ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

カイリキー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
カイリキー
Kairiky
英語名 Machamp
全国図鑑 #068
ジョウト図鑑 #142
ホウエン図鑑 #075
シンオウ図鑑 #042
新ジョウト図鑑 #144
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #059
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #077
アローラ図鑑 #097
メレメレ図鑑 #097
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #047
新アローラ図鑑 #119
新メレメレ図鑑 #119
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #059
分類 かいりきポケモン
タイプ かくとう
たかさ 1.6m
おもさ 130.0kg
とくせい こんじょう
ノーガード
隠れ特性 ふくつのこころ
図鑑の色
タマゴグループ ひとがた
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第二世代: 5120歩
  • 第三世代: 5376歩
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 こうげき+3
基礎経験値
  • 第四世代以前: 193
  • 第五・第六世代: 227
  • 第七世代: 227
最終経験値 1059860
性別 75% ♂ ・ 25% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

カイリキーとはぜんこくずかんのNo.068のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑

特徴

筋肉が発達した体と4本の腕が特徴。4本の腕で2秒間に1000発ものパンチを繰り出せる。

進化

ポケモンずかんの説明文

赤・緑ファイアレッドX
はったつした 4ほんの うでは 2びょうかんに 1000ぱつの パンチを くりだすことができる。
(漢字) 発達した 4本の 腕は 2秒間に 1000発の パンチを 繰り出すことができる。
リーフグリーン
スーパー パワフルな パンチを くらった ものは ちへいせんまで ふっとんで いってしまうという。
ピカチュウポケモンピンボールLet's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ
1ぽんでも やまを うごかせる ちからをもった うでを 4ほんすべて つかって すごいパンチを くりだす。
1本でも 山を 動かせる 力をもった 腕を 4本すべて 使って 凄いパンチを くり出す。
ハートゴールド
4ほんのうでを すばやく うごかし あらゆる かくどから やすむことなく パンチや チョップを たたきこむ。
ソウルシルバーY
4ほんのうでで あいての てあしを おさえこみ じゆうを うばうと ちへいせんの むこうまで なげとばす。
(漢字) 4本の腕で 相手の 手足を 押さえこみ 自由を 奪うと 地平線の 向こうまで 投げ飛ばす。
クリスタル
4ほんの うでは かんがえるより はやく はんしゃてきに うごき なんぱつもの パンチを くりだせる。
ルビー
なんでも なげとばす パワーを もつが こまかい さぎょうを すると うでが からまってしまう。かんがえる よりも さきに からだが うごく。
サファイア
あらゆる かくとうぎを マスターした ポケモン。4ほんの うでで つかまれたら もう おわり。ちへいせんの むこうまで なげとばされてしまう。
エメラルド
4ほんの うでから くりだされる パンチや チョップを ふせぐ ことは ふかのうだ。きょうてきに であうと とうしを もやす。
ダイヤモンド
4ほんの うでを めにもとまらぬ はやさで うごかし 2びょうかんに せんぱつの パンチを くりだす。
パール
いちげきで でんしゃを ふっとばす パンチを くりだすが ゆびさきを つかう しごとは とても にがて。
プラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
4ほんの ちからづよい うでは めにも とまらぬ はやさで パンチや チョップを たたきこむ。
(漢字) 4本の 力強い 腕は 目にも 止まらぬ 速さで パンチや チョップを 叩き込む。
サン
メガトンきゅうの パンチを はなち たちふさがる てきを ちへいせんの かなたまで ぶっとばすのだ。
(漢字) メガトン級の パンチを 放ち 立ちふさがる 敵を 地平線の 彼方まで ぶっ飛ばすのだ。
ムーン
ダンプさえ かるがる もちあげる。 ただし ゆびさきは ぶきようで こまかい しごとは まるで むり。
(漢字)
ウルトラサン
4ほんの うでで あいてを とらえ ふくざつな かたちに しめあげる。 カイリキースペシャルと ひとはよぶ。
4本の 腕で 相手を 捕らえ 複雑な 形に 締め上げる。 カイリキースペシャルと 人は呼ぶ。
ウルトラムーン
4ほんの うでで せめも まもりも どうじに こなす。 このよの すべての かくとうぎを きわめている という。
4本の 腕で 攻めも 守りも 同時に こなす。 この世の すべての 格闘技を 極めている という。

