ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ガーメイル

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ガーメイル
Gamale
英語名 Mothim
全国図鑑 #414
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #047
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #046
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 ミノガポケモン
タイプ むし
ひこう
たかさ 0.9m
おもさ 23.3kg
とくせい むしのしらせ
隠れ特性 いろめがね
図鑑の色
タマゴグループ むし
タマゴの歩数 15サイクル
  • 第四世代: 4080歩
  • 第五世代以降: 3855歩
獲得努力値 こうげき+1、とくこう+1
基礎経験値
  • 第四世代: 159
  • 第五・第六世代: 148
  • 第七世代: 148
最終経験値 1000000
性別 100% ♂
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ガーメイルとはぜんこくずかんのNo.414のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ダイヤモンドXオメガルビー
はなの ミツが だいすき。ミツハニーの あつめた ミツを よこどりして たべてしまう。
(漢字) 花の ミツが 大好き。ミツハニーの 集めた ミツを 横取りしてしまう。
パール
きまった すみかを もたない。こうぶつの はなの ミツを さがして のやまを こえて とびつづける。
プラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
はなのミツが だいすきだが じぶんでは あつめず ミツハニーから よこどり ばかりを かんがえている。
ハートゴールド・ソウルシルバーYアルファサファイア
よなか かっぱつに とびまわり ねむっている ミツハニーの す から ミツを うばって にげる。
(漢字) 夜中 活発に 飛び回り 眠っている ミツハニーの 巣から ミツを 奪って 逃げる。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 70
 
130 - 177 250 - 344
こうげき 94
 
89 - 160 173 - 315
ぼうぎょ 50
 
49 - 112 94 - 218
とくこう 94
 
89 - 160 173 - 315
とくぼう 50
 
49 - 112 94 - 218
すばやさ 66
 
63 - 129 123 - 254
合計 424
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 25%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 400%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 200%
みず: 100%
くさ: 25%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 400%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 400%
いわ: 25%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 50%
みず: 100%
くさ: 400%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ガーメイル/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ちょうのまい むし 変化 —% 20
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 まもる ノーマル 変化 —% 10
1 むしくい むし 物理 60 100% 20
進化 ちょうのまい むし 変化 —% 20
10 まもる ノーマル 変化 —% 10
15 むしくい むし 物理 60 100% 20
20 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
23 ねんりき エスパー 特殊 50 100% 25
26 かぜおこし ひこう 特殊 40 100% 35
29 どくのこな どく 変化 75% 35
32 サイケこうせん エスパー 特殊 65 100% 20
35 ほごしょく ノーマル 変化 —% 20
38 ぎんいろのかぜ むし 特殊 60 100% 5
41 エアスラッシュ ひこう 特殊 75 95% 15
44 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
47 とびかかる むし 物理 80 100% 15
50 むしのさざめき むし 特殊 90 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン09 ベノムショック どく 特殊 65 100% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン19 はねやすめ ひこう 変化 —% 10
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン40 つばめがえし ひこう 物理 60 —% 20
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン46 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン53 エナジーボール くさ 特殊 90 100% 10
わざマシン62 アクロバット ひこう 物理 55 100% 15
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン77 じこあんじ ノーマル 変化 —% 10
わざマシン83 まとわりつく むし 特殊 20 100% 20
わざマシン85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100% 15
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン89 とんぼがえり むし 物理 70 100% 20
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 4-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
むしくい むし 物理 60 100% 20 -
きりばらい ひこう 変化 —% 15 -
エレキネット でんき 特殊 55 95% 15 -
ギガドレイン くさ 特殊 75 100% 10 -
シグナルビーム むし 特殊 75 100% 15 -
スキルスワップ エスパー 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
おいかぜ ひこう 変化 —% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ダイ・パ・プラ Lv.20 ♂のミノムッチを進化させる。 Lv.20 ♂のミノムッチを進化させる。
HG・SS
B・W × 入手不可 Lv.20 ♂のミノムッチを進化させる。
B2・W2
X・Y Lv.20 ♂のミノムッチを進化させる。 Lv.20 ♂のミノムッチを進化させる。

持っているアイテム

ダイヤモンド・パール
ぎんのこな (5%)

