ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

こだわり系アイテム

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

こだわり系アイテムは、アイテムの総称。

概要

いずれもポケモンのステータスを大幅に上昇させるが、最初に選んだ技しか使えなくなるデメリットを持つ。交代するとまた別の技を選べるようになる。

このアイテムの効果を持たせ効果を得ている状態、特に1つの技しか出せなくなる状態になることを「こだわる」と呼ぶことが多い。本記事でもそのような意味として用いる。

一覧

道具 効果 初出世代
こだわりハチマキ こうげきが1.5倍になる。 第三世代
こだわりメガネ とくこうが1.5倍になる。 第四世代
こだわりスカーフ すばやさが1.5倍になる。

対戦

  • 個々の道具に関する詳細な戦術は当該記事を参照とする。
  • 相手へトリックなどでこの道具を渡し、デメリットの効果で相手の戦術を破綻させるために使用されることもあり、これは「こだわりトリック」と呼称される。

仕様

  • 状態異常状態変化なまけなどにより技を使用するより前に失敗した場合、選択していた技でこだわったことにはならない。次のターンは技を選びなおすことができる。基本的に「<ポケモン>の <技名>!」のメッセージの出現が、ポケモンがその技でこだわった合図になる。例外として、以下の状況ではメッセージが表示されるもののこだわったことにはならない。
    • きあいパンチを使用したが、集中力が途切れて技が出せなかった場合、次のターンは他の技を選びなおすことができる。
    • オウムがえしさきどりが不適切な対象を指定したことにより失敗した場合、次のターンは技を選びなおすことができる。
  • へんしん/ものまね/スケッチレベルアップで新しい技を覚えたことにより、使用した技が他の技に上書きされた場合、新たに覚えた技でこだわり続けていることはない。この状態で技を使用すると、改めてその技でこだわることになる。
    • ただしへんしんにより技へんしんを覚えているポケモンに変身した場合、直後のターンからへんしんしか出せなくなる。
  • こだわり系アイテムを持たずに技を選択したが、行動する前にこだわり系アイテムを渡された場合、技を使用した時点でこだわったことになり、次のターンからはその技のみしか選べなくなる。

第四世代まで

  • トリック/すりかえを使い相手にこだわり系アイテムを渡したポケモンが、新たに手にした道具もまたこだわり系アイテムだった場合、トリック/すりかえしか選べなくなる。
  • おいうちで交代前のポケモンへ攻撃した場合、次のターンは自由に技を選ぶことができる(ダイヤモンド・パールのみ)。
  • とんぼがえりで「とんぼがえりを覚えており、かつこだわり系アイテムを持つポケモン」に交代すると、出てきたポケモンはとんぼがえりしか出せなくなる(ダイヤモンド・パールのみ)。

第五世代以降

  • トリック/すりかえを使い相手にこだわり系アイテムを渡したポケモンが、新たに手にした道具もまたこだわり系アイテムだった場合、新たに技を選択しなおすことができる。
  • おいうちで交代前のポケモンへ攻撃した場合、技はおいうちでこだわる。
  • とんぼがえり/ボルトチェンジを使用しこだわり系アイテムを持つポケモンに交代し、出てきたポケモンがとんぼがえり/ボルトチェンジを覚えていても技は自由に出せる。
  • こだわり系アイテムを持ったポケモンがマジックルームを使用した場合、マジックルーム状態が解除されたときに選べる技はマジックルームのみになる。
  • こだわり系アイテムですでに技をこだわっているポケモンが特性ぶきよう/さしおさえ/マジックルーム状態になると、技を自由に選べるようになる。状態が治ると先ほどこだわっていた技しか出せなくなる。以下これらを便宜上さしおさえ状態と呼称する。
    • 技をこだわる前にさしおさえられた場合、さしおさえ中は技が固定されず、さしおさえが解除されてから初めて使用した技でこだわることになる。
    • 技をこだわってからさしおさえられたとき、こだわり系アイテムを失ってからさしおさえが解除されると、こだわり系アイテムが無い状態でも技をこだわったままとなる。
      例えば
    1. こだわりスカーフを持ったポケモンAがマジックルームを使う。ここでAはマジックルームでこだわることになるが、マジックルームの間は技を自由に選べる。
    2. こだわりスカーフをトリックたべのこしと交換してからマジックルームを解除する。
    3. Aがマジックルーム以外の技を選ぶ。すると「たべのこしの 効果で マジックルームしか 出せない!」と表示される。
    • 3.においてAが道具を持っていない場合は、世代により少々異なった挙動をする。(2.において、たべのこしではなく道具が無かった場合にあたる)
      • 第五世代では道具を持っていない場合でも上記現象があり、「なしの 効果で <こだわった技>しか 出せない!」と表示される。
      • 第六世代では道具を持っていない場合はこの現象は起きない。
      • 第七世代では道具を持っていない場合、こだわった技以外を選択することはできるが、使うと必ず失敗する。
  • 第七世代では、こだわり系アイテムで技をこだわったポケモンがこだわった技以外を使うと必ず失敗する。

関連項目