ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ポケットモンスター ソード・シールド

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ポケットモンスター ソード・シールド
ジャンル RPG
プレイ可能人数 1人(ローカル通信時最大4人)
発売元 株式会社ポケモン
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 2019年11月15日
2020年11月6日(+エキスパンションパス)
アメリカ 2019年11月15日
イギリス 2019年11月15日
ドイツ 2019年11月15日
オーストラリア 2019年11月15日
韓国 2019年11月15日
その他 2019年11月15日
公式サイト

pokemon.co.jp(日本)

ポケットモンスター ソード・シールドとは、2019年11月15日に発売されたNintendo Switch用ソフトである。

概要

ポケットモンスター サン・ムーン以来の完全新作である。舞台はガラル地方。2019年2月27日のポケモンダイレクトで発表された。

初週の売上本数が136.5万本を記録し、2019年11月17日終了時点ではNintendo Switchのソフトで歴代1位の初週販売本数となっている[1]

シリーズ本編で初めてとなる、既存のポケモンや技の中にデータ自体が存在しないものが確認される作品だが、対戦環境が一新されたことを評価する声も少なくない[2]

2020年1月10日よりシリーズ初となる追加ダウンロードコンテンツ『エキスパンションパス』が発売された[3][4]

2020年11月6日に『ポケットモンスター ソード・シールド+エキスパンションパス』が発売された。

『ファミ通』クロスレビューは40点満点中38点[5]

令和時代の最初の作品となる。

新要素・変更点

本作は本編の完全新作の中で初めてのNintendo Switchソフトであるため、これまでの完全新作以上に様々な変更点が存在する。そのため、新要素・Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイとの比較・ウルトラサン・ウルトラムーン以前との比較で分ける。

新要素

ダイマックス
特定の場所の対戦でほとんどのポケモンがダイマックスと言う現象が起き、強力な力を手に入れることができる。中には姿やわざがまるっきり変わるキョダイマックスもある。
ワイルドエリア
ガラル地方南部に広がる、野生ポケモンが多い大平原。YY通信に対応し、マックスレイドバトルなどもできる。
マックスレイドバトル
通信で募集した4人でダイマックスポケモンを倒す。人数が集まらなかった場合はコンピュータがサポートに入る。
ポケモンキャンプ
ポケモンとおもちゃで触れ合ったり、カレーライスを作ったりできる。
事実上のじてんしゃの復活
5番道路でのイベントでロトムじてんしゃを貰うことになる。+または-で自転車に乗ることが出来る。また、その後の9番道路のイベントで水上を走行できるようになる。
追加コンテンツの導入(エキスパンションパス
これまでのポケットモンスターシリーズにはなかった[6]、ダウンロード追加コンテンツによるゲームの拡張機能が導入された。

