ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケットモンスター ブラック・ホワイト

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
このページではゲームのポケットモンスター ブラック・ホワイトについて解説しています。劇場版ポケットモンスターの登場人物についてはホワイト (映画)を参照してください。
BWはこのページへ転送されています。その他の用法についてはBW (曖昧さ回避)を参照してください。
ポケットモンスター ブラック・ホワイト
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、通信時2-5人
発売元 Nintendo/The Pokémon Company
開発元 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK Inc.
発売日
日本 2010年9月18日
アメリカ 2011年3月6日
イギリス 2011年3月4日
ドイツ 2011年3月4日
その他 オーストラリア:2011年3月10日
韓国:2011年4月21日
公式サイト

株式会社ポケモン

pokémon.com

ポケットモンスター ブラック・ホワイトとは、ゲームフリークが開発し、任天堂が2010年9月18日に発売したニンテンドーDS用ソフト。

概要

2006年のポケットモンスター ダイヤモンド・パール以降およそ4年ぶりの新世代ソフトである。本作はニンテンドーDS用ソフトであるが、ライブキャスターニンテンドーDSiのカメラ機能に対応しているため、DSi対応ソフトでもある。また本作にはリージョンコードが設定されており、DSi、DSi LL(XL)、3DS、3DS LL(XL)では本体から見た国外版をプレイすることはできない(DS、DS Liteはリージョンコードを無視するためプレイ可能)。

本作は歩いてわかる 生活リズムDSおよびハートゴールド・ソウルシルバー同様、赤外線通信に対応している(発売前にはポケウォーカーとの通信が対応する噂があったが、実際には非対応(生活リズム計も同様))。上記のように世代が変更され、新ポケモンの追加や新システムの追加が行われた。

パッケージに描かれているポケモンは、ブラックがレシラム、ホワイトがゼクロムである。

発売までの経緯

システム

新たに追加されたシステム

季節の概念
現実世界と同じサイクルで季節を変えていては悠長すぎるためか、この世界では毎月の周期で季節が変わる。1,5,9月が、2,6,10月が、3,7,11月が、4,8,12月がである。
トリプルバトル
ダブルバトルの発展形。大きな特徴として「原則として向かって二つ隣の相手に攻撃ができない」という点が挙げられている。
ローテーションバトル
シングルバトルとトリプルバトルの変則形。ポケモンを一度に3匹場に出すが実際に行動するのは1匹だけで、毎ターン自分と相手はモンスターの位置を変更しながらバトルを進めていくというもの。最大の利点は先頭、そして上から2番目までの育てたいポケモンを並べておけば、ポケモンを入れ替えて1ターンむだにすることなく対戦できることである。
色の濃い草むら
通常の草むらとは異なる色の濃い草むらがあり、こちらでは別のトレーナーとタッグを組んでいなくても野生ポケモンが2体出現することがある。また、近くの通常の草むらと比べて比較的レベルが高いポケモンが出現する。
ミラクルシューター
通信対戦の新ルール。従来は通信対戦ではトレーナーは道具を使うことができなかったが、このルールではある一定のターンが経過するごとにポイントが貯まっていき、このポイントを利用することでいろいろな道具が使えるようになるというものである。
バトルサブウェイ
これまでのシリーズにおけるバトルフロンティアに似通っている施設。ただし、参加種目は従来のものよりはシンプルになっている。
戦闘BGM変更
戦闘中、自分のポケモンのHPが21%未満(HPゲージが赤)、もしくはジムリーダーの最後のポケモンが出るとBGMが変更される。また、前者は後者を含め例外なく、その条件になればどの戦闘状態で同じBGMである。
フィールド上においてのBGMの概念
同じBGMが複数ので使われていることがあったが、今作から固有になった(いわゆる、それらの同じBGMはほかの街には存在しない)。
また、道路などは季節によってフィールドのBGMが変わる場所がある。
イベント演出の強化
今作ではイベント中に画面がイラストに切り替わり、そのままイベントが進行するというアドベンチャーゲームのような仕様がみられる。
かくれとくせい(夢特性)、ポケモンドリームワールド
ポケモングローバルリンクを介して、これまでとはまったく違うとくせいを持ったポケモンを出会うことができる。ただし、本作初登場のポケモンに関してはムシャーナヒヒダルマなど一部を除いてブラック2・ホワイト2との通信交換やイベント配布なしで入手ができず、第四世代までのポケモンでもポケモングローバルリンクで出会えるものとそうでないものがいる。
素通り
今まではNPCに話しかけることができていたが、ヒウンシティの一部、金曜日と土曜日のシリンダーブリッジなどでは早歩きしているNPCにAを押しても話しかけることができない場合がある。話しかけることが可能なNPCもいるが、淡々と答えエリアから出てしまうと次に同じNPCが出るのを待たないといけないため、従来のNPCに気軽には話しかけられない。

