Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ちからずく

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ちからずくは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

相手を状態異常状態変化にする、相手のランク補正を下げる、自分のランク補正を上げる、といった追加効果を持つ攻撃技は、その技の追加効果が出ない代わりに、その威力が1.3倍に上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ニドクイン どくのトゲ とうそうしん ちからずく
ニドキング どくのトゲ とうそうしん ちからずく
クラブ かいりきバサミ シェルアーマー ちからずく
キングラー かいりきバサミ シェルアーマー ちからずく
ケンタロス いかく いかりのつぼ ちからずく
ワニノコ げきりゅう - ちからずく
アリゲイツ げきりゅう - ちからずく
オーダイル げきりゅう - ちからずく
ハガネール いしあたま がんじょう ちからずく
マクノシタ あついしぼう こんじょう ちからずく
ハリテヤマ あついしぼう こんじょう ちからずく
クチート ちからもち いかく ちからずく
メガバクーダ ちからずく - -
ナックラー かいりきバサミ ありじごく ちからずく
タツベイ いしあたま - ちからずく
ズガイドス かたやぶり - ちからずく
ラムパルド かたやぶり - ちからずく
ドッコラー こんじょう ちからずく てつのこぶし
ドテッコツ こんじょう ちからずく てつのこぶし
ローブシン こんじょう ちからずく てつのこぶし
ヒヒダルマ ちからずく - ダルマモード
クリムガン さめはだ ちからずく かたやぶり
ワシボン するどいめ ちからずく はりきり
ウォーグル するどいめ ちからずく まけんき
ランドロス すなのちから - ちからずく

こんなときに使おう

  • 特にアタッカーは追加効果をアテにしていない場合が少なくないため、技を選べば比類なき破壊力を得られたり、既存の技よりももっと安定した技を得られる特性である。
  • ただし、この特性を持つポケモンは、他の特性も優秀な場合があり、この特性で強化される攻撃技があまり多くないときは、アタッカーであっても採用されないケースが少なくない。
    • この特性を持つポケモンは攻撃が高い傾向にあるが、そのポケモンの候補になりえる物理技には追加効果がないものが多く、割に合っていないというのが大半のケースである。タイプが同じで追加効果のある技へ移し替えると、命中率PPが上がったり、いのちのたまの反動を無視できるメリットはあるが、今度は技の元々の威力が低くなりすぎて火力が落ちてしまうことが多い。このようにメリットが感じられにくく、進んで採用する特性ではない。現状、物理技でこの特性を最大限活かせるのは、フレアドライブを主力とするヒヒダルマと、追加効果のある物理技を比較的多く覚えるローブシンぐらいである。
  • ヒヒダルマに関していえば、もう一方の特性が使いにくいのでこちらを採用するのが望ましい。その場合はいわ物理技にいわなだれを採用するとよい。よく使われるいわ物理技のストーンエッジに迫る威力になり、比較的命中率も安定している。
  • この特性を持つポケモンはあまり特殊技を自力習得できないが、わざマシンにはだいもんじ10まんボルトれいとうビームなどのちからずく対象技で威力も十分なものが揃っており、それらのいずれかを習得できるポケモンは多い。こういった特殊技を一部覚えるポケモンなら役割破壊の技を強化する意味で、幅広く覚えられるポケモンなら特殊型にすることも視野に入れてこの特性を採用することはできる。
    • この点でこの特性を最大限活かせるのはニドクインニドキングである。これは覚える特殊技の豊富さに加え、平均的な特攻の高さも持ち合わせているからである。

備考

  • 仕様上の追加効果のない技は特性の対象にならない。
  • 「メリットの追加効果」と「反動などのデメリット効果」を両方持つ技も対象になる。その場合、威力が1.3倍になった上でメリット効果だけが無くなり、デメリット効果は普通に受ける。
  • 「元々ちからずくの対象になる技」を使った時に限り、いのちのたまによって追加される反動も無くなる。
  • この特性のゲーム中の説明文は、「力が 強くなるが 追加効果が なくなる。」という極めて大雑把な文章になっている。この文章の場合、「ポケモンの攻撃(特攻)そのものが強化される」「追加効果の無い技も強化される」といった解釈も可能であるので、効果を勘違いするプレイヤーも多い。