ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ゲンガー

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ゲンガー
Gangar
英語名 Gengar
全国図鑑 #094
ジョウト図鑑 #060
ホウエン図鑑 #264
シンオウ図鑑 #071
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #032
新ホウエン図鑑 #-
分類 シャドーポケモン
タイプ ゴースト
どく
たかさ 1.5m
おもさ 40.5kg
とくせい ふゆう
メガゲンガー
たかさ 1.4m
おもさ 40.5kg
とくせい かげふみ
タマゴグループ ふていけい
タマゴの歩数 5120歩
獲得努力値 とくこう+3
基礎経験値 第四世代以前:190
第五世代:225
最終経験値 1059860
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

ゲンガーとはぜんこくずかんのNo.094のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑メガゲンガーについてもここで述べる。

進化

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター 赤・緑ポケットモンスター ファイアレッド
やまで そうなんしたとき いのちをうばいに くらやみから あらわれることが あるという。
ポケットモンスター 青ポケットモンスター リーフグリーン
まんげつのよる かげが かってに うごきだして わらうのは ゲンガーの しわざに ちがいない。
ポケットモンスター ピカチュウ
とつぜん さむけを かんじるとき ゲンガーが ちかくにいる。もしかして のろいを かけるかも しれない。
ポケットモンスター 金ポケットモンスター ハートゴールド
まわりの ねつを うばっている。とつぜん さむけが するのは ゲンガーが あらわれたからだ。
ポケットモンスター 銀ポケットモンスター ソウルシルバー
いのちを うばおうと きめた えものの かげに もぐりこみ じっと チャンスを ねらっている。
ポケットモンスター クリスタルポケットモンスター Y
よなか ひとの かげに もぐりこみ すこしずつ たいおんを うばう。ねらわれると さむけが とまらない。
(漢字)夜中 人の 陰に 潜りこみ 少しずつ 体温を 奪う。ねらわれると 寒気が 止まらない。
ポケットモンスター ルビー・サファイアエメラルド
まよなか がいとうの あかりで できた かげが じぶんを おいこして いくのは ゲンガーが かげに なりすまして はしって いくからだ。
ポケットモンスター ダイヤモンドポケットモンスター X
ものかげに すがたを かくす。ゲンガーの ひそんでいる へやは おんどが 5ど さがると いわれる。
(漢字)物陰に 姿を 隠す。ゲンガーの 潜んでいる 部屋は 温度が 5度 下がるといわれる。
ポケットモンスター パール
へやの すみに できた くらがりで いのちを うばう タイミングを ひっそりと うかがっている。
ポケットモンスター プラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
くらやみに うかぶ えがおの しょうたいは ひとに のろいを かけて よろこぶ ゲンガーだ。
(漢字)暗闇に 浮かぶ 笑顔の 正体は 人に 呪いを かけて 喜ぶ ゲンガーだ。

種族値

通常(第1世代)

HP: 60
 
こうげき: 65
 
ぼうぎょ: 60
 
とくしゅ: 130
 
すばやさ: 110
 

通常(第2世代以降)

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 60
 
120167 230324
こうげき: 65
 
63128 121251
ぼうぎょ: 60
 
58123 112240
とくこう: 130
 
121200 238394
とくぼう: 75
 
72139 139273
すばやさ: 110
 
103178 202350
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

メガゲンガー

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 60
 
120167 230324
こうげき: 65
 
63128 121251
ぼうぎょ: 80
 
76145 148284
とくこう: 170
 
157244 310482
とくぼう: 95
 
90161 175317
すばやさ: 130
 
121200 238394
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

第1世代

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 25%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 200%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%

第2世代以降

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 25%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 25%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 50%

