第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ジャラランガ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ジャラランガ
Jararanga
英語名 Kommo-o
全国図鑑 #784
ジョウト図鑑 #
ホウエン図鑑 #
シンオウ図鑑 #
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #
新イッシュ図鑑 #
セントラルカロス図鑑 #
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #273
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #088
分類 うろこポケモン
タイプ ドラゴン
かくとう
たかさ 1.6m
おもさ 78.2kg
とくせい ぼうだん
ぼうおん
隠れ特性 ぼうじん
図鑑の色
タマゴグループ ドラゴン
タマゴの歩数 40サイクル

10280歩

獲得努力値
基礎経験値 270
最終経験値 1250000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ジャラランガとはぜんこくずかんのNo.784のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター サン・ムーン

特徴

鱗でできた鎧に覆われた2足歩行の爬虫類型ポケモン。体の色のほとんどは灰色で、鱗に黄色や赤の模様がある。鼻は突き出て、体の色より薄い灰色となっている。目は小さく、頭の鱗に隠れるようについている。顎は小さく、両顎にそれぞれ一対の牙状の突起を持つ。頭は飾りのようになった鱗になっており、前面は楕円形で、頭の付け根のところに赤いハート型の模様が入る。その両横に鎖状になった鱗が4つ付き、根本から3つは淵が黄色で中が赤、最後の一つは全て黄色という配色になっている。また、後ろにも3本鱗の鎖が伸びており、これらの鱗は全て黄色である。首筋にも5枚の鱗があり、上から1つが灰色、3つが淵が黄色に中が灰色、最後の一つが全て黄色である。胸は黄色で真ん中に突起がある。肩は尖った白い羽毛で覆われており、その上から灰色の鱗で覆っている。腕も4枚の鱗で覆われており、肩から3枚が淵が黄色で中が灰色、手の甲の部分の1枚が淵が黄色で中が赤色である。

肩から後ろに向かって4本の鱗の鎖が伸びており、これらは全て4枚の鱗から成る。2本は体の他の部分を覆っている鱗と同じ鱗でできており、根本の1枚が灰色一色で、残りの3枚が黄色い淵に中が灰色のものである。残りの2本は、体を覆っているのとは別の小さな楕円形の鱗で、色は灰色である。後ろ足は黒に近い濃い灰色で、膝の部分は体色よりも薄い灰色になっている。前足には4本の爪があるが、後ろ足には3本しかない。背中から尾に向けて薄い灰色の鱗が線上に並んでいる。尻尾の先端には3組の鱗がついており、先端に向かうにつれて大きくなる。それぞれの組は4枚の鱗が尻尾の周りに等間隔でついており、下2組の色は黄色で、先端の1組は中が灰色になっている。尻尾の最先端部は薄い灰色をしている。

ジャランゴが厳しい修行を経て進化した姿であり、ジャラコたちを遠くから見守っている。強い実力を持ち、尻尾の鱗を鳴らすことで周囲のポケモンに存在を示し、弱いポケモンの相手はしない。その光り輝く鱗は、伝説では闇を払うものとされており、またジャラランガが戦いを求めるのは闇に打ち勝つための強さを得るためだともいわれている。この鱗はかつては武器や日用品に加工され使用されていた。得意技はアッパーカットで、放つ際の衝撃で周囲の地形を変えてしまうほど。

進化

ポケモンずかんの説明文

サン
てきを みると しっぽの ウロコを ジャラジャラ ならして いかく。 よわいものは あわてて にげだす。
(漢字)敵を 見ると 尻尾の ウロコを ジャラジャラ 鳴らして いかく。 弱い者は あわてて 逃げ出す。
ムーン
かたい うろこは こうぼういったい。 かつては ぶきや にちようひんに かこう されて つかわれた。
(漢字)硬い 鱗は 攻防一体。 かつては 武器や 日用品に 加工 されて 使われた。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 75
 
135 - 182 260 - 354
こうげき: 110
 
103 - 178 202 - 350
ぼうぎょ: 125
 
117 - 194 229 - 383
とくこう: 100
 
94 - 167 184 - 328
とくぼう: 105
 
99 - 172 193 - 339
すばやさ: 85
 
81 - 150 157 - 295
合計 600
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 200%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 50%
フェアリー: 400%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 200%
くさ: 200%
でんき: 200%
エスパー: 50%
こおり: 50%
ドラゴン: 50%
あく: 200%
フェアリー: 25%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

