ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ジュカイン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ジュカイン
Jukain
英語名 Sceptile
全国図鑑 #254
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #003
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #003
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 みつりんポケモン
タイプ くさ
たかさ 1.7m
おもさ 52.2kg
とくせい しんりょく
隠れ特性 かるわざ
図鑑の色
メガジュカイン
タイプ くさ
ドラゴン
たかさ 1.9m
おもさ 55.2kg
とくせい ひらいしん
タマゴグループ かいじゅう
ドラゴン
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第三世代: 5376歩
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 すばやさ+3
基礎経験値
  • 第四世代以前: 208
  • 第五・第六世代: 239
  • 第七世代: 239
最終経験値 1059860
性別 87.5% ♂ ・ 12.5% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ジュカインとはぜんこくずかんのNo.254のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイアメガジュカインについてもここで述べる。

進化

ポケモンずかんの説明文

ルビーオメガルビー
からだに はえた はっぱは するどい きれあじ。すばやい みのこなしで きの えだを とびまわり てきの ずじょうや はいごから おそいかかるぞ。
(漢字) 体に 生えた 葉っぱは 鋭い 切れ味。素早い 身のこなしで 木の 枝を 飛び回り 敵の 頭上や 背後から 襲いかかるぞ。
サファイアアルファサファイア
せなかの タネには じゅもくを げんきにする えいようが たくさん つまっていると いわれる。もりの きを だいじに そだてている ポケモン。
(漢字) 背中の タネには 樹木を 元気にする 栄養が 沢山 詰まっていると いわれる。森の 木を 大事に 育てている ポケモン。
エメラルド
ジャングルの なかでは てきなしの つよさ。くさきを だいじに そだてる ポケモン。ひなたぼっこをして たいおんを ちょうせつする。
ファイアレッド・リーフグリーン
うでに はえた はっぱは かたなの きれあじ。きの えだを みがるに とびうつり てきに おそいかかる。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2X
うでに はえた はっぱは たいぼくも すっぱり きりたおす きれあじ。みつりんの たたかいでは むてき。
(漢字) 腕に 生えた 葉っぱは 大木も すっぱり 切り倒す 切れ味。密林の 戦いでは 無敵。
ハートゴールド・ソウルシルバーY
ジャングルを みがるに はしりまわり うでに はえた きれあじ するどい はっぱで えものを しとめるのだ。
(漢字) ジャングルを 身軽に 走り回り 腕に 生えた 切れ味 鋭い 葉っぱで 獲物を 仕留めるのだ。

メガジュカインの特徴

頭から尻尾のあたりにかけて 通常時10個 の空気が入った実が付いている。
また、もっとも尻尾に近い実を破裂させ空気圧によって尻尾の先端の部分を発射し 攻撃することが出来る。
発射した際になくなった尻尾は瞬時に生えてくる。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 70
 
130 - 177 250 - 344
こうげき 85
 
81 - 150 157 - 295
ぼうぎょ 65
 
63 - 128 121 - 251
とくこう 105
 
99 - 172 193 - 339
とくぼう 85
 
81 - 150 157 - 295
すばやさ 120
 
112 - 189 220 - 372
合計 530
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

メガジュカイン

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 70
 
130 - 177 250 - 344
こうげき 110
 
103 - 178 202 - 350
ぼうぎょ 75
 
72 - 139 139 - 273
とくこう 145
 
135 - 216 265 - 427
とくぼう 85
 
81 - 150 157 - 295
すばやさ 145
 
135 - 216 265 - 427
合計 630
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ジュカイン

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

メガジュカイン

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 25%
くさ: 25%
でんき: 25%
エスパー: 100%
こおり: 400%
ドラゴン: 200%
あく: 100%
フェアリー: 200%

とくせいのひらいしんでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 25%
くさ: 25%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 400%
ドラゴン: 200%
あく: 100%
フェアリー: 200%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 50%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