備考

アニメにおけるガーメイル

マンガにおけるガーメイル

ポケモンカードにおけるガーメイル

ポケモン不思議のダンジョンにおけるガーメイル

初登場 時の探検隊・闇の探検隊
体の大きさ (探検隊)
体の大きさ (冒険団) ☆☆
かしこさグループ G
進化 もうしんかしない
移動能力 水路、谷、マグマ
専用どうぐ ガーメイルリボン

出現するダンジョン

斜体のダンジョンでは仲間にできない。

探検隊
時・闇:くろのもりかぜのれいほうてんくうのかいだんゼロのしま なんぶ
空:くろのもりかぜのれいほうてんくうのかいだんゼロのしま なんぶゼロのしま ちゅうおうぶうんめいのとう
冒険団
炎:
嵐:
光:
マグナゲート
未登場

ガーメイルの歴史

第四世代

エアスラッシュむしのさざめきなどのような一致メインウエポンに恵まれたが、低種族値が足を引っ張りほとんど顧みられなかった。シナリオ中でも使用するトレーナーがほとんどいないため、影の薄い存在であった。種族値的には特攻を除けば生まれながらにして同複合タイプのストライクの下位互換であったのが痛かった。HGSSでむしくいを獲得。

第五世代

ちょうのまいアクロバットを習得。ちょうのまいを何度も積めるようにサポートすればエースとして運用することが可能になった。アクロバットのおかげで有効活用しづらかった攻撃の種族値が活きるようになった。一方、ウルガモスヒヒダルマなどのほのおタイプの高火力アタッカーの存在が痛かった。

第六世代

むしのさざめきがみがわりを貫通するようになった。同複合タイプの新たな上位互換としてビビヨンが登場。

低種族値で同複合タイプの何匹かのポケモンの下位互換であることなどからレーティングバトルで使用する者はほとんどおらず、XYリーグではあまりの統計データ不足に全17シーズン中3シーズンにおいて完全に使用実績に関するデータが非表示となっていた。需要を伸ばした技は、むしのさざめきちょうのまいサイコキネシスとんぼがえりであり、性格は素早さが出て特殊アタッカー型に一致するおくびょうが好まれた。性格については、持ち物に関しては低耐久を補える上にむしのしらせの補正が乗ったむしのさざめきで奇襲ができるようきあいのタスキを選択するプレイヤーが多かった。きあいのタスキとのシナジーを考慮して性格をうっかりやにして特殊耐久をわざと下げるケースがそれなりにあったこともPGLレーティングバトル統計データからうかがうことができる。

第七世代

とびかかるを習得。元々特殊アタッカーとしての運用がメインであるため噛み合わないとも言える一方、まともに戦ってはガーメイルの場合非常にきついので相手の意表を突きつつ妨害を行う手段としては一考の余地があるとも言える。この世代になるとメガシンカしたターンメガシンカ後の素早さの実数値を参照するようになったことからメガシンカが強化され、その結果1ターンの密度を大切にする風潮が漂った。そのため、こだわりスカーフを持たせた奇襲型が需要を伸ばした。そのかわり、ミミッキュに対してメタを張る連続技(特にロックブラスト)がそのまま刺さることからきあいのタスキ型は廃れていった。同時にちょうのまいも採用技順位を下げ、空いた枠にめざめるパワーを持たせたタイプが一般化。特性に関してはきあいのタスキによる発動補助を必要としないいろめがねが割合を伸ばした。

一般的な育成論

むしあるいはむし・ひこうタイプの中でも能力が目立たず、他のむしポケモンの劣化と言わざるを得ないのが現状。攻撃特攻は同じ値だが、習得技は特殊技のほうが豊富。

攻撃技は、エアスラッシュむしのさざめきエナジーボールサイコキネシスシャドーボールとんぼがえりなど。

特性むしのしらせを活かすために、きあいのタスキこらえるを併用するのも手。ただし、状態異常や相手の先制攻撃技に注意。

また、第五世代では隠れ特性いろめがねを習得。これにより、めざめるパワーが無くてもはがねタイプに対抗可能になった。また、ちょうのまいも覚え、決定力と素早さを同時に上げられる。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ガーメイル 蛾、male(英語:男性)
英語 Mothim moth(英語:蛾)、him(英語:彼)
ドイツ語 Moterpel
フランス語 Papilord
韓国語 나메일
中国語(普通話・台湾国語) 绅士蛾
ポーランド語 Mothim 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。