ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

とくせい

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

とくせい(特性)とは、ポケモンに定められた要素の1つ。第三世代から登場した。

概要

ポケモンの種類ごとに1種類から3種類のとくせいが定められており、そのうちのいずれか1種類を各ポケモンが持っている(2種類以上のとくせいを同時に持っているポケモンはいない)。特定の技が効かないなどバトルの際に有利な状況を作り出すが、稀になまけスロースタートなどゲームバランスを保つためハンデとして与えられているものもある。

ポケットモンスターエメラルドからいくつかの特性はフィールドでも効果を持つようになった。育成関係や野生ポケモンの出現率を変動させるものが多い。

ポケモン不思議のダンジョンでは2種類の特性を同時に持ち合わせている場合もある。また、ゲームの仕様に合わせて効果が変更されているものもある。

隠れ特性(夢特性)

第五世代から、ポケモン一種類につき3種類目の特性が設定される場合もあらわれた。

この特性を持つポケモンは主にポケモンドリームワールドにて手に入るため、「夢特性」と言う通称が広まっているが、あくまで通称であり公式な呼称ではない。公式では「かくれとくせい(隠れ特性)」という名称になっている。後述の通り、ドリームワールド以外でも手に入れる方法はあるが、最も有名な方法がドリームワールドであるため、この呼称が広く使われている。

通常の方法では発生しないと言う点を除けば既存の特性と何ら変わらない。ポケモンが持つ特性は1つであり、合計で3種の特性があっても択一である。

ちなみに、ごく一部を除いて、データ上はほぼ全てのポケモンに隠れ特性が設定されている。ただし、設定されてはいるものの、既存の特性と同じもの、あるいは、効果が同じで名前が違うだけの互換特性を持っているポケモンも多数いる。特性ふゆうのポケモンはその代表例で、ほぼ全てが隠れ特性もふゆうのままである。

第五世代

第五世代で隠れ特性を持つポケモンを入手する方法は次のとおり。

ブラック・ホワイト単体では上記の2種類と、そこからタマゴを孵した、それぞれの進化前の計4種類以外のイッシュ地方の新ポケモンは、ポケモンドリームワールドでは入手不可である。しかし、現在はB2・W2との通信交換を経て入手は可能になっている。

第六世代

第六世代で隠れ特性を持つポケモンを入手する方法は次のとおり。

  • 群れバトルにて一定確率で出現するものを捕獲する。
  • 殿堂入り後に行くことができるフレンドサファリで3枠目を解放後に出現する隠れ特性持ち個体を捕獲する。(X・Y)
  • 野生のポケモンで揺れる草むら、水しぶき、土煙の中に出現する。ずかんナビのサーチレベルを上げることで遭遇できるようになる。(OR・AS)
  • イベント入手(ORASのトクサネうちゅうセンターにいるカクレオン
  • 隠れ特性を持つポケモンを親にして、その種族のタマゴを作る。詳細は、遺伝#特性の遺伝参照。
  • ポケモンバンクを使用し、隠れ特性のポケモンを連れてきた場合とそのタマゴを産んだ場合。
  • 隠れ特性を持つポケモンが配布された際にふしぎなおくりものを通して受け取る。

フレンドサファリとずかんナビがあれば解禁済み隠れ特性の多くは野生個体を入手可能だが、メレシーなどX・Yの群れバトル限定で野生個体が入手可能な隠れ特性も存在する。

隠れ特性が第五世代から変更されたポケモンもいくつか存在する(ペンドラーシャンデラなど)。

入手できない隠れ特性のポケモン

隠れ特性自体はあるものの、正規の入手方法が存在しないポケモンや入手方法の限られたポケモンが一部存在する。第六世代の隠れ特性未解禁ポケモンはバトルハウスのトレーナーが使用している場合がある。第五世代で隠れ特性の入手方法に制限があるポケモンやXYの時点で隠れ特性が解禁されていなかったポケモンは以下の通り。

