ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ドータクン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ドータクン
Dohtakun
英語名 Bronzong
全国図鑑 #437
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #089
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #251
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 どうたくポケモン
タイプ はがね
エスパー
たかさ 1.3m
おもさ 187.0kg
とくせい ふゆう
たいねつ
隠れ特性 ヘヴィメタル
図鑑の色
タマゴグループ こうぶつ
(せいべつふめい)
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 防御+1、特防+1
基礎経験値
  • 第四世代: 188
  • 第五・第六世代: 175
  • 第七世代: 175
最終経験値 1000000
性別 ふめい
捕捉率 90
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ドータクンとはぜんこくずかんのNo.437のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ダイヤモンド
2000ねん いじょう ねむっていた ドータクンが こうじげんばから ほりだされ だいニュースに なった。
パール
あまぐもを よび あめを ふらせる わざを もつ。ほうさくの かみさまと むかしの ひとびとは まつっていた。
プラチナブラック・ホワイト
べつせかいへの あなを あけて そこから あめを ふらしていた。そのため ほうさくのかみ とされる。
(漢字) 別世界への 穴を 開けて そこから 雨を 降らしていた。そのため 豊作の神 とされる。
ハートゴールド・ソウルシルバーアルファサファイア
ドータクンに いのりを ささげると あめが ふり さくもつを そだてると こだいの ひとびとは しんじていた。
(漢字) ドータクンに 祈りを ささげると 雨が 降り 作物を 育てると 古代の 人々は 信じていた。
ブラック2・ホワイト2オメガルビー
あまぐもを よべる ポケモンとして おおむかしから まつられていた。ときどき じめんに うめられている。
(漢字) 雨雲を 呼べる ポケモンとして 大昔から まつられていた。ときどき 地面に 埋められている。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 67
 
127 - 174 244 - 338
こうげき 89
 
84 - 155 164 - 304
ぼうぎょ 116
 
108 - 184 213 - 364
とくこう 79
 
75 - 144 146 - 282
とくぼう 116
 
108 - 184 213 - 364
すばやさ 33
 
34 - 93 63 - 181
合計 500
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

第5世代まで

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 100%

とくせいのふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 0%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 100%

とくせいのたいねつでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 100%

第6世代

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 200%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 200%
フェアリー: 50%

とくせいのふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 0%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 200%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 200%
フェアリー: 50%

とくせいのたいねつでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 50%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 0%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 200%
はがね: 50%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 200%
フェアリー: 50%

さかさバトル

ノーマル: 200%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 50%
はがね: 200%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 400%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 50%
フェアリー: 200%

とくせいふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 200%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 50%
はがね: 200%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 400%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 50%
フェアリー: 200%

とくせいたいねつでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 200%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 50%
はがね: 200%
ほのお: 25%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 400%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 50%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