今作で仕様が変更もしくは追加されたシステム

こちらの項では新要素ではなく、従来からあった要素のうち仕様が変更・追加されたものを記す。

経験値の算出方法
相手よりレベルが低ければ、より多くの経験値が貰えるようになった。
レポートについて
レポートが以来、「はい」を1度押すだけでレポートに復活。
レポート中、下の小さい点が待ち時間を表すようになった。
わざマシン
使い捨てでなくなった代わりに、どれも1つしか手に入らず、購入するものも高額になった。例えばわざマシン15(はかいこうせん)は90000円である。また、ポケモンに持たせることはできなくなり、通信では交換できない。
ひでんわざ
バッジを1つ持っていれば、それ以上バッジを持っていなくてもフィールド上で自由に使用できるようになった。そのため、該当するひでんマシンを入手する前でも、そのひでんわざを覚えているポケモンを通信交換で連れてくれば、すぐにでも「そらをとぶ」や「なみのり」などが使用できる。そのため、今作では「ひでんわざ○○が使えるようになるまで次の町へは進めない」といったことがない。代わりに、ひでんわざとは無関係のイベントによりとおせんぼされるなどで道が塞がっていて、1つ1つバッジを入手しないと次の場所へ行けず[1]、なおかつ殿堂入りするまでは1本線のルートのためバッジを無視して別経由で次のシティやタウンへ向かうこともできないため、他の本編に比較するとストーリーの進め方が限定される。
トレーナーとのバトルについて
勝利後に話しかけるとポケモンセンターと同様にポケモンを全回復してくれる「ドクター」、「ナース」が登場。条件に関係なく、回復してくれる。
どろぼうなどで敵ポケモンからどうぐを奪っても、戦闘後に持ち主に返されるようになった。
バトルサーチャーのようなアイテムが存在せず、四天王・チャンピオン、ライモンシティのスタジアムに来るトレーナー以外との再戦が不可能になった。
既存特性の仕様変更
状態異常「どく」の仕様変更。
移動中にダメージを受けなくなった。
旧世代ポケモン引継ぎ(ポケシフター
連れて行くポケモンにアイテムを持たせていると、自動的にバッグに戻る。つまりアイテムの引継ぎが不可能になった。その代わり一日に何匹でも連れてこられるようになった。ハートゴールド・ソウルシルバーで入手できたギザみみピチューは連れてこられない。
バッグの仕様変更。
モンスターボールが全て「道具」欄になった。新規入手アイテムが最上に来るようになった。
登録できる道具の変更
たいせつなもの(じてんしゃ、ダウンジングマシンなど)が25個まで登録可になった。また、トレーナーカードやたいせつなもの以外のどうぐや、項目も登録できるようになった(登録した「たいせつなもの」以外の項目を選択すると、そこへショートカットする)。
殿堂入り前の旧世代ポケモン未出現
これまでは道中、前世代のポケモンと遭遇できたが、本作では初回エンディングまでは既存ポケモンが一切出現しない。ただし、クリア済みの別のソフトから通信交換で連れてくることは可能。つまり、殿堂入りかつ全国図鑑バージョンアップをしなくても第四世代以前のポケモンも連れて来ることができる。この場合、図鑑No.は???になる。また、旧世代のポケモンを新しく登場したポケモンに進化させることはできない。
リボン
今作ではリボンを入手することができなくなった。ただし既にリボンを持っているポケモンをポケシフターやGTSで連れてきた場合や、配布されたポケモンの場合はリボンが付いたままであり、ポケモンのステータス画面で確認もできる。
ボール
性能調整が行われ、一部のポケモンではレベルによってはHPが1でも下位のボールでは捕まりにくくなった。また、まれにボールが1回揺れただけで捕獲が成功する捕獲クリティカルが発生するようになった。
努力値
努力値を下げるきのみが、111以上貯まっていても10ずつしか下がらなくなった。
おこづかいの上限
前作まではお小遣いの上限が999,999円であったが、9,999,999円に変更となった。

ブラックとホワイトの差異

スペック

ブラック

型番
TWL-P-IRBJ
発売日
2010年9月18日
対応機種
ニンテンドーDSおよび互換機(ニンテンドーDSiニンテンドー3DSのカメラ機能に対応)
新品価格
4,571円+税
ROM容量
2Gbit(256MB)

ホワイト

型番
TWL-P-IRAJ
発売日
2010年9月18日
対応機種
ニンテンドーDSおよび互換機(ニンテンドーDSi、ニンテンドー3DSのカメラ機能に対応)
新品価格
4,571円+税
ROM容量
2Gbit(256MB)

あらすじ

詳細はポケットモンスター ブラック・ホワイト 攻略ページを参照のこと。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上利用ください。

ブラック・ホワイトに関する総情報

  • ニューヨーカーの反戦思想を取り入れたと、2011年1月号のダ・ヴィンチ増田順一が発言している。
  • シナリオの制作期間はプロット込みで約1年半。[2]
  • 旧世代ポケモンの図鑑説明は「ポケットモンスター プラチナ」のものが流用されている。
  • 今作はひでんわざの重要度が低く、いあいぎりゆめのあとちで1回だけ使う必要あり)のみでエンディングを迎えることも可能となっている。バッジ無しでひでんわざが使えるのもこの理由である。なお続編のブラック2・ホワイト2では従来のシリーズ通りひでんわざがないとストーリーが進められない場面が復活している。
  • 一部のポケモンの進化レベルが非常に高く設定されている。今まではカイリューバンギラスのレベル55が最高であったが、今回はサザンドラのレベル64が最高であり、ウルガモスもレベル59での進化となっている。そのほか、レベル50台で進化するポケモンも多い。おそらく公式戦でフラットルールが採用されたのも理由の1つである。

脚注

  1. 本編お馴染みの最初のバッジ入手前の「○○に勝利しないとこの先大変になる」があるのはもちろん、工事中であったりなどさまざまな理由で道が塞がれることとなる。
  2. » 「ポケットモンスターブラック・ホワイト」のつくりかた 2:ゲームフリークスタッフボイス

外部リンク

関連項目