種族値

第1世代

種族値
HP 90
 
こうげき 130
 
ぼうぎょ 80
 
とくしゅ 65
 
すばやさ 55
 
合計 420
 

第2世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 90
 
150 - 197 290 - 384
こうげき 130
 
121 - 200 238 - 394
ぼうぎょ 80
 
76 - 145 148 - 284
とくこう 65
 
63 - 128 121 - 251
とくぼう 85
 
81 - 150 157 - 295
すばやさ 55
 
54 - 117 103 - 229
合計 505
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 200%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 50%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

カイリキー/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 かいりき ノーマル 物理 80 100% 15
1 ワイドガード いわ 変化 —% 10
1 けたぐり かくとう 物理 100% 20
1 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
1 きあいだめ ノーマル 変化 —% 30
1 からてチョップ かくとう 物理 50 100% 25
進化 かいりき ノーマル 物理 80 100% 15
3 きあいだめ ノーマル 変化 —% 30
7 からてチョップ かくとう 物理 50 100% 25
9 みやぶる ノーマル 変化 —% 40
13 ローキック かくとう 物理 65 100% 20
15 ちきゅうなげ かくとう 物理 100% 20
19 リベンジ かくとう 物理 60 100% 10
21 はたきおとす あく 物理 65 100% 20
25 あてみなげ かくとう 物理 70 —% 10
27 めざましビンタ かくとう 物理 70 100% 10
33 ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90% 15
37 じごくぐるま かくとう 物理 80 80% 20
43 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
47 クロスチョップ かくとう 物理 100 80% 5
53 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
57 ばくれつパンチ かくとう 物理 100 50% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン08 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 —% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン23 うちおとす いわ 物理 50 100% 15
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン35 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざマシン38 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン46 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン47 ローキック かくとう 物理 65 100% 20
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン84 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[107][675] バレットパンチ はがね 物理 40 100% 30
[106][107][237][296][297][391]
[392][448][539]
インファイト かくとう 物理 120 100% 5
[107][237][307][308][448][539] カウンター かくとう 物理 100% 20
[122][701] アンコール ノーマル 変化 100% 5
[107][126][467][308][466] ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15
[296][297] ヘビーボンバー はがね 物理 100% 10
[107][308] れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15
[066][067][068][296][297][302] はたきおとす あく 物理 65 100% 20
[096][097][106][122][307][308]
[619][620]
ヨガのポーズ エスパー 変化 —% 40
[307][308] パワートリック エスパー 変化 —% 10
[107][237][122][448][539][619] ファストガード かくとう 変化 —% 15
[106][237] まわしげり かくとう 物理 60 85% 15
[296][297] きつけ ノーマル 物理 70 100% 10
[107][125][466][308][467] かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15
[574][575][576] くすぐる ノーマル 変化 100% 20
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90% 15 -
ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15 -
きあいパンチ かくとう 物理 150 100% 20 -
てだすけ ノーマル 変化 —% 20 -
れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15 -
はたきおとす あく 物理 65 100% 20 -
けたぐり かくとう 物理 100% 20 -
なりきり エスパー 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
じだんだ じめん 物理 75 100% 10 -
ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5 -
じごくづき あく 物理 80 100% 15 -
かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

Let's Go!

