ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

カメックス

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
カメックス
Kamex
英語名 Blastoise
全国図鑑 #009
ジョウト図鑑 #234
ホウエン図鑑 #211
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #239
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #088
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 こうらポケモン
タイプ みず
たかさ 1.6m
おもさ 85.5kg
とくせい げきりゅう
隠れ特性 あめうけざら
図鑑の色
メガカメックス
たかさ 1.6m
おもさ 101.1kg
とくせい メガランチャー
タマゴグループ かいじゅう
すいちゅう1
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第二世代: 5120歩
  • 第三世代: 5376歩
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 特防+3
基礎経験値
  • 第四世代以前: 210
  • 第五・第六世代: 239
  • 第七世代: 239
最終経験値 1059860
性別 87.5% ♂ ・ 12.5% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

カメックスとはぜんこくずかんのNo.009のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑メガカメックスについてもここで述べる。

特徴

カメールの進化形であり、ゼニガメの最終進化形である。後ろ肩部の甲羅から生える2本のロケット砲が最大の特徴。このロケット砲は普段は甲羅の中に格納されているが、ハイドロポンプなどの水流を放つ技を使う際に展開される。カメールのときに生えていた耳と尻尾の毛はなくなったほか、顔つきや体格が大幅に変化し、あごは太く口元も前方に伸び、腕と足は非常に太くなり、胴体も横に大きくなった。外見上の雌雄差は見られない。色違いの個体は、体色が紫で、甲羅が緑。

身長自体はカメールよりも0.6m大きいが、体重はカメールの約4倍の85.5kgと重くなっている。これはロケット砲の発射の反動に耐えるように成長したためである。ロケット砲から発射される水流の威力は凄まじく、分厚く造られた鉄板を貫通するほどであり、狙いも正確。また、ロケット砲以外にも甲羅の各所に噴射口があり、そこから水流を出して突っ込むこともある。

メガシンカした姿のメガカメックスは、甲羅に付いていた2本のロケット砲が無くなった代わりに、さらに巨大な1つのロケット砲が甲羅の背面から頭上にかけて備わる。その威力はさらに増し、狙いもより正確になった。また、腕にも防御のための甲羅と、攻撃のためのロケット砲が備わる。

進化

ポケモンずかんの説明文

赤・緑ファイアレッドX
からだが おもたく のしかかって あいてを きぜつさせる。ピンチの ときは カラに かくれる。
(漢字) 体が 重たく のしかかって 相手を 気絶させる。ピンチのときは 殻に 隠れる。
リーフグリーンY
こうらに ふんしゃこうが あって ロケットのような いきおいで つっこんでくる すごい やつだ。
(漢字) 甲羅に 噴射口が あって ロケットのような 勢いで 突っ込んでくる すごい やつだ。
ピカチュウポケモンピンボールLet's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ
あいてに ねらいを さだめると しょうぼうしゃの ホースより つよい いきおいで みずを だす。
(漢字) 相手に 狙いを 定めると 消防車の ホースより 強い 勢いで 水を 出す。
メガカメックス
こうらの たいほうは せんしゃなみの いりょく。 はっしゃの しょうげきを きょうじんな あしこしで ふんばる。
(漢字) 甲羅の 大砲は 戦車並みの 威力。 発射の 衝撃を 強靭な 足腰で 踏ん張る。
ハートゴールド
ふんしゃした みずの いきおいに まけないように わざと たいじゅうを おもくしているのだ。
ソウルシルバー
こうらの ロケットほう から ふきだした ジェットすいりゅうは ぶあつい てっぱんも つらぬく。
クリスタル
せなかの ふんしゃこう から いきおいよく みずを だすとき ちからづよく だいちを ふみしめる。
ルビー・サファイアエメラルドオメガルビー・アルファサファイア
こうらの ふんしゃこうの ねらいは せいかく。みずの だんがんを 50メートル はなれた あきかんに めいちゅうさせる ことが できるぞ。
(漢字) 甲羅の 噴射口の ねらいは 正確。水の 弾丸を 50メートル 離れた 空き缶に 命中させる ことが できるぞ。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
こうらの ロケットほうから ふきだす すいりゅうは ぶあつい てっぱんも いっぱつで つらぬく はかいりょく。

