ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ミカルゲ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ミカルゲ
Mikaruge
英語名 Spiritomb
全国図鑑 #442
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #108
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
分類 ふういんポケモン
タイプ ゴースト
あく
たかさ 1.0m
おもさ 108.0kg
とくせい プレッシャー
夢特性 すりぬけ
タマゴグループ ふていけい
タマゴの歩数 7680歩
獲得努力値 防御+1、特防+1
基礎経験値 第四世代:168
第五世代:170
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 100
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

ミカルゲとはぜんこくずかんのNo.442のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

  • ミカルゲ

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ダイヤモンド
108この たましいが あつまって うまれた ポケモン。 かなめいしの ひびわれに つながれている。
ポケットモンスター パールポケットモンスターY
500ねんまえに わるさをしたため かなめいしの ひびわれに からだを つなぎとめられてしまった。
(漢字)500年前に 悪さをしたため 要石の ひび割れに 体を つなぎとめられてしまった。
ポケットモンスター プラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
いつも わるさばかり していたら ふしぎな じゅつで ほんたいを かなめいしに しばりつけられた。
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
108この たましいで できている。 2どと わるさを しないように かなめいしに しばりつけられている。

種族値

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 50
 
110157 210304
こうげき: 92
 
87158 170311
ぼうぎょ: 108
 
101176 198346
とくこう: 92
 
87158 170311
とくぼう: 108
 
101176 198346
すばやさ: 35
 
3695 67185
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 0%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第四世代 第五世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2
1 のろい
おいうち
あやしいひかり
うらみ
かげうち
のろい
おいうち
あやしいひかり
うらみ
かげうち
7 だましうち だましうち
13 さいみんじゅつ さいみんじゅつ
19 ゆめくい ゆめくい
25 あやしいかぜ あやしいかぜ
31 ふいうち ふいうち
37 わるだくみ わるだくみ
43 おきみやげ おきみやげ
49 あくのはどう あくのはどう

わざひでんマシンわざ

第四世代 第五世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2
わざマシン03 みずのはどう
わざマシン04 めいそう めいそう
わざマシン06 どくどく どくどく
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ
わざマシン12 ちょうはつ ちょうはつ
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン17 まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい
わざマシン19 テレキネシス
わざマシン21 やつあたり やつあたり
わざマシン27 おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン34 でんげきは
わざマシン39 がんせきふうじ がんせきふうじ
わざマシン41 いちゃもん いちゃもん
わざマシン42 からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ
わざマシン46 どろぼう どろぼう
わざマシン48 りんしょう
わざマシン49 よこどり
わざマシン58 こらえる
わざマシン60 さきおくり
わざマシン61 おにび おにび
わざマシン62 ぎんいろのかぜ
わざマシン63 さしおさえ さしおさえ
わざマシン67 かたきうち
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン78 ゆうわく
わざマシン79 あくのはどう
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン95 バークアウト

タマゴわざ

第四世代 第五世代
えんまく えんまく
みちづれ みちづれ
いたみわけ いたみわけ
ふういん ふういん
おんねん おんねん
かげうち かげうち
ゆうわく
あくむ

人から教えてもらえるわざ

第四世代 第五世代
DP Pt HGSS BW B2W2
いびき × ×
うらみ × ×
こごえるかぜ × ×
ねごと × × × ×
いたみわけ × × ×
さわぐ × ×
トリック × ×
よこどり × × × ×
ふいうち × × ×
あくのはどう × × × ×
あやしいかぜ × × ×
ワンダールーム × × × ×
イカサマ × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ダイ・パ・プラ × 入手不可 Lv.1 209ばんどうろにある壊れた石の塔にかなめいしをはめ込んだ後に、ちかつうろで32人の人に出会うとみたまのとうに現れるLv.25を捕まえて、タマゴを孵す。
HG・SS Lv.1 ポケウォーカーしずかどうくつでLv.31を捕まえてタマゴを孵す(野生では♂しか出現しないのでメタモンが必要)。 Lv.1 ダイパプラHGSS内で通信
B・W Lv.1 ゆめしま古びた洋館でLv.10を捕まえてタマゴを孵す。 Lv.1 B2・W2内で通信
B2・W2 Lv.1 ライモンシティルリ・テツと交換して手に入れたLv.50を預けてタマゴを孵す。 Lv.1 B2・W2内で通信

備考

アニメにおけるミカルゲ

マンガにおけるミカルゲ

ポケモンカードにおけるミカルゲ

一般的な育成論

耐久に重きのあるポケモンで、HP素早さ以外はまずまずの能力と言える。ゴーストあくタイプという構成はお互いが弱点をカバーしあうため、第五世代までは基本的に弱点ない(ただしみやぶるかぎわける、特性がきもったまによるかくとうわざは弱点となる)という非常に優遇されたタイプ構成となっており、耐久型、次いでアタッカーがメジャー。しかし、第六世代ではフェアリータイプという弱点が登場しているため注意。同じタイプにヤミラミがいるが、最近では夢特性いたずらごころを持ったヤミラミが増えていることから、ミカルゲは耐久型のイメージがさらに膨らんでいるといえよう。

HPが低く、弱点なしの代償で半減以下にできるタイプがほとんどなく、前述の通り第六世代ではフェアリータイプという弱点も登場しているのでHPを最大まで上げることは全ての育成において必須といえる。防御特防の値が同じであるため中途半端にせずどちらかを鍛えた方が良い。おにびで相手の攻撃を削ぎ落とすか、めいそうで特防を上げるのが(あるいは両方が)セオリーとなる。 アタッカーとして育成する場合はわるだくみもしくはめいそうを軸とした特殊型と、ふいうちかげうちといった素早さの低いミカルゲと相性の良い物理先制攻撃をメインとした物理型がある。

攻撃技としては、かげうち、ふいうち、シャドーボールあくのはどうサイコキネシスなど、補助技としては、さいみんじゅつ、おにび、いたみわけあやしいひかり、めいそう、わるだくみ、かげぶんしんのろいまもるねむるなどが候補となり非常に戦術を読みにくいポケモンといえる。

第五世代ではすりかえねらいのまとを押し付けられるとかくとう技で弱点を突かれるため注意。そこまで主流な戦法でないとはいえ、念のため気を配っておくと良い。

持ち物はたべのこしオボンのみが中心。カゴのみもねむると相性がよいためよく採用される。アタッカーならせんせいのツメや各種ジュエルを持たせるのもアリ。

特性は、相手のしんぴのまもりに関係無く状態異常の技を撃ったり、リフレクターひかりのかべに関係無く攻撃したりできるすりぬけの方が使いやすい。プレッシャーは、いたみわけやまもる、状態異常などを用いる長期居座りが目的なら採用すると良い。ただし場に出た時点で特性がばれるのが痛い。

第六世代からは今までみずのはどうでんげきはしか等倍が通らなかったはがねタイプにゴースト、あく技共に等倍が通るようになったため、はがねタイプ相手でもそこまで困らなくなった。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。