とくせいがふゆうの場合

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 25%
じめん: 0%
いわ: 100%
むし: 25%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第一世代 第二世代 第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
赤緑青黄 金銀ク RSE FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2 XY
1 したでなめる
あやしいひかり
ナイトヘッド
さいみんじゅつ
したでなめる
うらみ
さいみんじゅつ
したでなめる
うらみ
さいみんじゅつ
したでなめる
うらみ
さいみんじゅつ
したでなめる
うらみ
さいみんじゅつ
したでなめる
うらみ
5 うらみ うらみ うらみ
8 うらみ うらみ くろいまなざし くろいまなざし くろいまなざし
12 のろい のろい のろい
13 くろいまなざし くろいまなざし のろい
15 ナイトヘッド ナイトヘッド ナイトヘッド
16 のろい のろい ナイトヘッド
19 あやしいひかり あやしいひかり あやしいひかり
21 ナイトヘッド ナイトヘッド あやしいひかり
22 ふいうち ふいうち ふいうち
25 シャドーパンチ シャドーパンチ シャドーパンチ シャドーパンチ
28 しっぺがえし しっぺがえし しっぺがえし
29 さいみんじゅつ
31 あやしいひかり あやしいひかり ゆめくい
33 シャドーボール シャドーボール シャドーボール
38 ゆめくい
39 ゆめくい ゆめくい みちづれ ゆめくい ゆめくい ゆめくい
44 あくのはどう あくのはどう あくのはどう
45 シャドーボール
48 みちづれ みちづれ
50 みちづれ みちづれ みちづれ
53 あくむ
55 あくむ たたりめ たたりめ
61 あくむ あくむ
64 くろいまなざし

わざひでんマシンわざ

第一世代 第二世代 第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
赤緑青黄 金銀ク RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2 XY
わざマシン01 メガトンパンチ ばくれつパンチ きあいパンチ きあいパンチ
わざマシン02 ずつき
わざマシン03 のろい
わざマシン05 メガトンキック
わざマシン06 どくどく どくどく どくどく どくどく どくどく どくどく
わざマシン07 でんじほう
わざマシン08 のしかかり いわくだき
わざマシン09 とっしん じこあんじ ベノムショック ベノムショック
わざマシン10 すてみタックル めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ にほんばれ にほんばれ にほんばれ
わざマシン12 ちょうはつ ちょうはつ ちょうはつ ちょうはつ
わざマシン13 いびき
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン17 じごくぐるま まもる まもる まもる まもる まもる
わざマシン18 カウンター あまごい あまごい あまごい あまごい あまごい
わざマシン19 ちきゅうなげ ギガドレイン ギガドレイン ギガドレイン テレキネシス
わざマシン20 いかり こらえる
わざマシン21 メガドレイン やつあたり やつあたり やつあたり やつあたり やつあたり
わざマシン24 10まんボルト 10まんボルト 10まんボルト 10まんボルト 10まんボルト
わざマシン25 かみなり かみなり かみなり かみなり かみなり かみなり
わざマシン27 おんがえし おんがえし おんがえし おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール シャドーボール シャドーボール シャドーボール
わざマシン31 ものまね かわらわり かわらわり かわらわり かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン33 れいとうパンチ
わざマシン34 がまん いばる
わざマシン35 ゆびをふる ねごと
わざマシン36 じばく ヘドロばくだん ヘドロばくだん ヘドロばくだん ヘドロばくだん
わざマシン40 ロケットずつき
わざマシン41 かみなりパンチ いちゃもん いちゃもん いちゃもん いちゃもん
わざマシン42 ゆめくい ゆめくい からげんき からげんき からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる ねむる ねむる ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ メロメロ メロメロ メロメロ
わざマシン46 サイコウェーブ どろぼう どろぼう どろぼう どろぼう どろぼう
わざマシン47 だいばくはつ
わざマシン48 ほのおのパンチ スキルスワップ スキルスワップ りんしょう りんしょう
わざマシン49 よこどり よこどり
わざマシン50 みがわり あくむ
わざマシン52 きあいだま きあいだま きあいだま
わざマシン53 エナジーボール エナジーボール エナジーボール
わざマシン56 なげつける なげつける なげつける
わざマシン58 こらえる
わざマシン60 ドレインパンチ
わざマシン61 おにび おにび おにび
わざマシン63 さしおさえ さしおさえ さしおさえ
わざマシン64 だいばくはつ だいばくはつ だいばくはつ
わざマシン65 シャドークロー シャドークロー シャドークロー
わざマシン66 しっぺがえし しっぺがえし しっぺがえし
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ じこあんじ
わざマシン78 ゆうわく
わざマシン79 あくのはどう
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ まとわりつく
わざマシン84 どくづき どくづき どくづき
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい ゆめくい
わざマシン87 いばる いばる いばる
わざマシン88 ねごと
わざマシン90 みがわり みがわり みがわり
わざマシン92 トリックルーム トリックルーム トリックルーム
わざマシン94 いわくだき いわくだき
わざマシン97 あくのはどう
わざマシン98 グロウパンチ
わざマシン99 マジカルシャイン
わざマシン100 ないしょばなし
ひでんマシン04 かいりき かいりき かいりき かいりき かいりき かいりき
ひでんマシン06 いわくだき いわくだき

