ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

どろぼう

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
どろぼう
第二世代
タイプ あく
分類 物理
威力 40(第五世代まで)
→60(第六世代)
命中率 100
PP 10(第五世代まで)
→25(第六世代)
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
相手がどうぐを持っていて、自分がどうぐを持っていない場合、相手のどうぐを奪って自分の持ち物にする。
判定
わざマシン わざマシン46(第二世代以降)
アピールタイプ たくましさ
アピール(RSE)
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
自分より前にアピールしたポケモンのハート合計の半分が追加される。マイナスの場合追加なし。
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
自分より前にアピールしたポケモンが最大ボルテージを得ていたならば、そのボーナス分のハートが追加される。
このページではわざのどろぼうについて解説しています。その他の用法についてはどろぼう (曖昧さ回避)を参照してください。

どろぼうは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:それまでの ポケモンの アピールと おなじくらいの アピールに みせる
  • 第四世代:じぶんの まえの ポケモンの ボルテージが もらえる。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代

ポケモン名 覚える方法
わざマシン
金銀ク
ポッポ
ピジョン
ピジョット
コラッタ
ラッタ
オニスズメ
オニドリル
アーボ
アーボック
ライチュウ
サンド
サンドパン
ニドラン♀
ニドリーナ
ニドクイン
ニドラン♂
ニドリーノ
ニドキング
ズバット
ゴルバット
パラス
パラセクト
コンパン
モルフォン
ディグダ
ダグトリオ
ニャース
ペルシアン
マンキー
オコリザル
ニョロモ
ニョロゾ
ニョロボン
ケーシィ
ユンゲラー
フーディン
ワンリキー
ゴーリキー
カイリキー
カモネギ
ドードー
ドードリオ
ベトベター
ベトベトン
ゴース
ゴースト
ゲンガー
クラブ
キングラー
タマタマ
ナッシー
カラカラ
ガラガラ
サワムラー
エビワラー
ベロリンガ
ドガース
マタドガス
モンジャラ
バリヤード
ストライク
ルージュラ
エレブー
ブーバー
カイロス
ポリゴン
オムナイト
オムスター
カブト
カブトプス
ミュウ
オタチ
オオタチ
ホーホー
ヨルノズク
レディバ
レディアン
イトマル
アリアドス
クロバット
ネイティ
ネイティオ
ウソッキー
ニョロトノ
エイパム
ヤンヤンマ
ヤミカラス
ムウマ
キリンリキ
ノコッチ
グライガー
ブルー
グランブル
ハッサム
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
テッポウオ
オクタン
デリバード
エアームド
デルビル
ヘルガー
ポリゴン2
オドシシ
バルキー
カポエラー
ムチュール
エレキッド
ブビィ

第三世代以降

対戦

  • ダメージを与えたり弱点を突くためより、その効果のために使用されることが多い。使用したポケモンが道具を持っていた場合ダメージのみとなるため、純粋に相手の道具を使えなくすることが目的ならはたきおとすの方が優秀。よって相手の道具を奪い自分のものとするために使うのが望ましいが、相手が何を持っているか、狙ったポケモンと対峙出来るか、など使い方が難しい技である。
  • くろいヘドロこだわりスカーフなどデメリットのある道具を盗んでしまう可能性も頭に入れておく必要がある。
  • ゴツゴツメットせんせいのツメなどは相手が持っているかが分かりやすいため、盗みやすい。
  • 第五世代からは指定されたタイプの攻撃技を一回使う事でなくなるジュエルが登場し、使いやすくはなった。
  • 第六世代からは威力が上がったのでダメージを与えたり弱点を突くために使用しやすくなったが、はたきおとすの方が上回った。特性テクニシャンと組み合わせれば威力が90となってダメージを与えたり弱点を突くためにより使いやすくなる。

ポケモンカードゲームにおけるどろぼう

ポケモン不思議のダンジョンにおけるどろぼう

備考

関連項目