ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ギラティナ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ギラティナ
Giratina
英語名 Giratina
全国図鑑 #487
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #210
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 はんこつポケモン
タイプ ゴースト
ドラゴン
アナザーフォルム
たかさ 4.5m
おもさ 750.0kg
とくせい プレッシャー
隠れ特性 テレパシー
オリジンフォルム
たかさ 6.9m
おもさ 650.0kg
とくせい ふゆう
タマゴグループ タマゴみはっけん
(性別不明)
タマゴの歩数 120サイクル
  • 第四世代: 30855歩
  • 第五世代以降: 30840歩
獲得努力値 HP+3
基礎経験値
  • 第四世代: 220
  • 第五・第六世代: 306
  • 第七世代: 306
最終経験値 1250000
性別 ふめい
捕捉率 3
初期なつき度 0
外部サイトの図鑑

ギラティナとはぜんこくずかんのNo.487のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ダイヤモンド・パール
このよの うらがわにある せかいに すんでいると いわれる ポケモン。こだいの はかばに あらわれる。
プラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2Yアルファサファイア
あばれもの ゆえ おいだされたが やぶれたせかいと いわれる ばしょで しずかに もとのせかいを みていた。
(漢字) 暴れ者 ゆえ 追い出されたが 破れた世界と 言われる 場所で 静かに 元の世界を 見ていた。
ハートゴールド・ソウルシルバーXオメガルビー
じょうしきの つうようしない このよの うらがわにあると いわれる やぶれたせかいに せいそくする。
(漢字) 常識の 通用しない この世の 裏側にあると 言われる 破れた世界に 生息する。

種族値

アナザーフォルム

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 150
 
210 - 257 410 - 504
こうげき 100
 
94 - 167 184 - 328
ぼうぎょ 120
 
112 - 189 220 - 372
とくこう 100
 
94 - 167 184 - 328
とくぼう 120
 
112 - 189 220 - 372
すばやさ 90
 
85 - 156 166 - 306
合計 680
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

オリジンフォルム

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 150
 
210 - 257 410 - 504
こうげき 120
 
112 - 189 220 - 372
ぼうぎょ 100
 
94 - 167 184 - 328
とくこう 120
 
112 - 189 220 - 372
とくぼう 100
 
94 - 167 184 - 328
すばやさ 90
 
85 - 156 166 - 306
合計 680
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 200%
フェアリー: 200%

とくせいのふゆうでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 0%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 200%
あく: 200%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

ギラティナ/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 りゅうのいぶき ドラゴン 特殊 60 100% 20
1 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
6 あやしいかぜ ゴースト 特殊 60 100% 5
10 げんしのちから いわ 特殊 60 100% 5
15 きりさく ノーマル 物理 70 100% 20
19 かげうち ゴースト 物理 40 100% 30
24 みちづれ ゴースト 変化 —% 5
28 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
33 だいちのちから じめん 特殊 90 100% 10
37 はどうだん かくとう 特殊 80 —% 20
42 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
46 シャドーダイブ ゴースト 物理 120 100% 5
50 たたりめ ゴースト 特殊 65 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン02 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
わざマシン04 めいそう エスパー 変化 —% 20
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン24 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざマシン25 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン40 つばめがえし ひこう 物理 60 —% 20
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100% 15
わざマシン51 はがねのつばさ はがね 物理 70 90% 25
わざマシン53 エナジーボール くさ 特殊 90 100% 10
わざマシン57 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
わざマシン59 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざマシン61 おにび ほのお 変化 85% 15
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン73 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン76 そらをとぶ ひこう 物理 90 95% 15
わざマシン77 じこあんじ ノーマル 変化 —% 10
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン82 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
わざマシン85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100% 15
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン97 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

アナザーフォルム

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
アクアテール みず 物理 90 90% 10 -
きりばらい ひこう 変化 —% 15 -
りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10 -
だいちのちから じめん 特殊 90 100% 10 -
じゅうりょく エスパー 変化 —% 5 -
ハイパーボイス ノーマル 特殊 90 100% 10 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10 -
いたみわけ ノーマル 変化 —% 20 -
でんげきは でんき 特殊 60 —% 20 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
うらみ ゴースト 変化 100% 10 -
テレキネシス エスパー 変化 —% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

オリジンフォルム

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
アクアテール みず 物理 90 90% 10 -
きりばらい ひこう 変化 —% 15 -
りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10 -
だいちのちから じめん 特殊 90 100% 10 -
じゅうりょく エスパー 変化 —% 5 -
ハイパーボイス ノーマル 特殊 90 100% 10 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
マジックコート エスパー 変化 —% 15 -
げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10 -
でんげきは でんき 特殊 60 —% 20 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
うらみ ゴースト 変化 100% 10 -
おいかぜ ひこう 変化 —% 15 -
テレキネシス エスパー 変化 —% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
D・P Lv.70 もどりのどうくつ - -
Pt Lv.47 やぶれたせかい
(捕まえなかった場合もどりのどうくつに出現)
HG・SS Lv.1 シントいせき (要アルセウス (えいがかん))
B・W × 出現しない - -
B2・W2 × 出現しない Lv.5-40 ARサーチャー(プラチナとの連動)
XY × 出現しない - -
OR・AS Lv.50 おおきなさけめ (マボロシのばしょ)
(要ディアルガパルキア)
S・M × 出現しない - -
US・UM Lv.60 ウルトラスペースゼロ(黄)
(要ディアルガパルキア)

