ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

わるいてぐせ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

わるいてぐせは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

直接攻撃を受けると、必ず触れた相手からどうぐを奪う。ただしひんしになった場合は奪えない。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

夢特性で所有

こんなときに使おう

  • 当然ながら自分が何かの道具を持っていると発動しない。ただし、持ち物がきあいのタスキでそれが発動した場合、きあいのタスキが消費された後に相手の道具を盗む。
  • 上記のきあいのタスキとの相互作用から、きあいのタスキ+カウンター(タスキカウンター)コンボとの相性が良い。ただしそれを使えるのはニューラマニューラに限定される。
    • こだわりハチマキを奪った場合、1.5倍の威力でカウンターの反撃を撃てる。ただしよほどHP差が無い限り、HP満タンからの全力カウンターを受けても倒れないポケモンはまずいないので、攻撃力の意味が無い。それでいて技がカウンターで固定されてしまうため、次のターンは捨てるか引っ込めるかしないといけなくなる。
    • いのちのたまを奪った場合、カウンターの反撃の威力が1.3倍になる。ただし上記の通りカウンターの威力を増やしても殆どの場合オーバーキルでしか無い上、カウンター後にHP1の状態で珠の反動を受けて倒れてしまい、生き残れない。基本的に相打ちの場合がほとんどである。ただしお互いにラスト1匹での勝負の場合は相手が倒れた後でいのちのたまの反動を受けてこちらも倒れるため、結果的にこちらが勝利を手にすることができる。
    • ゴツゴツメットを奪った場合、カウンターの反撃に反撃を受けることが無くなり、本来相打ちにされてしまうところを生き残れる。
    • オボンのみたべのこしを奪った場合、その直後に発動しHPが1でなくなるので、すなあらしあられ状態でも生き残れる。たべのこしの場合は天候ダメージを含むと相手から攻撃を受けない限りHP1のまま維持されるが、それでもやけどどくなどの毎ターンダメージを受ける状態異常でなければ自然に倒れない点はメリットと言える。
    • きあいのタスキを奪った場合、カウンターをタスキで耐えられて相手だけ生き残ると言ったケースを回避できる。
    • ラムのみなどの状態異常回復の木の実を奪った場合、カウンターに関する攻防には何も関係しないが、奪わずにその相手の持ち物が何であったか分からないまま倒してしまった場合と比べ、木の実の持ち主を特定する事によって、後続のポケモンが「ラムの実を持っていない」という確信が得られる。
    • どくどくだまくろいヘドロを奪った場合、毒ダメージを受けるのは次のターン以降。2ターン以上生き残れなくなるが、HP1では元々すぐに倒される、とっとと退場して貰う事によって、相手の後続のポケモンの積みの起点にされる事を防げるため一概にデメリットとは言えない。
      • かえんだまでも同様だが、生き残った猶予の1ターンを攻撃が半減した状態で過ごさないといけないため、後続に負担はかけられないものの逆に起点にされる可能性が残るばかりでデメリットの方が大きい。ただし特殊型でも使えるダーテングならそれほど問題はなくなるだろう。

備考