ドータクン/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 とおせんぼう ノーマル 変化 —% 5
1 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
1 あまごい みず 変化 —% 5
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 ねんりき エスパー 特殊 50 100% 25
1 さいみんじゅつ エスパー 変化 60% 20
1 ふういん エスパー 変化 —% 10
進化 とおせんぼう ノーマル 変化 —% 5
5 さいみんじゅつ エスパー 変化 60% 20
9 ふういん エスパー 変化 —% 10
11 あやしいひかり ゴースト 変化 100% 10
15 サイコウェーブ エスパー 特殊 100% 15
19 てっぺき はがね 変化 —% 15
21 だましうち あく 物理 60 —% 20
25 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
29 みらいよち エスパー 特殊 120 100% 10
31 きんぞくおん はがね 変化 85% 40
36 ジャイロボール はがね 物理 100% 5
42 じんつうりき エスパー 特殊 80 100% 20
46 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
52 かいふくふうじ エスパー 変化 100% 15
58 ヘビーボンバー はがね 物理 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン03 サイコショック エスパー 特殊 80 100% 10
わざマシン04 めいそう エスパー 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン33 リフレクター エスパー 変化 —% 20
わざマシン37 すなあらし いわ 変化 —% 10
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン57 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
わざマシン64 だいばくはつ ノーマル 物理 250 100% 5
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン69 ロックカット いわ 変化 —% 20
わざマシン74 ジャイロボール はがね 物理 100% 5
わざマシン77 じこあんじ ノーマル 変化 —% 10
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100% 15
わざマシン86 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン91 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざマシン92 トリックルーム エスパー 変化 —% 5
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
サイドチェンジ エスパー 変化 —% 15 -
とおせんぼう ノーマル 変化 —% 5 -
じゅうりょく エスパー 変化 —% 5 -
てっぺき はがね 変化 —% 15 -
アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15 -
リサイクル ノーマル 変化 —% 10 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
スキルスワップ エスパー 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
ステルスロック いわ 変化 —% 20 -
テレキネシス エスパー 変化 —% 15 -
トリック エスパー 変化 100% 10 -
ワンダールーム エスパー 変化 —% 10 -
しねんのずつき エスパー 物理 80 90% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
DP Lv.38-42 テンガンざん Lv.33 ドーミラーをレベルアップさせる
Lv.45-66 もどりのどうくつ
Pt Lv.37 テンガンざん
Lv.35,45 もどりのどうくつ
HG・SS Lv.45 サファリゾーン[1]
B・W Lv.48-60 ほうじょうのやしろ Lv.33 ドーミラーをレベルアップさせる
B2・W2 Lv.36(濃い草むら) ほうじょうのやしろ
X・Y Lv.30 フレンドサファリ(はがね) - -
OR・AS × 出現しない Lv.33 ドーミラーをレベルアップさせる
S・M × 出現しない - -
US・UM
  1. いわばブロックを56個、もりブロックを35個設置するともりエリアに出現。

持っているアイテム

第四世代
メタルコート (5%)
第五世代
メタルコート (5%)

備考

  • 四天王・ゴヨウの切り札。
  • 同じく豊作の神とされているポケモンにはランドロスもいる。ただし能力は異なっており、ドータクンは気象コントロール担当、ランドロスは肥沃化担当といったところか。
  • 前述の設定のためか、『ブラック・ホワイト』では、ランドロスの祭られているほうじょうの社の草むらに野生の個体が出現する。

アニメにおけるドータクン

マンガにおけるドータクン

ポケモンカードにおけるドータクン

ドータクンの歴史

第四世代

極めて優秀な耐性、高い耐久種族値などから、ダブルバトルではトリパの始動役として活躍。30族をギリギリ抜ける素早さの種族値33のおかげでカビゴンとの対面ではトリックルームの早打ちに有利になり、そうでなくとも高い耐久性能によって集中砲火による出落ちを防ぐことが可能。2007年ポケモンリーグ日本大会小学生以下の部優勝メンバー、同大会中学生以上の部優勝メンバーという、輝かしい実績を残している。プラチナで一致ウエポンのアイアンヘッドしねんのずつき教え技獲得。

第五世代

ヘビーボンバーサイコショックワンダールームを習得。通常特性がドータクンに存在意義を与えるほど重要なので、隠れ特性ヘヴィメタルを獲得したことは全く強化になっておらず、ヘビーボンバーとのコンボも嗜みの域を出なかった。この世代は環境が流動的であったため、ドータクンに限らず様々なポケモンが対戦に使用される機会を得たが、同じエスパータイプのヤドランが隠れ特性さいせいりょくを得ると、ドータクンの回復力に欠ける点が浮き彫りになった。

第六世代

はがねタイプの仕様変更によって実質的に弱点が追加された格好となった。この世代ではライバルのヤドランメガシンカを獲得したため、基礎スペックの差が出るようになった。

PGLレーティングバトル統計データからは、主流技がトリックルームジャイロボールじしんだいばくはつサイコキネシスめざめるパワーであることが明らかとなり、ダブルバトルではいわなだれ、リフレクター、ひかりのかべが需要を伸ばした。性格はなまいき、のんき、ゆうかんがメインであった。持ち物はシングルバトルならゴツゴツメット、ダブルバトルならメンタルハーブが好まれ、前者はサイクル戦と相性が良く、後者はちょうはつ対策として役立つと言える。特性はより腐りにくいふゆうが優勢であり、たいねつファイアロー対策になったものの無効になるわけではないのでどちらかと言えば少数派であった。

