ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

バタフリー

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
バタフリー
Butterfree
英語名 Butterfree
全国図鑑 #012
ジョウト図鑑 #026
ホウエン図鑑 #214
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #026
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #019
メレメレ図鑑 #019
アーカラ図鑑 #010
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #019
新メレメレ図鑑 #019
新アーカラ図鑑 #010
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
ガラル図鑑 #015
分類 ちょうちょポケモン
タイプ むし
ひこう
たかさ 1.1m
おもさ 32.0kg
とくせい ふくがん
隠れ特性 いろめがね
図鑑の色
キョダイマックス
たかさ 17.0m~
おもさ ???.?kg
タマゴグループ むし
タマゴの歩数 15サイクル
  • 第二世代: 3840歩
  • 第三世代: 4096歩
  • 第四世代: 4080歩
  • 第五世代以降: 3855歩
獲得努力値 特攻+2、特防+1
基礎経験値
  • 第四世代以前: 160
  • 第五・第六世代: 173
  • 第七世代: 178
  • 第八世代: 198
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度
III~VII
70
初期なかよし度
VIII
50
外部サイトの図鑑

バタフリーとはぜんこくずかんのNo.012のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑

特徴

トランセルの進化形であり、キャタピーの最終進化形である。モンシロチョウのような白く大きな羽が特徴。ただ、モンシロチョウよりも羽の黒い筋がはっきりとしている。大きく赤い複眼に小さいながらも手足が付いている。雌雄は、にだけ下の羽に紫の模様があることで判別が付く。色違いの個体は、複眼が鮮やかな緑色をしている。また、本来青い手・足・口元が赤く、羽も赤みがかっている。

細かく素早く羽ばたくことで、羽に纏われた毒性の強い燐粉を風に乗せて飛ばして身を守る。また、この燐粉には高い撥水性(水をはじく力)があり、雨の中での飛行を可能にしている。

花の蜜が好物で、風で飛ばされてくる花粉から、10km圏内の花のある場所を探し出すことが出来るだけでなく、その花の種類も識別できる。蜜のある花を見つけると足に生えた産毛に蜜を塗って巣に持ち帰る習性を持つ。

進化

ポケモンずかんの説明文

赤・緑ファイアレッドY
ハネは みずを はじく りんぷんに まもられている。あめの ひでも そらを とぶことが できる。
(漢字) 羽は 水を 弾く りんぷんに 守られている。雨の 日でも 空を 飛ぶことが できる。
リーフグリーンソード
こまかく はやく はばたいたら もうどくの りんぷんが かぜに のって とんでくるぞ。
(漢字) こまかく 速く 羽ばたいたら 猛毒の りんぷんが 風に のって 飛んでくるぞ。
キョダイマックス(ソード)
キョダイマックスの パワーが けっしょうとなり まばゆく ひかる もうどくの りんぷんに なっている。
(漢字) キョダイマックスの パワーが 結晶となり まばゆく 光る 猛毒の りんぷんに なっている。
ピカチュウポケモンピンボールLet's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ
ハネの もうどくの りんぷんには みずをはじく せいしつが あるので あめのひ でも とびまわれる。
(漢字) ハネの 猛毒の りん粉には 水を弾く 性質が あるので 雨の日 でも 飛びまわれる。
ハートゴールドシールド
まいにち ミツを あつめまわる。あしの うぶげに ミツを ぬりこんで すに もちかえる しゅうせいをもつ。
(漢字) 毎日 ミツを 集めまわる。 脚の 産毛に ミツを 塗りこんで 巣に 持ち帰る 習性をもつ。
キョダイマックス(シールド)
10トントラックをも ふきとばす たつまきに まきこみつつ もうどくの りんぷんで とどめを さす。
(漢字) 10トントラックをも 吹きとばす 竜巻に 巻きこみつつ 猛毒の りんぷんで とどめを 刺す。
ソウルシルバー
ハネの りんぷんは みずをはじく。どんな あめが ふっていても ミツを あつめるため とびまわる。
クリスタル
ミツをあつめに はなから はなへ とびまわる。とおくで どんな はなが さいたかも さぐりあてる。
ルビー・サファイアエメラルドオメガルビー・アルファサファイア
おいしい はなの ミツを さがす のうりょくに すぐれ すみかから 10キロはなれた ばしょに さく はなから ミツを あつめて はこんでいる。
(漢字) 美味しい 花の ミツを 探す 能力に 優れ すみかから 10キロ離れた 場所に 咲く 花から ミツを 集めて 運んでいる。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2X
はなの ミツが だいこうぶつ。わずかな かふんで はなばたけの ばしょを さがしだすことが できる。
(漢字) 花の ミツが 大好物。わずかな 花粉で 花畑の 場所を 探し出すことが できる。
サン
おおきな めを よく かんさつすると じつは ちいさな めが むすうに あつまって できているのが わかる。
(漢字) 大きな 眼を よく 観察すると 実は 小さな 眼が 無数に 集まって できているのが わかる。
ムーン
ほかの ポケモンに おそわれると どくの りんぷんを まきちらしながら はばたいて ていこう するのだ。
(漢字) 他の ポケモンに 襲われると 毒の 鱗粉を 撒き散らしながら 羽ばたいて 抵抗 するのだ。
ウルトラサン
ハネを つつむ りんぷんは もうどく。 キャタピーを ねらう とりポケモンを みつけると ふりかけて おいはらうぞ。
(漢字) 羽を 包む りん粉は 猛毒。 キャタピーを 狙う とりポケモンを 見つけると ふりかけて 追い払うぞ。
ウルトラムーン
きれいな はなの ミツが こうぶつ。 はなばたけで アブリーとの しれつな なわばりあらそいを くりひろげる。
(漢字) 綺麗な 花の ミツが 好物。 花畑で アブリーとの 熾烈な 縄張り争いを 繰り広げる。