ウルトラサン・ウルトラムーン以前からの変更点

対戦用のポケモン育成の難易度減少
以前は努力値を252(限界)まで振るには100に達したらポケモンとの戦闘やスパトレ等を使うしかなかったが、今作では限界までえいようドリンクで努力値が振れるようになった。またミントの登場により性格の厳選の必要性も減少。すごいとっくんは引き続き存在する。
預かり屋に同種のポケモンを預けるとタマゴわざを後天的に覚えることができるようになった。
進化前でのみ覚えられるわざがほとんど無くなる
しんかのいしで進化したポケモンでも進化前の全ての技を進化してもわざおもいだしで思い出せるようになった。その他進化前でのみ覚えられる技というものが少なくなり、技構成を気軽に変更しやすくなった。
進化前の技を全て思い出せるようになったわけではなく、例えばルリリは進化するとはねるを思い出せなくなる。
わざおもいだしが無償になった
前作まではわざを思い出すのにはハートのウロコを特定の人物にあげる必要があったが、本作では各地のポケモンセンターにいる喫茶店の男性から無料でわざを思い出させてもらうことができる。現在のレベルより習得レベルが高い技を教えてもらうことはできなくなった。
一部ポケモンの進化法の変更
リーフィア等をはじめ、一部のポケモンの進化方法が変更された。
連れて行けるポケモンの制限
ウルトラサン・ウルトラムーンまでは旧作のポケモンもデータが収録されており旧作から転送することで使用することができたが、今作ではポケモン数の増加なども考慮され、ガラル図鑑に載らないポケモンは一部しか収録されていない。従って、Pokémon HOMEが登場し第七世代以前のポケモンが連れていけるようになっても転送できないポケモンが存在する。上記のエキスパンションパスの配信に伴うバージョン更新により、エキスパンションパスを購入していないプレイヤーでも対応するポケモンを連れていけるようになる。
ガラル図鑑に載っているポケモンのすがた違いは、ソード・シールドで直接入手不可能な種類も含めて全て転送可能で、対応する図鑑説明も用意されている。
一部の技が未登場
めざめるパワーなど、第七世代までに登場した一部の技が登場しない(わざ一覧 (第八世代)#使用できないわざ参照)。そのような技を覚えているポケモンを技のフラグを維持したままソード・シールドに連れてくることができるが、技を使うことはできない。未登場技を覚えているとゲーム上ではその技がグレーアウトした状態で表示される。
メガシンカZワザの消滅
メガシンカ・Zワザのシステムが無くなり、これらに関するアイテムも入手できなくなった。
なつき度の、なかよし度に統合吸収される形での廃止
なつき度で進化するポケモンはなかよし度で進化するようになった。カンポーやくはなかよし度を下げる効果になった。
ポケモングローバルリンク廃止・レーティングバトル廃止
第五世代より続いてきたPGLが廃止された。ハードがSwitchに移行し、ゲーム機本体の性能が向上したことや、外部ユーティリティとの連動機能が充実したことに伴うものである。PGLの廃止と共にレーティングバトルのシステムも見直され、代替としてランクバトルというものが登場した。
GTSの機能をPokémon HOMEに移行
GTSの機能がオミットされ、クラウドストレージを兼ねた外部ユーティリティのPokémon HOMEを介するようになった。
パッケージ伝説入手の前に第三の伝説のポケモン入手
これまでのシリーズではパッケージに載った伝説のポケモンと戦闘した後でないと第三の伝説は入手できなかったが、今作では先に第三の伝説であるムゲンダイナを捕獲するストーリーになっている。パッケージ伝説のザシアンザマゼンタはエンディング後に入手する。

Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイからの変更点

野生ポケモンとの戦闘形式の変更
ピカブイではJoy-Conを使ってモンスターボールを投げることで戦闘していた(Pokémon GOに近い戦闘)が、今作はウルトラサン・ウルトラムーン以前の仕様に戻っている。
わざの性能の変更
ゴッドバードすいとるソーラービームメガドレインの威力とPPはウルトラサン・ウルトラムーン以前の仕様に戻った。テレポートの仕様のみソード・シールドでも続投する。
この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

発売までの経緯

バージョン情報

バージョン 配信日 公式の変更 その他の変更
1.0.0 2019/11/15 - -
1.1.0 2020/1/10
1.1.1 2020/3/18
  • 改善されたデータを含むポケモンをマジカル交換や通信交換で受け取った際、ゲームの停止が発生する等の現象に対して対応。
1.2.0 2020/6/17
1.2.1 2020/7/8
  • YY通信の8桁のパスワードが一部間違っていてもマッチングしてしまう不具合の修正。
  • 不正行為対策
    • 出現ポケモンや報酬のおかしいマックスレイドバトルがYY通信で検出されないように対応
  • バグの修正
1.3.0 2020/10/23
  • エキスパンションパスを購入したユーザーに対して『冠の雪原』のゲームデータ配信。
  • エキスパンションパスを購入していないユーザー対して『冠の雪原』に登場するポケモンの追加。
  • バグの修正

備考

  • マイナーチェンジ版は発売されず、ダウンロードコンテンツ『エキスパンションパス』で購入済みのソフトにシナリオや登場ポケモンを追加する形式になった。
  • 準伝説ポケモンは本編では登場せず、エキスパンションパス『鎧の孤島』で初めて登場した。
  • 御三家は進化しても複合タイプが付随しない。第二世代以来となる最終進化系まで単タイプの御三家である。
  • パッケージの伝説のポケモンはシナリオ終盤で登場するが、殿堂入り後にならないと捕獲できないという、シリーズ初の展開になっている。
  • これまでのシリーズでは販売前に新ポケモンをゲーム情報、アニメなどのメディア問わず多く公開していたが今作では「ゲームプレイを通して新ポケモンを知ってほしい」という観点から公開される量が絞られており販売前に公表される事が定番だった伝説のポケモンのタイプ及び特性も発売するまで伏せられていた。
    • これに加え「今作に登場しない(または追加されない)ポケモンも他ゲームや様々なメディアで登場、活躍させる」事をスタンスにしていた為発売前及び発売直後は、ゲーム雑誌やセブンイレブンフェアのキャンペーンイラストなど一部の商品を除いてガラル御三家とザシアン、ザマゼンタに絞られており逆にソードシールドに登場しない既存ポケモンは玩具や商品に数多く登場している。

