ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ボルトロス

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ボルトロス
Voltolos
英語名 Thundurus
全国図鑑 #642
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #148
新イッシュ図鑑 #199
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
分類 らいげきポケモン
タイプ でんき
ひこう
おもさ 61.0kg
けしんフォルム
たかさ 1.5m
とくせい いたずらごころ
夢特性 まけんき
れいじゅうフォルム
たかさ 3.0m
とくせい ちくでん
タマゴグループ タマゴみはっけん
タマゴの歩数 30855歩
(サイクル 数:121)
獲得努力値 攻撃+3
基礎経験値 第五世代:261
最終経験値 1250000
性別 100% ♂
捕捉率 3
初期なつき度 90

外部サイトの図鑑

ボルトロスとはぜんこくずかんのNo.642のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

  • ボルトロス

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ブラック
ボルトロスが とおりすぎた とちには カミナリの おちた むすうの あとが やけこげとなって のこっている。
(漢字) ボルトロスが 通り過ぎた 土地には 雷の 落ちた 無数の 跡が 焼け焦げとなって 残っている。
ポケットモンスター ホワイト
しっぽの トゲから でんげきを うちだす。イッシュちほうの そらを とびまわり かみなりを おとす。
(漢字) しっぽの トゲから 電撃を 撃ち出す。イッシュ地方の 空を 飛び回り 雷を 落とす。
ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2ポケットモンスター Y
おおぞらを とびまわりながら あちこちに カミナリを おとして やまかじを おこすので きらわれる。
(漢字) 大空を 飛びまわりながら あちこちに カミナリを 落として 山火事を 起こすので 嫌われる。

種族値

けしんフォルム
種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 79
 
139186 268362
こうげき: 115
 
108183 211361
ぼうぎょ: 70
 
67134 130262
とくこう: 125
 
117194 229383
とくぼう: 80
 
76145 148284
すばやさ: 111
 
104179 204353
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算
れいじゅうフォルム
種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 79
 
139186 268362
こうげき: 105
 
99172 193339
ぼうぎょ: 70
 
67134 130262
とくこう: 145
 
135216 265427
とくぼう: 80
 
76145 148284
すばやさ: 101
 
95168 186331
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第五世代
BW/B2W2
1 さわぐ
おどろかす
でんきショック
7 いばる
13 かみつく
19 リベンジ
25 でんげきは
31 かいふくふうじ
37 こうそくいどう
43 ほうでん
49 かみくだく
55 じゅうでん
61 わるだくみ
67 かみなり
73 あくのはどう
79 アームハンマー
85 あばれる

わざひでんマシンわざ

第五世代
BW/B2W2
わざマシン06 どくどく
わざマシン08 ビルドアップ
わざマシン10 めざめるパワー
わざマシン12 ちょうはつ
わざマシン15 はかいこうせん
わざマシン17 まもる
わざマシン18 あまごい
わざマシン21 やつあたり
わざマシン23 うちおとす
わざマシン24 10まんボルト
わざマシン25 かみなり
わざマシン27 おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス
わざマシン31 かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん
わざマシン34 ヘドロウェーブ
わざマシン36 ヘドロばくだん
わざマシン41 いちゃもん
わざマシン42 からげんき
わざマシン44 ねむる
わざマシン45 メロメロ
わざマシン46 どろぼう
わざマシン48 りんしょう
わざマシン52 きあいだま
わざマシン56 なげつける
わざマシン57 チャージビーム
わざマシン58 フリーフォール
わざマシン59 やきつくす
わざマシン63 さしおさえ
わざマシン66 しっぺがえし
わざマシン68 ギガインパクト
わざマシン72 ボルトチェンジ
わざマシン73 でんじは
わざマシン86 くさむすび
わざマシン87 いばる
わざマシン89 とんぼがえり
わざマシン90 みがわり
わざマシン91 ラスターカノン
わざマシン93 ワイルドボルト
わざマシン94 いわくだき
ひでんマシン02 そらをとぶ
ひでんマシン04 かいりき

人から教えてもらえるわざ

第五世代
BW B2W2
かみなりパンチ ×
いびき ×
ねごと ×
アイアンテール ×
さわぐ ×
なりきり ×
ばかぢから ×
はたきおとす ×
あくのはどう ×
イカサマ ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ブラック × 入手不可 Lv.5 BW2から通信
ホワイト Lv.40 バッジ8個入手後に7ばんどうろで遭遇した後、イッシュ地方を逃げ回るのを見つけて捕まえる。 Lv.5 BW2から通信
ブラック2・ホワイト2 Lv.5 バッジ0個の状態でポケモンARサーチャーから通信(1匹のみ) Lv.5 BW2内で通信

