ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

かそく

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

かそくは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

毎ターン終了時に、すばやさ1段階上がる。

説明文

第四世代第五世代第六世代
ちょっとずつ すばやく なっていく。
ちょっとずつ 素早く なっていく。
第七世代
まいターン すばやさが あがる。
毎ターン 素早さが 上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ヤンヤンマ かそく ふくがん おみとおし
アチャモ もうか - かそく
ワカシャモ もうか - かそく
バシャーモ もうか - かそく
メガバシャーモ かそく - -
テッカニン かそく - すりぬけ
キバニア さめはだ - かそく
サメハダー さめはだ - かそく
メガヤンマ かそく いろめがね おみとおし
フシデ どくのトゲ むしのしらせ かそく
ホイーガ どくのトゲ むしのしらせ かそく
ペンドラー どくのトゲ むしのしらせ かそく

フシデホイーガペンドラー第五世代で隠れ特性としてはやあしを持っていたが、第六世代でかそくに変更された。はやあしを持つ個体を第六世代に送ると、かそくに変更される。

こんなときに使おう

  • 1ターンさえ凌げば大半のポケモンを抜ける素早さを得られる。2ターン目が終わればこだわりスカーフ持ちですら歯が立たない素早さになる。
  • この特性を所有するポケモンはほぼ全て、第1ターンをまもるで凌いで素早さを得てから攻撃に移る戦法で実用されている。
  • この特性を持つポケモンのどれにとってもかなり有用な特性であるため、対戦でこれらのポケモンを見るとかそく持ちだという事が容易に読まれてしまう。つまり第1ターンのまもるが非常に読まれやすいと言う事で、積み技を使ったりみがわりを出したり有利なポケモンに交代したりと言った行動をしてくる事が多い。裏をかいてまもらずにこちらも積み技を使ったりいきなり攻撃を仕掛けたりする事は出来るが、ややリスキーな読み合いとなる。
    • 第七世代ではさらに、まもるでも防ぎきれないZワザをしかけられることもある。弱点タイプのZワザだと耐久次第では耐えられずに倒されてしまうこともある。特にサメハダーは耐久が非常に低いため注意。
  • いくら抜けるといっても先制攻撃技せんせいのツメ発動に対しては、自分達が先制攻撃技を使用しない限り先制出来ないので注意。この特性を持つポケモンはいずれも耐久が低めのため、第六世代から登場した特性はやてのつばさを持つファイアローを相手にする場合、サメハダー系統以外(サメハダー系統も耐久が低いため安全とはいえない)はひこう技が弱点でもあるため特に気を付けたい。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるかそく

同じフロアで250ターン経つと移動速度が1段階上がる。フロアを移動すると元に戻る。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 かそく
英語 Speed Boost
ドイツ語 Temposchub
フランス語 Turbo
イタリア語 Acceleratore
スペイン語 Impulso
韓国語 가속
中国語(普通話・台湾国語) 加速
中国語(広東語) 加速