脚注

  1. 『ポケモン ソード・シールド』発売3日間で136.5万本販売! Switch&Liteは国内累計1000万台突破! ファミ通 2019.11.20 13:30(2019年11月24日閲覧)
  2. ルビー・サファイアについては事情が異なり、あちらは出現しないがデータは存在し、ファイアレッド・リーフグリーンやエメラルドとの通信で解禁される形式だった。
  3. シリーズ初!『ポケットモンスター ソード・シールド』の有料追加コンテンツの発売が決定! 本日より販売開始! _ トピックス _ Nintendo 任天堂(2020年1月10日閲覧)
  4. 追加コンテンツとして近いものとしてはそれ以前にカードeリーダー+などが存在していた。また、ルビー・サファイアに対するコロシアムなどの外伝作品、エメラルドなどの後発本編ソフトも追加コンテンツに近い体であった
  5. 週刊ファミ通1618号より
  6. 他のシリーズでは、大乱闘スマッシュブラザーズをはじめいくつかのタイトルで導入されてはいた。

外部リンク

関連項目


ポケットモンスターシリーズのゲーム一覧
本編 第一世代 赤・緑ピカチュウ
第二世代 金・銀クリスタル
第三世代 ルビー・サファイアエメラルド - ファイアレッド・リーフグリーン
第四世代 ダイヤモンド・パール(体験版)プラチナ - ハートゴールド・ソウルシルバー
第五世代 ブラック・ホワイト - ブラック2・ホワイト2
第六世代 X・Y - オメガルビー・アルファサファイア(体験版)
第七世代 サン・ムーン(体験版) - ウルトラサン・ウルトラムーン - Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ(体験版)
第八世代 ソード・シールド(鎧の孤島 - 冠の雪原)
外伝 対戦・保管 スタジアム - スタジアム2 - スタジアム金銀 - ボックス - コロシアム - XD - バトレボ - ポケモンバンク - ポケムーバー - Pokémon HOME
ポケダン 青赤 - 時闇 - 炎嵐光 - マグナゲート - - 救助隊DX
レンジャー レンジャー - バトナージ - 光の軌跡
スクランブル 乱戦! - スーパー - U - みんなの - SP
げんきでちゅう - カードGB - スナップ - ピンボール - PPL - パネポン - カードGB2 - チャンネル - ピンボールR&S - ダッシュ - 釣り大会 - トローゼ - 牧場 - パークWii - タイピング - 立体図鑑BW - あそびかたDS - パーク2 - ノブナガ - ARサーチャー - 全国図鑑Pro - バトルトローゼ - 1000びきのポケモン - アートアカデミー - ポケとる - ポケモンピクロス - ポッ拳 - 名探偵ピカチュウ - ポッ拳 DX - ポケモンクエスト - Pokémon Café Mix - New ポケモンスナップ - Pokémon UNITE
小型ゲーム ポケモンミニ - ポケットピカチュウ (カラー) - ポケウォーカー
アーケード メダルゲーム ポケモンゲット! - SUPERてれびでんわ - ポケモンスロット - おどって! ピカチュウ - ソーナンスがころんだ! - くるくるゲット - メダルワールド - ポケモンつなひき大会 - バトルナイン
バトリオ - トレッタ - ガオーレ - メザスタ - ポケモンカードゲームガチャ - ポッ拳 - ポケモンメガゲット!
スマホ ゲーム おどる? ポケモンおんがくたい - ポケとる - Pokémon GO - ポケモンコマスター - はねろ! コイキング - ポケモンクエスト - ポケモンスクランブルSP - ポケモンマスターズ - Pokémon Café Mix - Pokémon UNITE
その他 ポケモンスタイル - XY対訳スコープ - ポケモン音楽図鑑 - Pokémon Pass - Pokémon HOME - ポケモンスマイル
ゲスト 一覧 - スマブラ (DX / X / 3DS・Wii U / SPECIAL) - バッジとれ〜るセンター
海外版のみ PPL - Pokémon Pass