隠れ特性の入手方法

BW
なし
B2W2
ポケモンARサーチャー
XY/ORAS
配布: ギラティナ (デセルシティ)
SM/USUM
なし

配布ポケモン

おや 言語/地域 配布バージョン
10/12 韓国語 BW/B2W2
SUM2013 英語
フランス語
ドイツ語
イタリア語
スペイン語
BW/B2W2
デセルシティ 全言語/日本 XY/ORAS

備考

  • 特性はアナザーフォルムプレッシャー。オリジンフォルムはふゆう
  • 2008年9月13日に発売された「ポケットモンスター プラチナ」のパッケージを飾る。ディアルガパルキアと対になる。
  • 「ポケットモンスター プラチナ」ではオリジンフォルムと呼ばれる姿でパッケージを飾る。
  • ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」での姿はアナザーフォルムと呼ばれる仮の姿である。
  • 「ポケットモンスター プラチナ」でのシロナの発言でディアルガやパルキアと同時期に生まれたポケモンだということ、ハートゴールド・ソウルシルバーにおいて反物質を司るということが明かされた。
  • ちなみに戦闘BGMはDPまではヒードラン等の伝説のポケモンと同じだったが、プラチナでは専用BGMが用意されている。やぶれたせかいで捕まえなかった場合、殿堂入り後にもどりのどうくつで出現するアナザーフォルムも同じく専用BGMが用いられている。
  • 戦闘で唯一横から登場せず、上から登場するポケモンでもある。

アニメにおけるギラティナ

マンガにおけるギラティナ

ポケモンカードにおけるギラティナ

ギラティナの歴史

第四世代

GSダブルで行われたWCS2010の対戦では、持ち物がはっきんだまに固定されることからオリジンフォルムは徹底的に敬遠されたため、当時のギラティナ=アナザーフォルムであった。

無効2、半減6の耐性を活かした受けとして活躍したが弱点4と穴もあり、GSダブルでは要塞化できるほどの圧倒的な受け手段とまではいかなかった。むしろシャドーダイブ、かげうち、りゅうせいぐんを駆使したアタッカー、こごえるかぜ、でんじはを操るサポーターとしての毛色が強かった。

努力値攻撃素早さに252振りが一般的であり、性格はいじっぱりようきがメインであった。

WCS2010のカテゴリーA準優勝の実績を持つ。

第五世代

それまで実用性が低いと見られていたオリジンフォルムはグラードンやアルセウスのじしんを無効化できることから需要が増した。ただ、テレパシー個体の場合は味方の放つ全体攻撃なら無効化でき、テレパシーでも一部代用できる。2012年末に開催されたインターネット大会『クリスマスカップ』では使用率9位を記録。同大会ではテレパシー個体が使用率16.6%を記録。

第六世代

ゴーストウエポン無効のガルーラがトップメタとなり、ガルーラに流される場面が増えたということでシャドーダイブを武器とするギラティナの長所が薄れた。さらにORASではメガレックウザと不利な相手が新たに登場。特殊耐久特化のギラティナは特攻無振りでいのちのたまを持たせたむじゃきメガレックウザの普通のりゅうせいぐん+特攻ランク補正2段階下降後のりゅうせいぐんを受けると確定で倒れる。JCS2016予選では自身が持つドラゴンが邪魔になったことが祟って各カテゴリ使用率30位圏外とかつての需要は嘘のようになった。

PGLのインターネット大会統計データによると、この世代のGSダブルのアナザーギラティナはりゅうせいぐんシャドーダイブかげうちまもるが主流技構成であったとうかがえる。性格はいじっぱりが1番手で、2番手にはしんちょう、なまいき、ゆうかんがあった。持ち物はたべのこし、じゃくてんほけんがメインであり、じゃくてんほけんが好んで使われるあたり環境においてタイプ受けとはみなされなかった模様。

