ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

めざめるパワー

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
めざめるパワー
第二世代
タイプ ノーマル
分類 特殊
威力 不定(第五世代まで)
→60(第六世代)
命中率 100
PP 15
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
パレス たたかう
効果
単体を攻撃。使うポケモンの個体値によって威力とタイプが変わる。
めざめるパワー計算法参照
判定
わざマシン わざマシン10(第二世代以降)
アピールタイプ かしこさ
アピール(RSE) ♡♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
連続して使用してもペナルティを受けない。
アピール(DP)
アピール効果(DP)
自分の評価が1番低いと、ハートが3つ追加される。

めざめるパワーは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:つづけて だしても しんさいんに あきられずに アピール できる
  • 第四世代:じぶんの ポケモンの ひょうかが いちばん ひくいと +3される。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ わざマシン
金銀 金銀ク
フシギダネ ×
フシギソウ ×
フシギバナ ×
ヒトカゲ ×
リザード ×
リザードン ×
ゼニガメ ×
カメール ×
カメックス ×
バタフリー ×
スピアー ×
ポッポ ×
ピジョン ×
ピジョット ×
コラッタ ×
ラッタ ×
オニスズメ ×
オニドリル ×
アーボ ×
アーボック ×
ピカチュウ ×
ライチュウ ×
サンド ×
サンドパン ×
ニドラン♀ ×
ニドリーナ ×
ニドクイン ×
ニドラン♂ ×
ニドリーノ ×
ニドキング ×
ピッピ ×
ピクシー ×
ロコン ×
キュウコン ×
プリン ×
プクリン ×
ズバット ×
ゴルバット ×
ナゾノクサ ×
クサイハナ ×
ラフレシア ×
パラス ×
パラセクト ×
コンパン ×
モルフォン ×
ディグダ ×
ダグトリオ ×
ニャース ×
ペルシアン ×
コダック ×
ゴルダック ×
マンキー ×
オコリザル ×
ガーディ ×
ウインディ ×
ニョロモ ×
ニョロゾ ×
ニョロボン ×
ケーシィ ×
ユンゲラー ×
フーディン ×
ワンリキー ×
ゴーリキー ×
カイリキー ×
マダツボミ ×
ウツドン ×
ウツボット ×
メノクラゲ ×
ドククラゲ ×
イシツブテ ×
ゴローン ×
ゴローニャ ×
ポニータ ×
ギャロップ ×
ヤドン ×
ヤドラン ×
コイル ×
レアコイル ×
カモネギ ×
ドードー ×
ドードリオ ×
パウワウ ×
ジュゴン ×
ベトベター ×
ベトベトン ×
シェルダー ×
パルシェン ×
ゴース ×
ゴースト ×
ゲンガー ×
イワーク ×
スリープ ×
スリーパー ×
クラブ ×
キングラー ×
ビリリダマ ×
マルマイン ×
タマタマ ×
ナッシー ×
カラカラ ×
ガラガラ ×
サワムラー ×
エビワラー ×
ベロリンガ ×
ドガース ×
マタドガス ×
サイホーン ×
サイドン ×
ラッキー ×
モンジャラ ×
ガルーラ ×
タッツー ×
シードラ ×
トサキント ×
アズマオウ ×
ヒトデマン ×
スターミー ×
バリヤード ×
ストライク ×
ルージュラ ×
エレブー ×
ブーバー ×
カイロス ×
ケンタロス ×
ギャラドス ×
ラプラス ×
イーブイ ×
シャワーズ ×
サンダース ×
ブースター ×
ポリゴン ×
オムナイト ×
オムスター ×
カブト ×
カブトプス ×
プテラ ×
カビゴン ×
フリーザー ×
サンダー ×
ファイヤー ×
ミニリュウ ×
ハクリュー ×
カイリュー ×
ミュウツー ×
ミュウ ×
チコリータ ×
ベイリーフ ×
メガニウム ×
ヒノアラシ ×
マグマラシ ×
バクフーン ×
ワニノコ ×
アリゲイツ ×
オーダイル ×
オタチ ×
オオタチ ×
ホーホー ×
ヨルノズク ×
レディバ ×
レディアン ×
イトマル ×
アリアドス ×
クロバット ×
チョンチー ×
ランターン ×
ピチュー ×
ピィ ×
ププリン ×
トゲピー ×
トゲチック ×
ネイティ ×
ネイティオ ×
メリープ ×
モココ ×
デンリュウ ×
キレイハナ ×
マリル ×
マリルリ ×
ウソッキー ×
ニョロトノ ×
ハネッコ ×
ポポッコ ×
ワタッコ ×
エイパム ×
ヒマナッツ ×
キマワリ ×
ヤンヤンマ ×
ウパー ×
ヌオー ×
エーフィ ×
ブラッキー ×
ヤミカラス ×
ヤドキング ×
ムウマ ×
アンノーン Lv1 -
キリンリキ ×
クヌギダマ ×
フォレトス ×
ノコッチ ×
グライガー ×
ハガネール ×
ブルー ×
グランブル ×
ハリーセン ×
ハッサム ×
ツボツボ ×
ヘラクロス ×
ニューラ ×
ヒメグマ ×
リングマ ×
マグマッグ ×
マグカルゴ ×
ウリムー ×
イノムー ×
サニーゴ ×
テッポウオ ×
オクタン ×
デリバード ×
マンタイン ×
エアームド ×
デルビル ×
ヘルガー ×
キングドラ ×
ゴマゾウ ×
ドンファン ×
ポリゴン2 ×
オドシシ ×
バルキー ×
カポエラー ×
ムチュール ×
エレキッド ×
ブビィ ×
ミルタンク ×
ハピナス ×
ライコウ ×
エンテイ ×
スイクン ×
ヨーギラス ×
サナギラス ×
バンギラス ×
ルギア ×
ホウオウ ×
セレビィ ×