人から教えてもらえるわざ

第二世代 第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
FRLG E XD DP Pt HGSS BW B2W2 XY
メガトンパンチ × × × × × × × ×
ほのおのパンチ × × × × × ×
れいとうパンチ × × × × × ×
かみなりパンチ × × × × × ×
メガトンキック × × × × × × × ×
ずつき × × × × × × × × ×
のしかかり × × × × × × ×
すてみタックル × × × × × × ×
カウンター × × × × × × × ×
ちきゅうなげ × × × × × × ×
10まんボルト × × × × × × × × ×
ものまね × × × × × × ×
ゆびをふる × × × × × × × ×
じばく × × × × × × × × ×
ゆめくい × × × × × × ×
だいばくはつ × × × × × × × ×
みがわり × × × × × × ×
あくむ × × × × × × × × ×
いびき × × × × × ×
うらみ × × × × × × ×
こごえるかぜ × × × × × × ×
ギガドレイン × × × × × × × × ×
こらえる × × × × × × × × ×
いばる × × × × × × × ×
ねごと × × × × × × × ×
いたみわけ × × × × × × × ×
ばくれつパンチ × × × × × × × × ×
じこあんじ × × × × × × × × ×
さわぐ × × × × × × ×
トリック × × × × × × ×
なりきり × × × × × × × ×
はたきおとす × × × × × × ×
スキルスワップ × × × × × × × × ×
よこどり × × × × × × × × ×
ふいうち × × × × × × × ×
あくのはどう × × × × × × × × ×
ドレインパンチ × × × × × × × × ×
あやしいかぜ × × × × × × × ×
ワンダールーム × × × × × × × × ×
イカサマ × × × × × × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
赤・緑 × 出現しない Lv.XX ゴースト通信交換させる。
ハナダシティゴーリキー通信交換したゴースト進化する。
ピカ ゴースト通信交換させる。
金・銀・ク × 出現しない Lv.XX ゴースト通信交換させる。
R・S・E × 出現しない - -
FR・LG Lv.XX ゴースト通信交換させる。
D・P Lv.16 もりのようかん
(2F・右から2つ目の部屋「赤い目の部屋」)
【ダブルスロット:R/S/E/FR/LG】
Lv.XX ゴースト通信交換させる。
Pt Lv.17
HG・SS × 出現しない
B・W × 出現しない Lv.XX ゴースト通信交換させる。
B2・W2
X・Y × 出現しない Lv.XX ゴースト通信交換させる。

持っているアイテム

ファイアレッド・リーフグリーン
のろいのおふだ (5%)

備考

  • ポケモンずかんの色:紫
  • 色違いのメガゲンガーは白色。
  • 第六世代ではメガゲンガーと呼ばれる新フォルムが登場。メガシンカすると特性がかげふみになり、じめんタイプの技が弱点となる。
  • シルエットがピクシーにそっくりであることや、ノーマル(第5世代まで)とゴーストというお互いに打ち消し合うタイプであることから、ゲンガーはピクシーのドッペルゲンガーだという裏設定があるのではないかと言われている。
  • ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊では「イジワルズ」のリーダーとしてアーボチャーレムと共に登場。ストーリー内で重要な役割を持つポケモンの1匹である。
  • このポケモンを考案した人が「なかはしこうよう」という人物で、その方が亡くなった哀悼の意味を込めてこのポケモンを作ったと言われる都市伝説が存在する。

