ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

さいはい

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
さいはい
第七世代
タイプ エスパー
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 15
範囲 1体選択
優先度 0
直接攻撃 ×
効果
対象のポケモンが直前に使用したわざをもう一度使わせる。
判定
Zワザによる付加効果
自分のとくこうが1段階上がる。

さいはいはポケモンの技の一種。

説明文

第七世代第八世代
あいてが だした わざを しじして もういちど ださせる ことが できる。
(漢字) 相手が 出した 技を 指示して もう一度 出させることが できる。

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
SM/USUM SwSh
ヤレユータン 32 50

こんなときに使おう

オウムがえしとは異なり、わざを繰り出すポケモンはターゲットに選択した相手である。またアンコールと異なり、このわざを受けた相手がわざを繰り出すのが受けた直後である点、持続性がない点で異なる。このため、相手の行動を封じるのでは無く、ダブルバトルで味方を支援するのに用いられる。

この技を受けた対象のポケモンは同じわざを同一ターンに2回使用できるため、味方に出せばてだすけよりダメージ効率がよくなる。この技を使用するヤレユータントリックルームを始動させる役に向いているため、トリックルームの恩恵を受ける味方のポケモンには特にさいはいの恩恵を受けやすい。

ポケモンカードゲームにおけるさいはい

自分の手札が3枚になるようにカードを引く効果の特性として登場する。

アニメにおけるさいはい

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ヤレユータン 葉っぱが光り、それを前方に突き出す。
対象の輪郭も光り、先ほど使っていた技をヤレユータンが指示する対象に使う。
野生 SM編第39話 わざの初出

技の仕様

  • 対象がみがわり状態でも成功する。
  • 対象がマジックコート状態である場合でも成功する。
  • 対象がまもる状態である場合は防がれる。
  • 対象がトリックガードに守られている場合は失敗する。
  • 以下の状況において、さいはいは失敗する。
    • 対象が場に出てからPP消費を伴う行動を一度もしていないとき。
    • 対象が指示された技をレベルアップによりすでに忘れてしまったとき。
    • 対象がフリーフォールにより空中に連れ去られているとき。特性ノーガードロックオン状態の効果をもってしても失敗する。
    • 対象の覚えている技がダイマックスまたはダイマックスの解除により変わっているとき。
  • マックスレイドバトルにおいて、通常の技を出した敵ダイマックスポケモンに対してさいはいを使うとダイマックスのちからにはじかれて失敗する。
  • ねごとねこのてまねっこにより選ばれる。
  • ゆびをふるで選ばれない。

さいはいで選ばれない技

以下の技はさいはいで指示することができない

他の技が出る技など
オウムがえし/さきどり/しぜんのちから/ねごと/ねこのて/まねっこ/ゆびをふる
さいはい
他者の技を覚える技
スケッチ/ものまねへんしん
反動で次のターン動けなくなる技
がんせきほう/ギガインパクト/スターアサルト/ときのほうこう/ハードプラント/ハイドロカノン/はかいこうせん/ブラストバーン/プリズムレーザー/ムゲンダイビーム
溜め技
ソーラービーム/ソーラーブレードにほんばれ状態である場合でも失敗する
数ターン行動する技
あばれる/げきりん/はなびらのまいさわぐアイスボール/ころがるがまん
Zワザ
Z変化ワザも同様に失敗する。
ダイマックスわざ
その他
きあいパンチ/くちばしキャノン/トラップシェル
キングシールド/ブロッキング
  • キングシールド/ブロッキングは指示できないが、まもるなど他の類似技は指示可能。しかし連続使用により成功率は低下する。
ダイマックスほう
わるあがき