メガジュカイン

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 50%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 400%
くさ: 400%
でんき: 400%
エスパー: 100%
こおり: 25%
ドラゴン: 50%
あく: 100%
フェアリー: 50%

とくせいひらいしんでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 50%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 400%
くさ: 400%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 25%
ドラゴン: 50%
あく: 100%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

ジュカイン/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90% 15
1 れんぞくぎり むし 物理 40 95% 20
1 リーフストーム くさ 特殊 130 90% 5
1 つじぎり あく 物理 70 100% 15
1 はたく ノーマル 物理 40 100% 35
1 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
1 すいとる くさ 特殊 20 100% 25
1 でんこうせっか ノーマル 物理 40 100% 30
進化 ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90% 15
5 すいとる くさ 特殊 20 100% 25
9 でんこうせっか ノーマル 物理 40 100% 30
13 メガドレイン くさ 特殊 40 100% 15
18 おいうち あく 物理 40 100% 20
23 リーフブレード くさ 物理 90 100% 15
28 こうそくいどう エスパー 変化 —% 30
33 たたきつける ノーマル 物理 80 75% 20
39 みきり かくとう 変化 —% 5
45 シザークロス むし 物理 80 100% 15
51 みねうち ノーマル 物理 40 100% 40
57 ファストガード かくとう 変化 —% 15
63 リーフストーム くさ 特殊 130 90% 5
69 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン02 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン40 つばめがえし ひこう 物理 60 —% 20
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン47 ローキック かくとう 物理 65 100% 20
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン53 エナジーボール くさ 特殊 90 100% 10
わざマシン54 みねうち ノーマル 物理 40 100% 40
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン59 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざマシン62 アクロバット ひこう 物理 55 100% 15
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン75 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン81 シザークロス むし 物理 80 100% 15
わざマシン86 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン96 しぜんのちから ノーマル 変化 —% 20
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[357][459] タネマシンガン* くさ 物理 25 100% 30
[024][130][143][158][159][160]
[246][247][248][295][336][371]
[372][373][387][388][389][445]
[559][560][621][633][634][635]
[696][697][713]
かみくだく あく 物理 80 100% 15
[111][621] ブレイククロー* ノーマル 物理 75 95% 10
[032][033][034] にどげり かくとう 物理 30 100% 30
[334][371][372][373][633][634]
[635][704][705][706][780]
りゅうのいぶき ドラゴン 特殊 60 100% 20
[104][105][105A][258][259][260]
[409]
がむしゃら ノーマル 物理 100% 5
[459][460] くさぶえ くさ 変化 55% 15
[001][152][387] グラスフィールド* くさ 変化 —% 10
[253][254][357][387][388][389] リーフストーム くさ 特殊 130 90% 5
[002][003][387][388][389] やどりぎのタネ くさ 変化 90% 10
[152][153][154][357] マジカルリーフ くさ 特殊 60 —% 20
[258] どろあそび じめん 変化 —% 15
[152][153][154][333][334][357]
[780]
しぜんのめぐみ ノーマル 物理 100% 15
[694][695] かまいたち ノーマル 特殊 80 100% 10
[001][002][003][152][153][154]
[357][387][388][389]
こうごうせい くさ 変化 —% 5
[001][002][003] なやみのタネ くさ 変化 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10 -
ドレインパンチ かくとう 物理 75 100% 10 -
ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90% 15 -
がむしゃら ノーマル 物理 100% 5 -
きあいパンチ かくとう 物理 150 100% 20 -
ハードプラント くさ 特殊 150 90% 5
ギガドレイン くさ 特殊 75 100% 10 -
くさのちかい くさ 特殊 80 100% 10
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
とぎすます ノーマル 変化 —% 30 -
けたぐり かくとう 物理 100% 20 -
げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10 -
タネばくだん くさ 物理 80 100% 15 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
こうごうせい くさ 変化 —% 5 -
じごくづき あく 物理 80 100% 15 -
かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15 -
なやみのタネ くさ 変化 100% 10 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
RSE × 出現しない Lv.36 ジュプトルを進化させる
FRLG × 出現しない - -
DPt × 出現しない - -
HGSS × 出現しない Lv.36 ジュプトルを進化させる
BW × 出現しない - -
B2W2 × 出現しない - -
XY × 出現しない - -
ORAS × 出現しない Lv.36 ジュプトルを進化させる
SM × 出現しない - -
US・UM × 出現しない Lv.36 ジュプトルを進化させる