種族値

第1世代

種族値
HP 60
 
こうげき 45
 
ぼうぎょ 50
 
とくしゅ 80
 
すばやさ 70
 
合計 305
 

第5世代まで

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 60
 
120 - 167 230 - 324
こうげき 45
 
45 - 106 85 - 207
ぼうぎょ 50
 
49 - 112 94 - 218
とくこう 80
 
76 - 145 148 - 284
とくぼう 80
 
76 - 145 148 - 284
すばやさ 70
 
67 - 134 130 - 262
合計 385
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

第6世代

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 60
 
120 - 167 230 - 324
こうげき 45
 
45 - 106 85 - 207
ぼうぎょ 50
 
49 - 112 94 - 218
とくこう 90
 
85 - 156 166 - 306
とくぼう 80
 
76 - 145 148 - 284
すばやさ 70
 
67 - 134 130 - 262
合計 395
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

第1世代

ノーマル: 100%
かくとう: 25%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 0%
いわ: 400%
むし: 50%
ゴースト: 100%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 25%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%

第2世代以降

ノーマル: 100%
かくとう: 25%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 400%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 25%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 400%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 400%
いわ: 25%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 400%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

バタフリー/第七世代のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第八世代 (その他の世代: 1-23-67)
SwSh わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 かぜおこし ひこう 特殊 40 100% 35
1 かたくなる ノーマル 変化 —% 30
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 いとをはく むし 変化 95% 40
1 むしくい むし 物理 60 100% 20
4 ちょうおんぱ ノーマル 変化 55% 20
8 ねんりき エスパー 特殊 50 100% 25
12 しびれごな くさ 変化 75% 30
12 どくのこな どく 変化 75% 35
12 ねむりごな くさ 変化 75% 15
16 サイケこうせん エスパー 特殊 65 100% 20
20 ふきとばし ノーマル 変化 —% 20
24 エアスラッシュ ひこう 特殊 75 95% 15
28 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
32 むしのさざめき むし 特殊 90 100% 10
36 おいかぜ ひこう 変化 —% 15
40 いかりのこな むし 変化 —% 20
44 ちょうのまい むし 変化 —% 20
進化 かぜおこし ひこう 特殊 40 100% 35
太字のわざはタイプ一致です。
「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

わざマシンわざレコードわざ

第八世代 (その他の世代: 1-23-67)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン08 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン09 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン11 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン19 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン23 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン24 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
わざマシン25 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン28 ギガドレイン くさ 特殊 75 100% 10
わざマシン31 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン33 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン34 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン39 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン40 スピードスター ノーマル 特殊 60 —% 20
わざマシン56 とんぼがえり むし 物理 70 100% 20
わざマシン74 ベノムショック どく 特殊 65 100% 10
わざマシン76 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン78 アクロバット ひこう 物理 55 100% 15
わざマシン82 エレキネット でんき 特殊 55 95% 15
わざマシン87 ドレインキッス フェアリー 特殊 50 100% 10
わざマシン95 エアスラッシュ ひこう 特殊 75 95% 15
わざレコード11 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざレコード20 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざレコード26 こらえる ノーマル 変化 —% 10
わざレコード27 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざレコード29 バトンタッチ ノーマル 変化 —% 40
わざレコード33 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざレコード40 スキルスワップ エスパー 変化 —% 10
わざレコード46 てっぺき はがね 変化 —% 15
わざレコード61 むしのさざめき むし 特殊 90 100% 10
わざレコード65 エナジーボール くさ 特殊 90 100% 10
わざレコード89 ぼうふう ひこう 特殊 110 70% 10
わざレコード96 かふんだんご むし 特殊 90 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第八世代 (その他の世代: 23-67)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。
*が付いているわざは習得に遺伝の連鎖を必要とするわざです。

