ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

テクニシャン

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

テクニシャンは、第四世代から登場したポケモンのとくせいの一種。

効果

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

夢特性で所有

メガシンカしたポケモン

こんなときに使おう

元々の威力が60以下の技の威力を上げる特性。弱小技を最大威力90で使うことが出来る。

弱小技は威力の代わりに便利な追加効果がある場合が多く、特に先制攻撃技しんそくふいうちを除いて全て威力が40以下であり、止めや死に際の一発くらいにしかダメージが期待出来ない。これが十分なダメージを与えられる威力になれば使い勝手が極めて良くなるのは言うまでも無い。しばしば、タイプ一致やジュエルも合わせて特化される。

また、タイプによっては威力100以下の技が主力として使われている事もあるので、テクニシャンを持たないポケモンの主力技の上位互換の水準にまで達する事もある。例えばむしタイプの物理技は、メガホーンを覚えられないポケモンにおいては大抵威力80のシザークロスであるが、テクニシャンのストライクおよびハッサムは威力60のむしくいをテクニシャンで強化すれば、威力90で追加効果付きとシザークロスの上位互換となる。

先制できる上確実にひるみ効果を与えるねこだまし、各種威力40の先制技、効果が発動してもしなくても威力90以上を確保できるリベンジ、同じく60以上を確保できるおいうち、1発の威力は低いがコンボに活きる複数回攻撃技、各種必中技など選択肢は豊富。

この中でもねこだましと先制技は採用率が高い。

なお最大でも威力が90であるのでそれ以上の威力がある技ならば、テクニシャンの範囲外でも採用した方が良い。

備考