配布ポケモン・貴重なポケモン

おや 言語/地域 配布バージョン
こくらなど 日本語 BW

備考

アニメにおけるジュカイン

マンガにおけるジュカイン

ポケットモンスターSPECIALにおけるジュカイン

ポケモンカードにおけるジュカイン

ジュカインの歴史

第三世代

高い素早さと特攻から速攻型として人気が高く、当時はくさタイプ御三家の中で最強と言われていた。当時はリーフブレード特殊技であったので高い特攻を活かすことができた。さらにタマゴ技でがむしゃらを覚えるので、いざとなればエメラルドで習得できるこらえるでがむしゃらを放ってアドバンテージを稼ぐことも可能であった。当時は先制技が貧弱であり環境全体の火力や速度もそれほど高くなかったため、こらえるの利便性は十分に高かった。ヤタピのみみがわりを利用してしんりょくによる高火力を確実に発揮する構成もあった。ポケモンリーグ2005東京大会小学生の部優勝メンバーの1体であり、その優勝パーティはスターミープテラなどを他に採用しており速攻に寄せた構築となっていた。

因みにHPの個体値が0で努力値無振りののジュカインが1回みがわりを打つと残りHPは98であり、これはHPの個体値がVで努力値全振りのカビゴン(実数値267)に63.3%のダメージを与える計算となる。これならほえるで流されてみがわり連打を阻害されて見切り発車を余儀なくされても、カビゴンに対してそれなりのダメージを与えられる。

第四世代

攻撃技の物理特殊の分離によりリーフブレードが物理技となったことで特攻の高さを生かしづらくなった。そのため、つるぎのまいを使って威力を底上げすることがリーフブレードを使用する上で重要になった。一方で、リーフストームエナジーボールという高火力のメインウエポンを獲得するなど、瞬間火力で言えば間違いなく強化を受けた。サブウエポンとしてはきあいだまりゅうのはどうを習得。この世代ではねむりの仕様がねむり技をかける側に非常に有利であったため、くさぶえが十分に実用範囲内であった。一方、先制技が台頭し、がむしゃらとこらえるのコンボは決まりにくくなった。特にこおりのつぶてはドラゴンタイプに弱点をつけることもあり採用率が高く、同じく弱点をつかれてしまうジュカインにとっては脅威であった。バンギラスへのメタとして有効なけたぐりをHGSSで獲得したが、元々バンギラスに対しては2倍弱点を突くことなら無造作にできるジュカインにとってはそこまで大きい恩恵はない。

第五世代

「公式完全ぼうけんクリアガイド」のシリアルナンバーを用いて隠れ特性のかるわざを持ったキモリを入手することがこの世代では可能であった。また、新たに習得したアクロバットひこうのジュエルやかるわざとのコンボが強力であり、物理型にとっての新たな選択肢となった。一方、この世代ではほのおタイプむしタイプが大幅な強化を受けていたこともあって、これまでよりも相手を選ぶポケモンになった。ひでりキュウコンとのシナジーがソーラービームをタイムラグなしに打てる程度しかなく、晴パとの噛み合わせが悪いことも相対的な弱体化。

