ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ドクロッグ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ドクロッグ
Dokurog
英語名 Toxicroak
全国図鑑 #454
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #130
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #291
セントラルカロス図鑑 #126
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 どくづきポケモン
タイプ どく
かくとう
たかさ 1.3m
おもさ 44.4kg
とくせい きけんよち
かんそうはだ
隠れ特性 どくしゅ
図鑑の色
タマゴグループ ひとがた
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 攻撃+2
基礎経験値
  • 第四世代: 181
  • 第五・第六世代: 172
  • 第七世代: 172
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 75
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ドクロッグとはぜんこくずかんのNo.454のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ダイヤモンドY
こぶしの トゲからは かすりきずでも いのちを おとすほどの もうどくを ぶんぴつしている。
(漢字)こぶしの トゲからは かすり傷でも 命を 落とすほどの 猛毒を 分泌する。
パール
どくぶくろで つくられた もうどくは うでの くだを とおって こぶしの トゲに おくられるのだ。
プラチナブラック・ホワイトX
のどもとに どくぶくろを もつ。のどを ならすと たまった どくは ねりこまれ きょうりょくになる。
(漢字)のど元に 毒袋を 持つ。のどを 鳴らすと たまった 毒は 練り込まれ 強力になる。
ハートゴールド・ソウルシルバー
やわらかい からだで あいての こうげきを かわしながら ふところに とびこみ どくの トゲを つきさす。
ブラック2・ホワイト2
ドクロッグが たたかいの まえに のどを ならすのは どくぶくろに ためこんだ どくを ねりこむためだ。
(漢字)ドクロッグが 戦いの 前に のどを 鳴らすのは 毒袋に ためこんだ 毒を 練りこむためだ。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 83
 
143 - 190 276 - 370
こうげき 106
 
99 - 173 195 - 342
ぼうぎょ 65
 
63 - 128 121 - 251
とくこう 86
 
81 - 151 159 - 298
とくぼう 65
 
63 - 128 121 - 251
すばやさ 85
 
81 - 150 157 - 295
合計 490
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 50%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 25%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 400%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

とくせいのかんそうはだでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 50%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 25%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 125%
みず: 0%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 400%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 50%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 400%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

とくせいかんそうはだでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 50%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 400%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 125%
みず: 0%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 25%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ドクロッグ/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 おどろかす ゴースト 物理 30 100% 15
1 どろかけ じめん 特殊 20 100% 10
1 どくばり どく 物理 15 100% 35
3 どろかけ じめん 特殊 20 100% 10
8 どくばり どく 物理 15 100% 35
10 ちょうはつ あく 変化 100% 20
15 おいうち あく 物理 40 100% 20
17 だましうち あく 物理 60 —% 20
22 リベンジ かくとう 物理 60 100% 10
24 いばる ノーマル 変化 85% 15
29 どろばくだん じめん 特殊 65 85% 10
31 ふいうち あく 物理 70 100% 5
36 ベノムショック どく 特殊 65 100% 10
41 わるだくみ あく 変化 —% 20
49 どくづき どく 物理 80 100% 20
54 ヘドロばくだん どく 特殊 90 100% 10
58 ゲップ どく 特殊 120 90% 10
62 おだてる あく 変化 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン08 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
わざマシン09 ベノムショック どく 特殊 65 100% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン34 ヘドロウェーブ どく 特殊 95 100% 10
わざマシン36 ヘドロばくだん どく 特殊 90 100% 10
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン41 いちゃもん あく 変化 100% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン46 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン47 ローキック かくとう 物理 65 100% 20
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン63 さしおさえ あく 変化 100% 15
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン75 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン81 シザークロス むし 物理 80 100% 15
わざマシン84 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン97 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[307][308] つぼをつく ノーマル 変化 —% 30
[107][675] バレットパンチ はがね 物理 40 100% 30
[107][237][448][539] カウンター かくとう 物理 100% 20
[066][067][068] クロスチョップ かくとう 物理 100 80% 5
[619][620] ドレインパンチ かくとう 物理 75 100% 10
[066][067][068][532][533][534] ばくれつパンチ かくとう 物理 100 50% 5
[296][297][302][619][620] ねこだまし ノーマル 物理 40 100% 10
[106][107][237][307][308][391]
[392][448]
フェイント ノーマル 物理 30 100% 10
[096][097][605][606] ずつき ノーマル 物理 70 100% 15
[448] さきどり ノーマル 変化 —% 20
[096][097][106][122][307][308]
[619][620]
ヨガのポーズ エスパー 変化 —% 40
[107][237][122][448][539][619] ファストガード かくとう 変化 —% 15
[296][297] きつけ ノーマル 物理 70 100% 10
[107] しんくうは かくとう 特殊 40 100% 30
[066][067][068][296][297][532]
[533][534]
めざましビンタ かくとう 物理 70 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
とびはねる ひこう 物理 85 85% 5 -
ドレインパンチ かくとう 物理 75 100% 10 -
ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90% 15 -
きあいパンチ かくとう 物理 150 100% 20 -
イカサマ あく 物理 95 100% 15 -
ダストシュート どく 物理 120 80% 5 -
てだすけ ノーマル 変化 —% 20 -
れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
はたきおとす あく 物理 65 100% 20 -
けたぐり かくとう 物理 100% 20 -
なりきり エスパー 変化 —% 10 -
よこどり あく 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
うらみ ゴースト 変化 100% 10 -
いかりのまえば ノーマル 物理 90% 10 -
じごくづき あく 物理 80 100% 15 -
かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
D・P Lv.22,24,26 だいしつげん(全国図鑑入手後、日替わり) Lv.37 グレッグルをレベルアップさせる。
Pt Lv.27-30
HG・SS × 出現しない Lv.37 グレッグルをレベルアップさせる。
B・W × 出現しない Lv.37 グレッグルをレベルアップさせる。
B2・W2 Lv.55 ヤグルマのもり(外部)
X・Y Lv.30 フレンドサファリ(どく) Lv.37 グレッグルをレベルアップさせる。
OR・AS × 出現しない - -
S・M × 出現しない - -
US・UM

