ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ドサイドン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ドサイドン
Dosidon
英語名 Rhyperior
全国図鑑 #464
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #188
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #052
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #178
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #266
分類 ドリルポケモン
タイプ じめん
いわ
たかさ 2.4m
おもさ 282.8kg
とくせい ひらいしん
ハードロック
隠れ特性 すてみ
図鑑の色
タマゴグループ かいじゅう
りくじょう
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 こうげき+3
基礎経験値
  • 第四世代: 217
  • 第五・第六世代: 241
  • 第七世代: 241
  • 第八世代: 268
最終経験値 1250000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 30
初期なつき度
III~VII
70
初期なかよし度
VIII
50
外部サイトの図鑑

ドサイドンとはぜんこくずかんのNo.464のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ダイヤモンド・パールYアルファサファイア
いわを てのひらの あなに つめて きんにくの ちからで はっしゃする。 まれに イシツブテを とばす。
(漢字) 岩を 手のひらの 穴に つめて 筋肉の 力で 発射する。 まれに イシツブテを 飛ばす。
プラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
きんにくを ちからを こめて しゅんかんてきに ふくらませることで てにした いしを ふんしゅつできる。
(漢字) 筋肉を 力を 込めて 瞬間的に ふくらませることで 手にした 石を 噴出できる。
ハートゴールド・ソウルシルバーXオメガルビー
てのひらの あなから イシツブテを はっしゃ。 ぜんしんの プロテクターは かざんの ふんかにも たえられる。
(漢字) 手のひらの 穴から イシツブテを 発射。 全身の プロテクターは 火山の 噴火にも 耐えられる。
ソード
ての あなに いわや ダンゴロを つめて はっしゃ。 そうてんできる かずは かたうでに つき 3つ。
(漢字) 手の 穴に 岩や ダンゴロを 詰めて 発射。 装填できる 数は 片腕に つき 3つ。
シールド
プロテクターで こうげきを はじき あいてが ひるんだ ところを じまんの ドリルで つらぬく。
(漢字) プロテクターで 攻撃を 弾き 相手が ひるんだ ところを 自慢の ドリルで つらぬく。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 115
 
175 - 222 340 - 434
こうげき 140
 
130 - 211 256 - 416
ぼうぎょ 130
 
121 - 200 238 - 394
とくこう 55
 
54 - 117 103 - 229
とくぼう 55
 
54 - 117 103 - 229
すばやさ 40
 
40 - 101 76 - 196
合計 535
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 50%
かくとう: 200%
ひこう: 50%
どく: 25%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 50%
みず: 400%
くさ: 400%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいのハードロックでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 50%
かくとう: 150%
ひこう: 50%
どく: 25%
じめん: 150%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 150%
ほのお: 50%
みず: 300%
くさ: 300%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 150%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいのひらいしんでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 50%
かくとう: 200%
ひこう: 50%
どく: 25%
じめん: 200%
いわ: 50%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 50%
みず: 400%
くさ: 400%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%


さかさバトル

ノーマル: 200%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 400%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 25%
くさ: 25%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいひらいしんでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 200%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 400%
じめん: 50%
いわ: 200%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 200%
みず: 25%
くさ: 25%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

とくせいハードロックでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 150%
かくとう: 50%
ひこう: 150%
どく: 300%
じめん: 50%
いわ: 150%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 150%
みず: 25%
くさ: 25%
でんき: 150%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ドサイドン/第七世代のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第八世代 (その他の世代: 4-67)
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 アームハンマー かくとう 物理 100 90% 10
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 しっぽをふる ノーマル 変化 100% 30
1 うちおとす いわ 物理 50 100% 15
1 じならし じめん 物理 60 100% 20
15 つのでつく ノーマル 物理 65 100% 25
20 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
25 ふみつけ ノーマル 物理 65 100% 20
30 ロックブラスト いわ 物理 25 90% 10
35 ドリルライナー じめん 物理 80 95% 10
40 とっしん ノーマル 物理 90 85% 20
47 じしん じめん 物理 100 100% 10
54 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
61 メガホーン むし 物理 120 85% 10
68 つのドリル ノーマル 物理 30% 5
75 がんせきほう いわ 物理 150 90% 5
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代 (その他の世代: 4-67)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン00 メガトンパンチ ノーマル 物理 80 85% 20
わざマシン01 メガトンキック ノーマル 物理 120 75% 5
わざマシン02 ネコにこばん ノーマル 物理 40 100% 20
わざマシン03 ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15
わざマシン04 れいとうパンチ こおり 物理 75 100% 15
わざマシン05 かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15
わざマシン08 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン15 あなをほる じめん 物理 80 100% 10
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン22 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン23 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン26 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
わざマシン27 こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15
わざマシン31 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン32 すなあらし いわ 変化 —% 10
わざマシン33 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン34 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン36 うずしお みず 特殊 35 85% 15
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン41 てだすけ ノーマル 変化 —% 20
わざマシン43 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン48 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン53 マッドショット じめん 特殊 55 95% 15
わざマシン54 ロックブラスト いわ 物理 25 90% 10
わざマシン57 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン59 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン64 ゆきなだれ こおり 物理 60 100% 10
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン66 かみなりのキバ でんき 物理 65 95% 15
わざマシン67 こおりのキバ こおり 物理 65 95% 15
わざマシン68 ほのおのキバ ほのお 物理 65 95% 15
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン81 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン96 スマートホーン はがね 物理 70 —% 10
わざマシン97 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざマシン98 じだんだ じめん 物理 75 100% 10
わざマシン99 ワイドブレイカー ドラゴン 物理 60 100% 15
わざレコード00 つるぎのまい ノーマル 変化 —% 20
わざレコード01 のしかかり ノーマル 物理 85 100% 15
わざレコード02 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざレコード03 ハイドロポンプ みず 特殊 110 80% 5
わざレコード04 なみのり みず 特殊 90 100% 15
わざレコード05 れいとうビーム こおり 特殊 90 100% 10
わざレコード06 ふぶき こおり 特殊 110 70% 5
わざレコード08 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざレコード09 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざレコード10 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざレコード15 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード21 きしかいせい かくとう 物理 100% 15
わざレコード24 げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード28 メガホーン むし 物理 120 85% 10
わざレコード31 アイアンテール はがね 物理 100 75% 15
わざレコード32 かみくだく あく 物理 80 100% 15
わざレコード35 さわぐ ノーマル 特殊 90 100% 10
わざレコード39 ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5
わざレコード46 てっぺき はがね 変化 —% 15
わざレコード57 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざレコード62 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10
わざレコード64 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざレコード67 だいちのちから じめん 特殊 90 100% 10
わざレコード70 ラスターカノン はがね 特殊 80 100% 10
わざレコード74 アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15
わざレコード75 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざレコード76 ステルスロック いわ 変化 —% 20
わざレコード79 ヘビーボンバー はがね 物理 100% 10
わざレコード87 ドリルライナー じめん 物理 80 95% 10
わざレコード88 ヒートスタンプ ほのお 物理 100% 10
わざレコード94 10まんばりき じめん 物理 95 95% 10
わざレコード99 ボディプレス かくとう 物理 80 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代 (その他の世代: 4-67)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[831][832] ガードシェア エスパー 変化 —% 10
[263G][264G][448][749][750][813]
[814][815][819][820][833][834]
[862]
カウンター かくとう 物理 100% 20
[329][330][633][634][635][841]
[886][887]