種族値

第1世代

種族値
HP 79
 
こうげき 83
 
ぼうぎょ 100
 
とくしゅ 85
 
すばやさ 78
 
合計 425
 

第2世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 79
 
139 - 186 268 - 362
こうげき 83
 
79 - 148 153 - 291
ぼうぎょ 100
 
94 - 167 184 - 328
とくこう 85
 
81 - 150 157 - 295
とくぼう 105
 
99 - 172 193 - 339
すばやさ 78
 
74 - 143 144 - 280
合計 530
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算
  • メガカメックス
種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 79
 
139 - 186 268 - 362
こうげき 103
 
97 - 170 189 - 335
ぼうぎょ 120
 
112 - 189 220 - 372
とくこう 135
 
126 - 205 247 - 405
とくぼう 115
 
108 - 183 211 - 361
すばやさ 78
 
74 - 143 144 - 280
合計 630
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

カメックス/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 しっぽをふる ノーマル 変化 100% 30
1 みずでっぽう みず 特殊 40 100% 25
1 からにこもる みず 変化 —% 40
4 しっぽをふる ノーマル 変化 100% 30
7 みずでっぽう みず 特殊 40 100% 25
10 からにこもる みず 変化 —% 40
13 あわ みず 特殊 40 100% 30
17 かみつく あく 物理 60 100% 25
21 こうそくスピン ノーマル 物理 20 100% 40
25 まもる ノーマル 変化 —% 10
29 みずのはどう みず 特殊 60 100% 20
33 アクアテール みず 物理 90 90% 10
40 ロケットずつき ノーマル 物理 130 100% 10
47 てっぺき はがね 変化 —% 15
54 あまごい みず 変化 —% 5
60 ハイドロポンプ みず 特殊 110 80% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン07 あられ こおり 変化 —% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン13 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざマシン14 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン23 うちおとす いわ 物理 50 100% 15
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン55 ねっとう みず 特殊 80 100% 15
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン74 ジャイロボール はがね 物理 100% 5
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン82 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン91 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざマシン94 なみのり みず 特殊 90 100% 15
わざマシン97 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざマシン98 たきのぼり みず 物理 80 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[055][086][087][140][141][283]
[395][400][418][419][564][565]
[594][692][693][728][729][730]
アクアジェット みず 物理 40 100% 20
[086][087][183][184][222][226]
[350][368][535][536][537][580]
[581][594][751][752]
アクアリング みず 変化 —% 20
[693] はどうだん かくとう 特殊 80 —% 20
[086][087][116][117][230][131]
[138][139][222][279][363][364]
[365][367][393][394][395][564]
[565][594]
しおみず みず 特殊 65 100% 10
[116][117][230][181][610][611]
[612][690][691][693][757][776]
[780]
りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10
[271] ねこだまし ノーマル 物理 40 100% 10
[158][159][160][222][349][369]
[535][536][537][618][692][693]
[776]
じたばた ノーマル 物理 100% 15
[258][259][260] みやぶる ノーマル 変化 —% 40
[194][195][283][658] くろいきり こおり 変化 —% 30
[222][751][752] ミラーコート エスパー 特殊 100% 20
[131][194][195][270][278][279]
[283][393][394][395][459][460]
[698][699]
しろいきり こおり 変化 —% 30
[194][195][258][369][422][423]
[618][771]
どろあそび じめん 変化 —% 15
[194][195][259][260][422][423]
[535][536][537][618][692][693]
だくりゅう みず 特殊 90 85% 10
[108][463][222][350] リフレッシュ ノーマル 変化 —% 20
[223] しおふき* みず 特殊 100% 5
[079][080][199][143][194][195]
[230][369][399][400]
あくび ノーマル 変化 —% 10
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
アクアテール みず 物理 90 90% 10 -
りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10 -
きあいパンチ かくとう 物理 150 100% 20 -
ハイドロカノン みず 特殊 150 90% 5
れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
てっぺき はがね 変化 —% 15 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
アクアブレイク みず 物理 85 100% 10 -
げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
みずのちかい みず 特殊 80 100% 10
みずのはどう みず 特殊 60 100% 20 -
しねんのずつき エスパー 物理 80 90% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

Let's Go!