持っているアイテム

ダイヤモンド・パールプラチナ
くろいヘドロ (5%)
ブラック2・ホワイト2
くろいヘドロ (5%)

備考

アニメにおけるドクロッグ

マンガにおけるドクロッグ

ポケモンカードにおけるドクロッグ

ドクロッグの歴史

第四世代

威力ないし奇襲性の高い攻撃技、攻撃技の一貫性、起点技、先制攻撃技などのおかげで、器用な立ち回り方ができた。当時は、シングルバトルでは クロスチョップダストシュートこごえるかぜちょうはつが、ダブルバトルではねこだまし、ちょうはつてだすけいかりのまえばが好まれた。一見クレセリアUMAトリオとの相性が最悪であるようだが、いのちのたまを持たせたいじっぱりドクロッグの場合、防御無補正で無振りのアグノムねこだましふいうちで確定で一方的に倒すことができ、そうでなくともねこだましでダメージを与えて交代先に繋げることが可能。対戦面で相手を選ぶが嫌らしい立ち回り方ができる点も然ることながら、進化前のグレッグルの孵化歩数が2805歩なので、厳選は非常に楽であった。HGSSカウンタータマゴ技として獲得。

WCS2009の優勝パーティの1体にも輝いており、雨パのアンチパーティと組まれたこのパーティでは、相手の用意したエンペルトでただ乗りしつつエンペルトとドクロッグのじめんの一貫性を活かしてボーマンダへの交代を安定させる「ドクロエンぺ」が特筆された。WCS2009優勝のドクロッグは、個体値がHP30、攻撃27、防御11、特攻22、特防26、素早さ31でめざめるパワーじめん)70の、エメラルドループでソフト起動から1分55秒でエンカウントすると生成される乱数ポケモンであるラティオス、いわゆる「1分55秒ラティオス」を基準にした調整であった。禁止伝説級を使用できるGSルールというフォーマットで行われたWCS2010ではカイオーガが出場可能であったため、需要に拍車がかかった。

第五世代

フェイントの仕様変更による実用化が面での主な変更点。ただ、この世代ではローブシン聖剣士などのより攻撃的なポケモンが増えてダメージレースが加速したため、これらのポケモンの前で火力も搦め手も中途半端な面が目立つようになった。ただ、エルフーンナットレイサザンドラなどのように比較的有利を取れるポケモンが環境で活躍しており、この点は追い風であった。一方かんそうはだ型があめふらしニョロトノを軸とした雨パに刺さり、ニョロトノを味方につけた「トノロッグ」構築にすると耐久型が安定した。

前世代の「ドクロエンぺ」は流動的かつ群雄割拠のダブルバトル環境では調整がピンポイントであることが祟って廃れていった。それでも、この世代に成立したトリプルバトルでは雨パなみのりパが主流であったため、それらに耐性のあるポケモンとしてそこそこ使用された。

