ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

とくせい

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

とくせい(特性)とは、ポケモンに定められた要素の1つ。第三世代から登場した。

概要

ポケモンの種類ごとに1種類から3種類のとくせいが定められており、そのうちのいずれか1種類を各ポケモンが持っている(2種類以上のとくせいを同時に持っているポケモンはいない)。特定の技が効かないなどバトルの際に有利な状況を作り出すが、稀になまけスロースタートなどゲームバランスを保つためハンデとして与えられているものもある。

ポケットモンスターエメラルドからいくつかの特性はフィールドでも効果を持つようになった。育成関係や野生ポケモンの出現率を変動させるものが多い。

ポケモン不思議のダンジョンでは2種類の特性を同時に持ち合わせている場合もある。また、ゲームの仕様に合わせて効果が変更されているものもある。

隠れ特性(夢特性)

第五世代から、ポケモン一種類につき3種類目の特性が設定される場合もあらわれた。

この特性を持つポケモンは主にポケモンドリームワールドにて手に入るため、「夢特性」と言う通称が広まっているが、あくまで通称であり公式な呼称ではない。公式では「かくれとくせい(隠れ特性)」という名称になっている。後述の通り、ドリームワールド以外でも手に入れる方法はあるが、最も有名な方法がドリームワールドであるため、この呼称が広く使われている。

通常の方法では発生しないと言う点を除けば既存の特性と何ら変わらない。ポケモンが持つ特性は1つであり、合計で3種の特性があっても択一である。

ちなみに、ごく一部を除いて、データ上はほぼ全てのポケモンに夢特性が設定されている。ただし、設定されてはいるものの、既存の特性と同じもの、あるいは、効果が同じで名前が違うだけの互換特性を持っているポケモンも多数いる。特性ふゆうのポケモンはその代表例で、ほぼ全てが夢特性もふゆうのままである。

第五世代

第五世代で夢特性を持つポケモンを入手する方法は次のとおり。

ブラック・ホワイト単体では上記の2種類と、そこからタマゴを孵した、それぞれの進化前の計4種類以外のイッシュ地方の新ポケモンは、ポケモンドリームワールドでは入手不可である。しかし、現在はB2・W2との通信交換を経て入手は可能になっている。

第六世代

第六世代で夢特性を持つポケモンを入手する方法は次のとおり。

  • 群れバトルにて一定確率で出現するものを捕獲する。(X・Y)
  • 殿堂入り後に行くことができるフレンドサファリで3枠目を解放後に出現する夢特性持ち個体を捕獲する。(X・Y)
  • 野生のポケモンでまれに出現する。ずかんナビのレベルを上げることで確認できるようになる。(OR・AS)
  • 夢特性を持つポケモンを親にして、一定の条件でタマゴを作る。詳細は、遺伝#特性の遺伝参照。
  • ポケモンバンクを使用し、夢特性のポケモンを連れてきた場合とそのタマゴを産んだ場合。
  • 夢特性を持つポケモンが配布された際にふしぎなおくりものを通して受け取る。

夢特性持ちの野生ポケモンを入手したい場合、多くはフレンドサファリで捕獲可能だが、一部のポケモンは群れバトル限定で夢特性持ちの個体が出現する。(X・Y)

夢特性が第五世代から変更されたポケモンもいくつか存在する(ペンドラーシャンデラなど)。

入手できない夢特性のポケモン

第五世代で入手不可能な夢特性のポケモンが一部いる。第六世代から♀も捕獲可能になったものは太字(性別不明のポケモンも遺伝可能になったので同様に太字)、12/25配信予定のポケモンバンク開始以降可能になるものは斜体で、

♂のみ入手可能
夢特性未解禁

主人公は入手できないが、第六世代バトルハウスのトレーナーが未解禁特性のポケモン使ってくることがある。

特性の変化・変更

第四世代ポチエナ(にげあしはやあし)-グラエナ(いかく、はやあし)のように進化前と後でとくせいが異なる場合、にげあしのポチエナが進化するといかくのグラエナに、はやあしのポチエナが進化するとはやあしのグラエナとなる。

ただし、第四世代で特性が追加されたポケモンをパルパークを利用して第三世代から連れて来て進化させた場合、特性の規則に当てはまらないことがある(ポチエナを例にすると、第三世代ではにげあしのものしか存在せず、進化させてもいかくにしかならないが、このポチエナを第四世代(あるいは更にポケシフターを利用して第五世代)に移して進化させるといかくではなくはやあしになることがある)。この場合、進化させなければ元の特性のままである。

第六世代には、2つの通常の特性を持つポケモンに限り、とくせいカプセルによって、特性を変更させることができるようになった。ただし、夢特性のものを通常の特性に変更する、あるいは、通常の特性のものを夢特性に変更することはできない。

遺伝

第五世代の一部から、通常の特性、および夢特性の遺伝が可能になった。詳しくは遺伝#特性の遺伝を参照。

とくせい一覧

追加する際にはとくせいテンプレートを使ってください。

ポケモンカードゲームにおけるとくせい

ポケボディーポケパワー (特殊能力)、ときにはワザとしてもゲーム中のとくせいが登場する。

カードゲームで登場したものがゲームに登場した逆輸入の例もあり、中にはゲーム本編で特性という概念がまだ無い頃にカードゲームで登場したものも存在する。

ポケモンカードゲームBWでは新たに特性という要素が登場した。

ゲームではワザになっている物が特性や特殊能力になっている場合がある。また、その逆もある。(例:かいふくふうじギアチェンジなど)

関連項目