Lv GPGE
1 ラスターカノン
ねこだまし
アクアジェット
たいあたり
しっぽをふる
あわ
からにこもる
5 しっぽをふる
9 あわ
14 からにこもる
20 みずでっぽう
27 かみつく
33 バブルこうせん
44 まもる
54 ずつき
65 ハイドロポンプ
75 ロケットずつき
GPGE
わざマシン01 ずつき
わざマシン05 ねむる
わざマシン07 まもる
わざマシン08 みがわり
わざマシン09 リフレクター
わざマシン10 あなをほる
わざマシン12 からげんき
わざマシン13 かわらわり
わざマシン15 ちきゅうなげ
わざマシン17 ドラゴンテール
わざマシン19 アイアンテール
わざマシン20 あくのはどう
わざマシン22 いわなだれ
わざマシン25 たきのぼり
わざマシン27 どくどく
わざマシン29 ねっとう
わざマシン34 りゅうのはどう
わざマシン35 れいとうパンチ
わざマシン39 げきりん
わざマシン41 じしん
わざマシン47 なみのり
わざマシン48 はかいこうせん
わざマシン51 ふぶき
わざマシン54 ラスターカノン
わざマシン55 れいとうビーム

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
赤・緑・青・ピカ × 出現しない Lv.36 カメールをレベルアップさせる。
金・銀・ク × 出現しない - -
R・S・E × 出現しない - -
FR・LG Lv.36 カメールをレベルアップさせる。
D・P・Pt × 出現しない - -
HG・SS Lv.36 カメールをレベルアップさせる。
B・W × 出現しない - -
B2・W2
X・Y × 出現しない Lv.36 カメールをレベルアップさせる。
OR・AS - -
S・M × 出現しない - -
US・UM Lv.36 カメールをレベルアップさせる。

備考

アニメにおけるカメックス

ポケットモンスター THE ORIGIN

レポート4『リザードン』でグリーンのポケモンとして登場。チャンピオンとしての戦いでレッドペルシアンサンダースを破ったが、リザードンに敗れた。

ポケットモンスタージェネレーションズ

PG第3話で挑戦者(グリーン)のポケモンとして登場。ワタルカイリューに勝利した。

マンガにおけるカメックス

サトシとピカチュウ

シゲルのポケモンとして登場。

ポケットモンスター (穴久保版)

ブルーのポケモンとして登場するほか、様々なトレーナーのポケモンとして登場。

ポケットモンスター PiPiPi★アドベンチャー

第19話でゼニの姉として2匹登場。名前はカメコとカメミ。

ポケットモンスターSPECIAL

ブルーのポケモン。→カメちゃんを参照。

ポケットモンスター全書

シゲルのポケモンとして登場。

ポケモンレンジャー バトナージ the Comic

第1話でビエンのもりの火事を消すためハジメがキャプチャした。

ポケモンカードにおけるカメックス

カメックスの歴史

第一世代

シナリオで大活躍。対戦とフィールドの両方で役立つなみのり弱点をカバーするふぶきじしんのおかげで、対応力は御三家の中でも随一であった。相性の良いジムリーダーが多かったのも追い風。シナリオではヨクアタールとじわれのコンボも使えたため、理不尽な強さを発揮。こうしたことから、当時の攻略本などには御三家最強などとよく書かれていた。序盤の進行速度やジムリーダー・四天王戦での安定感から、人力で行うタイムアタックでも需要をニドキングと二分する。一方で、対戦ではスターミーという鉄板がおり、速度と火力で劣るカメックスの立場は厳しかった。みず単タイプとして見ても、技や種族値が耐久戦法とより噛み合っているシャワーズというライバルの存在が重かった。

それでも、1996年頃の公式戦という体で行われた対戦など、黎明期の環境では、御三家であり旅パとして育てたのでレベルが上がっているという程度の理由で採用されていた。当時はルールすら未整備、インターネットも普及前で、対戦ノウハウもまるで成立しておらず、このような採用法も珍しくなかったためである。