第七世代

メガガルーラが大幅に弱体化したことで環境から減少したので、ギラティナにとってはこれは追い風と言えるだろう。ただしゴーストの禁止級伝説にルナアーラが登場。速度も高く条件が揃えば耐久もギラティナ以上とあって、ギラティナの立場は少し不安要素が残るようになってしまった。オリジンフォルムのギラティナのシャドーダイブなら、ルナアーラの特性ファントムガード込みの最低乱数でも確定1発にできるが、1ターンの間は交代の隙を与えてしまうため、パワフルハーブ込みでないと対応しにくい。逆にシャドークローファントムガード込みのルナアーラを攻撃すると、今度は最高乱数でさえも確定2発になってしまう。そのため対ルナアーラに限っては力不足な面が見られ、ルナアーラに対して不利になってしまう理由がこれである。とはいえ対ルナアーラにしての話であり、他のポケモンや伝説ポケモンに関しては持ち前の耐久力や決定力を活かせる為、そこまで痛手ではない。それよりもお馴染みのミミッキュがやはり天敵となってしまった。例の特性ばけのかわかたやぶり特性を持たないギラティナには非常に痛手。さらにギラティナよりも早いため、ギラティナは何もできずに退場することも。一応対策としては、かげうちでばけのかわを潰してからのシャドークローで、確定1発に持ち込むことができるが、ミミッキュもかげうちを覚えられるので、完全な対策とはならない。しかし覚えていなかった場合はこちらがアドバンテージを取れる。1番安全なのはやはりこだわりスカーフ持ち。先手を取れるようになるため、対処が容易になるが、スカーフ持ちとバレやすい点には要注意。

一般的な育成論

アナザーフォルム
ダイヤモンド・パールで登場した。オリジンフォルムより耐久面が秀でているため、耐久型が一般的である。めいそうねむるを駆使し、タイプ一致シャドーボールりゅうのはどうを筆頭にはどうだんエナジーボール10まんボルトで攻撃するのが最も基本。
シャドーダイブパワフルハーブコンボも存在し、ダブルバトルなどでは、まもるも打ち破れることから、採用される。
また、おしえわざにより習得可能になった、うらみも候補に挙がる。プレッシャーとの相性も良く、一気にPPを6も減らすこともできる。
ギラティナ (デセルシティ)ポケモンARサーチャーでゲットできるギラティナが持つ隠れ特性テレパシーはシングルにおいてはほぼ死に特性。プレッシャーの方が役に立つ。ダブルではあったら便利という程度でディアルガほどの恩恵はない。とはいえ、オリジンフォルムにならなくても味方の全体技をかわせるのは優秀。ただし、本来の特性であるプレッシャーはその場に出した時点で発動するため、バレやすい特性という点には要注意。
ダブルバトルではおいかぜ状態の最終ターンに先手でシャドーダイブを放って姿を消し、おいかぜが切れたターンの直後に後攻で攻撃判定を行うことで相手の攻撃が届かない無敵状態を作り出すというテクニックが存在する。
オリジンフォルム
プラチナで登場した、ふゆう特性のフォルム。持ち物がはっきんだまに固定されるが、専用アイテムである上に弱点のタイプの技であるはたきおとすで持ち物を落とされない上に威力を下げられないというメリットがある。アナザーフォルムより攻撃面が秀でている。そのため、アタッカーが一般的である。
攻撃技は、専用技でタイプ一致のシャドーダイブに加えて、同じくタイプ一致のシャドークロードラゴンクロー、プラチナのおしえわざにより習得可能になったげきりんなどが候補になる。HGSSで覚えられるようになったかげうちを入れてもいい。ちなみに隠れ特性テレパシーの個体がフォルムチェンジしてもふゆうのまま。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ギラティナ guillotine(英語:ギロチン)、girasol(英語:ジラソル;オパールの一種)、platinum(英語:プラチナ
英語 Giratina ギラティナ
ドイツ語 Giratina ギラティナ
フランス語 Giratina ギラティナ
韓国語 기라티나(Giratina) ギラティナ
中国語 騎拉帝納/骑拉帝纳(Qílādìnà) ギラティナ

関連項目

伝説のポケモン
準伝説 禁止級伝説
第一世代 フリーザー - サンダー - ファイヤー ミュウツー ミュウ
第二世代 ライコウ - エンテイ - スイクン ルギア - ホウオウ セレビィ
第三世代 レジロック - レジアイス - レジスチル
ラティアス - ラティオス
カイオーガ - グラードン - レックウザ ジラーチ - デオキシス
第四世代 ユクシー - エムリット - アグノム
ヒードラン - レジギガス - クレセリア
ディアルガ - パルキア - ギラティナ フィオネ - マナフィ
ダークライ - シェイミ - アルセウス
第五世代 コバルオン - テラキオン - ビリジオン
トルネロス - ボルトロス - ランドロス
レシラム - ゼクロム - キュレム ビクティニ - ケルディオ - メロエッタ - ゲノセクト
第六世代 ゼルネアス - イベルタル - ジガルデ ディアンシー - フーパ - ボルケニオン
第七世代 カプ・コケコ - カプ・テテフ - カプ・ブルル - カプ・レヒレ
ウツロイド - マッシブーン - フェローチェ - デンジュモク
テッカグヤ - カミツルギ - アクジキング
ベベノム - アーゴヨン - ツンデツンデ - ズガドーン
ソルガレオ - ルナアーラ - ネクロズマ マギアナ - マーシャドー - ゼラオラ
第八世代 ザシアン - ザマゼンタ


この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。