Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ほうし

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ほうしは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

直接攻撃を受けたとき、各10%の確率で相手をどく状態にするか、まひ状態にするか、ねむり状態にする。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ラフレシア ようりょくそ - ほうし
パラス ほうし かんそうはだ しめりけ
パラセクト ほうし かんそうはだ しめりけ
キノココ ほうし ポイズンヒール はやあし
キノガッサ ほうし ポイズンヒール テクニシャン
タマゲタケ ほうし - さいせいりょく
モロバレル ほうし - さいせいりょく

こんなときに使おう

この特性を持つポケモンはいずれもキノコのほうしの使用率が高く、万一この特性で別の状態異常を与えてしまったら都合が悪いので、別の特性にすることが多い。いまのところ有効な使い道がない特性の1つ。

ラフレシアはキノコのほうしを覚えないため、採用の余地はあるかもしれない。

備考