以下の技に対して、さいはいは成功するが対象は技を繰り出すことができない

さいはいで出された技

  • 指示された技は対象のPPを通常通り消費して使用される。
    • PPが無くなった技を指示しても失敗する。
  • 対象が場に出てからずっとPPを消費した行動をしていなければ、直近のPPを消費した行動が何ターン前であろうと関係無く使用できる。
  • 指示された技が対象を選択する技であれば、前回使用したときと同じ対象に使用する。
    • ソード・シールドの初期バージョンにおいてのみ、この仕様と異なった挙動をする不具合があった。下記を参照。
  • 指示された技は、本来の優先度を無視してさいはいの直後に使用される。ただしこのときも優先度の情報を失うわけではない。さいはいで出された以下の技はそれぞれの効果によって無効化される。
  • カウンター/ミラーコート/メタルバーストなどの反射技も指示することができる。対象がそのターンにダメージを受けていれば成功する。ターンを跨いでいた場合など、先制した反射技はうまく決まらない。
  • おどりこでの行動はPPを消費しないため、さいはいを受けた場合はその前に使用した技を指示される。
  • さいはいで指示された技が踊りの技である場合、おどりこは発動する。

さいはいを受けた対象

  • 技を指示したターンにまだ対象が行動していなければ、対象はさいはいで技を出した後でもそのターン選択した技を使用できる。
  • 対象が1ターンに2回以上行動する場合でも、状態異常による行動や回復の判定はその度に行われる。
    • たとえば対象がまひ/こんらん状態のときは、さいはいにより技を指示されても痺れて動けなかったり、自傷してしまったりする可能性がある。
    • 対象がねむり/こおり状態のときは、状態異常の回復の判定がもう一度行われることになる。
    • どく状態やすなあらしなどの処理は、通常どおりターンの終わりに1回のみ発生する。
  • 対象がひるみ状態であるときは、ひるんで行動できない。さいはいによる行動でひるみ状態が解除されることは無い。
  • 対象がいちゃもん状態でも連続で技を出すことができる。
  • 対象の特性なまけである場合はなまけのカウントを消費する。行動した直後にさいはいを受けるとなまけて動けないが、次のターンはすぐ動くことができる。逆にさいはいを受けて技を出すと、次のターンはなまける。

備考

バグ

  • ソード・シールド(バージョン1.1.0以前)において、指示された対象が特性スクリューおびれ/すじがねいりを持つ場合、または指示する技がねらいうちである場合、ダブルバトルにおいてのみ通常と異なった挙動をする不具合があった。バージョン1.1.1でこの不具合は解消された。
    以下通信対戦開始時リーグカードが左側に置かれるトレーナーをホスト、ホストが最初に左側に繰り出したポケモンをAとする。NPC戦ではプレーヤーがホスト扱いになる。
    • 場を対象とする技や、全体が対象のわざなどは正常に使用される。
    • Aが場にいない場合、さいはいされた技は正常に使用される。
    • つぼをつくアロマミストてだすけがさいはいされた場合
      • Aが場にいる場合、それが敵であってもAに対して使用する。
      • 自身がAである場合は、アロマミスト・てだすけも含めて自分に使用する。
    • ドラゴンアローがさいはいされた場合
      • Aが敵である場合、正常に敵方面に使用される。
      • Aが味方である場合、味方に2回攻撃する。味方がドラゴンアローを無効化するときは失敗する。
      • Aが自分である場合、自分自身と味方を攻撃する。味方がドラゴンアローを無効化するときは自分を2回攻撃する。
    • 上記以外の単体を指定する技がさいはいされた場合(ねらいうち含む)
      • Aが場にいる場合、敵味方関係なしにAに対して使用する。
      • 自身がAである場合、さいはいされた技は失敗する。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 さいはい
英語 Instruct
ドイツ語 Kommando
フランス語 Sommation
イタリア語 Imposizione
スペイン語 Mandato
韓国語 지휘 (Jihwi)
中国語(台湾国語、普通話) 號令/号令 (Hàolìng)
中国語(広東語) 號令 (Houhlihng)
ポーランド語 Pouczenie
ロシア語 Инструктаж (Instruktazh)

関連項目