第七世代
Lv わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 スケイルノイズ ドラゴン 特殊 110 100% 5
1 スカイアッパー かくとう 物理 85 90% 15
1 はらだいこ ノーマル 変化 —% 10
1 ボディパージ はがね 変化 —% 15
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
1 がまん ノーマル 物理 —% 10
1 まもる ノーマル 変化 —% 10
進化 スケイルノイズ ドラゴン 特殊 110 100% 5
5 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
9 がまん ノーマル 物理 —% 10
13 まもる ノーマル 変化 —% 10
17 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
21 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
25 ずつき ノーマル 物理 70 100% 15
29 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
33 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
38 てっぺき はがね 変化 —% 15
43 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
51 おたけび ノーマル 変化 100% 30
59 りゅうのまい ドラゴン 変化 —% 20
67 げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン02 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン08 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン35 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざマシン37 すなあらし いわ 変化 —% 10
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン40 つばめがえし ひこう 物理 60 —% 20
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100% 15
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン54 みねうち ノーマル 物理 40 100% 40
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン59 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン69 ロックカット いわ 変化 —% 20
わざマシン75 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン81 シザークロス むし 物理 80 100% 15
わざマシン82 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
わざマシン84 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン91 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[004][559][610][704] カウンター* かくとう 物理 100% 20
[334][371][372][373][633][634]
[635][704][705][706][780]
りゅうのいぶき ドラゴン 特殊 60 100% 20
[610] きしかいせい* かくとう 物理 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
りゅうせいぐん ドラゴン 特殊 130 90% 5
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 出現場所 レベル 入手方法
S・M Lv.41~44 ポニのだいきょうこく
(ジャラコ助けを呼んだ場合)
Lv.XX ジャランゴをLv.45にレベルアップさせる。

持っているアイテム

備考

アニメにおけるジャラランガ

ポケモンカードにおけるジャラランガ

マンガにおけるジャラランガ

一般的な育成論

第七世代唯一の非伝説系600族ドラゴンかくとうを組み合わせた初のポケモン。

HPがやや低めな以外は、軒並み高水準な種族値となっており、とくに防御に秀でている。攻撃面では双方の値が100を超えており、物理型や特殊型、もしくは両刀型として育成しやすい。

互いのタイプが相性補完をせず、弱点の数は5つとやや多い。なかでも、4倍弱点フェアリータイプには、何かしらの対策を講じる必要がある。一方、耐性の数も7つと豊富で、その大半がメジャーなタイプという、得手不得手が極端に分かれたポケモンといえる。

特性はいずれも優秀なものばかりで、ぼうだんは採用率の高い砲弾、爆弾系の技を無効化し、ぼうおんは実戦向きの音技を防げ、特に後述のバークアウト対策に利用できる。また、苦手としているフェアリースキンスカイスキンハイパーボイスや、積み技を帳消しにしてしまうほえるなどを無効化できる点は優秀で、みがわりとも相性がよい。隠れ特性ぼうじんは天候ダメージや粉系の技によるねむりなど状態異常の対策となる。

技の習得範囲も非常に豊富。物理技はげきりん/ドラゴンクロースカイアッパーじしんどくづきなど、特殊技はりゅうせいぐん/スケイルノイズきあいだまかえんほうしゃなど。

専用技のスケイルノイズについては強力な威力や効果範囲を誇るが、防御が1段階下がるリスクがある。素早さのことも考えると使用時には注意が必要。ただ、特攻は下がらないため連発できるのと、ダブルバトルの場合、ぼうおんで味方のバークアウトを防げる(ゆえにその技で特攻が下がらない)というアドバンテージから、スケイルノイズを覚えた特殊型が採用される事が多い。ぼうぎょのダウンはドラゴンZで1度だけかき消すことができる。

ビルドアップつるぎのまいロックカットふるいたてるてっぺきはらだいこりゅうのまいボディパージと、技マシンも含めて8種類もの積み技を取得することができる。物理面が特に多く、特殊火力を増強できるのはふるいたてるのみ。攻撃面の種族値的にいずれも火力不足な感が否めないため、それらの積み技で補強する必要も出てくる。

600族の中では器用貧乏な種族値配分であるうえ、技のバリエーションにもあまり恵まれておらず、アタッカーにしてもガブリアスボーマンダなどの劣化になりがち。そのため、前作のヌメルゴン以上に扱いにくい存在となっている。それゆえ、役割対象をしっかりと定めた運用が望ましい。

カクトウZ含めきあいだまを一致で放てる点、ぼうおん+みがわり+はらだいこの強力なコンボを使える点などはジャラランガのみができることなので、それを踏まえた差別化が必要と言える。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ジャラランガ じゃらじゃら、がらんがらん、dragon(英語:竜)
英語・イタリア語・スペイン語 Kommo-o commotion(騒動)、mo'o(ハワイ語:トカゲ、竜)、Komodo dragon(コモドオオトカゲ
ドイツ語 Grandiras grand(英語:壮大な)、Drache(竜)、rasseln(ガラガラ鳴る)
フランス語 Ékaïser écaille(鱗)、kaiser(皇帝)
韓国語 짜랑고우거 (Jjaranggougeo) 짜랑(じゃらじゃら)、dragon(英語:竜)、거대(巨大な)
中国語(普通話・台湾国語) 杖尾鱗甲龍 / 杖尾鳞甲龙 (Zhàngwěilínjiǎlóng) 杖、尾、鱗甲(鱗の鎧)、龍
中国語(広東語) 杖尾鱗甲龍 (Jeuhngméihlèuhngaaplùhng) 杖、尾、鱗甲(鱗の鎧)、龍
ロシア語 Коммо-o (Kommo-o) 英語の音写

公式サイト

関連項目