ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ナゲキ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ナゲキ
Nageki
英語名 Throh
全国図鑑 #538
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #044
新イッシュ図鑑 #267
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #097
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #248
分類 じゅうどうポケモン
タイプ かくとう
たかさ 1.3m
おもさ 55.5kg
とくせい こんじょう
せいしんりょく
隠れ特性 かたやぶり
図鑑の色
タマゴグループ ひとがた
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 HP+2
基礎経験値
  • 第五・第六世代: 163
  • 第七世代: 163
  • 第八世代: 163
最終経験値 1000000
性別 100% ♂
捕捉率 45
初期なつき度
III~VII
70
初期なかよし度
VIII
50
外部サイトの図鑑

ナゲキとはぜんこくずかんのNo.538のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

ポケモンずかんの説明文

ブラックXオメガルビー
おびを しめると パワーアップする。やせいの ナゲキは つるくさを あんで じぶんの おびを つくる。
(漢字) 帯を 締めると パワーアップする。野生の ナゲキは つる草を 編んで 自分の 帯を 作る。
ホワイト
じぶんよりも からだの おおきな あいてを なげたくなる しゅうせい。きまって 5ひきで むれを つくる。
(漢字) 自分よりも 体の 大きな 相手を 投げたくなる 習性。決まって 5匹で 群れを 作る。
ブラック2・ホワイト2Yアルファサファイア
じぶんより おおきな あいてと であうと むしょうに なげたくなる。つよくなると おびを とりかえる。
(漢字) 自分より 大きな 相手と 出会うと 無性に 投げたくなる。強くなると 帯を 取り替える。
ソード
なげわざの うでは いちりゅう。 たたかいで かいた あせが しみ おびの いろが こく そまっていく。
(漢字) 投げ技の 腕は 一流。 戦いで かいた 汗が 染み 帯の 色が 濃く 染まっていく。
シールド
5ひきの むれで けいこに はげむ。 けいこに ついていけない ものは おびを すてて むれを さる。
(漢字) 5匹の 群れで 稽古に はげむ。 稽古に ついていけない ものは 帯を 捨てて 群れを 去る。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 120
 
180 - 227 350 - 444
こうげき 100
 
94 - 167 184 - 328
ぼうぎょ 85
 
81 - 150 157 - 295
とくこう 30
 
31 - 90 58 - 174
とくぼう 85
 
81 - 150 157 - 295
すばやさ 45
 
45 - 106 85 - 207
合計 465
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 50%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 200%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 200%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 50%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

ナゲキ/第七世代のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 しめつける ノーマル 物理 15 85% 20
1 にらみつける ノーマル 変化 100% 30
5 きあいだめ ノーマル 変化 —% 30
10 ともえなげ かくとう 物理 60 90% 10
15 ワイドガード いわ 変化 —% 10
20 リベンジ かくとう 物理 60 100% 10
25 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
30 やまあらし かくとう 物理 60 100% 10
35 あてみなげ かくとう 物理 70 —% 10
40 ちきゅうなげ かくとう 物理 100% 20
45 こらえる ノーマル 変化 —% 10
50 きしかいせい かくとう 物理 100% 15
55 ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン00 メガトンパンチ ノーマル 物理 80 85% 20
わざマシン01 メガトンキック ノーマル 物理 120 75% 5
わざマシン03 ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15
わざマシン04 れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15
わざマシン05 かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン15 あなをほる じめん 物理 80 100% 10
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン22 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン26 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
わざマシン31 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン33 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン34 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン41 てだすけ ノーマル 変化 —% 20
わざマシン42 リベンジ かくとう 物理 60 100% 10
わざマシン43 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン48 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン57 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン59 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン75 ローキック かくとう 物理 65 100% 20
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン79 かたきうち ノーマル 物理 70 100% 5
わざマシン81 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン98 じだんだ じめん 物理 75 100% 10
わざレコード01 のしかかり ノーマル 物理 85 100% 15
わざレコード07 けたぐり かくとう 物理 100% 20
わざレコード10 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざレコード13 きあいだめ ノーマル 変化 —% 30
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード21 きしかいせい かくとう 物理 100% 15
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード37 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざレコード39 ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5
わざレコード48 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
わざレコード57 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざレコード64 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざレコード69 しねんのずつき エスパー 物理 80 90% 15
わざレコード75 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざレコード77 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざレコード85 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代 (その他の世代: 5-67)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B (揺れ草)Lv.15 ヤグルマのもり(外) - -
(揺れ草)Lv.36 10ばんどうろ
(揺れ草)Lv.50 15ばんどうろ
(揺れ草)Lv.31 18ばんどうろ
W (草むら)Lv.12-17
(濃い草むら)Lv.14-7
ヤグルマのもり(外)
(草むら)Lv.33-36
(濃い草むら)Lv.38-41
10ばんどうろ
(草むら)Lv.48,49
(濃い草むら)Lv.58,59
15ばんどうろ
(草むら)Lv.29,31
(濃い草むら)Lv.33,35
18ばんどうろ
B2 (揺れ草)Lv.57 ヤグルマのもり(外) Lv.10 ゆめしまゆめパーク
15ばんどうろ
(揺れ草)Lv.59 18ばんどうろ
(揺れ草)Lv.51 23ばんどうろ
(草むら)Lv.48-50
(濃い草)Lv.53-55
チャンピオンロード(外部)
W2 (草むら)Lv.55,57
(濃い草むら)Lv.63,65
ヤグルマのもり(外)
15ばんどうろ
(草むら)Lv.57,59
(濃い草むら)Lv.65,67
18ばんどうろ
(草むら)Lv.48,49
(濃い草むら)Lv.53,54
23ばんどうろ
(草むら)Lv.48-50
(濃い草むら)Lv.53-55
チャンピオンロード(外部)
X Lv.30 フレンドサファリかくとう - -
Y Lv.22-23 11ばんどうろ
Lv.30 フレンドサファリかくとう
OR Lv.16 112ばんどうろ(ふれあい) - -
AS × 出現しない
S・M × 出現しない - -
US・UM