第三世代以降

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
RSE FRLG DP Pt HGSS BW BW2
ヤドキング × Lv1 Lv1
アンノーン Lv1 Lv1 Lv1
アサナン Lv18 Lv17 Lv15 Lv15
チャーレム Lv18 Lv17 Lv15 Lv15
ミノムッチ - Lv20 Lv20
ミノマダム - Lv20 Lv20
ガーメイル - Lv20 Lv20
カラナクシ - Lv16 Lv16
トリトドン - Lv16 Lv16
ユニラン - - Lv14
ダブラン - - Lv14
ランクルス - - Lv14
リグレー - - Lv22
オーベム - - Lv22

対戦

  • 理論上はどのポケモンでもノーマルタイプ以外の任意のタイプを選べるため、非常に便利。
  • 主にでんきくさタイプのように、メインのわざでは簡単に止められてしまい、かつサブウェポンが不足気味なポケモンが使うことが多い。
  • 他にも、メインウェポンと元々持つサブウェポンで一通りの相手に等倍以上が取れるものの、強く警戒する仮想敵の弱点を突くために使用する事もある。
  • こういった事情のために、殆どの場合タイプ不一致で使われる技だが、ごく稀にめいそうを採用しているヤミカラスや、こおりわざがふぶきしかないフロストロトムのように、タイプ一致技が(物理特殊が噛み合う中で)1つも存在しない、あるいは使いにくいために、めざパを自身のタイプに合わせるケースもある(第二世代以前はむしポケモンなど、比較的多くのポケモンにまともなメインウェポンが存在しなかったため、これに該当するケースは多かった)。
  • でんきタイプが対じめんタイプ対策にくさタイプやこおりタイプを選択する、あるいは強力なポケモンの多いドラゴンタイプ対策にこおりタイプ、はがねタイプ対策にほのお、ほのおやむしタイプ対策にいわを選択する使い方が有名。
  • とはいえ最高の威力ですらも70(第六世代は60固定)と、実戦で何とか使える程度の威力であるため、厳選の難しさも相まって極力この技に頼らずに済むならそれに越したことはない。
    • タイプ一致のメインウェポンは場合威力100~120クラスの技が使える事が殆どなので、等倍で通る相手の場合、タイプ一致補正込みで威力150~180にもなる。そうなるとめざパは弱点を突いても2倍弱点だと威力は実質的に140しか無いので意味が無い。つまり「メインウェポンが等倍だが4倍弱点を突ける相手」か「メインウェポンが半減以下にされてしまい、かつ2倍弱点以上を突ける相手」に限定して想定する技と言える。
  • 第六世代では威力60固定となり、厳選せずともテクニシャンとの相性が良くなった。だが、逆に言えば最大威力の70から減少したことで4倍での弱点を取っても一撃で倒せるポケモンが少なくなるともいえる。

厳選

  • この技を使うためにはポケモンをよりシビアに厳選しなければいけないのが欠点で、「ある程度高い能力なので採用する」といったような考えでは目的の能力や威力を出すことは困難。

第五世代まで

  • 自分の望む威力(普通は最高の70)・タイプを持つポケモンを手に入れるまで何度も捕獲や孵化を繰り返さなければならない。そのポケモンの個体値も高いものが欲しいとなればその作業は困難を極める。
  • 威力65以上を狙うなら特攻特防素早さの個体値を全て30・31(U・V)にすればよい。
  • ほのおかくとうエスパーいわタイプにしたい場合、素早さの個体値が偶数でなければならない=最高値の31に出来ないので、素早さ1の差を争うラインにいるポケモンの場合、これらのタイプは選びたくても選べないということがある。ただしほのおタイプに関しては、それを最大の弱点とするナットレイを始めとした強力なポケモンが対戦で台頭してきたため、素早さを犠牲にしてでも採用されるケースも多くなってきている。
    • 同様に、ほのお・みずくさ・かくとう・どくひこうタイプでは特攻を最大にできない、トリックルームのために素早さ個体値0にする場合は技の威力が64止まりになる、などと言う事もあるが、他のステータスは素早さと違ってたった1の差が明暗を分けるケースは多くないので、めざパ断念の理由にはならないことが多い。
  • こおりタイプに限っては、特攻・特防・素早さの3つが31になっていれば他のステータスの個体値がランダムでも3/8の確率で氷タイプになり、かつ威力も66以上が確定と、需要が高いタイプの中ではかなり厳選のハードルが低い。
  • 全ての個体値が最大(俗に言う6V)だと、タイプは必ずあくで威力は70になる。

第六世代

  • 威力の厳選をする必要が無くなったが、タイプは厳選しなければならず、個体値を31か30にする場合は第五世代までと厳選のスピードはあまり変わらない。なお、フェアリータイプのめざめるパワーは存在しない。

ポケモンカードゲームにおけるめざめるパワー

特殊な効果を持たない攻撃ワザとして登場する。

ポケモンごとに異なる効果を持つワザとしても登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるめざめるパワー

PPは12。効果範囲は正面の敵。ダンジョンに入るたびにタイプと威力が変わる。めざめるパワーを複数覚えていてもすべて同じタイプ・威力になる。

備考

関連項目