アニメにおけるゲンガー

マンガにおけるゲンガー

ポケモンカードにおけるゲンガー

ゲンガーの歴史

第一世代

キクコのポケモンとしても有名で、ポケモンリーグ初期から活躍していた。 ねむりは初代では最大7ターンも行動不能で、しかもさいみんじゅつを最速で使えるということから、当初は誰もがパーティに入れる人気ぶり。 すばやさとくしゅはかなりのものだが、使える技はサイコキネシス10まんボルトナイトヘッドと不一致ばかり(ナイトヘッドは一致技だが固定ダメージ)で火力はやや低い。 しかし特殊耐久は高く、物理耐久はないがタイプの性質上、はかいこうせんが効果なしなので交代出しがしやすい。 長期戦の天敵であるどくどくも無効にできるのは良いが、じしんを覚えたケンタロスが来てからはその低い物理耐久が大きく響いた。

有名なさいみんじゅつ+ゆめくいのコンボは上級者同士では決まりにくいが、だいばくはつを覚えるため攻撃は低いが意表を突くのには最適。 第一世代はエスパーの独壇場だったので弱点も突かれやすかったが、さいみんじゅつだけでも互角に渡り合えたのでかなりの強さを誇った。

第二世代

ステータスの仕様変更に伴い、高かったとくしゅとくこうとくぼうに分かれ、その結果とくぼうが大幅に減少し特殊耐久がガタ落ちに。 ミュウツーサイコキネシスですら二発分の耐久だったものが、ナッシーのサイコキネシスですら最悪一発で落ちるようになった。

はがねあくの新タイプ及び技の追加という点では、あくの追加により天敵のエスパーが減ったことでほとんど足かせとなっていたどくタイプのデメリットが少し緩和された。しかし、その新タイプあくが弱点にもなっており、一長一短。また、タイプ一致のゴースト技が普及したが、メイン技になるはずのシャドーボールは(当時は)物理技のためゲンガーには使いこなせないどころか、エスパー対策として多くのポケモンがサブ技に持つことが多かったためあおりを食らうはめになった。 覚える技としては、新たにほのおのパンチれいとうパンチかみなりパンチが加わったが、急所率の仕様変更もあってかサイコキネシスと共に不一致だったため火力は並程度。 他のポケモンの覚える技にも追加が合ったせいで第一世代最速のさいみんじゅつ使いの座は、第二世代ではペルシアンに明け渡すことになった。 とはいえ、第一世代ではさいみんじゅつに頼りきりという型が多かったため、ねむる+ねごとのコンボの大流行によりさいみんじゅつに頼った型では勝てなくなっていたことも事実。

第二世代になりしばらく経つとくろいまなざし+ほろびのうた+みちづれの型が登場した。これはカビゴン対策にもなるが、カビゴンはじしんを覚えるていることもあるので、ゴースト新入りのムウマと違ってどくタイプのせいで受けきれないことも多かった。

総括して第二世代では強化より弱体化の面が目立つ。補助技で嫌がらせをしつつ、強化されただいばくはつみちづれで共倒れ狙いが第二世代のゲンガーの仕事か。 ただし型が増え、初代よりも確実に読みにくくなったという点では強化と言っていいだろう。

第三世代

ふゆうという特性を手に入れ、じしんなどのじめん技が無効になったため、弱点は実質エスパーゴーストあくのみになった。 更にちょうはつよこどりなども手に入れて、嫌がらせにもバリエーションが増えた。 シャドーパンチどくタイプの一致技ヘドロばくだんも手にしたが、どちらも物理技だったためあまり使えなかった。

第四世代

技の仕様変更により一致技のシャドーボールヘドロばくだんが特殊化したことにより第三世代から大幅に強化されて再び採用率が上昇した。 更にエナジーボールきあいだまこごえるかぜあくのはどうなども入手。補助技にはおにびトリックも追加された。 くろいヘドロを持たせてみがわり+かなしばりあやしいかぜふいうちきあいのタスキからのカウンターなども手にし、ますます器用になった。