隠れ特性の入手方法

BW
なし
B2W2
PDW(ゆめパーク)
XY
フレンドサファリ(かくとう)
ORAS
112ばんどうろORのみ
SM/USUM
なし

持っているアイテム

第五世代

B・W
くろおび (5%)
たつじんのおび (1%)
B2・W2
くろおび (5%)
たつじんのおび (1%)

第六世代

X・Y
くろおび (5%)

備考

  • このポケモンは元々、第四世代で登場させる予定のポケモンであった。公式イラストレーターの杉森建によれば、かくとうタイプのポケモンで投げ技を主体とするポケモンが存在していないということから、彼自身によって考案された(ファミ通2010年11月18日号やニンテンドードリーム2011年1月号で確認可能)。

アニメにおけるナゲキ

マンガにおけるナゲキ

ポケモンカードにおけるナゲキ

ナゲキの歴史

第五世代

この世代はかくとうタイプと言えばローブシンが鉄板であったが、こちらはやまあらしともえなげを活かした耐久型としてローブシンとは住み分け可能であった。

BW末期のGSルール(ダブルバトル)におけるカイオーガ軸のパーティでは、ナゲキのてだすけちょうはつワイドガードのサポートとルージュラあくまのキッスねこだましを活かした「ナゲキルージュラ」が使われていた。

第六世代

ファイアローの登場によって耐久型として成り立たなくなっていった。こだわりハチマキを持たせたいじっぱりファイアローブレイブバードHP防御努力値を全振りしたわんぱくナゲキが受けると25%の低乱数だが1発で落ちてしまう。

PGLレーティングバトル統計データからは、ORAS発売までのXYリーグシングルバトルではやまあらし耐久型が使用されていたが、ORASリーグシングルバトルでははたきおとすともえなげを中心とした起点型が使用されていたとうかがえる。性格は火力を優先したいじっぱりが、特性は状態異常を牽制できる根性が、それぞれ好まれた。

第七世代

ファイアローは弱体化によって姿を消したが、カプミミッキュの登場などフェアリータイプの普及により受けとしての信頼性はますます低下。特にカプ・テテフという無理対面が大きくのしかかるようになった。いのちのたま型のおくびょうカプ・テテフがサイコメイカー下でサイコキネシスを放つと、HP特防に全振りしたしんちょうナゲキを確定1発で倒してしまう。あめふらしペリッパーの登場によって雨パが再興を果たすも、レーティングバトルダブルバトルでは第五世代のように「ナゲキルージュラ」が使用されている形跡は(通常環境とGSルールという違いの影響はあろうが)全くない。

第八世代

ガラル地方のモデルとなったイギリスで柔道が人気である縁からか内定を得たが、耐久型でなおかつかくとうタイプなのでドラパルトミミッキュなどのゴーストやダイマックス型が跋扈する環境には適応できていない。わざレコードに追加されたにも関わらず、インファイトを覚えられないのもマイナス。

一方HPが高く場持ちが良い上にフルアタック型で戦闘への貢献が見込めるため、マックスレイドバトルのCPUとしての評価はどちらかというと高い。ただ、ゴーストタイプへの打点はない。

一般的な育成論

ダゲキと対となっているポケモンで、合計種族値は同じ。ダゲキよりもHPぼうぎょとくぼうが高く、反面ダゲキよりもこうげきすばやさが低くなっている。 ただ、こうげきの高さだけなら進化しないポケモンとしては非常に高い種族値となっている。

メインウェポンとしては、ともえなげやまあらしのどちらかを入れた型が優秀である。ただし、それぞれの役割分担が被ってしまうのでどちらか一方を採用し、用途に合わせて他の技を選択していく。

ともえなげ型は、補助技を積むポケモンや苦手な相手に非常に有効な型である。ともえなげは強制的に後攻になってしまうので、すばやさに気にしないのでリベンジしっぺがえしとも相性が良い。ただ、それだけだとナゲキだけでは相手を倒しきれないので、他のポケモンがステルスロックまきびしを撒いた状態で戦うことをお勧めする。

やまあらし型は、補助技で耐久力を上げてくる相手に非常に有効な型である。やまあらしの性質上必ず急所に当たる為、リフレクターや相手のぼうぎょ上昇を無視し、 こちらのこうげき低下効果も無効化出来る(ただしやけどの効果は反映される)。その為、ばかぢからによるこうげき低下も無効化出来るのでばかぢからを攻撃技として採用することも出来る。ただし、やまあらし自体の火力は押さえめなので、特性こんじょうかえんだまを持たせてこうげきを強化したり、こだわりハチマキを待たせて補う必要がある。

またどちらの型であっても、ストーンエッジじしんなどを攻撃技の候補として、ビルドアップを補助技の候補として採用する有効性はある。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ナゲキ 投げ、撃、鬼(キ)
英語 Throh throw(投げる)
ドイツ語 Jiutesto
フランス語 Judokrak
韓国語 던지미
中国語(普通話・台湾国語) 投摔鬼
ポーランド語 Throh 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。