99カップでは、物理耐久の高さ、ふぶき、じしんを覚えることからみず単タイプとしてそこそこの需要を得た。

第二世代

特防が20上昇したことと遺伝技でミラーコートを覚えられるようになったことで強化されたが、みずタイプで耐久寄りのポケモンならスイクンキングドラなどがいた為、じしんなどでの差別化が必要になるぐらいと相変わらず対戦では地味な立ち位置であった。この世代でのみのろいを覚えるようになり、そこそこのこうげきに加え高めの物理耐久、すばやさは低めのカメックスとは相性が良かった。でんきタイプに対しては急所率の弱体化ととくぼうの上昇により、じしんを覚えることも相俟って第一世代よりは返り討ちにしやすい。

第三世代

タイプ一致でじしんを放てる上にカメックスと同じくミラーコートも覚えるラグラージが登場、ラグラージに食われた感があった。一方、FRLGのシナリオにおけるカメックスは、第一世代の時と同じで相変わらず最も扱いやすいポケモンの立場を守っていた。

第四世代

インフレする水タイプに置いて行かれたようにも見えるが、アクアリングアクアジェットなど地味ながら強化されてきており、カウンターとミラーコートの両立も健在。プラチナてっぺきレベルアップとして習得したため、ややカジュアル対戦寄りだがげきりゅうの発動ラインを維持するというコンセプトの耐久型も組めるようになった。

第五世代

ほのおポケモンに対する解答としてはスターミーフローゼルなどの速攻型にその役目を譲り、パルシェンアバゴーラと違ってからをやぶるを覚えないので、隠れ特性あめうけざらを活かした持久戦でも終盤の爆発力ではもう一つ。この世代でも器用さと安定性を活かした戦い方が主軸となり、豊富な耐性を持つアタッカー、猛威を振ったドラゴンタイプへのストッパーなど、役割は第四世代と変わらなかった。

単体では地味であったが、カメックスによるドラゴンタイプへの役割破壊、ガブリアスによるステルスロックがんせきふうじ撒きとげきりんじしんによる攻めを行い、この2匹にとって不利な相手をナットレイで処理するという「カメガブナット」が使われていた。しかし当時はこの構築は公にはされていなかった。

第六世代

メガシンカを獲得。トリプルバトルでは、隣のポケモンでおいかぜ、いかりのこなorこのゆびとまれを発動することでしおふきの火力を最大限活かす「おいかぜカメックス」が流行。一時期はトリプルバトルの環境で、使用率トップ10にランクインするほどであった。はどうだん、あくのはどう、りゅうのはどうを習得。特にはどうだんはメガシンカ獲得以降のカメックスの十八番となり、実際のところこの世代以降はソフトを問わずほとんどのシーズンではどうだんがレート戦における搭載率1位を記録している。

シングルバトルの「カメガブナット」も強化され、構築の公開によってカメックス入りの構築としては一般化。

WCS2014(カロスダブル)シニアカテゴリベスト4入賞を果たしたパーティの1体となっている。

第七世代

トリプルバトルの廃止によって相対的に弱体化。素早さの種族値が110を超えるポケモンがこだわりスカーフを持ち、フィールドメイカー特性で超火力を発揮する環境の中、耐久力に任せて受けながら波動技で刻むというメガカメックスの勝ち筋が通用しなくなりつつある状況となった。特に、カプ・コケコ10まんボルトはカメックスにとって悩ましい役割破壊であり、先手を取られたらまず勝ち目はない。そのような中、素早さの種族値79というのはこの世代になると相手は選ぶがトリパ向けとも言える水準となってしまったため、トリパでの運用が主体となった。

単体では弱体化を見たが、ミミッキュという自ら攻めてよし、トリックルームやのろいで起点を作ってよしという新たなトリパの核を手に入れた。これに加えて第五世代の頃から変わらずみずタイプとの相性補完として利用されているナットレイを入れた「カメナットミミッキュ」が成立。少なくともSMリーグシーズン5までのシングルバトルでは同時エントリーランキング3位以内にミミッキュとナットレイが挙がっていた。サイクル全盛環境において刺さりが良い場面が少なくない「カメガブナット」もカメックス入りの構築としては未だ主流の座を守り抜いている。

