ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

エルフーン

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
エルフーン
Erufuun
英語名 Whimsicott
全国図鑑 #547
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #053
新イッシュ図鑑 #083
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
分類 かぜかくれポケモン
タイプ くさ
フェアリー
たかさ 0.7m
おもさ 6.6kg
とくせい いたずらごころ
すりぬけ
夢特性 ようりょくそ
タマゴグループ しょくぶつ
ようせい
タマゴの歩数 5355歩
(サイクル 数:21)
獲得努力値 すばやさ+2
基礎経験値 第五世代:168
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 75
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

  • ポケモン徹底攻略

エルフーンとはぜんこくずかんのNo.547のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ブラック
どんなに ほそい すきまでも かぜのように くぐりぬけてしまう。しろい けだまを のこしていく。
(漢字) どんなに 細い すきまでも 風のように 潜り抜けてしまう。白い 毛玉を 残していく。
ポケットモンスター ホワイト
つむじかぜに のって あらわれる。すきまから いえに はいりこみ いたずらを していく ポケモン。
(漢字) つむじ風に 乗って 現われる。すきまから 家に 入り込み いたずらを していく ポケモン。
ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
つむじかぜと ともに あらわれて いえの なかの かぐを うごかしたり わたを のこす いたずらをする。
(漢字) つむじかぜと ともに 現われて 家の 中の 家具を 動かしたり 綿を 残す いたずらをする。

種族値

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 60
 
120167 230324
こうげき: 67
 
64130 125256
ぼうぎょ: 85
 
81150 157295
とくこう: 77
 
73141 143278
とくぼう: 75
 
72139 139273
すばやさ: 116
 
108184 213364
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

第5世代

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 200%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

第6世代

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 200%
どく: 400%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 50%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 0%
あく: 50%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第五世代
BW/B2W2
1 せいちょう
やどりぎのタネ
メガドレイン
わたほうし
10 かぜおこし
28 おいかぜ
46 ぼうふう
50 ムーンフォース

わざひでんマシンわざ

第五世代
BW/B2W2
わざマシン06 どくどく
わざマシン10 めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ
わざマシン12 ちょうはつ
わざマシン15 はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ
わざマシン17 まもる
わざマシン20 しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム
わざマシン27 おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール
わざマシン32 かげぶんしん
わざマシン42 からげんき
わざマシン44 ねむる
わざマシン45 メロメロ
わざマシン46 どろぼう
わざマシン48 りんしょう
わざマシン53 エナジーボール
わざマシン56 なげつける
わざマシン68 ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ
わざマシン85 ゆめくい
わざマシン86 くさむすび
わざマシン87 いばる
わざマシン89 とんぼがえり
わざマシン90 みがわり
わざマシン92 トリックルーム

人から教えてもらえるわざ

第五世代
BW B2W2
いびき ×
ギガドレイン ×
ねごと ×
てだすけ ×
はたきおとす ×
がむしゃら ×
ほしがる ×
おいかぜ ×
なやみのタネ ×
タネばくだん ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

Lv.1のモンメンにたいようのいしを使う。

備考

第六世代では新たにフェアリータイプが加わる。ただしくさに加えてフェアリーもどくタイプが弱点であり、実質唯一のどくタイプ4倍弱点のポケモンになった。

アニメにおけるエルフーン

BW編第80話で初登場。ハットリ邸の庭にいた。

マンガにおけるエルフーン

ポケモンカードにおけるエルフーン

一般的な育成論

すばやさが高いこと以外は、抑え気味の種族値。ただし、変化技に対して優先度が+1され先制しやすくなる特性いたずらごころは非常に優秀。攻撃技としては、メインウエポンならくさタイプはギガドレインエナジーボールのどちらか、フェアリータイプはムーンフォースを主軸として、ぼうふうサイコキネシスシャドーボールなどが候補に挙がる。しかし、元々の火力はイマイチなので攻撃技だけで叩くのはやや難易度が上がる。アタッカーとして育成する場合は火力増強のアイテムが必要な上、もう一つの通常特性すりぬけの採用も考えておく必要がある。

エルフーンの真骨頂はその特性の優秀さと豊富な補助技のラインナップである。それらの組み合わせ次第で種族値を補って余るほど強力になる。その為基本的には先制で補助技を駆使して戦う戦術となる。特に「やどりぎのタネ→(まもる→先制みがわり)×α」の凶悪な「やどみが」コンボをするだけで大体の相手は完封出来てしまう。またやどりぎのタネの部分はどくどくでも代用できる。

それ以外にも相手の物理攻撃を読んでの先制コットンガードによって対抗する事も出来る。エルフーンの対策としてちょうはつを打って来ようものなら逆に先制でしびれごなアンコールなどで妨害すればいい。

サポート用としておいかぜひかりのかべなども候補に挙がる。その上トリックルームにほんばれをしてトリパ、晴れパの起点になることも出来る。トリックルームはいたずらごころの対象外であるため直接の意味はないが、妨害としてよく使われるちょうはつを、こちらの先制ちょうはつで予め封じてからトリックルームを使えるという利点がある。おいかぜは確実に先制で決めると共に、後攻になる相手の攻撃を利用してだっしゅつボタンで退場し、効果ターンを1ターン節約出来る。自身を犠牲にして相手の攻撃、特攻を2段階下げ、積み技を持つ後続に繋ぎやすくするおきみやげもあるとよい。

進化前のモンメン同様、先述のように特性のいたずらごころにより、レベル1の状態でも使用することがある。レベル1のパーティでは確実にやどりぎのタネを撒いて後続のがんじょう持ちポケモンにつなげる事が出来る。もしくは自分自身でまもる+みがわりの戦法で戦う事も出来る。またモンメンと異なりトリックルームを取得できるので、トリパの起点として発動してからおきみやげを使い、トリックルームの恩恵を受けているポケモン(鈍足アタッカーなど)で試合を有利に運ぶ作戦もおもしろい。

他にもすりかえを利用し、押し付け戦法も可能。これもいたずらごころによって確実に先制で決められるという利点を持つ事になる。ただし、エルフーンのすりかえは遺伝が面倒(スリーパーハートのウロコで覚えさせる)→サボネアモンメンと経由する必要があり、ブラック・ホワイト単体では手に入らないポケモンが必要になる)である上、アンコール等と同時遺伝が出来ない(第六世代以降は可能となる)。しかしこだわりメガネなど技を縛られるのと引き換えに火力、素早さを増加させた道具を持たせたアタッカーとして活躍させたい場合は覚えさせておきたい。もちろん他の技としてあまえるやひかりのかべ、しびれごななど、相手の場にいるポケモンも加えて控えにも邪魔を入れる妨害型に覚えさせるのも悪くない。

第六世代からはフェアリータイプが追加されたため、唯一の複合を持つポケモンとなる。これによってどく技が4倍になった上に弱点にはがね技が追加されてしまった点が痛手だが、苦手だったむし技が等倍になり、新たにかくとうあくタイプの技を半減可能になった事はおろか、相性で不利だったドラゴンタイプも逆に有利になった。なお、フェアリータイプの中では素早さ種族が最も高いポケモンともなっている。

わざマシンで新たにしぜんのちからを獲得。しぜんのちからは変化技のため、対人戦ではトライアタックを特性のいたずらごころによって先制で放つことができる。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。