ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ねむり

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ねむりとは、状態異常の一つ。

ねむりの効果

  • いびきねごと以外のわざを使えない。数ターン経つと回復する。
  • ねむり状態でも「たたかう」コマンドで技選択はできる。ねむり状態でも繰り出せるわざを使ったり、わざを使う前に何らかの手段で回復すればそのわざを繰り出せる。
    • ただし第一世代では「たたかう」を選んだ時点で技選択をスキップしてコマンドが決定される。起きるかどうかに関わらず、そのターンにわざを出すことはできない。

ねむりの発生

相手に発生

わざ

とくせい

  • ほうし: 11% (直接攻撃を受けたとき)

その他

  • 第二世代、第四世代でずつきを使ってポケモンを出現させた場合、ポケモンが眠った状態で落ちてくることがある。どのポケモンが眠った状態で落ちてくるかは時間帯とポケモンの種類によって決まる。

自分に発生

わざ

その他

  • ひるねをはじめた(自分とおやが違うポケモン)

ねむりの回復

わざ

自分を回復

味方を回復

相手を回復

とくせい

自分を回復

味方を回復

どうぐ

ターン経過

ねむり状態になった時に眠るターン数が決定される。

バージョンと眠るターン数の関係
バージョン 眠るターン数
第一世代 2~8
第二世代
第三世代
日本語版以外のダイヤモンド・パール
プラチナ
ハートゴールド・ソウルシルバー
2~7
日本語版のダイヤモンド・パール 3~7
第五世代以降
ポケモンスタジアム
ポケモンスタジアム2
ポケモンスタジアム金銀
2~4
ねむるによって眠り状態になった場合
(ねむけ状態のポケモンがねむるを使った場合を除く)
3

眠るターン数は技を使う直前に1ずつ(とくせいはやおきのポケモンの場合は2ずつ)減っていき、0以下だと技を使う直前にねむり状態から回復する。つまり、実際に行動できないターン数は眠るターン数よりも1ターン少ない。(第一世代のみ起きたターンには行動できない)

反動で動けなくなるわざの反動がねむり状態のときに現れた場合、眠るターン数は減少しない。

第五世代ではねむっているポケモンを交換すると経過ターン数がリセットされる。

その他

ねむりの予防

対戦

ねむり技は当たると非常に強力であるため対戦で少なからずの需要があるが、使い方次第で有効性の大きさが変わっていく。

まず初心者が抱きやすい勘違いとして「ねむり技はタイプ相性の有利不利をひっくり返す逆転技」というものがある。実際はねむり状態にしてもタイプ相性で不利であり一致メインウエポンを半減以下にされやすいことが多いので攻め切れないことが多く、ねむりが解除されると忽ちに倒されるということも少なくない。そもそも命中率が不安な技がねむり技には多く、不利対面で使うと外した時のリスクが大きすぎる。

そこで重要なのは「ねむり技は攻守ともにタイプ相性が有利な対面で使う」という鉄則を知っておくことである。これならば外した時のリスクが薄くなり、命中した後に攻めやすくなる。勿論、相手は不利な対面で居座ることは普通しづらいので多くのケースで有利なポケモンに交代するが、この時相手の自分に有利なポケモンをねむり状態にすることができれば自分の安全性を確保することができる。この場合、上述のように自分にとっての不利対面で居座るのは危険なので、有利なポケモンに交代する必要がある。

備考

  • ねむり状態のポケモンは通常よりも捕獲しやすくなる。
  • 初期の公式ルールでは2匹以上ねむりにしてはいけないというルールが定められていた。
    • その公式ルールでは、ゆびをふるなどを使ってランダムでねむり技を出した場合も同じであった。
    • 2007年以降の公式ルールでは、2匹以上ねむりにしても構わなくなった。勘違いしている人が多いルールでもある。
    • ポケモンスタジアムでは、相手のポケモンが既に1匹眠っていた場合、催眠技は必ず失敗する。ただしねむるを使って能動的に眠る場合、何匹でも眠ることが出来る。
  • ポケモンスタジアムではこおり状態もパーティごとに1匹しか発生しないが、ねむりとこおりが別のポケモンそれぞれに発生することはある。
  • 特性がこんじょうのポケモンはねむり状態の間、攻撃が1.5倍になる。
  • 特性がふしぎなうろこのポケモンはねむり状態の間、防御が1.5倍になる。
  • 特性がはやあしのポケモンはねむり状態の間、素早さが1.5倍になる。
  • ねむり状態になっても特性シンクロは発動しない。
  • ねごといびきは自分がねむり状態のときしか使えない。
  • ゆめくいあくむはねむり状態の相手にのみ有効。
  • 特性がナイトメアのポケモンが出ている場合、ねむり状態のポケモンはターン終了時にHPが最大HPの1/8だけ減少する。
  • なかよし度うるおいボディだっぴいやしのこころでねむり状態が回復する場合、あくむ・ナイトメアのダメージが発動する前に回復する。
  • おうふくビンタなどの連続攻撃技を使ったポケモンがほうし等の効果でわざの途中でねむり状態になった場合、わざは中断される(ねごとで出された場合、カゴのみラムのみで回復できた場合を除く)。
  • ポケモンカードゲームでは、特殊状態として登場している。
  • 特性がかたやぶりターボブレイズテラボルテージのポケモンの技によって、特性がふみんやるきのポケモンがこの状態になった場合、直後に回復する。
  • 既にこの状態のポケモンがなやみのタネなど何らかの理由で特性がふみん、やるきに変化した場合も直後に回復する。
  • ふみん・やるきでねむりを治せるポケモンが同時にカゴのみラムのみを持っていた場合、第四世代まで特性が先に発動してきのみは消費しない。第五世代からはきのみが先に発動して消費される。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 画面表示(第5世代以前) 画面表示(第6世代以降)
日本語 ねむり ねむり ねむり
英語 ASLEEP SLP ASLEEP
ドイツ語 SCHLAF SLF Schläft
フランス語 SOMMEIL SOM
スペイン語 DORMIDO DOR DORMIDO
イタリア語 SONNO DRM ADDORMENTATO
韓国語
中国語(普通話・台湾国語) 睡眠
中国語(広東語)
ポーランド語