第六世代

フェアリータイプの登場によってそれまで邪魔であったどくタイプが攻撃面で生きるようになった。ダストシュートの命中率上方修正も強化。しかし環境にファイアローが登場し、生半可なかくとうタイプのポケモンとして駆逐された。ファイアローに対しては素早さのラインの関係上優先度で並ぶ手段であるふいうちでは対処不能であり、せいぜいきあいのタスキからのカウンターで奇襲が決まれば良い方であった(ファイアローの持ち物の主流はこだわりハチマキなので、カウンター1発で落とせるケースもそこそこあった)。あめふらしの仕様変更による弱体化もあって、「トノロッグ」による耐久型も戦術として消滅した。

PGLレーティングバトル統計データからは、ドレインパンチビルドアップくろいヘドロを軸とした耐久型、ふいうちどくづきを軸としたきあいのタスキアタッカー型が主流であったとうかがえる。性格はアタッカーならいじっぱり、耐久型ならしんちょうがメインであった。

第七世代

ファイアローは弱体化によって環境から姿を消したが、こだわりスカーフを持たせたカプ・テテフという無理対面が重くのしかかり、さらにそれを意識して環境にスカーフ型が蔓延したため、ドクロッグ程度の素早さでは(元々スカーフ型がマイナーであったとは言え)もはやどんなポケモンにでも抜かれかねないほど不安なものになった。単純なところでは素早さの種族値40である同世代の苦手ポケモンの1体であるドサイドンだと、最速スカーフ型素早さの実数値151が最速ドクロッグの150を超えるため、(このような型を想定する価値があるかどうかは別として)如何にドクロッグの素早さが先手を取るのには不安定であるかがうかがえる。主戦場の1つであったトリプルバトルの廃止も痛い。単体構成の変化としては、フェアリータイプの普及によってバレットパンチの採用率が第六世代よりも上がっている。

単体では非常に心細くなったが、あめふらしペリッパーの登場によって、かつての相棒であったニョロトノが覚えないペリッパーのとんぼがえりを活かしてあめふらしの発動を繰り返しつつ、2匹の相性補完を活かしてかんそうはだ型の耐久戦法を行うというパーティも成立した。あめふらしの再発動にはドクロッグが場を離れる必要があるため一見ドクロッグのビルドアップとはアンチシナジーだが、サイクル戦を行っている間に相手の隙を作れば積み技によってやがてかんそうはだの発動を必要としなくなるほど固くなることもある。

一般的な育成論

どくかくとうという唯一の組み合わせを持つポケモン。エスパータイプは4倍弱点だが、かくとうタイプをどくタイプによって半減できるのが特徴。種族値は攻撃が高く、耐久は低い。他は平均なみの能力を持つ。物理アタッカーとしての育成が妥当。また、わるだくみを活用した特殊アタッカーも見受けられる。

物理技はクロスチョップドレインパンチダストシュートどくづきねこだましバレットパンチじしんストーンエッジなど。 特殊技はヘドロばくだんきあいだましんくうはシャドーボールあくのはどうなどが候補。

タイプの都合上エスパーには非常に弱いが、ふいうちである程度補える。しかし相手に読まれやすいので、ちょうはつみがわりなどを織り交ぜて戦うのが良い。また基本的にどくタイプの技に弱いタイプが少ないため、全てのタイプに等倍以上のダメージを与えられるかくとうタイプの技とふいうちだけで済ませる事も多い。

素早さの種族値が同じクレセリアカプ・レヒレは最速がほぼ存在しないため、性格はいじっぱりがベスト。

なお特性かんそうはだの存在や、プラチナ以降はかみなりパンチを新たに覚えられることから、対みずタイプとしての降臨や天候状態にすることでアドバンテージを得るパーティに採用されることもある。ただし、かんそうはだは天気が晴れの状態やほのおタイプの技に滅法弱いので注意が必要。もう一つの特性きけんよちは、弱点となる技、一撃必殺技を察知することで立ち回りを変えることができるが、みずタイプの技を無効化できるかんそうはだの方がずっと優秀なのでまず採用はされない。

隠れ特性はどくしゅである。どくづきを使わせれば高い確率でどく状態にできる。この場合は耐久型に育成してもいい。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ドクロッグ 毒、frog(英語:カエル)
英語 Toxicroak toxic,
ドイツ語 Toxiquak
フランス語 Coatox
韓国語 독개굴
中国語(普通話・台湾国語) 毒骷蛙
ポーランド語 Toxicroak 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。