人から教えてもらえるわざ

第八世代 (その他の世代: 23-67)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。


入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 出現場所 レベル 入手方法
赤・緑・青・ピ × 出現しない Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。
Lv.7 2ばんどうろ(朝) Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。
Lv.10 26ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 27ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 34ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 35ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 36ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 37ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 38ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 39ばんどうろ(ずつき)
Lv.10 ヒワダタウン(ずつき)
Lv.10 ウバメのもり(ずつき)
Lv.10 いかりのみずうみ(ずつき)
Lv.12~15 しぜんこうえん(むしとりたいかい)
Lv.12~15 しぜんこうえん(むしとりたいかい)
Lv.7 2ばんどうろ(朝、昼)
Lv.14 24ばんどうろ
Lv.14 25ばんどうろ
Lv.10 ウバメのもり(ずつき)
Lv.12~15 しぜんこうえん(むしとりたいかい)
R・S・E × 出現しない - -
FR・LG Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。
XD × 出現しない Lv.30 シャドーの秘密工場シャドー戦闘員のタルグからスナッチする(バタフリー (XD))。
D・P・Pt × 出現しない Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。
HG Lv.7~8 2ばんどうろ(朝、昼)
Lv.25~28 47ばんどうろ(ずつき)
Lv.7 トキワのもり(朝)
Lv.6~8 ウバメのもり(ずつき、特別な木)
Lv.12~15(全国図鑑入手前)
Lv.27~30(全国図鑑入手後)
しぜんこうえん(むしとりたいかい)
SS Lv.12~15(全国図鑑入手前)
Lv.27~30(全国図鑑入手後)
しぜんこうえん(むしとりたいかい)
B・B2 × 出現しない - -
W Lv.50 12ばんどうろ(揺れる草むら) Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。
W2 Lv.55~60 ヤグルマのもり(かくしあな) - -
X・Y Lv.30 フレンドサファリ(むし) Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。
OR・AS × 出現しない - -
S・M Lv.13~16(南部)
Lv.18~21(北部)
5ばんどうろ Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。
Lv.13~16(南部)
Lv.18~21(北部)
5ばんどうろ(キャタピートランセル乱入バトル)
Lv.9~12 メレメレのはなぞの
Lv.9~12 メレメレのはなぞの(キャタピートランセル乱入バトル)
Lv.18~21 シェードジャングル(キャタピートランセル乱入バトル)
US・UM Lv.13~16(南部)
Lv.18~21(北部)
5ばんどうろ
Lv.13~16(南部)
Lv.18~21(北部)
5ばんどうろ(キャタピートランセル乱入バトル)
Lv.9~12US
Lv.10~12UM
メレメレのはなぞの
Lv.9~12US
Lv.10~12UM
メレメレのはなぞの(キャタピートランセル乱入バトル)
Lv.19~22 シェードジャングル(キャタピートランセル乱入バトル)
ソード・シールド Lv.10 トランセルをレベルアップさせる。

隠れ特性の入手方法

B2W2
ヤグルマのもり(かくしあな)W2のみ: バタフリー
XY
なし
ORAS
なし
SM
各地乱入バトル
USUM
各地乱入バトル
ソード・シールド
マックスレイドバトル

持っているアイテム

第三世代, 第四世代, 第五世代, 第六世代, 第七世代, 第八世代
ぎんのこな (5%)

