ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

急所

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

急所(きゅうしょ)とは、バトル中ランダムに発生する、ダメージが増加するボーナスの事。一般的なゲームで言うところの「クリティカルヒット」のようなもの。

ゲーム中では「きゅうしょに あたった!」と表現されるが、技が急所に当たる事自体を「急所」と呼ぶ事もある。

急所に当たる確率を急所率といい、そのランク補正急所ランクという。

効果

  • 技のダメージが1.5倍(第五世代までは2倍)になる。
  • そのときのランク補正を一部、もしくは全て無視する。
    • 第一世代:全てのランク補正が無視される。
    • 第二世代:攻撃側のこうげき(とくこう)ランク≦防御側のぼうぎょ(とくぼう)ランクの場合のみ、全てのランク補正が無視される。
    • 第三世代以降:攻撃側にとって不利なランク補正が無視される。
      • 攻撃側のこうげき(とくこう)ランクが0以下の時は0として計算される。
      • 防御側のぼうぎょ(とくぼう)ランクが0以上の時は0として計算される。
  • リフレクター・ひかりのかべの効果が無視される。
  • 防御側のポケモンの特性がいかりのつぼである場合、防御側のこうげきランクが最大まで上がる(+12段階)。
  • 第六世代では急所ランクが3の時には技が必ず急所に当たるようになった。

急所率の計算

第一世代

第二世代

以上の数字を足した合計から急所率が求まる。

  • 0:17/256
  • 1:32/256
  • 2:64/256
  • 3:85/256
  • 4:128/256

第三世代・第四世代・第五世代

以上の数字を足した合計(ただし4以上は4とする)から急所率が求まる。

  • 0:1/16
  • 1:1/8
  • 2:1/4
  • 3:1/3
  • 4:1/2

第六世代

以上の数字を足した合計(ただし3以上は3とする)から急所率が求まる。

  • 0:1/12
  • 1:1/6
  • 2:1/2
  • 3:確定

急所に当たりやすいわざ一覧

必ず急所に当たるわざ

第一世代における急所

上記の計算式であるためにポケモンの強さのアンバランスを着実に表していた。そのために第二世代以降大幅に変更される結果となった。

  • すばやさ種族値が64以上のポケモンの場合、急所に当たりやすい技は急所率が255/256となり、「ほぼ確実に急所」となる。そのため威力70のきりさくの威力が実質的に140となり、同じノーマルタイプのはかいこうせん(威力150、しかも一撃で倒せないと次ターン行動不能のペナルティあり)以上に優秀なわざであった。
  • すばやさ種族値のみに依存するため、すばやさの高いポケモンが必然的に有利となっていた。例えば、フーディン種族値120)の急所技以外の急所率は60/256となる。どくタイプが多い第一世代では、しっかり対策を行わないでヤマブキジムナツメチャンピオンライバルが繰り出すフーディン1匹に、4回に1回の割合で急所となるサイコキネシスを先攻で連発されて全滅してしまうトレーナーも多かった。
  • 急所に当たると、自分に有利なランク補正も無視されてしまうため、能力上昇の技を積んだ後などは急所に当たってしまうと逆にダメージが減ってしまう。

ポケモン不思議のダンジョンにおける急所

ダンジョンシリーズでは技ごとに急所率が設定されている。

急所に当たったときのダメージは1.5倍となる(スナイパー持ちのポケモンであれば2倍)。

備考

関連項目