ポケモンWiki開設10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

とくせい

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

とくせい(特性)とは、ポケモンに定められた要素の1つ。第三世代から登場した。

概要

ポケモンの種類ごとに1種類から3種類のとくせいが定められており、そのうちのいずれか1種類を各ポケモンが持っている。2種類以上のとくせいを同時に持っているポケモンはいない。特性は特定の技が効かないなどバトルの際に有利な状況を作り出し、そのポケモンが強い理由は所持している特性が強いから、という例も少なくない。稀になまけスロースタートなどゲームバランスを保つためハンデとして与えられているものもある。

エメラルドからいくつかの特性はフィールドでも効果を持つようになった。育成関係や野生ポケモンの出現率を変動させるものが多い。

隠れ特性 (夢特性)

第五世代からは新たな特性としてかくれとくせいが追加された。

詳細は該当記事を参照。

特性の変化・変更

第四世代ポチエナ(にげあしはやあし)-グラエナ(いかく、はやあし)のように進化前と後でとくせいが異なる場合、にげあしのポチエナが進化するといかくのグラエナに、はやあしのポチエナが進化するとはやあしのグラエナとなる。

ただし、第四世代で特性が追加されたポケモンをパルパークを利用して第三世代から連れて来て進化させた場合、特性の規則に当てはまらないことがある(ポチエナを例にすると、第三世代ではにげあしのものしか存在せず、進化させてもいかくにしかならないが、このポチエナを第四世代(あるいは更にポケシフターを利用して第五世代)に移して進化させるといかくではなくはやあしになることがある)。この場合、進化させなければ元の特性のままである。

第六世代には、2つの通常の特性を持つポケモンに限り、とくせいカプセルによって、特性を変更させることができるようになった。ただし、隠れ特性のものを通常の特性に変更する、あるいは、通常の特性のものを隠れ特性に変更することはできない。

遺伝

第五世代の一部から、通常の特性、および隠れ特性の遺伝が可能になった。詳しくは遺伝#特性の遺伝を参照。

特性一覧

Category:とくせいを参照。

ポケモンカードゲームにおけるとくせい

ポケボディーポケパワー (特殊能力)、ときにはワザとしてもゲーム中のとくせいが登場する。

カードゲームで登場したものがゲームに登場した逆輸入の例もあり、中にはゲーム本編で特性という概念がまだ無い頃にカードゲームで登場したものも存在する。

ポケモンカードゲームBWでは新たに特性という要素が登場した。

ゲームではワザになっている物が特性や特殊能力になっている場合がある。また、その逆もある。(例:かいふくふうじギアチェンジなど)

ポケモン不思議のダンジョンにおけるとくせい

ポケモン不思議のダンジョンでも基本的なシステムは同じだが、一部とくせいは効果が変更されている他、ポケモン不思議のダンジョン独自の仕様として複数のとくせいをどちらも持っている。例えば、ドータクンであればたいねつふゆうのどちらのとくせいも持ち合わせている。

ポケモン超不思議のダンジョンではどちらか片方のとくせいのみ持つようになった。そのかわり、ルチャブルのわざカクトウーッ!ルチャメダルを消費して自由にとくせいを変更できるようになった。なお、かくれとくせいには変更することができない。

関連項目