ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

みがわり

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
みがわり
第一世代
タイプ ノーマル
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 10
範囲 自分
直接攻撃 ×
パレス じぶん
効果
自分のHPを4分の1減らし、みがわりを作る。
みがわり状態の効果についてはみがわり (状態変化)を参照。
Zワザによる付加効果
自分の下がった能力を元に戻す。
判定
わざマシン わざマシン50(第一世代)
わざマシン90(第四世代以降)
わざおしえ人 セキチクシティ(FRLG)
ミナモシティ(エメラルド)
アゲトビレッジ(XD)
アピールタイプ かしこさ
アピール (RSE) ♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
そのターン、1度だけ妨害を受けない。
アピール(DP)
アピール効果(DP)
自分の評価が1番低いと、ハートが3つ追加される。

みがわりは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:ほかの ポケモンに おどかされても 1ど くらいは がまんできる
  • 第四世代:じぶんの ポケモンの ひょうかが いちばん ひくいと +3される。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
緑赤青ピ 金銀ク
バリヤード 47 11

第一世代に登場するポケモン(ただしわざマシンの使用できないポケモンを除く)、およびその進化先は、第一世代のわざマシンで覚えることができる。

第三世代以降

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
RSE/FRLG DP /Pt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM
バリヤード 9RSE
8FRLG
29 29 29 29
カクレオン 40 37DP
39PtHGSS
37 37XY
42ORAS
42
マネネ - 29 29 29 29
ロトム - 36 36 36 36
ケロマツ - - - 35 35
ゲコガシラ - - - 38 40
ゲッコウガ - - - 43 42

タマゴわざ

ポケモン名 覚える方法 進化後の継続
3 4 5 6 7
ベロリンガ × × × ベロベルト
ラッキー × × × ハピナス
ガルーラ × × × -
ラプラス × × × -
カビゴン × × × -
オタチ × × × オオタチ
ピィ × × × ピッピ
ピクシー
トゲピー × × × トゲチック
トゲキッス
マリル × × × マリルリ
ジグザグマ × × × マッスグマ
エネコ × × × エネコロロ
プラスル × × × -
マイナン × × × -
バネブー × × × ブーピッグ
アブソル × × × -
ピンプク - × × × ラッキー
ハピナス
ゴンベ - × × × カビゴン

わざマシン

わざマシンの使用できないポケモン以外は、第四世代第七世代で覚えることができる。

おしえわざ

わざマシンの使用できないポケモン以外は、第三世代で覚えることができる。

こんなときに使おう

  • 第二世代の場合、カビゴンの素早さの種族値であっても、共にレベル50理想個体の場合、のろいを2回積んだミルタンクに対して先手で打つことができるため、相手を詰ませる手段としてカビゴンに利用されることもあった。そして、それが現実的に可能であったのは全ステータスに全振りが可能であった当時の努力値仕様と、のろいが普及していた当時の対戦環境による。
  • でんじはなど相手の変化技を回避するのに使われる。ただしアンコールかなしばりは貫通したり、ロックブラストなどの連続技でみがわりを破壊されると本体がダメージを受けたりと、全ての技を回避出来るわけではないという点に注意する必要がある。
  • みがわりが削り切られるギリギリにダメージを抑えられると疑似的にHPを増やしたようなものになり、一手得したことになる。受けループの中で耐久のランク補正を上げるとそのような状況には十分なり得る。火力の低い耐久型同士のミラーマッチではこれを活かすと有利に立ち回れる。
  • よく似た特性のまもると比較すると交代や積み技を使われた際も1手損とならない点で勝り、HPコストがかかる点や、連続技、音の技や特性がすりぬけなどに貫通される点で劣る。
    • また、対ギルガルドにおいてみがわりなら攻撃をやり過ごしつつ無防備なブレードフォームを晒させることができる利点がある。
  • よく組み合わせられるわざや特性、どうぐは以下のようなものがある。
  • 1/4のHPを消費するため4回目を使うと自滅してしまう・・・はずだが、「1/4のHP」は端数切捨てであるため、実際に4回目で自滅が起こるのはHPがぴったり4の倍数である時だけ。
    • HPを4の倍数+αにすることで、みがわりを最大4回使用することが出来る。例えばHPが100の場合25ずつ消費し、4回目で残り25から25消費してひんしになってしまうが、101~103でも消費は25であるため、4回使ってもHPが1~3残る。
    • このため、対戦ではみがわりを使うポケモンのHPは4の倍数+1で調整される事が多い。
    • ただし、ヤタピの実と併用する前提である場合、あえてぴったり4の倍数に調整される。例えばHPが101だと3回の使用で残りHPが26でありヤタピの実が発動しないが、100なら3回の使用で残り25になりヤタピが発動する。みがわりの回数が1回減るリスクよりも、ヤタピの実の発動が遅くなるデメリットの方が嫌われる傾向が高い。
    • 第五世代以降、残りHPが消費HPより1以上多くなければ技が失敗するようになった。このためHPが4の倍数のポケモンは4回目を出すことができない。
  • なお、ダブルバトルトリプルバトルにおいて、すばやさが早いポケモンの場合、読みのリスクが減るためまもるよりみがわりの方が使いやすい。
  • 第六世代では、音の技や特性がすりぬけであるポケモンが使う技が仕様変更でみがわりを貫通するようになったため、使用する際は注意したい。

