ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

相性

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

相性(あいしょう)とは、わざを受けるポケモンのタイプとわざのタイプの強弱のこと。または、ゲーム中における、ポケモンにわざマシンを使えるかどうか。基本的には前者を指し、ここでは前者について述べる。

概要

相性には、「効果は抜群」「普通」「効果は今一つ」「効果がない」の4つがある。それぞれ与えるダメージが、2倍か4倍、1倍、0.5倍か0.25倍、0倍となる。攻撃技が当たったとき、「普通」以外はメッセージとして表示される。

相性は現実の現象と良く当てはまるものが多い(例えば、くさタイプは燃やされるほのおタイプに弱かったり、ひこうタイプは食物連鎖で上の立場からむしタイプに強い)。

また、2つタイプを持つポケモンには、それぞれのタイプに対しての相性の判定を掛け合わせた倍率のダメージになる(例えば、じめん/ひこうタイプのグライガーこおりタイプのわざは4倍、くさタイプは1倍、でんきタイプは0倍である)。

あるタイプのポケモンに「効果は抜群」の相性となるタイプを弱点、「効果は今一つ」「効果がない」の相性となるタイプを抵抗力耐性と呼ぶ(例えば、ノーマルタイプのポケモンは、かくとうタイプが弱点でゴーストタイプに耐性がある)。

ダメージ固定技の場合、基本的に相性の影響を受けず、ダメージが増加・減退することはない。 ただし、第二世代以降は「効果がない」場合のみ、相手にダメージを与えられない。 また、変化技も基本的に相性の影響を受けない。 ただし、でんじはや第二・第三世代へびにらみは「効果がない」場合、技が当たらない。

第二世代で新タイプの追加と既存の相性の変更があってから長く変わることがなかったが、第六世代で再び新タイプの追加と既存の相性の変更があった。

第七世代では、一度戦ったことがある相手ポケモンとのバトルの場合に、技選択の画面で「こうかばつぐん」(2倍弱点と4倍弱点)・「こうかあり」(1倍)・「いまひとつ」(0.5倍と0.25倍)・「こうかなし」(0倍)のメッセージがでるようになった。ただし本来はじめん技が抜群なのにふゆうのためにきかない、など特性による相性の変化は考慮されていない。

世代による変更

第一世代から第二世代での変更

第五世代から第六世代での変更

相性表

この節のほかに、各タイプ記事や各ポケモン記事にもタイプ相性が書かれているので、そちらも参照のこと。

略称
ノーマル
ほのお
みず
でんき
くさ
こおり
かくとう
どく
じめん
ひこう
エスパー
むし
いわ
ゴースト
ドラゴン
あく
はがね
フェアリー

第一世代

防御側


×
×
×
×
× ×
[1]
  • 凡例
    • ○:効果は抜群(×2.0)
    • △:効果はいまひとつ(×0.5)
    • ×:効果はなし(×0.0)

注釈

  1. ドラゴンタイプの攻撃技がりゅうのいかりのみなので、実質相性無し。

第二世代第五世代

防御側


×
×
×
×
×
×
×
  • 凡例
    • ○:効果は抜群(×2.0)
    • △:効果はいまひとつ(×0.5)
    • ×:効果はなし(×0.0)

第六世代以降

防御側


×
×
×
×
×
×
×
×
  • 凡例
    • ○:効果は抜群(×2.0)
    • △:効果はいまひとつ(×0.5)
    • ×:効果はなし(×0.0)

ポケモン不思議のダンジョンにおける相性

本編と相性は同じだが倍率が異なる。

効果抜群と今ひとつの倍率が逆数同士でないため、片方が抜群、もう片方が今ひとつの相性のポケモンへの攻撃は等倍とはならない(探検隊を例にとると1.4×0.7=0.98倍になる)。

シリーズ 抜群 普通 今ひとつ 効果なし
救助隊 1.5倍 1.0倍 0.9倍 0.5倍
探検隊 1.4倍 1.0倍 0.7倍 0.5倍
探検隊
(ムラっけあり)
1.7倍 1.0倍 0.5倍 0.25倍
マグナゲート 1.4倍 1.0倍 0.7倍 0.5倍
超不思議 1.0倍 0倍

対戦

タイプ相性における倍率の変化は、性格努力値個体値といった他の要素と比べても非常に大きく、何より最初に覚えるべきものである。特に4倍弱点を持つポケモンは、どんなに種族値が優秀であっても弱点を突かれうるポケモンに対しては不利であるし、逆に種族値が低くてもこちらのタイプ、相手の弱点次第では十分勝ち目はある。

備考

  • 技を当てた時の相性を示すメッセージが表示される分だけ時間消費するので、その点タイムアタックでは十分なダメージを与えられるなら等倍になりやすい技で攻略した方が良い。

関連項目