第六世代

リーフストームやりゅうのはどうの威力が減少。また、ひこうのジュエルが入手不可になりアクロバットやかるわざを活かすことが難しくなった。さらに、メガシンカの登場とこだわりスカーフの所持率上昇による素早さインフレの発生、環境で猛威を振るっていたファイアローの存在などからジュカインはこれまでにない逆境に立たされた。一方、ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア以降はジュカイン自身もメガシンカを獲得。特性ひらいしんは活かしにくいものの、特攻の強化や、素早さが上昇する点は嬉しく、メガシンカの獲得が大きな強化点であったことに疑う余地はない。しかし、他のメガシンカポケモンは当時全盛期であったメガガルーラをはじめ、パーティの主軸を担えたり、一匹で相手パーティを崩壊に至らしめたりできるほど強力なものが多く存在したため、メガジュカインの採用率は伸び悩んだ。結果として、通常のレーティングバトルではいずれのリーグ、シーズンでも使用率ベスト30入りを逃している。PGLレーティングバトル統計データによると、メガシンカなしのジュカインはリーフストームを主流としながらも決まったテンプレ技構築の無い状況にあり、性格はいじっぱり、むじゃき、おくびょうの3つがメインであったことがうかがえる。一方で、メガシンカする場合はりゅうのはどう、きあいだま、リーフストーム、まもるがテンプレとなり、性格はおくびょうが主流であることが明確であった。

第七世代

カプやミミッキュなどの強力なフェアリータイプの登場や、それらのメタのためどくタイプの攻撃技が蔓延したため、警戒すべき相手は第六世代よりもずっと増えた。また、同様にフェアリーメタによりはがねタイプのポケモンの採用率が上昇し、フェアリーポケモンの台頭も相まってメガシンカによって一致になるドラゴンタイプの技はさらに通りにくくなった。一方で、はやてのつばさの弱体化を受けファイアローが環境から姿を消したことと、メガシンカの仕様変更により1ターン目からメガシンカ後の素早さで行動できるようになったことは強化点。特に後者の仕様変更により、メガジュカインはゲッコウガカプ・コケコなど採用率の高い高速アタッカーに対し有利に立ち回りやすくなった。それに加えて、サイコフィールドや先制技を封じる特性が登場したことにより先制技が採用しにくくなったことはジュカインにとっては嬉しい仕様変更であると言える。

そんな中、メガジュカインにはいわゆる「湿原」ではみずのちかいを打つ役のみず御三家ひらいしんで保護するという役割があり、きあいのタスキ型でも下からがむしゃらで削りを入れてジャラランガを死に出しするという使い方ができるため、ダブルバトルではそれなりに使われている。カプ・コケコエレキメイカーエレキシードを消費しつつかるわざを発動するというこの並びは2匹の名前を略して合わせて「コカイン」と呼び、さらに「コカインをキメる」というこの動きを表わす動詞がダブルバトルでのコンボ界隈で使われている。

一般的な育成論

ワタッコを凌ぐ素早さと高い特攻を有する。他のくさタイプに比べてドラゴンはがねタイプで止まりにくいのも特徴。基本は特殊アタッカー型が良い。

非常にきあいのタスキの相性が良いポケモンといえる。低い耐久を補える、特性しんりょくの発動、カウンターを安心して決められる、がむしゃらで相手のHPをむしり取ることが期待できる。攻撃技としてはリーフストームエナジーボールりゅうのはどうきあいだまでんこうせっかなどが挙げられる。


特性しんりょくを活かすならみがわりも面白く、素早さが高いため決まりやすい。その際ヤタピのみなどをもたせるとかなりの威力が期待できる。クサZで強化されたソーラービームを放つのも手。

ただ攻撃もそこまで低くはなく、つるぎのまいを習得できるうえに、優秀な物理技も数多く習得できるので物理アタッカーにもなれる。その際はリーフブレードじしんいわなだれシザークロスけたぐりなどを覚えさせるとよい。また、ひこうのジュエル+アクロバットのコンボはなかなかの威力を誇る。

