第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

デデンネ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
デデンネ
Dedenne
英語名 Dedenne
全国図鑑 #702
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #110
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
分類 アンテナポケモン
タイプ でんき
フェアリー
たかさ 0.2m
おもさ 2.2kg
とくせい ほおぶくろ
ものひろい
隠れ特性 プラス
タマゴグループ ようせい
りくじょう
タマゴの歩数 5120歩
(サイクル 数:21)
獲得努力値 すばやさ+2
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 0
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑
  • ポケモン徹底攻略

デデンネとはぜんこくずかんのNo.702のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター X・Y

外見・特徴

第六世代でんきタイプのマスコット的存在。

でんきタイプの他にフェアリータイプを持つ珍しいポケモンで、でんき・フェアリーは第六世代ではデデンネ固有の組み合わせだった。

進化

  • デデンネ

ポケモンずかんの説明文

Xオメガルビー
ヒゲが アンテナの やくわり。でんぱを そうじゅしんして とおくの なかまと れんらくを とりあうのだ。
(漢字)ヒゲが アンテナの 役割。 電波を 送受信して 遠くの 仲間と 連絡を 取り合うのだ。
Yアルファサファイア
しっぽで はつでんしょや みんかの コンセントから でんきを すいとり ヒゲから でんげきを うちだす。
(漢字)尻尾で 発電所や 民家の コンセントから 電気を 吸い取り ヒゲから 電撃を 撃ち出す。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 67
 
127 - 174 244 - 338
こうげき: 58
 
56 - 121 108 - 236
ぼうぎょ: 57
 
55 - 119 107 - 234
とくこう: 81
 
77 - 146 150 - 287
とくぼう: 67
 
64 - 130 125 - 256
すばやさ: 101
 
95 - 168 186 - 331
合計 431
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 50%
どく: 200%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 0%
あく: 50%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 200%
どく: 50%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 200%
あく: 200%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

デデンネ/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 6)
Lv わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 しっぽをふる ノーマル 変化 - 100% 30
7 でんきショック でんき 特殊 40 100% 30
11 じゅうでん でんき 変化 - -% 20
14 あまえる フェアリー 変化 - 100% 20
17 パラボラチャージ でんき 特殊 65 100% 20
20 ほっぺすりすり でんき 物理 20 100% 20
23 でんじは でんき 変化 - 90% 20
26 ボルトチェンジ でんき 特殊 70 100% 20
30 ねむる エスパー 変化 - -% 10
31 いびき ノーマル 特殊 50 100% 15
34 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
39 なかまづくり ノーマル 変化 - 100% 15
42 じゃれつく フェアリー 物理 90 90% 10
45 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
50 ほうでん でんき 特殊 80 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 どくどく どく 変化 - 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 - -% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 - -% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 - 100% 20
わざマシン24 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざマシン25 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 - 100% 20
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 - -% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 - -% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 - 100% 15
わざマシン46 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン56 なげつける あく 物理 - 100% 10
わざマシン57 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン72 ボルトチェンジ でんき 特殊 70 100% 20
わざマシン73 でんじは でんき 変化 - 90% 20
わざマシン86 くさむすび くさ 特殊 - 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 - 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン89 とんぼがえり むし 物理 70 100% 20
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン93 ワイルドボルト でんき 物理 90 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 - -% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
かいでんぱ でんき 変化 - 100% 15
ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25
てだすけ ノーマル 変化 - -% 20
しぜんのめぐみ ノーマル 物理 - 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
XY Lv21-22 11ばんどうろ草むら Lv30 フレンドサファリでんきフェアリー
ORAS - - Lv21 XYと通信

備考

  • ポケモンずかんの色:黄色
  • ポケパルレで頬に触るとしびれる。
  • 第六世代における、俗に言う「電気ネズミ」ポケモンである。

アニメにおけるデデンネ

ポケモンカードにおけるデデンネ

マンガにおけるデデンネ

一般的な育成論

100族を1抜くすばやさは優秀だが、それ以外の能力はお世辞にもバトル向きとは言えない。しかし、あまえるほっぺすりすり(でんじは)など、サポート向の技を覚えるため、ダブルバトルなら活躍する場はある。 でんき技のほかに、フェアリー技も一応覚えるが、物理技のじゃれつくのみのため威力には期待できない。弱点対策としてくさむすびは入れるようにしたい。

特性はほおぶくろものひろい。 ほおぶくろでは、オボンのみの回復量をアップできたり、ヤタピのみを発動させつつ体力を回復できたりするが、素の耐久が低いため焼け石に水程度になりやすい。 ものひろいは、シングルでは相手の、ダブルでは味方の道具も再利用できるが、なかなか使い勝手が難しい。

隠れ特性のプラスは、なかまづくりを相手や味方に使うことで、相手の特性を潰したり自身や味方の特攻を上げたりできる。デメリットもあるので相手によってかいでんぱなどとうまく使い分けていきたい。

関連項目