ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

おやこあい

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

おやこあいは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

  • 1ターンのうちに同じ技を続けて2回出せる。
    • 2回目の攻撃は威力が1/4(第六世代では1/2)倍になる。
    • 2匹以上に対して攻撃する技は2回攻撃にならない。ただし、攻撃対象になるポケモンが1匹しか残っていない、そもそもシングルバトルであるなどで結果的に1匹に対してしか攻撃しない場合は、複数攻撃の技でも2回攻撃になる。
    • 変化技の場合は対象によらず1回のみとなる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
メガガルーラ おやこあい - -

こんなときに使おう

  • 同じ技を1ターンに2回繰り出せるが、2回目の攻撃はダメージ量が半分になるので、総ダメージ量はこの特性がない状態で攻撃した場合の1.5倍である。(つまりダメージ量に関してのみ言えば、自分のタイプ以外のどのタイプの攻撃技を使ってもタイプ一致になるのと同じということである。)
  • 第七世代では2回目の攻撃のダメージは1/4倍の威力になり総ダメージ量はこの特性なしで攻撃した場合の1.25倍相当となったが、それでもがんじょうきあいのタスキを潰せる点は優秀である。
  • 能力変化を伴う攻撃技を使用すればその効果も2回分得られるため、能力変化の追加効果の確率が高い技(100%自分のこうげきを上げることができるグロウパンチなど)と組み合わせると効果的といえる。
  • 接触技を適用する場合、特性さめはだほのおのからだゴツゴツメット等も2回分適用されてしまうので気をつけよう。
    • この対策として、接触技の少ない特殊技を採用してもよい。
  • 優秀な特性であるため、敵のトレーススキルスワップなどには注意が必要。

備考

  • メガガルーラの専用特性である。
  • ちきゅうなげなど、ダメージ固定技は2回目も同じダメージとなる(ただし、ガルーラはちきゅうなげを第三世代の教え技でしか覚えられないので、使いたい場合はちきゅうなげを覚えたガルーラを過去作から持って来なければならず、かなり面倒である)。
  • 連続攻撃技や強制交代技(ともえなげ等)には適用されない。
  • ひみつのちからの追加効果は1回しか追加効果の判定が行われない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 おやこあい
英語 Parental Bond
ドイツ語 Familienbande
フランス語 Amour Filial
イタリア語 Amorefiliale
スペイン語 Amor Filial
韓国語 부자유친
中国語(普通話・台湾国語) 亲子爱
中国語(広東語) 親子愛