ポケモンカードゲームにおけるみがわり

わざとしては登場していないが、XYシリーズではみがわりロボというグッズがある。無色のたねポケモン扱いで場に出せる。HPは30。きぜつしても相手にサイドはとられない。詳細は当該ページ参照。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるみがわり

  • 敵または味方のポケモンを「みがわり状態」にする。
  • 「みがわり状態」になったポケモンは、他の仲間ポケモンから集中攻撃を受ける。
  • 一定ターンが経つか、リフレッシュなどを使用することで直る。
  • 使ってくる敵は極少数しかいないが、プレイヤーキャラが敵からみがわり状態にされると、それ以降敵ポケモンに狙われなくなるため、そのフロアを快適に進めてしまう。
    • ただし、連れている仲間からは攻撃を受ける。
  • 全く同じ効果を持つ「みがわりだま」というふしぎだま系消費アイテムが登場する。がんせきふうじよこどりなどの技は本家と違いわざマシンが登場しておらず、代わりにふしぎだま(がんせきだまよこどりのたま)として登場するのだが、みがわりのみ例外的にわざマシンも登場する。

グッズにおけるみがわり

  • 技みがわりを使用した時に出てくる人形は商品化されており、ぬいぐるみやシャープペンになっている。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 みがわり
英語 Substitute
ドイツ語 Delegator
フランス語 Clonage
イタリア語 Sostituto
スペイン語 Sustituto
韓国語 대타출동
中国語(普通話・台湾国語) 替身
中国語(広東語) 替身

関連項目

おしえわざ
*1は第三世代のみ、*2は第四世代まで、*3は第四世代のみ、*4は第三世代第五世代のみ
クリスタル限定 10まんボルト - かえんほうしゃ - れいとうビーム
攻撃技 メガトンキック*1 - メガトンパンチ*1 - ちきゅうなげ*1 - カウンター*1 - いわなだれ*1 - ゆめくい*1 - のしかかり*1 - だいばくはつ*1 - すてみタックル*1 - ころがる*2 - れんぞくぎり*2 - ばくれつパンチ*1 - いびき - どろかけ*2 - スピードスター*2 - こごえるかぜ - かみなりパンチ - ほのおのパンチ - れいとうパンチ - ゴッドバード - じばく*1 - ダイビング*3 - あやしいかぜ*3 - エアカッター*3 - しねんのずつき - しんくうは*1 - はたきおとす - ふいうち*2 - とっておき - さわぐ - ばかぢから - アイアンヘッド - アクアテール - がむしゃら - げきりん - シグナルビーム - だいちのちから - ダストシュート - たつまき*2 - タネばくだん - とびはねる - ねっぷう - ずつき*3 - むしくい - いかりのまえば - けたぐり - ほしがる - ドリルライナー - ダブルチョップ - ハイパーボイス - エレキネット - アイアンテール - イカサマ - りゅうのはどう - あくのはどう - しめつける - ギガドレイン - ドレインパンチ - みずのはどう - でんげきは - きあいパンチ - アクアブレイク - じだんだ - じごくづき
補助技 でんじは*1 - ものまね*1 - ゆびをふる*1 - みがわり*1 - タマゴうみ*1 - つるぎのまい*1 - いばる*1 - ねごと*4 - まるくなる*1 - こらえる*1 - じこあんじ*1 - あくむ*1 - トリック - うらみ - てだすけ - こうごうせい - でんじふゆう - いえき - てっぺき - いたみわけ - いとをはく*2 - おいかぜ - じゅうりょく - なやみのタネ - マジックコート - なりきり - いやしのすず - とおせんぼう - はねやすめ - おさきにどうぞ - マジックルーム - ワンダールーム - リサイクル - スキルスワップ - よこどり - ステルスロック - きりばらい - サイドチェンジ - テレキネシス - とぎすます
特別 ハードプラント - ブラストバーン - ハイドロカノン - りゅうせいぐん - くさのちかい - ほのおのちかい - みずのちかい - いにしえのうた - しんぴのつるぎ - ガリョウテンセイ - ボルテッカー