[004][694][780][843]
ドラゴンダイブ* ドラゴン 物理 100 75% 10
[079][079G][324][712][713] のろい ゴースト 変化 —% 10
[863] メタルバースト はがね 物理 100% 10
[007][008][009][713][844] ロケットずつき ノーマル 物理 130 100% 10
[834] ロックカット いわ 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代 (その他の世代: 4-67)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
D・P・Pt × 出現しない Lv.XX サイドンプロテクターを持たせて通信交換させる。
HG・SS
B × 出現しない - -
W × 出現しない Lv.XX サイドンプロテクターを持たせて通信交換させる。
B2・W2
X・Y × 出現しない Lv.XX サイドンプロテクターを持たせて通信交換させる。
OR・AS
S・M × 出現しない Lv.XX サイドンプロテクターを持たせて通信交換させる。
US・UM


隠れ特性の入手方法

BW
PDW(ごつごつ山): サイホーン
B2W2
ルリ・テツと交換する。
XY
フレンドサファリ(いわ): サイドン
ORAS
サファリゾーン: サイホーン
SM/USUM
なし

備考

アニメにおけるドサイドン

マンガにおけるドサイドン

ポケットモンスターSPECIALにおけるドサイドン

ポケモンカードにおけるドサイドン

ドサイドンの歴史

第四世代

ハードロックの存在による折り紙付きの物理耐久があったが、ポケモンリーグ2007を始めとする当時の通常レギュレーションによるダブルバトルではミロカロスが重く、それほど活躍していなかった。

それでも、WCS2009マスターカテゴリでは準優勝メンバーに入る実績を残している。

2009年頃の関東のオフ会シングルバトルではよく入っていたユキノオーギャラドススイクンに簡単に落とされるので非常に弱かったが、同時期のバトレボ環境では余りにもファイヤーカビゴンサンダーが増えていたためそれらに強いドサイドンは重宝された。イバンのみが解禁されるとこらえる+イバンのみ型が成立し、素早さで負けていても1回だけならその不利を覆すことができた。

第五世代

ドリルライナー、ドラゴンテールを習得。さらにロックブラストの命中率が80から90に上方修正された。教え技化前からドリルライナーを使える数少ないポケモンであったため、ダブルバトルでのじしんの威力分散を嫌うなら一考の余地があった。BW期にはひらいしんと合わせればダブルバトルにおける他のポケモンとの差別化ができた。しかしくさタイプの技威力見直しによる強化、あめふらしニョロトノの登場による雨パの隆盛から第四世代よりも弱体化し、上から叩かれて確定1発とされるケースが増えた。

ムシャーナトリックルームでサポートしつつじしんの味方を巻き込むデメリットをムシャーナのテレパシーで帳消しにするトリパコンビ「ムシャドサイ」がダブルバトルで発祥した。

BW2終期に流行していたこだわりハチマキ+しんそく型のカイリューにはしんそくに対する耐性とこの世代で強化されたロックブラストを使ってのマルチスケイル潰しによって強気に出ることができた。

第六世代

マリルリが環境上位となったことで、環境的には非常にきつくなった。いわゆるいじっぱりHA個体のマリルリはらだいこからのアクアジェットをいじっぱりAD振り個体のドサイドンが受けた場合、ハードロックの補正込みで低乱数だが1発で落ちてしまう計算となった。マリルリ以上にきつかったのがウォッシュロトムであり、これはめぼしいみず一致メインウエポンで上から確定1発であった。それでも、とつげきチョッキの登場によって、半端な役割破壊には屈しない面を見せることができるようにはなったし、耐性の脆さを活かしてじゃくてんほけんで返すことも可能になった。例えば、ひかえめウォッシュロトムハイドロポンプを特殊耐久特化のとつげきチョッキ型ドサイドンが受けた場合は確定2発に抑えられる。ファイアローに対する受けと潰しを行えるポケモンとしても一定の需要があった。

PGLレーティングバトル統計データからは、少なくともORAS発売後はXYリーグ、ORASリーグ共にじしんれいとうパンチロックブラストが主流となったことがうかがえる。性格いじっぱりが大半であり、その他はわんぱくゆうかんが比較的比率を伸ばした。持ち物はとつげきチョッキがメインであり、サブはゴツゴツメットこだわりハチマキじゃくてんほけんであった。

