Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

テクニシャン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

テクニシャンは、第四世代から登場したポケモンのとくせいの一種。

効果

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ニャース ものひろい テクニシャン きんちょうかん
ペルシアン じゅうなん テクニシャン きんちょうかん
バリヤード ぼうおん フィルター テクニシャン
ストライク むしのしらせ テクニシャン ふくつのこころ
ハッサム むしのしらせ テクニシャン ライトメタル
メガハッサム テクニシャン - -
ドーブル マイペース テクニシャン ムラっけ
カポエラー いかく テクニシャン ふくつのこころ
キノガッサ ほうし ポイズンヒール テクニシャン
コロトック むしのしらせ - テクニシャン
ロズレイド しぜんかいふく どくのトゲ テクニシャン
エテボース テクニシャン ものひろい スキルリンク
マネネ ぼうおん フィルター テクニシャン
チラーミィ メロメロボディ テクニシャン スキルリンク
チラチーノ メロメロボディ テクニシャン スキルリンク

こんなときに使おう

元々の威力が60以下の技の威力を上げる特性。弱小技を最大威力90で使うことが出来る。

弱小技は威力の代わりに便利な追加効果がある場合が多く、特に先制攻撃技しんそくふいうちを除いて全て威力が40以下であり、止めや死に際の一発くらいにしかダメージが期待出来ない。これが十分なダメージを与えられる威力になれば使い勝手が極めて良くなるのは言うまでも無い。しばしば、タイプ一致やジュエルも合わせて特化される。

また、タイプによっては威力100以下の技が主力として使われている事もあるので、テクニシャンを持たないポケモンの主力技の上位互換の水準にまで達する事もある。例えばむしタイプの物理技は、メガホーンを覚えられないポケモンにおいては大抵威力80のシザークロスであるが、テクニシャンのストライクおよびハッサムは威力60のむしくいをテクニシャンで強化すれば、威力90で追加効果付きとシザークロスの上位互換となる。

先制できる上確実にひるみ効果を与えるねこだまし、各種威力40の先制技、効果が発動してもしなくても威力90以上を確保できるリベンジ、同じく60以上を確保できるおいうち、1発の威力は低いがコンボに活きる複数回攻撃技、各種必中技など選択肢は豊富。

この中でもねこだましと先制技は採用率が高い。

なお最大でも威力が90であるのでそれ以上の威力がある技ならば、テクニシャンの範囲外でも採用した方が良い。

備考