグにおいてずぶといの割合が1位であるシーズンが最多を占めていた。とは言えこの世代では壁張り型、あくび型、スリップダメージによる耐久型など様々な構築が組まれており、XYリーグにおいては持ち物はレッドカードやゴツゴツメット、ひかりのねんどが搭載率1位になるシーズンがあり、搭載率2位に関してはたべのこしやメンタルハーブが目立った。シーズンによって多くて1%程度だが無補正の個体もユクシーの性格搭載率ランク10位以内に入ることがあり、プレイヤーによっては無補正のユクシーの方がレート戦に合わせて育て直すのに都合が良いという意見すらある。

第七世代

技面での強化は無く、むしろZワザの登場によって、補助技を打つ前に先手の1発で吹き飛ぶリスクが増加してしまった。また、得意のあくびもエレキフィールドミストフィールドにさえぎられるリスクが増加した。みらいよちZワザで強化できるが、ユクシーの種族値がどのパラメータも奇襲向きではないこともあって、ユクシーは第六世代にも増して立場が悪くなった。

後述のクレセリアとの差別化構築はユクシーの型としてはORASリーグでもそこそこの使用率であったが、第七世代になって確立されたと言える。Zワザによる補助技も環境で流行しているためメンタルハーブが持ち物としての採用率1位を記録するリーグ・シーズンもある。

通常環境には縁が無いが、『P-Sports』第3回放送では挑戦者でファミ通のフリーライターの竹内白州がパーティに使用していた。

一般的な育成論

種族値や補助技の多さから耐久型になりそうだが、回復手段がねむるギガドレインしかなく、普通の受けでは完全にクレセリアの劣化となる。

あくびからとんぼがえりに繋げるコンボはユクシーにしか出来ないので、これを軸にでんじはステルスロックリフレクターなどでサポートするのが一般的。なので、出すときも先発が殆ど。ちょうはつされると弱まるが、その対策のためにマジックコートを覚えさせるのも手。

物理攻撃技の範囲の広さから、意表を突いて物理アタッカーで行動する手もある。攻撃技はしねんのずつきほのおのパンチれいとうパンチかみなりパンチとんぼがえり。火力は高くないので、こだわりハチマキを持たせて増強しよう(いのちのたまでは耐久が削られるためあまりお勧めしない)。こだわりハチマキを持たせた場合はトリックで相手に押し付けることも出来るが、火力が下がることには注意したい。

持ち物レッドカードにして、技構成をステルスロック、あくび、とんぼがえり、おきみやげにすると、クレセリアとは最大限に差別化が可能。ユクシーより速い相手を追い返し後から出てきたポケモンにあくびを打ち込めたり、積み技防止になったりと有用な場面が多い。あくびとレッドカードはアンチシナジーに見えるが、レッドカードを1回使ってしまえばあくびの邪魔にはならないので使い勝手はそこまで悪くない。第七世代ではこの構築が流行しており、性格は準速クレセリアと素早さの実数値で差別化できるようにおくびょうが好まれている。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ユクシー pixie(英語:少妖精)
英語 Uxie 日本語に同じ
ドイツ語 Selfe
フランス語 Créhelf
韓国語 유크시
中国語(普通話・台湾国語) 由克希
ポーランド語 Uxie 日本語に同じ
伝説のポケモン
準伝説 禁止級伝説
第一世代 フリーザー - サンダー - ファイヤー ミュウツー ミュウ
第二世代 ライコウ - エンテイ - スイクン ルギア - ホウオウ セレビィ
第三世代 レジロック - レジアイス - レジスチル
ラティアス - ラティオス
カイオーガ - グラードン - レックウザ ジラーチ - デオキシス
第四世代 ユクシー - エムリット - アグノム
ヒードラン - レジギガス - クレセリア
ディアルガ - パルキア - ギラティナ フィオネ - マナフィ
ダークライ - シェイミ - アルセウス
第五世代 コバルオン - テラキオン - ビリジオン
トルネロス - ボルトロス - ランドロス
レシラム - ゼクロム - キュレム ビクティニ - ケルディオ - メロエッタ - ゲノセクト
第六世代 ゼルネアス - イベルタル - ジガルデ ディアンシー - フーパ - ボルケニオン
第七世代 カプ・コケコ - カプ・テテフ - カプ・ブルル - カプ・レヒレ
ウツロイド - マッシブーン - フェローチェ - デンジュモク
テッカグヤ - カミツルギ - アクジキング
ベベノム - アーゴヨン - ツンデツンデ - ズガドーン
ソルガレオ - ルナアーラ - ネクロズマ マギアナ - マーシャドー - ゼラオラ


この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。