ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ものまね

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ものまね
第一世代
タイプ ノーマル
分類 変化
威力 -
命中率 -(第三世代までは100)
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
相手が最後に使用した技をコピーして、「ものまね」の代わりに自分の技にする。
交代するか、戦闘が終わると元に戻る。
(第一世代のコンピュータ戦では相手の技4つを見て選択できる)
(第一世代の通信対戦では相手の技の中からランダムに決定される。)
Zワザによる付加効果
自分の命中率1段階上がる。
判定
わざマシン わざマシン31(第一世代)
わざおしえ人 ヤマブキシティ(FRLG)
フエンタウン(エメラルド)
アゲトビレッジ(XD)
パレス ずるい
アピールタイプ かわいさ
アピール (RSE)
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
自分の1つ前にアピールしたポケモンの得たハートと同じ数だけハートが追加される。ただしマイナスの場合は追加されない。
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
自分の前のポケモンが最大ボルテージを得ていたならば、その分のハートが追加される。
アピール(ORAS)
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
自分の1つ前にアピールしたポケモンの得たハートと同じ数だけハートが追加される。ただしマイナスの場合は追加されない。

現在、この記事の記述について検証中です。執筆者の方はよろしければご協力下さい
検証内容: コピーしたわざのPP、へんしん・ゆびをふるに対するものまね

ものまねは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:1つまえの ポケモンの アピールと おなじくらい うまく できる
  • 第四世代:じぶんの まえの ポケモンの ボルテージが もらえる。
  • 第六世代:1つまえの ポケモンの アピールと おなじくらい うまく できる
  • 第六世代(漢字):1つ前の ポケモンの アピールと 同じくらい 上手くできる

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
緑赤青ピ 金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM ピカブイ
プリン × × 39 41 45 45XY
37ORAS
38 24
プクリン × ×
バリヤード × × × 18 18B2W2
15B2W2
15 15 16
ミュウ × × × × × × × 1
ウソッキー - 1 1 17 17B2W2
15B2W2
15 15 -
ウソハチ - - - 17 17B2W2
33B2W2
15 15 -
マネネ - - - 18 18B2W2
15B2W2
15 15 -
ペラップ - - - 29 33 33 33 -
ミミッキュ - - - - - - 19 -
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
2 3 4 5 6 7
バリヤード -
ピィ ピッピ
ピクシー
ブルー × × × グランブル
マネネ - - バリヤード
トリミアン - - - - -

わざマシン・おしえわざ

こんなときに使おう

シングルバトルでは、相手が覚えている技に効果が左右される不確実さからまず使用されない。

しかし、ダブルバトルトリプルバトルでは味方の技を覚えることが出来るため、無限の可能性がある。

第一世代ではランダムにコピーするという性質上、相手が技を使っていない状態(入れ替え直後など)でも有効。ふぶきを覚えないポケモンが相手のふぶきにただ乗りする手段として利用することができた。2017年頃の第一世代オフ会環境では、電気タイプが水タイプ等と対面した時、相手側がサイドンへ入れ替えるタイミングでものまねを使用、首尾よくふぶきをコピーできればそのまま返り討ちにするというプレイングが考案された。それだけふぶきが強力であるということを意味する。

乱入バトルでは野生のミミッキュのものまねを利用してリサイクルをコピーさせ、ヒメリのみトリックで持たせることでPP切れによるわるあがきを防がせることができる。

ポケモンカードゲームにおけるものまね

「自分の手札をすべて山札にもどし、山札を切る。その後、山札から、相手の手札の枚数ぶん、カードを引く。」という効果のワザとして登場する。

ウソッキー (プレミアムファイル)特殊能力としても登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるものまね

アニメにおけるものまね

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ウソッキー
野生ポケモン 無印編第162話 わざの初出
タケシ DP編第14話
トドゼルガ
カエデ AG編第129話
マネネ
コジロウ AG編第162話
ウソハチ
タケシ DP編第13話

マンガにおけるものまね

ポケットモンスターSPECIALでは、ゴールドウソッキーなどが使用する。

備考

斜体 は第七世代までに無くなった仕様。

コピーする技について

ものまねという技自体について

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ものまね
英語 Mimic
ドイツ語 Mimikry
フランス語 Copie
イタリア語 Mimica
スペイン語 Mimético
韓国語 흉내내기
中国語(普通話・台湾国語) 模仿
ポーランド語 Mimic

関連項目

おしえわざ
*1は第三世代のみ、*2は第四世代まで、*3は第四世代のみ、*4は第三世代第五世代のみ
クリスタル限定 10まんボルト - かえんほうしゃ - れいとうビーム
攻撃技 メガトンキック*1 - メガトンパンチ*1 - ちきゅうなげ*1 - カウンター*1 - いわなだれ*1 - ゆめくい*1 - のしかかり*1 - だいばくはつ*1 - すてみタックル*1 - ころがる*2 - れんぞくぎり*2 - ばくれつパンチ*1 - いびき - どろかけ*2 - スピードスター*2 - こごえるかぜ - かみなりパンチ - ほのおのパンチ - れいとうパンチ - ゴッドバード - じばく*1 - ダイビング*3 - あやしいかぜ*3 - エアカッター*3 - しねんのずつき - しんくうは*1 - はたきおとす - ふいうち*3 - とっておき - さわぐ - ばかぢから - アイアンヘッド - アクアテール - がむしゃら - げきりん - シグナルビーム - だいちのちから - ダストシュート - たつまき*2 - タネばくだん - とびはねる - ねっぷう - ずつき*3 - むしくい - いかりのまえば - けたぐり - ほしがる - ドリルライナー - ダブルチョップ - ハイパーボイス - エレキネット - アイアンテール - イカサマ - りゅうのはどう - あくのはどう - しめつける - ギガドレイン - ドレインパンチ - みずのはどう - でんげきは - きあいパンチ - アクアブレイク - じだんだ - じごくづき
変化技 でんじは*1 - ものまね*1 - ゆびをふる*1 - みがわり*1 - タマゴうみ*1 - つるぎのまい*1 - いばる*1 - ねごと*4 - まるくなる*1 - こらえる*1 - じこあんじ*1 - あくむ*1 - トリック - うらみ - てだすけ - こうごうせい - でんじふゆう - いえき - てっぺき - いたみわけ - いとをはく*2 - おいかぜ - じゅうりょく - なやみのタネ - マジックコート - なりきり - いやしのすず - とおせんぼう - はねやすめ - おさきにどうぞ - マジックルーム - ワンダールーム - リサイクル - スキルスワップ - よこどり - ステルスロック - きりばらい - サイドチェンジ - テレキネシス - とぎすます
特別 ハードプラント - ブラストバーン - ハイドロカノン - りゅうせいぐん - くさのちかい - ほのおのちかい - みずのちかい - いにしえのうた - しんぴのつるぎ - ガリョウテンセイ - ボルテッカー