ORASリーグトリプルバトルではLv1ドードーのがむしゃらで削りを入れつつ、くろいきりつぼをつくでサポートすることでドサイドンとドラミドロの破壊力を活かし、汎用サポート手段にダークホールこのゆびとまれを覚えたドーブルを投入した「ドドドードドードドー」が成立。トリックルーム要員としてはブルンゲルが、サブフィニッシャーとしてはメガガルーラが投入される構築でもあった。実際、同リーグ同バトルのPGL統計データにドードーの同時エントリー率が表示されているシーズンでは常に、1位から順にドラミドロ、ブルンゲル、ドサイドン、ドーブル、ガルーラの順に名前が挙がっていた。

シングルバトルではドサイドンで物理を受け、メガフシギバナ特殊を受け、上から叩く要員としてファイアローを取り入れた上で、三者の相性補完を活かした「ドサイバナアロー」が一定数使われた。

目立った使用実績としてはORASリーグシーズン10ローテーションバトルで使用率26位を記録している。ファイアローガルーラの一致メインウエポンを半減で受けるのがそちらでの主な仕事であった。

第七世代

ファイアローが環境から姿を消したことでメタを張る相手が1体消滅したが、今度はカプ・コケコミミッキュに対する解答としてポツポツと利用されるようになった。クサZで強化されたソーラービームの普及という向かい風はあるが、新たな砂パの相方としてバンギラスよりも耐性に優れる上に天候合戦に強いギガイアスを手に入れた。ギガイアスとドサイドンを並べ、すなおこしで両者の特防を底上げし、じゃくてんほけんととつげきチョッキによってバトルを有利に進める「ギガドサイ」がダブルバトルでは成立した。シングルバトルではポリゴン2ミミッキュをトリパの始動役としつつ、サイクルを回して隙を作りつつ、フィニッシャーのドサイドンを場に出すという「ポリドサイミミッキュ」が成立。

単体構成としてはイワZを持たせてがんせきほうを奇襲する型が成立。USUMリーグでは積みサイクル全盛時代の到来を受けてつるぎのまい採用型が比較的多くなり、代わりにミミッキュに流されやすいつのドリルは若干下火になっている。一見受けた相手が居座っても交代しても美味しいサイクル戦のお供と言えるがんせきふうじは、元々の素早さの種族値が低い上に攻撃と耐久に全振りが必須レベルでありトリパで使えるスペックでもあるドサイドンには候補外。

仮想敵の1体であるミミッキュを見るなら防御に努力値を厚く振った方が良い。物理耐久に完全特化した型も見られるようになり、こうなるとつるぎのまいを1回積んだいじっぱり型のじゃれつくも確定3発に抑えられる。

がんせきほうについては、わんぱくドサイドンがイワZでZワザ化して打った場合、いかくが1回入った状態であっても物理耐久完全特化型のメガボーマンダに対して最低乱数で72.2%のダメージを与えることができ、これはステルスロックダメージ込みで確定1発の計算である。

すごいとっくんの登場によって、XD産てだすけサイドンを進化させた個体を幾分か実戦投入しやすくなったが、第三世代からの長大な輸送経路を設けることや過去作解禁の対戦フォーマットを選ぶことはもちろん必要であるし、実際XD産が解禁されたフォーマットでもてだすけは少なくともドサイドンの技として上位に挙がることはない。

一方、2018年2月に行われたシンオウ図鑑限定戦の『バトル オブ シンオウ』では、マリルリ、ミロカロス、ウォッシュロトムが重いため、各カテゴリで使用率ベスト30選外。

主戦場の1つであったローテーションバトルは廃止されたが、元々シングルバトルでそれなりに使われていたドサイドンにとってこれは痛手とは言い難い。

第八世代

コオリッポの登場によって対策ポケモンとして名乗りを上げた。はらだいこ前アイスフェイス状態コオリッポのアクアブレイク程度ではいのちのたまを持っていたとしてもHP努力値252振りのドサイドンは確定2発であり、こだわりハチマキを持ったロックブラストで返せば、3発命中で耐久無振りの場合は確定で処理できる。