備考

  • 色違いの色:羽と手足がピンク、目が緑色(アニメ無印編第21話では胴と羽がピンク、他は通常と同じだった)
  • ♂♀の違い:羽の紋(♀にだけ紫の模様がある)
  • 毎日花の蜜を集める習性があるという設定になっているが、特性がみつあつめの個体は存在しない。
  • ホワイト2では、ヤグルマのもり隠し穴に隠れ特性いろめがねを持つ野生のバタフリーが出現する。
  • 第六世代とくこう種族値が80から90になった。
  • 赤緑のドット絵を見ると、トランセルではなくコンパンにそっくりである。開発中にモルフォンのドット絵と入れ違ってしまったのではないかと噂されるが、インタビューなどで公式見解が発表されたことはない。
  • 特性のふくがんと、技のどろぼうを両立でき、育てやすいため、(野生ポケモンからしか入手出来ない)アイテム集め要員として優秀といえる。

アニメにおけるバタフリー

マンガにおけるバタフリー

ポケットモンスターSPECIALにおけるバタフリー

ポケモンカードにおけるバタフリー

バタフリーの歴史

第一世代

シナリオでは御三家を除けばニビジム挑戦時点でマトモな特殊技が使える唯一のポケモンとして役に立った。ねむりごなも比較的早期に覚えるので、捕獲に役立つ場面もままあった。特に飛行タイプを持つポケモンで眠らせる技を覚えるポケモンはバタフリーのみであり、ディグダのあなでのダグトリオの捕獲には大いに貢献する。しかしこの世代の対戦環境は典型的な速攻環境であったため、特別素早さも高い訳ではなく耐久性能も最低レベルのバタフリーが対戦に使用されることはほとんどなかった。共に理想個体で努力値全振りの場合であっても、レベル50フリーザーそらをとぶにレベル55バタフリーが確定2発に沈められる計算なので、如何にバタフリーの物理耐久が低いかが窺えよう。

一応、確実にすばやさを下げる技(いとをはく)と、眠らせる技を両方覚えるのはバタフリーのみなので、第一世代の仕様上(目が覚めたターンには攻撃できない)1対1ではあらゆるポケモンを封殺できる可能性はある。

第二世代

とくしゅがとくこうとくぼうに分かれるという仕様変更ではどちらの能力も減らされなかったが、やはりというべきか耐久力の低さがネックとなり、補助要員としてはハッサムフォレトスに役目を譲った。ほのおの強化、バンギラス登場などによるいわ技の普及、ねむるねごとのコンボが横行していたこともバタフリーの価値を下げた。バタフリー自身の変化と言えばめざめるパワーでタイプ一致の攻撃が打てるようになった程度。

第三世代

特性ふくがんを獲得。バタフリーはこれによってアイデンティティを確立した。ねごとの仕様変化によってねむるとねごとのコンボが弱体化したことも追い風。

しかしヘラクロス対策のひこうの役割破壊が蔓延する中、努力値の仕様変更による耐久面の低下は如何ともし難かった。例として、ようきクロバットつばさでうつをHPに努力値4振りのバタフリーが受けた場合、最低乱数で101.4%。

シナリオにおいて、タケシのポケモンががんせきふうじを覚えたので、バタフリーで挑むのは逆に危険になった。

第四世代

タイプ一致の強力な特殊技むしのさざめきを獲得、めざめるパワーの特殊化もバタフリーを味方した。シャドーボールやエナジーボールなど、攻撃手段が十分に揃うに至った。 きあいのタスキの登場で、ふくがんとねむりごなのコンボが成立しやすくなった。ねむりの使用が眠らせる側に有利になったのも追い風。

第五世代

ちょうのまいを獲得。相手のポケモンを2体以上眠らせることがルールによって認められるようになり、またねむりのターン経過カウントが交代でリセットされるように仕様変更されため、無限戦術やふくがん&ねむりごな→ふきとばしを堂々と仕掛け猛威を振るうこともできるようになった。ちょうのまいやこれらの戦術の相性が非常に良く、環境でも十分仕事をすることが可能に。

第六世代

とくこうが80から90に強化されたが、実質的な上位互換となるビビヨンが登場。ねむりのターン経過カウントの仕様変更、ぼうじんくさタイプの仕様変更によってねむりごなが通じなくなるケースも増え、ビビヨンとの2匹体制にする旨味もこの世代では感じられない。しかしビビヨンよりもむしろファイアローの登場がきつく、ビビヨンも含めたむし全体に言えることだが、ファイアローのどちらのタイプも弱点とするバタフリーにとっては非常に厳しい世代となった。

PGLレーティングバトル統計データから察するに、主流技はちょうのまいねむりごなむしのさざめきであったことがうかがえる。性格は速度が出るおくびょうが好まれ、特性ふくがんが大多数であった。持ち物は低耐久を補うきあいのタスキが需要を伸ばした。

