Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

どろぼう

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
どろぼう
第二世代
タイプ あく
分類 物理
威力 40(第五世代まで)
→60(第六世代)
命中率 100
PP 10(第五世代まで)
→25(第六世代)
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
相手がどうぐを持っていて、自分がどうぐを持っていない場合、相手のどうぐを奪って自分の持ち物にする。
判定
わざマシン わざマシン46(第二世代以降)
アピールタイプ たくましさ
アピール(RSE)
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
自分より前にアピールしたポケモンのハート合計の半分が追加される。マイナスの場合追加なし。
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
自分より前にアピールしたポケモンが最大ボルテージを得ていたならば、そのボーナス分のハートが追加される。
このページではわざのどろぼうについて解説しています。その他の用法についてはどろぼう (曖昧さ回避)を参照してください。

どろぼうは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:それまでの ポケモンの アピールと おなじくらいの アピールに みせる
  • 第四世代:じぶんの まえの ポケモンの ボルテージが もらえる。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代

ポケモン名 覚える方法
わざマシン
金銀ク
ポッポ
ピジョン
ピジョット
コラッタ
ラッタ
オニスズメ
オニドリル
アーボ
アーボック
ライチュウ
サンド
サンドパン
ニドラン♀
ニドリーナ
ニドクイン
ニドラン♂
ニドリーノ
ニドキング
ズバット
ゴルバット
パラス
パラセクト
コンパン
モルフォン
ディグダ
ダグトリオ
ニャース
ペルシアン
マンキー
オコリザル
ニョロモ
ニョロゾ
ニョロボン
ケーシィ
ユンゲラー
フーディン
ワンリキー
ゴーリキー
カイリキー
カモネギ
ドードー
ドードリオ
ベトベター
ベトベトン
ゴース
ゴースト
ゲンガー
クラブ
キングラー
タマタマ
ナッシー
カラカラ
ガラガラ
サワムラー
エビワラー
ベロリンガ
ドガース
マタドガス
モンジャラ
バリヤード
ストライク
ルージュラ
エレブー
ブーバー
カイロス
ポリゴン
オムナイト
オムスター
カブト
カブトプス
ミュウ
オタチ
オオタチ
ホーホー
ヨルノズク
レディバ
レディアン
イトマル
アリアドス
クロバット
ネイティ
ネイティオ
ウソッキー
ニョロトノ
エイパム
ヤンヤンマ
ヤミカラス
ムウマ
キリンリキ
ノコッチ
グライガー
ブルー
グランブル
ハッサム
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
テッポウオ
オクタン
デリバード
エアームド
デルビル
ヘルガー
ポリゴン2
オドシシ
バルキー
カポエラー
ムチュール
エレキッド
ブビィ

第三世代以降

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY ORAS
ポチエナ Lv45 × × ×
グラエナ Lv52 Lv57 Lv57 Lv57 Lv1
ハスブレロ Lv37 × × ×
ルンパッパ × × ×
カクレオン Lv1 Lv1 Lv1 Lv1
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