アクアブレイク教え技で習得した。

一般的な育成論

防御特防が高いので、耐久型が種族値に合っている。


攻撃特攻の高さがほぼ同じなので、物理アタッカー・特殊アタッカーのどちらにも出来る。 物理技ならたきのぼり/アクアテール/アクアブレイクれいとうパンチじしんアイアンテールしねんのずつきいわなだれかわらわりが候補に挙がる。

特殊技は、ハイドロポンプ/なみのり/ねっとうれいとうビーム/ふぶききあいだま/はどうだんラスターカノンりゅうのはどうあくのはどうシグナルビームが候補に挙がる。

ハートゴールド・ソウルシルバーからは遺伝技でしおふきを覚えさせることができる。どちらの型でも遺伝技で覚える先制技のアクアジェットを入れておくのも良い。

第5世代で隠れ特性あめうけざらを獲得。元々高い耐久力を生かして雨パでの運用が可能だが、現状カメックスの主力となることが多い技の多くがタマゴわざであり、同じ使われ方をするポケモンであるルンパッパとの差別化が難しい。ルンパッパが覚えないてっぺきや、積み型のポケモンを流すほえるなどは必須。第六世代では♀の個体も登場したためタマゴ技と併用できるようになった。

メガカメックス

メガカメックスになると特攻が大幅に伸び、一気に特殊アタッカーとしての活躍に目覚める。その他の能力も素早さ以外向上しており、HPに努力値を振っておくだけでかなり安定して居座れる。


特性はメガランチャーになり、みずのはどうりゅうのはどうはどうだんあくのはどうの威力が最大限発揮される。ただし、カメックス自体がハイドロポンプを取得出来、メインではそちらの方が威力が高い。 威力を選ぶか、命中・混乱の追加効果を選ぶかはプレイヤー次第。

なお、りゅうのはどうはどうだんブロスターからの遺伝が必要となる。

しかし、メガランチャーの技に頼りすぎると、フェアリータイプ(特にマリルリエルフーンアシレーヌ)に苦戦しやすいので、ラスターカノンれいとうビームも視野に入れると良い。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 カメックス カメ、X、max(英語:最大)、rex(ラテン語:国王)
英語 Blastoise blast(爆破)、tortoise(カメ、リクガメ
ドイツ語 Turtok Turtle(英語:カメ)、Schillokカメールドイツ語名)
フランス語 Tortank tortue(カメ)、tank(タンク)
韓国語 거북왕 (Geobukwang) 거북이(カメ)、(王)
中国語(台湾国語・普通話) zh|水箭龟 (Shuǐjiànguī) 水、(矢、火箭はロケット)、/(カメ)
中国語(広東語) zh-yue|水箭龜 (Séuijingwāi) 水、(矢、火箭はロケット)、(カメ)
ブルガリア語 Бластойс (Blastoys) 英語の音写
ヒンディー語 ब्लास्टोइस (Blastoise) 英語の音写
リトアニア語 Blastoizas 英語名より
ロシア語 Бластойз (Blastoyz) 英語の音写

関連項目

御三家
くさ ほのお みず
第一世代 フシギダネ - フシギソウ - フシギバナ ヒトカゲ - リザード - リザードン ゼニガメ - カメール - カメックス
第二世代 チコリータ - ベイリーフ - メガニウム ヒノアラシ - マグマラシ - バクフーン ワニノコ - アリゲイツ - オーダイル
第三世代 キモリ - ジュプトル - ジュカイン アチャモ - ワカシャモ - バシャーモ ミズゴロウ - ヌマクロー - ラグラージ
第四世代 ナエトル - ハヤシガメ - ドダイトス ヒコザル - モウカザル - ゴウカザル ポッチャマ - ポッタイシ - エンペルト
第五世代 ツタージャ - ジャノビー - ジャローダ ポカブ - チャオブー - エンブオー ミジュマル - フタチマル - ダイケンキ
第六世代 ハリマロン - ハリボーグ - ブリガロン フォッコ - テールナー - マフォクシー ケロマツ - ゲコガシラ - ゲッコウガ
第七世代 モクロー - フクスロー - ジュナイパー ニャビー - ニャヒート - ガオガエン アシマリ - オシャマリ - アシレーヌ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。