一方、WCS2016は禁止伝説級の出場を解禁した「GSルール」であり、ゼルネアス対策になってトリックルームの始動役も務まることから、その大会のベスト8進出者の内7人が使用。

第七世代

はがねで地面無効の仲間にテッカグヤが登場。あちらはアタッカーよりなので、補助寄りのこちらは十分差別化が可能。一方、Zワザの登場によって高耐久の補助型としてはやや肩身が狭くなったか。例えば、ホノオZを持たせたひかえめウルガモスがZワザ化したオーバーヒートでHPに努力値4振りで特防に全振りのたいねつ型の特防補正無しドータクンを攻撃した場合、高乱数1発なってしまう。単体構成に大きな変化はなし。

一方、2018年2月に行われたシンオウ図鑑限定戦の『バトル オブ シンオウ』では各カテゴリで使用率ベスト30選外。この大会はシングルバトルであり、ドータクンの自己完結性の低さがまともに影響したと言えよう。

一般的な育成論

耐久に重きのあるポケモン。それゆえ耐久型として育てるのがメジャー。

特性がおそろしく都合がよく、二つの弱点のうちほのおたいねつで、じめんふゆうで補うことができるため、実質弱点は一つとして考えられる。ただし第六世代でははがねが弱点であるフェアリーの登場で攻撃面は強化されフェアリー耐性も得たが、タイプの仕様変更によりゴーストあくが弱点に追加されており、防御面は若干弱体化している。

どちらも耐久に優れるはがねタイプの弱点を突くためにメイン・サブウェポン問わず広く採用される技のタイプだが、どちらかと言うとふゆうが採用される事が多め。炎技は特性以外にもあめが ふりつづいている状態にして軽減するなどの手法もある他、ふゆうは完全に無効にするために地面技を読めば無償で交代できるというメリットもあるのが大きい。ただし、たいねつもふゆうの存在によりドータクン自身が地面わざを打たれにくいため十分有用。

防御を鍛え、特攻特防めいそうで強化する耐久型兼特殊アタッカーが強力。攻撃技はサイコキネシスラスターカノンなど。ラスターカノンが半減されやすいことが気になるならシャドーボールくさむすびめざめるパワーも悪くはない。

物理攻撃の場合はタイプ一致のジャイロボール素早さの低いドータクンには好都合。その際は性格も素早さの下がるものにしておき、欲を言うなら逆Vも狙えると尚良い。他の技候補としてはしねんのずつきじしんいわなだれしっぺがえしあたりがベスト。

トリックルームを発動し、だいばくはつで相手を相殺しつつ後続に繋げる戦法も有名。耐久力が高く一撃で倒され難く、だいばくはつ等の自主退場技が使えるという点でトリックルーム発動役に適任だが、有名過ぎてバトル開始前の見せ合いの時点で戦法がバレてしまうと言った欠点にもなっている。

補助技としては強力なさいみんじゅつをはじめ、てっぺきリフレクターひかりのかべどくどくあやしいひかりねむるなど。だいばくはつ読みのポケモンチェンジまで見越してステルスロックを使わせて交換を躊躇わせることも出来る。

隠れ特性はヘヴィメタル。第五世代から習得するヘビーボンバーの威力が上がるが、相手のけたぐりやくさむすびの威力が100から120に上がってしまう上、そもそもふゆう・たいねつが上記にあるように効果が優秀であるため、採用されないことが殆ど。ドリームワールド限定、または教え技で取得できるスキルスワップで特性を交換し、こちらのくさむすびの威力を上げる戦法もあるが、ネタの域は出ていない。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ドータクン 銅鐸
英語 Bronzong
ドイツ語 Bronzong 英語に同じ
フランス語 Archéodong
韓国語 동탁군
中国語(普通話・台湾国語) 青铜钟
ポーランド語 Bronzong 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。