Lv GPGE
0 かいりき
1 かいりき
アンコール
カウンター
けたぐり
にらみつける
きあいだめ
がまん
4 きあいだめ
8 がまん
12 ちきゅうなげ
16 からてチョップ
21 かわらわり
26 じごくぐるま
37 ビルドアップ
48 ばかぢから
GPGE
わざマシン01 ずつき
わざマシン03 てだすけ
わざマシン05 ねむる
わざマシン06 ひかりのかべ
わざマシン07 まもる
わざマシン08 みがわり
わざマシン10 あなをほる
わざマシン12 からげんき
わざマシン13 かわらわり
わざマシン15 ちきゅうなげ
わざマシン22 いわなだれ
わざマシン23 かみなりパンチ
わざマシン26 どくづき
わざマシン27 どくどく
わざマシン30 ビルドアップ
わざマシン31 ほのおのパンチ
わざマシン35 れいとうパンチ
わざマシン37 かえんほうしゃ
わざマシン41 じしん
わざマシン46 だいもんじ
わざマシン48 はかいこうせん
わざマシン49 ばかぢから

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
赤・緑・青 × 出現しない Lv.XX ゴーリキー通信交換して進化させる。
ピカ × 出現しない Lv.XX ちかつうろカラカラと交換したゴーリキー進化する。
金・銀・ク × 出現しない Lv.XX ゴーリキー通信交換して進化させる。
R・S・E × 出現しない Lv.XX ゴーリキー通信交換して進化させる。
FR・LG
D・P・Pt × 出現しない Lv.XX ゴーリキー通信交換して進化させる。
HG・SS
B・W × 出現しない Lv.XX ゴーリキー通信交換して進化させる。
B2・W2
X・Y × 出現しない Lv.XX ゴーリキー通信交換して進化させる。
OR・AS
S・M × 出現しない Lv.XX ゴーリキー通信交換して進化させる。
US・UM

配布ポケモン

おや等 言語/地域 配布バージョン
Dr.シャイ 日本 XY/ORAS
ScreenPeekaz EU/米 ORAS
サオリ 日本 SM

持っているアイテム

FR・LG
きあいのハチマキ (5%)

備考

  • パンツのように見える部分は、体の模様である。
  • 図鑑説明には「地平線の 向こうまで 投げ飛ばす」とあるが、仮に体重65㎏の成人男性を4.6km先まで投げ飛ばすとすると、1460tの力をカイリキーが発揮できる計算になる[1]
  • ピカブイ連れ歩きでは主人公を型に乗せて移動する。

アニメにおけるカイリキー

マンガにおけるカイリキー

ポケットモンスター SPECIALにおけるカイリキー

ポケモンカードにおけるカイリキー

カイリキーの歴史

第一世代

当時全盛を誇ったエスパータイプが弱点であり、現在よりとくしゅとくこうとくぼうを兼ねる攻防一体のステータス)の数値が低かったカイリキーにとってこれは致命的であった。攻撃カイリューに次いで当時の全ポケモン151匹中2位タイであったが、タイプ一致技の最高威力がじごくぐるまの80どまりでラプラスラッキーなどにも耐えられてしまうことあり、大きな活躍はしていなかった。

この世代でのじごくぐるまはとどめに使うと反動が無かったため、ケンタロス対策として使われることもあり、決勝大会には残らなかったものの97カップ、98カップ、99カップに出場した実績がある。

第二世代

とくしゅが分割されたことにより特防の種族値が上昇し、弱点のエスパーで落ちにくくなった。鈍足のカイリキーにとっては、先制されることによるあらゆるリスクが仕様変更で軽減されたことも朗報。攻撃面でのかくとうタイプは、あく及びはがねタイプの登場によって(苦手なエスパーの弱体化と共に)合計5つもタイプの弱点を突けると大幅な強化を受ける。これはじめんと並び最多で、第一世代からは考えられないほどの地位上昇だと言える。