  • 第六世代の「タマゴ」は隠れ特性持ちの個体をメタモンと育て屋に預けてタマゴを孵化することによってのみ第六世代産の隠れ特性個体を新規に入手出来るポケモンである。
  • 「過去作限定」のポケモンは第六世代のインターネット大会の一部(ルールによっては使用可能な場合がある)やオメガルビー・アルファサファイアのレーティングバトルなどで隠れ特性の個体を使用できない。
No. ポケモン 特性 第五世代 第六世代
003 フシギバナ ようりょくそ 配布(♂のみ) サファリ(XY)
006 リザードン サンパワー 配布(♂のみ) サファリ(XY)
009 カメックス あめうけざら 配布(♂のみ) サファリ(XY)
144 フリーザー ゆきがくれ 入手不可 入手不可
145 サンダー せいでんき[注 1] 入手不可 入手不可
146 ファイヤー ほのおのからだ 入手不可 入手不可
154 メガニウム リーフガード 入手不可 配布(ポケモンバンク[注 2]
157 バクフーン もらいび 入手不可
160 オーダイル ちからずく 入手不可
243 ライコウ ちくでん 入手不可 入手不可
244 エンテイ もらいび 入手不可 入手不可
245 スイクン ちょすい 入手不可 入手不可
249 ルギア マルチスケイル ARサーチャー 過去作限定
250 ホウオウ さいせいりょく ARサーチャー 過去作限定
254 ジュカイン かるわざ 配布(♂のみ) タマゴ
257 バシャーモ かそく 配布(♂のみ) 配布(XY)
260 ラグラージ しめりけ 配布(♂のみ) タマゴ
377 レジロック がんじょう 入手不可 入手不可
378 レジアイス アイスボディ 入手不可 入手不可
379 レジスチル ライトメタル 入手不可 入手不可
389 ドダイトス シェルアーマー 配布(♂のみ) タマゴ
392 ゴウカザル てつのこぶし 配布(♂のみ) タマゴ
395 エンペルト まけんき 配布(♂のみ) タマゴ
483 ディアルガ テレパシー ARサーチャー 過去作限定
484 パルキア テレパシー ARサーチャー 過去作限定
485 ヒードラン ほのおのからだ 入手不可 入手不可
487 ギラティナ テレパシー ARサーチャー 過去作限定
495 ジャローダ あまのじゃく 入手不可 配布(ORAS)
497 エンブオー すてみ[注 3] 入手不可 配布(ORAS)
500 ダイケンキ シェルアーマー 入手不可 配布(ORAS)
512 ヤナッキー もうか 配布(♂のみ) サファリ(XY)
514 ヒヤッキー しんりょく 配布(♂のみ) サファリ(XY)
516 バオッキー げきりゅう 配布(♂のみ) サファリ(XY)
576 ゴチルゼル かげふみ 配布(♂のみ)[注 4] サファリ(XY)
599 ギアル クリアボディ 入手不可[注 5] サファリ(XY)[注 6]、マボロシの場所(ORAS)
609 シャンデラ すりぬけ[注 7] 入手不可 サファリ(XY)
637 ウルガモス むしのしらせ 入手不可 サファリ(XY)、マボロシの場所(ORAS)
641 トルネロス まけんき ARサーチャー 過去作限定
642 ボルトロス まけんき ARサーチャー 過去作限定
645 ランドロス ちからずく ARサーチャー 過去作限定
691 ドラミドロ てきおうりょく - 図鑑サーチ(OR)
697 ガチゴラス いしあたま[注 8] - 配布(ORAS)[注 9]
699 アマルルガ ゆきふらし - 配布(ORAS)[注 10]
  1. 第五世代ではひらいしんだったが第六世代で変更された。
  2. ポケモンバンクに対して3匹まとめて配信される。受け取りはXY/ORASどちらでも可能。
  3. ポカブの隠れ特性はあついしぼうで、進化させると特性がすてみになる。
  4. ゴチミル♂のみの配布。隠れ特性のゴチムは入手できない。
  5. 進化後のギギアルは入手可。隠れ特性のギアルが入手できない。
  6. 進化後のギギアルがフレンドサファリに出現する。
  7. 第五世代ではかげふみ(入手不可)だったが第六世代で変更された。
  8. チゴラスの隠れ特性はがんじょうで、進化させると特性がいしあたまになる。
  9. 進化前のチゴラスが、2015年1月に行われた公式大会の参加賞として配布された。
  10. 進化前のアマルスが、2015年3月に行われた公式大会の参加賞として配布された。

特性の変化・変更

第四世代ポチエナ(にげあしはやあし)-グラエナ(いかく、はやあし)のように進化前と後でとくせいが異なる場合、にげあしのポチエナが進化するといかくのグラエナに、はやあしのポチエナが進化するとはやあしのグラエナとなる。

ただし、第四世代で特性が追加されたポケモンをパルパークを利用して第三世代から連れて来て進化させた場合、特性の規則に当てはまらないことがある(ポチエナを例にすると、第三世代ではにげあしのものしか存在せず、進化させてもいかくにしかならないが、このポチエナを第四世代(あるいは更にポケシフターを利用して第五世代)に移して進化させるといかくではなくはやあしになることがある)。この場合、進化させなければ元の特性のままである。

第六世代には、2つの通常の特性を持つポケモンに限り、とくせいカプセルによって、特性を変更させることができるようになった。ただし、隠れ特性のものを通常の特性に変更する、あるいは、通常の特性のものを隠れ特性に変更することはできない。

遺伝

第五世代の一部から、通常の特性、および隠れ特性の遺伝が可能になった。詳しくは遺伝#特性の遺伝を参照。

とくせい一覧

追加する際にはとくせいテンプレートを使ってください。

ポケモンカードゲームにおけるとくせい

ポケボディーポケパワー (特殊能力)、ときにはワザとしてもゲーム中のとくせいが登場する。

カードゲームで登場したものがゲームに登場した逆輸入の例もあり、中にはゲーム本編で特性という概念がまだ無い頃にカードゲームで登場したものも存在する。

ポケモンカードゲームBWでは新たに特性という要素が登場した。

ゲームではワザになっている物が特性や特殊能力になっている場合がある。また、その逆もある。(例:かいふくふうじギアチェンジなど)

関連項目