わざマシン

ポケモン名 覚える世代
3 4 5 6
バタフリー
スピアー
ポッポ
ピジョン
ピジョット
コラッタ
ラッタ
オニスズメ
オニドリル
アーボ
アーボック
ライチュウ
サンド
サンドパン
ニドラン♀
ニドリーナ
ニドクイン
ニドラン♂
ニドリーノ
ニドキング
ズバット
ゴルバット
パラス
パラセクト
コンパン
モルフォン
ディグダ
ダグトリオ
ニャース
ペルシアン
マンキー
オコリザル
ガーディ
ウインディ
ニョロモ
ニョロゾ
ニョロボン
ケーシィ
ユンゲラー
フーディン
ワンリキー
ゴーリキー
カイリキー
マダツボミ
ウツドン
ウツボット
メノクラゲ
ドククラゲ
カモネギ
ドードー
ドードリオ
パウワウ
ジュゴン
ベトベター
ベトベトン
ゴース
ゴースト
ゲンガー
スリープ
スリーパー
クラブ
キングラー
ビリリダマ
マルマイン
タマタマ
ナッシー
カラカラ
ガラガラ
サワムラー
エビワラー
ベロリンガ
ドガース
マタドガス
サイホーン
サイドン
モンジャラ
ガルーラ
バリヤード
ストライク
ルージュラ
エレブー
ブーバー
カイロス
ポリゴン
オムナイト
オムスター
カブト
カブトプス
プテラ
ミュウ
オタチ
オオタチ
ホーホー
ヨルノズク
レディバ
レディアン
イトマル
アリアドス
クロバット
ネイティ
ネイティオ
ウソッキー
ニョロトノ
エイパム
ヤンヤンマ
ヌオー × ×
ヤミカラス
ムウマ
キリンリキ
ノコッチ
グライガー
ブルー
グランブル
ハッサム
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
テッポウオ
オクタン
デリバード
エアームド
デルビル
ヘルガー
ポリゴン2
オドシシ
バルキー
カポエラー
ムチュール
エレキッド
ブビィ
ポチエナ
グラエナ
ジグザグマ
マッスグマ
アゲハント
ドクケイル
ハスボー
ハスブレロ
ルンパッパ
コノハナ
ダーテング
スバメ
オオスバメ
キャモメ
ペリッパー
ラルトス
キルリア
サーナイト
アメタマ
アメモース
テッカニン
ヌケニン
ヤミラミ
ラクライ
ライボルト
バルビート
イルミーゼ
キバニア
サメハダー
バネブー
ブーピッグ
パッチール
チルット
チルタリス
ザングース
ハブネーク
ポワルン
カクレオン
カゲボウズ
ジュペッタ
ヨマワル
サマヨール
アブソル
ムックル -
ムクバード -
ムクホーク -
ビッパ -
ビーダル -
コリンク -
ルクシオ -
レントラー -
ズガイドス -
ラムパルド -
ミノマダム -
ガーメイル -
ビークイン -
エテボース -
フワンテ -
フワライド -
ムウマージ -
ドンカラス -
ニャルマー -
ブニャット -
スカンプー -
スカタンク -
ウソハチ -
マネネ -
ペラップ -
ミカルゲ -
スコルピ -
ドラピオン -
グレッグル -
ドクロッグ -
マスキッパ -
マニューラ -
ベロベルト -
ドサイドン -
モジャンボ -
エレキブル -
ブーバーン -
メガヤンマ -
グライオン -
ポリゴンZ -
エルレイド -
ヨノワール -
ロトム -
ダークライ -
チョロネコ - -
レパルダス - -
バオップ - -
バオッキー - -
ヤナップ - -
ヤナッキー - -
ヒヤップ - -
ヒヤッキー - -
コロモリ - -
ココロモリ - -
エルフーン - -
メグロコ - -
ワルビル - -
ワルビアル - -
ダルマッカ - -
ヒヒダルマ - -
ズルズキン - -
シンボラー - -
デスマス - -
デスカーン - -
ヤブクロン - -
ダストダス - -
ゾロア - -
ゾロアーク - -
チラーミィ - -
チラチーノ - -
ゴチム - -
ゴチミル - -
ゴチルゼル - -
バチュル - -
デンチュラ - -
リグレー - -
オーベム - -
ヒトモシ - -
ランプラー - -
シャンデラ - -
ゴビット - -
ゴルーグ - -
コマタナ - -
キリキザン - -
バルチャイ - -
バルジーナ - -
クイタラン - -
モノズ - -
ジヘッド - -
サザンドラ - -
トルネロス - -
ボルトロス - -
フォッコ - - -
テールナー - - -
マフォクシー - - -
ケロマツ - - -
ゲコガシラ - - -
ゲッコウガ - - -
ホルビー - - -
ホルード - - -
ヤヤコマ - - -
ヒノヤコマ - - -
ファイアロー - - -
ビビヨン - - -
シシコ - - -
カエンジシ - - -
ゴロンダ - - -
ペロッパフ - - -
ペロリーム - - -
マーイーカ - - -
カラマネロ - - -
カメテテ - - -
ガメノデス - - -
デデンネ - - -
クレッフィ - - -
ボクレー - - -
オーロット - - -
バケッチャ - - -
パンプジン - - -
オンバット - - -
オンバーン - - -
イベルタル - - -
フーパ - - -
凡例
※:ブラック2・ホワイト2でのみ覚えることができる。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
3 4 5 6
クレッフィ - - - -

対戦

  • ダメージを与えたり弱点を突くためより、その効果のために使用されることが多い。使用したポケモンが道具を持っていた場合ダメージのみとなるため、純粋に相手の道具を使えなくすることが目的ならはたきおとすの方が優秀。よって相手の道具を奪い自分のものとするために使うのが望ましいが、相手が何を持っているか、狙ったポケモンと対峙出来るか、など使い方が難しい技である。
  • くろいヘドロこだわりスカーフなどデメリットのある道具を盗んでしまう可能性も頭に入れておく必要がある。
  • ゴツゴツメットせんせいのツメなどは相手が持っているかが分かりやすいため、盗みやすい。
  • 第五世代からは指定されたタイプの攻撃技を一回使う事でなくなるジュエルが登場し、使いやすくはなった。
  • 第六世代からは威力が上がったのでダメージを与えたり弱点を突くために使用しやすくなったが、同時にはたきおとすの威力も上がって上回った上、強化された。特性テクニシャンと組み合わせれば威力が90となってダメージを与えたり弱点を突くためにより使いやすくなる。

ポケモンカードゲームにおけるどろぼう

ポケモン不思議のダンジョンにおけるどろぼう

備考

関連項目