Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

タイプ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

タイプ (Type) とは、ポケモンやに対して備わっている属性のこと。

概要

みずほのおなど18種類があり、それぞれのタイプ同士相性が決まっている。第二世代ではあくはがねが、第六世代ではフェアリーが追加された。

ポケモンには種族ごとに1〜2種類、技には1種類のタイプが割り当てられている。ただし、フライングプレスのみ2種類のタイプを持つ。

技のタイプ

バトルにおいて、攻撃技のタイプと、攻撃されるポケモンのタイプの相性関係によって、その威力が増加、減少したり、全く効かなかったりする。また、特定のタイプのわざを無効化する特性も存在する。

また、攻撃技とそれを使用するポケモンのタイプが同じ場合に威力が高まる(タイプ一致ボーナス)。ただし、ちきゅうなげなどのダメージ固定技は技のタイプが割り当てられているものの、実際にはタイプ一致ボーナスは無い。

一部の技は表示とは違うタイプとして処理される。第六世代には、特殊な相性関係の計算をする技が登場した(フライングプレスフリーズドライ)。

一部の特性には本来の技のタイプが変わる特性がある。

ポケモンのタイプ

あるタイプを備えたポケモンは、特定の状態異常状態変化を防ぐ能力がある(例えば、はがねポケモンどく状態を予防することができる)。ただし、ポケモンがその状態になった後で 防ぐ能力のあるタイプに変わっても、その状態を回復することはできない。

ポケモンのタイプが変わる可能性のある場合は次の通りである。

タイプ一覧

備考

  • データ上にはマルチタイプによる???タイプに対応したアルセウスフォルムのグラフィックが確認できる。
  • 第一・二世代にとりタイプという没タイプがデータ上に存在していた。

関連項目

タイプ
ノーマル - ほのお - みず - でんき - くさ - こおり - かくとう - どく - じめん
ひこう - エスパー - むし - いわ - ゴースト - ドラゴン - あく - はがね - フェアリー - ???