第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

相性

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

相性(あいしょう)とは、

  1. わざを受けるポケモンのタイプとわざのタイプの強弱のこと。
  2. ゲーム中における、ポケモンにわざマシンを使えるかどうか。

ここでは、1の相性について述べる。

概要

相性には、「効果は抜群」「普通」「効果は今一つ」「効果がない」の4つがある。それぞれ与えるダメージが、2倍か4倍、1倍、0.5倍か0.25倍、0倍となる。攻撃技が当たったとき、「普通」以外はメッセージとして表示される。

相性は現実の現象と良く当てはまるものが多い(例えば、くさタイプは燃やされるほのおタイプに弱かったり、ひこうタイプは食物連鎖で上の立場からむしタイプに強い)。

また、2つタイプを持つポケモンには、それぞれのタイプに対しての相性の判定を掛け合わせた倍率のダメージになる(例えば、じめん/ひこうタイプのグライガーこおりタイプのわざは4倍、くさタイプは1倍、でんきタイプは0倍である)。

あるタイプのポケモンに「効果は抜群」の相性となるタイプを弱点、「効果は今一つ」「効果がない」の相性となるタイプを抵抗力耐性と呼ぶ(例えば、ノーマルタイプのポケモンは、かくとうタイプが弱点でゴーストタイプに耐性がある)。

ダメージ固定技の場合、基本的に相性の影響を受けず、ダメージが増加・減退することはない。 ただし、第二世代以降は「効果がない」場合のみ、相手にダメージを与えられない。 また、変化技も基本的に相性の影響を受けない。 ただし、でんじはや第二・第三世代へびにらみは「効果がない」場合、技が当たらない。

第二世代で新タイプの追加と既存の相性の変更があってから長く変わることがなかったが、第六世代で再び新タイプの追加と既存の相性の変更があった。

第一世代から第二世代での変更

これらの中にはゲーム内の設定と現実世界でのうわさが乖離していたものを、現実世界のうわさに合わせて修正したものも含まれる。

第五世代から第六世代での変更

相性表

第一世代

防御側


×
×
×
×
× ×
  • 凡例
    • ○:効果は抜群(×2.0)
    • △:効果はいまひとつ(×0.5)
    • ×:効果はなし(×0.0)

ドラゴンタイプの攻撃技がりゅうのいかりのみなので、実際はなし。

第二世代第五世代

防御側


×
×
×
×
×
×
×
  • 凡例
    • ○:効果は抜群(×2.0)
    • △:効果はいまひとつ(×0.5)
    • ×:効果はなし(×0.0)

第六世代以降

防御側


×
×
×
×
×
×
×
×
  • 凡例
    • ○:効果は抜群(×2.0)
    • △:効果はいまひとつ(×0.5)
    • ×:効果はなし(×0.0)

ポケモン不思議のダンジョンにおける相性

本編と相性は同じだが倍率が異なる。

相手が2つタイプを持っており、片方が「こうかはばつぐん」もう片方が「こうかはいまひとつ」のときは、2つをかけて0.98倍 (探検隊) となる。

シリーズ 抜群 普通 今ひとつ 効果なし
救助隊 1.5倍 1.0倍 0.9倍 0.5倍
探検隊 1.4倍 1.0倍 0.7倍 0.5倍
探検隊
(ムラっけあり)
1.7倍 1.0倍 0.5倍 0.25倍
マグナゲート 1.4倍 1.0倍 0.7倍 0.5倍
超不思議 1.0倍 0倍

関連項目