アニメ連動企画として、2011年12月16日(金)~2012年1月10日(火)にニンテンドーWi-Fiコネクションで、ブラックにボルトロスが配信された。

備考

Nintendo DREAM 2011年5月号で雷神をモチーフにしたと述べられている。

アニメにおけるボルトロス

BW編第59話で初登場。BW編第97話で再登場し、霊獣フォルムになって暴走したが、最終的にメロエッタの活躍で正気に戻った。

マンガにおけるボルトロス

ポケモンカードにおけるボルトロス

一般的な育成論

同じタイプのサンダーと比較すると、耐久面で劣る代わりに素早さが上回る。変化技はおいかぜ、はねやすめの代わりにちょうはつが使え、けしんフォルムの場合は特性のいたずらごころによって優先度+1の状態で変化技を扱う事が出来る。

なお、トルネロスと同様、徘徊系でしか存在しないポケモンなので、シナリオ中で手に入るマスターボールを使用することをオススメする。

けしんフォルム

このフォルムでは通常特性のいたずらごころポケモンARサーチャーで手に入るまけんきの個体があり、この二つに分けて説明する。

いたずらごころ型

攻撃、特攻、素早さが高く耐久性が低い種族値だが、種族値に素直に従うか、優先度+1で変化技を撃てる特性いたずらごころを主体とするかで全く別のポケモンになる。シングルバトルでは変化技は多くて2つ程度にし、性格をおくびょうにして特攻と素早さに努力値を伸ばした特殊アタッカーとして採用される事が多い。ダブルバトルでもこの型を使う場合はあるが、主流はいたずらごころをフル活用したでんじはいばるをバラまき、味方が動きやすい場を作る型となる。この場合はずぶといおだやかが選択される。

メインウェポンとしては10まんボルト。アタッカーならばサブウェポンが入り、筆頭はめざめるパワー(主にこおり。場合によってはタイプ一致のひこうでも良い)。続いてきあいだまくさむすびが入り、ピンポイントな選択肢であくのはどうサイコキネシスなど。シングルバトルならば6世代で威力が上がってまともに使えるようになった強化めざ炎と言えるやきつくすも良い。物理技だが、バンギラスへの命中安定の役割破壊技としてばかぢからの採用もありえる。変化技を主流とした型の場合は残り3つが変化技で埋められる事が多い。特性によって先制できる代表的な変化技はちょうはつでんじはいばるみがわりが主流。みがわりはアタッカー向けで、残りもいばる以外はアタッカー型でも入る場合があるが、それらで全てを採用しきることが出来、状況によって撃ち分けることが出来るのが耐久型ボルトロスの利点でもある。天候変化かつ、かみなりを必中にするためのあまごいなども存在する。主流の変化技はこの位だが、他にもどくどくねむるなどの汎用変化技は大体使う事が出来る為、テンプレートから外れつつも実用性が比較的高い戦術も多数ある。

まけんき型

夢特性まけんきについては、いたずらごころが非常に強力である事、まけんき自体が受動的な特性であること、特殊攻撃と比べると物理攻撃技の性能があまり良くない(特に電気技)ため、ボルトロスにとっては採用しがたい特性とも言える。しかし、特性いかくが強力なダブルバトルトリプルバトルの場合は、発動機会も多くなるので採用する価値も上がっている。場に出した時にボールでバレてしまう(まけんきボルトロスはドリームボール固定)が、元々特殊技や変化技を多用するイメージが強い事から、かちきやまけんきのポケモンの性質である「存在自体がいかく持ちのポケモンの選出に睨みを効かせる」と言う事が起こらない事が逆に利点となっており、相対的に発動機会を増やしやすい分奇襲となりやすい。

物理技を主軸とするまけんき型の一般的な技はワイルドボルトばかぢからを基本とし、はたきおとすフリーフォールとんぼがえりなどの少なめの物理技から選択する。まけんき型の利点の一つがばかぢからの火力増強の意味合いもあるので、ワイルドボルトの反動を嫌って特殊電気技にするのも無しでは無い。いたずらごころと違って素早さを補う手段が無いため、性格は自動的に素早さ補正のようき、特殊技を採用する場合はせっかちなどがありえる位だろう。

れいじゅうフォルム

けしんフォルムと比較すると攻撃、素早さが落ちるが、特攻が大きく向上する。特攻はランダムマッチに参加できるポケモンの中では、ギルガルドに次いで高いシャンデラと同じ145の数値を誇る。特性もちくでんに変わるため、特殊アタッカーをメインに構成するといいだろう。特性によって、ダブルバトルやトリプルバトルではほうでんを持つポケモンと相性がよい。

素早さがけしんフォルムと比べて、ガブリアスの素早さ種族値より1低い101になったことにより、ラティオスなどのけしんフォルムでは有利だった相手 に対して不利になったので、それをこだわりスカーフや味方でうまくカバーする必要がある。

化身フォルムと比べると特殊アタッカー一辺倒な種族値と特性となるため、アタッカー向けの攻撃技を自然に多数採用できる。特にボルトチェンジは高負荷をかけやすい撃ち逃げ技となる為、こだわり系アイテムとの相性も良い。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。