ちなみに、DPでは初代で流行っていたさいみんじゅつ+ゆめくいのコンボが再度流行ったが、プラチナですぐにピークが過ぎてしまった。

第五世代

第五世代はゲンガー自体に強弱の変動は小さく、しいて言うならだいばくはつが仕様変更で弱体化したことぐらいか(仮に弱体化してなかったとしても、ゲンガーは攻撃が低いので元々火力不足だったとは言えるが)。 相手が状態異常のときに与えるダメージが増えるたたりめベノムショックが登場。第二世代から覚えていたギガドレインは強化され、ポケモンドリームワールドではヘドロウェーブも手に入れた。 しかし対戦環境にインフレ化の波が押し寄せたため、弱体化したわけではないにも関わらず採用率は以前と比べて低下してしまった。

第六世代

メガシンカするポケモンの一体となった。 フェアリータイプの追加に伴いマジカルシャインを習得可能となった他、どく技がフェアリータイプに抜群を取れるようになっている。その他はがねタイプの相性変更により、攻撃範囲が広くなった。 反面、サブウェポンとしての採用率が高かった10まんボルトなどの威力が低下している。

一般的な育成論

高い特攻素早さを持ち、第一世代から人気のポケモン。第三世代からは特性としてふゆうを獲得し、弱点であるじめんタイプの技を無効化できるようになった。

攻撃技はシャドーボールをメインに、同じタイプ一致のどくタイプの技ヘドロばくだん、ゴースト技との補完が良いきあいだまやゴーストとどくとの相性が良いマジカルシャインがほとんどの場合サブに選択される。対竜やサポート用にこごえるかぜ、ポケモンドリームワールド限定のヘドロウェーブを採用することもある。その他10まんボルトかみなりサイコキネシスエナジーボールなどがあるが、こだわりメガネを持っている等攻撃技で埋めきったものでしか採用されない。

変化技は多数持っており、汎用的に使えるものから専用の戦術が必要な物までいろいろなものがある。一般的なきあいのタスキ型で使うものならば高い素早さで先制発動からの相撃ちを狙えるみちづれ、汎用的な耐久型対策の他にみちづれの発動補助にもできるちょうはつ、物理アタッカー対策のおにび等これだけでも便利なものが多い。持ち物のくろいヘドロと合わせ交代に強くなるみがわりと、それを盾にしながら主要技を縛るかなしばり。相手がこだわりメガネなどで技を縛っていた場合や、火力の高い技をその戦術で使えなくすると、場合によっては試合を有利に運ぶこともできる。さいみんじゅつもかつていは代名詞であったが、ねむりの弱体化と低命中故に不安定さが祟っており、かなり特殊な使い方をしなければ技スペースを食うだけになりがち。

この他にも役割破壊として、きあいパンチふいうち等の物理技を覚えさせたり、きあいのタスキを持たせてカウンターを狙うなどもできるが、どれもマイナーなものである。第四世代以前はだいばくはつの採用もあったが、第五世代からの仕様変更によりほとんど使われなくなった。

メガゲンガー

特攻が大きく伸び、素早さを含めた他の能力も無駄なく上がる。素早さは130族にもなった。特性はかげふみになったので地面技が弱点になったが、それ以上に強力な戦術をとる事が出来る。

単なるアタッカーよりは変化技を用いた戦術で使われることが多い。特に凶悪なのは特性のかげふみほろびのうたのコンボで、これまでは2,3匹のポケモンでコンボを3ターンに場に居させるようにに仕掛けていたものをメガゲンガーは自身1体のみで完遂させることが出来る。第六世代からかなしばり+ほろびのうたの同時遺伝が可能になった為、シングルでも専用で組めば決まりやすくなっている(ただし滅びの歌の遺伝元となるムウマの解禁はポケムーバーまで待つ事となった)。

完全なコンボ用にせずとも、みちづれを交代でやり過ごす事がされなくなる、有利な相手を逃がさず倒すと言った単純な方法でも強い。おにびでやけどにした後、状態異常の相手に対して威力が上がるたたりめを逃がさずに打ち込めるのも通常ゲンガーには無いメリットである。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。