隠れ特性はかるわざである。きあいのタスキやくさのジュエルなどを持たせるといい。一度発動すると一部を除くほとんどのポケモンに先手を取れるようになる。ただ、元の素早さがかなり高いため、素早さに努力値を多く振った状態では素早さが過剰になり、かと言ってかるわざ発動を前提にして素早さ努力値を抑えるとかるわざ発動までの間・一度発動させて効果が消えてしまった後の行動に支障をきたすため、細かい調整が不可欠といえる。じゃくてんほけんを持たせるとハマった時に十分な火力と速度が出て技範囲も確保できるが、ジュカイン程度の耐久性能できあいのタスキによらず安定して耐えられるかどうかは相手次第というところなので仮想敵の見極めは重要。

メガジュカイン

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアで新たなメガシンカポケモンとして登場。タイプにドラゴンが追加され、こうげき、とくこう、すばやさが飛躍的に上昇する。新たに加わっているドラゴンタイプでは最速となりマルマインなどを上回る素早さを持つため先制しやすく1/4で受けられるタイプも存在するようになるが、弱点がさらに増えてこおりタイプが4倍弱点となってしまうなどデメリットも大きい。

特性ひらいしんでんきタイプの技を無効化し特攻を上げられる。ただしメガシンカしないとでんき技を誘えないことと、ジュカインの状態でもでんき技は半減で、メガジュカインだと1/4になるため、わざわざ相手が使ってくる可能性は低いため、シングルバトルではあまり向かない。ただし、でんじはを無効にできるのは大きい。ダブルバトルトリプルバトルでなら味方がでんき技でダメージを受けないため重宝するだろう。

くさタイプに加え、一致になったドラゴンタイプの技も採用したほうがよい。特殊技ならりゅうのはどうは必須。物理技の場合はドラゴンクローダブルチョップげきりんを推奨。

サブウエポンはなるべくこちらの苦手なタイプに迎え撃てる技を習得したい。特にこおりタイプを中心とし、特殊技ならきあいだま、物理技ならいわなだれじしんけたぐりあたりを考慮。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ジュカイン 樹海
英語 Sceptile reptile(爬虫類)、Sceptridium?
ドイツ語 Gewaldro Gewalt(力、権力)、Wald(森)、drohen(脅す)?
フランス語 Jungko jungle(ジャングル、密林)、gecko(ヤモリ
イタリア語 Sceptile 英語に同じ
スペイン語 Sceptile 英語に同じ
韓国語 나무킹 (Namuking) 나무(森)、king(英語:王)
中国語(普通話・台湾国語) 蜥蜴王(Xīyìwáng) 蜥蜴(トカゲ)、王
中国語(広東語) 蜥蜴王 (Sīkyihkwòhng) 蜥蜴(トカゲ)、王
ポーランド語 Sceptile 英語に同じ

関連項目

御三家
くさ ほのお みず
第一世代 フシギダネ - フシギソウ - フシギバナ ヒトカゲ - リザード - リザードン ゼニガメ - カメール - カメックス
第二世代 チコリータ - ベイリーフ - メガニウム ヒノアラシ - マグマラシ - バクフーン ワニノコ - アリゲイツ - オーダイル
第三世代 キモリ - ジュプトル - ジュカイン アチャモ - ワカシャモ - バシャーモ ミズゴロウ - ヌマクロー - ラグラージ
第四世代 ナエトル - ハヤシガメ - ドダイトス ヒコザル - モウカザル - ゴウカザル ポッチャマ - ポッタイシ - エンペルト
第五世代 ツタージャ - ジャノビー - ジャローダ ポカブ - チャオブー - エンブオー ミジュマル - フタチマル - ダイケンキ
第六世代 ハリマロン - ハリボーグ - ブリガロン フォッコ - テールナー - マフォクシー ケロマツ - ゲコガシラ - ゲッコウガ
第七世代 モクロー - フクスロー - ジュナイパー ニャビー - ニャヒート - ガオガエン アシマリ - オシャマリ - アシレーヌ


この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。