ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

一撃必殺技

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

一撃必殺技(いちげきひっさつわざ)とは、当たると双方の能力に依らずひんしにさせるわざの総称。

概要

命中率は低いが、当たればどんなにステータスに差があったとしてもひんしにさせることができるわざが該当する。単に威力の高いわざで相手を一撃で倒したとしても、そのわざは一撃必殺技とはよばれない。命中すると「いちげき ひっさつ!」(漢字:一撃必殺!)という特殊なメッセージが表示される。

内部上では、他のRPGで見かけるような「ひんしという状態異常を対象に付与」しているわけではなく、「現在の対象のHPと同じ分だけのダメージを与える」というダメージ固定技の一種として扱われている。そのため、他のダメージ固定技と同じく以下のような特徴がある。

  • 当たってもこらえるきあいのハチマキきあいのタスキなかよし度の効果で耐えることができる。
  • 耐えた場合、そのダメージを元にしてカウンターミラーコートで返すことができる。
  • タイプ相性によるメッセージは表示されないが、命中したときの効果音は普通のわざと同じようにどの場合でもタイプ相性が反映される。相性上で無効となるタイプの一撃必殺技は無効化することができ、「こうかが ないようだ」と表示される。通常、半減や1/4となるタイプではダメージは変わらず、一撃で倒される。
  • 半減系きのみによりダメージを半減することはできず、消費もされない。
  • ふしぎなまもりの特性を持つポケモンに対しても、わざのタイプが効果抜群になるものであればダメージを与えられる。
  • 急所に当たらない。
  • 一撃必殺技によるダメージでも、かいがらのすずでHPを回復できる。いのちのたまで反動ダメージを受ける。
  • 特性がんじょうを持っている場合や、特性ふしぎなまもりで抜群にならないタイプでも、特性かたやぶりのポケモンが使う一撃必殺技は特性の効果で防ぐことができない。

他のダメージ固定技とは以下の点が異なる。

一撃必殺技一覧

PPはいずれも5。

初出世代 わざ名 タイプ 分類
1 ハサミギロチン ノーマル 物理
1 つのドリル ノーマル 物理
1 じわれ じめん 物理
3 ぜったいれいど こおり 特殊

命中率

第一世代

  • 相手側が攻撃側よりすばやさが高い場合は無効。
  • 命中率は76/256(約30%)。

第二世代

命中率 = 76/256 + (攻撃側のレベル - 相手側のレベル)/128
  • 相手側が攻撃側よりレベルが高い場合は無効。

第三世代以降

命中率 = 30 + (攻撃側のレベル - 相手側のレベル)
  • ランク補正、命中率を上下させる効果の影響を受けない。
  • 相手側が攻撃側よりレベルが高い場合は無効。
  • 第七世代以降は、こおりタイプ以外が使うぜったいれいどの命中率は下がる。
    • 具体的な式は、命中率 = 20 + (攻撃側のレベル - 相手側のレベル)となる。

対戦

いくら命中率が低いと言えども30%の確率で当たるわけであって、一撃必殺技は単体で使っても十分に強力なわざとなりうる。そうした場合、ターン数を稼ぎ、数を多く撃つことのできる、打たれ強い(そして普通に攻撃しても火力が低いことが多い)耐久型のポケモンが適していると言えるだろう。それ以外でも、メインのわざやサブウェポンの範囲ではどうしようもない相手への奥の手としてアタッカーが覚えていることもある。

必中にする効果が有効であるため、こころのめぜったいれいどとのコンボが広く知られている。 ただこのコンボを実現できるのはドーブルの他、フリーザーニョロボンの3体だけであり、フリーザーなどを出せば相手がこのコンボを警戒してくることはほぼ間違いなく、工夫が必要となる。

第三世代以降、一撃必殺技の命中率はかげぶんしんなどによるランク補正に影響されないことから、何回も積まれた場合には、通常のわざも一撃必殺技も命中率が大して変わらないことになる。そういうわざを使う相手には防御能力が高く、回復技を持つなど中々倒せないものが多いので、こういう場合には一撃必殺技を使った方が手っ取り早かったりもする。

また、特性ノーガードを持つカイリキーなどに対してはこちらが使う一撃必殺技も必中になるので、仮想敵にそれらのポケモンが含まれる場合、単なる奥の手以上の意味を持つ。

相性を無視する一撃必殺技と言えど「無効」になる場合のみタイプ相性に左右される。ゴーストタイプに対するつのドリルハサミギロチンひこうタイプおよび特性ふゆうに対するじわれは効果が無いため、一撃必殺技に頼るポケモンがこれらのタイプのポケモンに当たった場合は逃げるしかない。第六世代まではぜったいれいどのみ無効になるタイプや特性が存在せず、どのポケモン相手にでも当てることができるぶん優れているとされていたが、第七世代にてこおりタイプには無効になり、こおりタイプ以外が使うと命中率が下がるようになった。

ちなみに、PPが5のままの場合、PPが0になるまでわざを使って1回でも当たる確率は約83.2%。PPを8まで増やしておけば約94.2%となる。

脚注

  1. 「ポケモンスタジアム必勝攻略法」(双葉社、1998年)のように第一世代の一撃必殺技と素早さの関係に触れない攻略本もあり、インターネットも普及前であったこともあって、第一世代展開期には一撃必殺技の仕様はあまり浸透していなかった。

関連項目