攻撃面でもクロスチョップの獲得は大きな強化であり、特にカビゴンバンギラスを突破できる攻撃性能に注目された。またエスパー対策にめざめるパワー(むしゴースト)、エアームド対策にだいもんじも採用の余地ありに。また、タマゴわざアンコールを覚えるのもこの世代からで、それ以外にもこう見えて補助技を色々覚えられるが、カイリキーの場合、どっちかというと自身の能力を強化させるという形として考えられた。そしてじわれ、十分ある耐久からねむる+ねごと型も登場するなどで、第一世代冷遇組でメジャー級のポケモンとして出世した。

カイリキーを入れたパーティはニンテンドウカップ2000東京大会準優勝の実績を残しており、決勝戦でも選出されていた。宮城大会優勝の実績も残しており、地区大会では活躍していた。決勝大会にも1匹エントリーされていた。

「モバイルカップ2001」環境ではレベル30以下のポケモンしか出場できない関係上準伝説が大会に出て来ず、いわなだれを覚えさせなくとも十分強力であり、さらにレベル配分の無いレギュレーションである都合上ケンタロスが相対的に弱体化し、カビゴンの選出がますます増えた。そのため、先手クロスチョップで削れる場面が多くなった。

時が経って2018年のVC版第二世代オフ会環境では、レベル55カイリキーがレベル50ナッシーまきびしを踏ませた上でめざめるパワーむし)を打つと高確率で1発で落とせることが判明し、ナッシーメタとして需要を高めた。ただ、この場合はゴーストタイプにも有効なめざめるパワー(ゴースト)よりも汎用性が低い点に注意。

第三世代

努力値の仕様変更で耐久面が下がった一方で、攻撃面に関しては大きな下方修正はなく、変わらず安定した能力を発揮した。この世代では、伝説のゴーレムケッキングトドゼルガなど、有利を取れる実力者がさらに増えた。素早さの種族値55でいじっぱり無振りの実数値が75と、如何に素早さいたちごっこ型のカビゴンでも流石にこれを抜けるほどまで素早さを上げることはほぼ有り得なかったため、当時の対人戦を考えても恵まれていた。

第四世代

ノーガードの獲得によって劇的な強化を受け、かえんだまどくどくだまの登場によってこんじょう型も実用レベルになった。いわゆる「三色パンチ」の物理化、バレットパンチインファイトの獲得によって、技の面でも強化を受けた。ダイヤモンド・パールではGTS一人通信交換を行える裏技があり、肝心のWi-Fiコネクションも多くのホビーショップで無料で利用できたので、自己産のカイリキーを入手することが非常に楽であった。

第五世代

上位互換じみた性能を持つローブシンの登場によってシングルバトルではそちらにかくとう物理アタッカーの座を譲ることになった。トリプルバトルでは後半にばくれつパンチを放って混乱を撒くと交代しづらいこともあって非常に強力であった。

第六世代

ひこうタイプが弱点のポケモンに共通してファイアローの登場によってシングルバトルでの地位は第五世代よりも低下。一応ファストガードという対抗手段も手に入れたが、ダブルバトルでこの技を放つ余裕があるかどうかは疑問であった。一方、ORAS発売までのXYリーグローテーションバトルでは度々使用率ベスト30以内に入っていた。

PGL統計によると、ばくれつパンチストーンエッジはたきおとすバレットパンチorれいとうパンチという技構成が定番で、持ち物はとつげきチョッキ主流であることがうかがえる。

大会実績では、出場ポケモンが制限される2016年3月に開催されたカントー図鑑限定戦の「カントークラシック」ジュニアカテゴリで14位、マスターカテゴリで8位の使用率を記録している。WCS2014(カロスダブル)マスターカテゴリではこだわりスカーフ型のフルアタックカイリキーを入れたプレイヤーがベスト4の実績を残している。WCS2015(全国ダブル)シニアカテゴリではカイリキー入りのパーティが優勝を果たしていた。