第七世代

第六世代で猛威を振るったファイアローはやてのつばさの仕様変更により弱体化したことで環境的にはわずかに救済されている。またエアスラッシュを覚えたため、ビビヨンの完全下位互換は脱した。その一方、数少ない差別化点であったスキルスワップを覚える上に素早さで圧倒的に上回るアブリボンの登場によって霞んでしまった。

PGLレーティングバトル統計データからはSM・USUM両リーグのシングルバトルでは、ちょうのまいエアスラッシュねむりごなみがわりという技構成でほぼ確定であり、持ち物はたべのこしでほぼ固定、性格はおくびょう一択、特性はほぼ確実にふくがんという状況であった。

ピカブイではねんりきが自然なレベルアップで覚えない思い出し技と化したため、旅パでの使い勝手が悪くなった。一方、唯一ちょうのまいいとをはくを両立できるポケモンという差別化点があり、特にいとをはくはダブルバトルにおける素早さ操作手段として役に立つ。ただし、いわなだれが飛び交う上にワイドガードも存在しないピカブイでは安心し切れない。

第八世代

キョダイマックスを獲得。キョダイコワクの効果が判明すると特にダブルバトル勢が戦々恐々としたが、発売当初のランクバトルではキョダイマックスは使用できなかった。シーズン2ではキョダイマックスが解禁。 通常型ではビビヨンの後釜としてふくがんねむりごなのコンボを使う型が一般的に。今作からバトンタッチを習得したため、ちょうのまいで強化されたステータスを引き継ぐ型も存在するようになった。バンギラスが流行っているが対面ならすばやさが勝っているためねむりごなで眠らせることが可能。念願の飛行高火力であるぼうふうも獲得している。

また、対戦以外では上述のふくがんねむりごなキノコのほうしに近い命中率になるため、同速となる不参戦のキノガッサに代わって第八世代捕獲要員のエースとなった。

シングルバトルではエルフーンおいかぜ+おきみやげ、もしくはおいかぜ→だっしゅつボタンによる退場からバタフリーに繋ぐ「エルフーンバタフリー」が「害悪戦法」としてそこそこ使われる。ただし、すなかきドリュウズなどのように、如何にちょうのまいを積んでも素早さ的にどうにかしづらい相手もある。

ダブルバトルではねむりごなを撒きたい相手がトリパの始動役である場合が多いため、素早さの種族値70というステータスがそれほどハンデになりづらい。ソード・シールドにおける唯一のいかりのこな要員という立場もあり、ほぼ必中のねむりごな、いかりのこなを使える唯一の存在であるということから、第五世代から第七世代におけるモロバレルに近い存在となったと言える。最速ドラパルトダイジェットで素早さを強化してねむりごなを上から撒くのも強力であり、素早さを削った型のドラパルトなら味方のダイマックス後のねむりごなで上から動きを止めることができる。

WCS2020ルールのダブルバトルではキョダイマックスが解禁。第1回のレギュレーション発表でキョダイマックス使用可能ポケモンの1体として名前が挙がった。

一般的な育成論

特性ふくがんねむりごなとのコンボが強力。命中率97%で相手を眠らせることができ、そこから特殊技のゆめくいを繰り出すコンボもある。しかし耐久は脆いので、きあいのタスキこだわりスカーフのサポートが必要である。

特攻が高いので攻撃技はむしのさざめきエアスラッシュサイコキネシスシャドーボールエナジーボールなどがよい。また眠らせた後すぐ交代するためにとんぼがえりを習得させるのも手。

第五世代では強力な自己強化技であるちょうのまいを習得できるので、眠らせた隙に積むという手もある。

防御を補うために、トランセルの時点でかたくなるてっぺきを覚えさせることもできる。

たべのこし耐久型にする場合、HPを16の倍数にしつつ特攻素早さを極振りできるようにHPの個体値を18か19にするという調整も考慮される。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 バタフリー butterfly(英語:)、free(英語:自由な)
英語 Butterfree butterfly(蝶)、free(自由な)
ドイツ語 Smettbo Schmetterling(蝶)、Bö(突風)
フランス語 Papilusion papillon(蝶)、illusion(幻影、幻覚、イリュージョン)
韓国語 버터플(Beoteopeul) バタフリー
中国語(普通話・台湾国語) 巴大蝶 巴大→バタフリー、蝴蝶(蝶)
中国語(広東語) 巴大蝶/巴他蝶
中国語(香港) 巴他蝶(Bā Tā Dié) 巴他→バタフリー、蝴蝶(蝶)

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。