ただ、おにび型のドラパルトが余りにも多くなり、素の特殊耐久が4倍弱点特殊技の前でつるぎのまいを積めるほど高い訳でもないこともあって、ランクバトルシリーズ2シーズン3あたりになると主力級の座から陥落しかけた。

ダブルバトルではひらいしんパッチラゴン対策ができるポケモンとして考慮されるようになった。また、共にダイマックス状態、ドサイドン側がHPと特防に努力値を各252振りし、攻撃に4振りしたしんちょう型、トリトドンが特攻と特防に各252振りしてHPに4振りしたおだやか型という前提の場合、トリトドンのダイストリームだくりゅう)が確定2発という計算。これでじゃくてんほけんを発動すれば、てだすけ込みのダイアースじしん)が最低乱数で106.9%となり、確定1発。じゃくてんほけん型に関してはこのように間違いなく強化されている。ダイマックス状態になりつつダイロックダイアースで攻撃しながら特殊耐久を強化できるようにもなり、軌道に乗ればウォッシュロトムハイドロポンプすら怖くなくなるほどである。例として、ダイマックス状態・状態でダイアースによる特防1積み、特防に努力値252振りのいじっぱりドサイドンは、こだわりメガネひかえめウォッシュロトムのハイドロポンプを最高乱数で84.8%で受ける。火力、物理耐久が非常に高いため、ダブルバトルでも特にトリパのエースとしては最重要候補の1体となっている。

他にも10まんばりきわざレコードで覚え、XD技であったてだすけマシン技化している。

単体でも強いが、この世代ではきあいのタスキギルガルドの対面性能、ミミッキュトリックルーム、ドサイドンの技範囲を活かした「ガルドミミドサイ」が主流構築の1つとなっている。ミミッキュのばけのかわを剥がす目的の物理非ダイマックスわざにドサイドンを合わせると比較的安全にじゃくてんほけんを発動できる。

一般的な育成論

HP攻撃防御が非常に高く、特殊系と素早さは低い。物理アタッカーもしくは対物理耐久型が妥当。特性ハードロックは優秀。しかし4倍弱点の特殊技はさすがに受けきれないので注意。

得手、不得手のはっきりしたポケモンで相手を間違えると何の活躍もせず一撃で倒されることもあるので注意。

攻撃技はじしんストーンエッジがんせきほうを筆頭にゆきなだれアームハンマーメガホーンほのおのパンチれいとうパンチつのドリルなど。のろいで攻撃と防御を同時に上げることができる。第五世代ではドリルライナードラゴンテール(交代読み)も候補に挙がる。

また、すなあらし状態ではタイプの特防が上がるのでそれを前提にした耐久型も存在する。

素早さが低いため、ロックカットまひトリックルームなどのサポートが欲しいところ。それらのサポートが期待できるようであれば、プラチナのわざおしえ人で覚えられるようになった、対水用のかみなりパンチも候補に挙がる。

でんきなどを弱点とし、特性かそくを持つテッカニンからのバトンタッチは相性がいい。こおりタイプを除き、それらのタイプを軽減・無効できるためである。そのため、素早さのほかにつるぎのまいをバトンタッチできれば、相手にとって脅威になることであろう。

持ち物は弱点が多いことを逆に生かしてじゃくてんほけん、フルアタ構成にしつつ、低い特防を補えるとつげきチョッキが候補になる。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ドサイドン 土、サイ、don(スペイン語:首領)
英語 Rhyperior Rhinoceros(サイ),superior(上位の)
ドイツ語 Rihornior
フランス語 Rhinastoc
韓国語 거대코뿌리
中国語(普通話・台湾国語) 超甲狂犀
ポーランド語 Rhyperior 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。