第七世代

はやてのつばさの仕様変更による弱体化でファイアローは姿を消したが、強力なフェアリータイプ、特にカプの登場により相変わらず苦境にあるといえる。かくとうタイプの鈍足アタッカーとしてライバルになるマッシブーンが登場し、さらに一定の活躍の場だったローテーションバトルが廃止されたことも痛い。こんらんの仕様変更によってばくれつパンチの有用性も低下するなど、環境面・仕様面での逆風が強い。

VC版からポケモンバンクを経由することでじわれを覚えさせたカイリキーを連れて来る事ができるが、VC版から輸送したポケモンは自動的に隠れ特性を持つので、じわれとノーガードの両立は不可能。

そんな中、ゲーム中ではカイリキーのシンボルがモブとしてアローラ地方の至る所に見かけられ、ストーリー上では比較的恵まれている。

一般的な育成論

攻撃が高く素早さが低い重火力型のアタッカー。物理アタッカーとしての育成が基本。

第四世代から加わった特性ノーガードが強力で、高威力の代償に命中率が低い技を気にせずに撃つことができる。特にばくれつパンチとのコンボが有名。たとえダメージを半減する相手に交換されても混乱の追加効果が残るため、その後の展開を有利に運べる。

ほかの技候補はかみなりパンチれいとうパンチバレットパンチしっぺがえしストーンエッジじしんなど。ばくれつパンチの混乱効果により相手に交換を強制させやすいので、きあいパンチはたきおとすもよいだろう。

こちらが命中率の低い技を存分に使えるという点以外にも、回避率を上げる戦法を使う相手にも安定して攻撃を当てられるという利点がある。特に第五世代ではちいさくなるの回避率上昇が2段階になり、ラッキーシャンデラなどこれを中心とする型があるポケモンがいくつか台頭していたが、それらを無視して攻撃を当てる事ができる。

ただしいずれの場合も相手からの攻撃も必中となってしまう事には注意が必要である。特に一撃必殺技さいみんじゅつが恐いので相手の技構成を把握しておきたい。どちらもみがわりがあれば対処が可能だが、素早さが低いために後攻になりやすく、大ダメージを受けて発動できないこともある。後者はねごとがあれば技がランダムに繰り出されるが動けるだけあって対処は可能。

特性こんじょうを活かした戦術もある。かえんだまどくどくだまで自身を能動的に状態異常にすることで攻撃を上げられる。この状態でのインファイトは非常に強力。カイリキーはほとんど特性ノーガードであるため、相手の一撃必殺技やおにびを誘い1ターンを無駄に費やさせるということも可能。インファイトはタマゴ技のため、遺伝させていない場合はクロスチョップで代用するのもよいが、命中率に注意。ノーマルZによってねむるねごと、こんじょうのコンボを利用して回復しつつ高火力を放つ型も成立したが、技のレパートリーがその分狭まる上にねむるが選ばれると失敗に終わるのが難点。

性格は素早さが低めの物理アタッカーであることを活かしいじっぱりあるいはゆうかんが望ましい。カイリキーの素早さ種族値では素早さに下降補正が掛かっても元々先手を取ることが望めないということでデメリットにならない。

隠れ特性はふくつのこころ。元の素早さが低いカイリキーにとって、素早さを上げる機会を得られるのは嬉しいが、ひるみのリスクを伴ううえ、元の二つの特性が非常に優秀なのもあって使いづらい。

脚注

  1. 柳田理科雄『ポケモン空想科学読本②』(オーバーラップ、2016年7月9日第一刷)pp.184-189

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 カイリキー 怪力
英語 Machamp macho(男らしい、マッチョな)、champ(略語:チャンピオン、チャンプ)
ドイツ語 Machomei Macho(マッチョ)
フランス語 Mackogneur macho(マッチョ)、cogner(強打する)
韓国語 괴력몬(Goiryeokmon) 괴력(怪力)、monster(英語:怪物、モンスター)
中国語 怪力(Guàilì) 怪力

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。